世帯 年収 800 万 住宅 ローン。 年収800万円の住宅ローンの理想金額と年代別借入額・リアルな返済額を解説

共働き世帯で破綻!?年収800万円台の住宅ローン事情

世帯 年収 800 万 住宅 ローン

住宅ローンの「返済負担率」は家計の何%が基本? 家計に占める返済金の割合を「返済負担率」といいます。 返済金が多いと、生活費や圧迫されて家計が回らなくなります。 そのため住宅ローンを含めた返済負担率は 20~ 25%以内としたいです。 ここでは住宅ローンの返済金のみで考えていきますが、実際に率を算出する際は、マイカーローンや奨学金の返済などその他の借入れも母数に含めて考えます。 返済負担率が 20%か 25%かで、返済額がかなり変わってくるので、購入前に「毎年の返済は世帯年収の〇〇%以内」と決めておくと安心です。 ただし、今後世帯主の収入アップが確実である、妻の産休が終わり、世帯収入が増えるなど、家計にとって良い材料が多い人は借入額にゆとりを持ってもいいでしょう。 逆に教育費の負担もある世帯は借入額の上限を厳しく考えるべきです。 教育費は、進学先や習い事・塾の費用にもよりますが、公立の中学・高校では年間約 50万円が目安額となります。 ここから固定資産税を支出してしまうと、子供 2人いる世帯の生活費としては苦しい印象です。 教育費の負担が重い時期は家計が赤字になることが予測されます。 ここを乗り切るためにはある程度の貯蓄が要りそうです。 ご自身の世帯に「良い材料」と「不安な材料」どちらが多いのかを確認しながら返済負担率の上限を決めていきましょう。 返済負担率 30%はどうなのか 中には「返済負担率は 30%までなら大丈夫」と聞いたことがある人もいるかもしれません。 しかし、 30%の返済負担率はややリスクが高いです。 というのも、現代では晩婚化や出産年齢の高齢化が進んでおり、住宅購入時期が遅くなっています。 実質的な返済期間が 35年よりも短いケースが多いことにくわえ、ボーナスカットの不安や退職金の受取りも確実ではありません。 それらから、返済負担率 30%とできる人は少数派と考えましょう。 住宅ローン「年収の 5倍以内」は本当か 返済負担率とともに年収倍率も借入金額の妥当性を計る基準になります。 年収倍率は借入額が年収の何倍なのかを示す数字です。 一般に「借入額は年収の 5倍以内」ともいわれています。 【 2,500万円借り入れた場合の金利ごとの返済額(返済期間 35年)】 毎月返済額 年間返済額 返済負担率 金利 1. 7万円 92. 4万円 18. 1万円 85. ただし、手取り年収が変わってしまうと年収倍率による試算は意義を失ってしまいます。 ボーナスによる変動が大きい場合や、転職を考えているような場合は注意しましょう。 年収倍率は 6倍台が多くなっています。 土地付注文住宅や首都圏のマンション購入世帯は 7倍になっており、やや高い印象です。 「返済負担率は低め」と「年収倍率は高目」と、数値に若干の差があります。 返済負担率の要素には住宅ローン以外のローンも含まれるため、他のローンを利用しないことで率を下げることができるからかもしれません。 2つの基準はあくまで目安であり、 2つを満たしているから安心なのかというと、そうではありません。 例えば、どちらの基準にも住宅諸経費は考慮されていません。 住宅諸経費とはマンションにおける修繕積立金や管理費や、マンション・一戸建てを問わず発生する固定資産税などのことです。 修繕費の負担を忘れずに 修繕積立金については、将来的な値上げが決定していることがあるので今後値上がりの予定がないか確認しておきたいです。 一戸建てを購入する場合も、 10年~ 15年程度経過すると修繕が必要になってきます。 外壁塗装であれば 10~ 15年後が一つの目安になります。 外壁塗装の総費用は壁面や屋根の面積、塗料の材質によって異なりますが、 100万円以上はかかると考えておきたいです。 仮に外壁塗装の費用が「 15年後に 100万円」だとすれば、毎年約 7万円を積み立てていく計算です。 そういった費用の余裕があるかどうか含めて、返済していけるかを考えていきます。 ライフプランから考えたい住宅ローンの借入額 家族間で確認しておきたいのが、家族ごとのライフプランです。 教育費の総額や老後資金の必要額は家族ごとに異なります。 住宅ローンが完済できても、老後の生活が困窮してしまっては、やはり住宅ローンの負担が大きかったといわざるを得ません。 教育費が増えたときの負担感は先ほども触れましたが、先の例は公立の中学・高校にそれぞれ子供が在籍しているときのものでした。 在学している学校が私立であったり、公立であってもお金のかかる部活に入っていたりすれば話は変わってきます。 1年間にかかる教育費がどの程度なのか、進学先ごとにご紹介します。 < 1年間にかかる教育費> 【幼稚園】• 公立約 23. 4万円• 私立約 48. 2万円 【小学校】• 小学校は公立約 32. 2万円• 私立約 152. 8万円 【中学校】• 公立約 47. 9万円• 私立約 132. 7万円 【高校(全日制)】• 公立約 45. 1万円• 学校外活動費には就学準備のためのランドセル・学習机・制服等の購入代金も含んだ平均額です <私立大学の学費(初年度)>• 文科系学部 115. 1万円(うち入学金 23. 5万円)• 理科系学部 151. 8万円(うち入学金 25. 6万円)• 医歯系学部 479. 3万円(うち入学金 101. 3万円)• その他学部 145. 5万円(うち入学金 26. 6万円) 文部科学省「平成 28年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員 1人当たり)の調査結果について」より データから見ると、公立であれば高校まで年間の負担は 50万円以内に抑えられますが、私立にすると小中高と年間の教育は 100万超えとなりそうです。 私立大学の学費もかなり大きいことがわかります。 こういった教育費とともに、老後資金が用意できるのかどうかも考えていきましょう。 まとめ 家計全体で住宅ローンを考えよう 世帯年収を基準とした「返済負担率」「年収倍率」を使えば、ある程度、住宅ローンの妥当額を考えることはできます。 しかし将来のかかる教育費や、退職後の生活費なども忘れてはいけません。 教育費や老後資金も並行してできるよう余裕を持って住宅ローンを組むといいですね。

次の

【ホームズ】その年収なら、どんな家に住める?(2) 購入できる物件を年収から試算!

世帯 年収 800 万 住宅 ローン

マイホームは、人生でいちばん大きな買い物です。 資金計画の第一歩は、適正な「予算」を検討することからスタートしましょう! つい気が大きくなって予算オーバーの物件を買ってしまうと、住宅ローンの支払いが厳しくなったり、将来、子どもの教育費が不足することも…。 現在の年収や貯金額、これからのライフプランを考慮した住宅ローンを組んで、生活にムリのないマイホーム計画を立てましょう! 価格相場はこちらから調べることができます。 目次 1. 住宅購入は、年収の5倍までの価格?ライフプランの中で支出の多い時期を基準にしよう! 住宅購入の価格 住宅購入は「年収の5倍までなら大丈夫」といわれますが、あくまで大雑把な目安にすぎません。 仮に年収が500万円なら2500万円が購入限度額になる計算ですが、これでは頭金や住宅ローンの金利が考慮されていないので、きちんと資金計画を立てる必要があります。 無理のない資金計画を立てるためには、これからのライフプランの中で「子どもの教育費」がもっとも膨らむ時期を基準に住宅購入費用を考える必要があります。 まずは、家族の生活費や教育費が5年~10年後、15年~20年後にどのくらいかかるか、ライフプランを書き出してみましょう。 住宅費予算は、自己資金+住宅ローンが基本。 住宅ローンは「返せる額」で考えよう! 住宅のために出せる自己資金(頭金+諸費用)と、住宅ローンで用意できる金額の合計が、その家庭の「住宅費予算」です。 自己資金(頭金)をどのくらい用意すればいいか悩む人も多いようですが、住宅購入価格の2割、諸費用を含めて3割は用意しましょう。 頭金があればローンの優遇条件を受けることも可能です。 住宅ローンは金融機関から「借りられる額」ではなく、「返せる額」にすることがポイント。 「借りられる」限度額まで借りてしまうと、将来、支出が増えたときに返済がかなり厳しくなります。 住宅ローンの返済額は年収の20%以下に抑えましょう。 借入可能額の目安 年収400万円未満で買える物件は? 年収400万円で買える物件は? 年収400万円の場合、住宅ローン返済額は年間80万円が限度。 毎月の返済額は7万円以下に抑えることが大切です。 仮に自己資金が1000万円あれば、30年ローンで1500万円ほど借り入れて2500万円の住宅購入が可能。 自己資金が500万円なら2000万円の住宅を購入できます。 ただし、無理は禁物。 返済期間は35年以内、70歳までにしましょう。 子育て世代でゆとりが少ない場合、返済期間は長めに設定し、月々の返済を抑えておけば、教育費負担に備えられます。 2=年100万円。 表1の毎月返済額が8万円になりますから、35年ローンで約2000万円の融資が可能です。 自己資金が500万円なら2500万円、1000万円なら3500万円の住宅が購入できます。 年収が600万円の場合、35年ローンで2500万円の借入ができ、年収700万円なら約3100万円の借入が可能。 この金額に頭金を加えた金額が購入可能物件です。 年収800万円の場合、35年ローンで3600万円の借入が可能なので、頭金が1000万円なら4600万円の住宅が購入できます。

次の

【家を買う】年収800万円で住宅購入・マンション購入する際の理想金額と理想スタイル|平均年収.jp

世帯 年収 800 万 住宅 ローン

家賃は8. 5万円 平均的な年収800万円の一人暮らし世帯は住居費8. 5万円前後で暮らしているようです。 世帯が約10万円の家賃で暮らしていると考えると、意外と大きな差はありませんね。 贅沢しなければお金には困らない 年収800万円も稼いでいれば、よほど贅沢をしていなければお金に困ることは無いでしょう。 また、貯蓄をしないタイプの人であれば、毎日外食でも余裕のある生活ができます。 子育て世帯の平均より少し低いくらい 世帯年収800万というと、実は児童のいる世帯の平均よりも低いくらいなのです()。 国民生活基礎調査によると、子育て世帯の平均所得が740万円程度。 年収換算するとざっくり960万円。 この数値は、児童手当などの給付金も含まれている数値です。 あまり余裕が無い 夫婦二人以上で世帯年収が800万円であれば、生活必需品の購入や食費、住居費で稼ぎのほとんどを使ってしまいます。 また、その後給与が上がることを期待できないのであれば、確実に貯蓄を増やす必要があるので、若いうちから無駄遣いをしないように生活する必要があります。 年収800万円前後で生活する人の実体験談 家族2人世帯年収850万円で生活するDさんの例 福岡県在中、世帯年収850万円で生活するDさんの例です。 子供がいないので、気楽に生活できています。 食事に関しては、妻が基本的に用意しますが、外食に関しても、 食べたいものを自由に食べることができています。 生活で困って いること 住民税、所得税が高いと感じています。 夫だけの所得なので、税金が高いです。 夫婦がそれぞれ、400万円くらいの所得づつであるなら、 税金はもっと安くなるはずです。 夫一人だけの所得、専業主婦だと、税金で損をしています。 家族4人世帯年収800万円で生活するMさんの例 宮城県在中、世帯年収800万円で生活するMさんの例です。 現在の世帯年収になってから、生活費が苦しいと思わなくなったため、金銭的にも時間的にも少々のゆとりを感じます。 生活で困って いること 必要なものを買うことはできますが、欲しいものを独身の頃のようには買えないので、もうすこし収入が増えるとよいが、増やそうと思うと、家族とのゆとりの時間の確保が難しくなるため、どうしていいものか考えてしまいます。 年収800万円の家賃平均は? 8. 年収800万円を稼いでいる世帯を全て合算した平均値としては、住居費は8. 5万円程度です。 家賃10万円の内に社宅や社員寮に住む世帯も含まれるため、上記の数値となっております。 また、年収800万円で家賃8. 5万円という数値は平均値であるものの、上振れと下振れが激しい状態を想定してください。 イメージとして家賃8. 5万円の世帯は少ない 社員寮や社宅のある世帯や都心から外れた場所に住む世帯が家賃5万円程度で生活しており、都心で家賃を全て実費で支払う世帯は12万円程度を支払っているイメージを持ってください。 まとめ 以上、「年収800万は高い?生活レベル(家賃・住宅ローン・貯金額)を徹底調査!」でした。 年収800万円を稼いでいる方も、そうでない方も、この記事を参考にしていただければ幸いです。 労働者人口の上位9. 逆に独身で年収800万円もあれば、よほど贅沢をしない限りかなり余裕のある生活ができるでしょう。 また、年収800万円の手取りや人口割合などがきになる方は「」をご覧ください。 その他の年収別の生活調査に関する記事.

次の