ナタリア グレイス。 リアル「エスター」事件が驚愕の展開に! 謎の実母登場、養父も証言、誰かが嘘を…8歳少女の養子、実は22歳サイコパス事件!

新型ターミネーターに日本の影響 新キャストが語る『ニュー・フェイト』

ナタリア グレイス

ネットでアメリカのホラー映画「エスター」と 同じような内容が現実でも起こっていると話題になっています。 「エスター」は養子として迎えた9歳の少女が、 実は33歳の発育不全の大人であり、 里親の殺害を企てるという内容になっているようですが それとほぼ同じようなことが過去にアメリカでも起きていたようです。 ネットでは「リアルエスター事件」とさわわ そこでこの記事では 「リアルエスター事件の詳細など」 「リアルエスター事件に対するみんなの反応」 について紹介しています。 リアル「エスター」事件? 養女の名はナタリア・グレイス。 ウクライナ出身で、2010年に養子として米インディアナ州に住んでいた バーネット夫妻に迎え入れられた。 その時に聞かされた年齢は8歳だったという。 家族の1人として心から愛することを誓っていたクリスティンだが、 ナタリアの異常が徐々に明らかになるに連れ、疑いを深めていった。 まず、ナタリアは人形やおもちゃなど子どもの遊び道具には一切興味を示さず、 10代の女の子と遊ぶことを好んだそうだ。 また使用する語彙も8歳のそれを遥かに上回るものだったという。 だが、この時からナタリアの行動が常軌を逸し始めたという。 赤ん坊を攻撃したり、子どもっぽいものを 嘲笑するような態度を取るようなになっていったそうだ。 2011年には、自分の血でバスルームの鏡にバーネット夫妻を 脅迫する文言を書くこともあったという。 他にも深夜に眠っているバーネット夫妻を気味悪く見下ろしていたこともあり、 身の危険を感じ家中の刃物を隠したそうだ。 さらに、クリスティンのコーヒーにナタリアが漂白剤を入れているのを見つけ、 問い質したところ、「毒殺してやる」と答えたというから恐ろしい。 さらに、ナタリアには大人しか発症しないいくつかの精神病が見られ、 2012年頃には精神病院に数日~数週間の治療入院をすることもあったそうだ。 html 8歳少女ナタリアの顔画像 画像引用: 時系列まとめ• 2010年:6歳のナタリアが養子で引き取られる• 2010年:骨密度検査でナタリア実年齢8歳と判定• 2012年:裁判所でナタリア実年齢22歳に認定• 2013年:保護者がカナダに移住• 2014年:ナタリアが警察に通報し保護者逮捕 引用: リアル「エスター」事件? こないだエスターみたばっかだからびっくりした。 マジであるとは思わなかった。

次の

ナタリア(リアルエスター)の顔画像に動画は?実話だった!8歳養女が22歳のサイコパス!?

ナタリア グレイス

『ターミネーター』の生みの親であり、過去作の監督も務めていたジェームズ・キャメロンが、製作として参加しています。 『ターミネーター2 1991年 』の正統な続編ということで、アーノルド・シュワルツェネッガーをはじめとする、リンダ・ハミルトン、エドワード・ファーロングなど、キャスト陣も 夢の再集結を果たしています。 気になるあらすじですが、現在はまだ詳しい情報が公開されていません。 ターミネーターシリーズで最も人気のある、「ターミネーター2」の「正統な続編」とされるので、メインキャラクターとストーリーは、ターミネーター2の続きということになるようです。 インタビュー等の情報と予告動画から分かっていることですが、• リンダ・ハミルトンの演じる、サラ・コナーはターミネーターを駆逐する活動をしている• グレイスはナタリア・レイエス演じる、ダニ・ラモスを守っている• 今回は、ダニが未来を握るかぎ• 今作の敵はガブリエル・ルナ演じる Rev-9• Rev-9はダニを狙っている• Rev-9はスカイネットではなく、スカイネットのようなところからきた• アーノルド・シュワルツェネッガー演じるT-800は、同じモデルだが、第1作・第2作に出てきたT-800とは別物 といった内容ですね。 予告動画でも「Rev-9に追われているダニ・ラモスと、ダニを守るグレイス。 ピンチになる二人を助けるように登場するサラ」のシーンがあります。 そして「山小屋を訪ねたサラたちの目の前に姿を現すT-800」ということで、今作では ヒロインのダニを、3人で守るといった内容でしょうか? 「『ターミネーター2』の結末のサラの行動で、 未来はさらに悪い方向へ向かってしまった。 しかし、そのことが逆に新たにキャラクターへ可能性を与えてくれた」 と監督は語っていますが、果たして『ターミネーター2』の、その後の世界はどんな世界になってしまったのか。 あらすじやネタバレなどの追加続報が届き次第、ご紹介したいと思います。 今作でもエドワード・ファーロングの出演はあると明言されていますが、予告映像などへの登場がないことから、あまり重要な役どころではないのかもしれません。 いろいろとトラブルの多い人生を歩んできた彼なので、色んな意味でドキドキですが……。 しかしそれでもタイトルごとに俳優が変わっていた、ジョン・コナーを、元祖ともいえるエドワード・ファーロングが演じるというのは、とても楽しみですね。 これからもまだ続報は期待できそうなので、分かり次第お届けしたいと思います。 「ターミネーター:ニュー・フェイト」を見る前に、前作とされる「ターミネーター2」の4Kデジタル修復バージョンが、U-NEXTで見られます。 さらに、U-NEXTの無料トライアルに登録するともらえるポイントで、「ターミネーター2」の無料視聴もできちゃいます。

次の

[ソーシャル]リアル「エスター」事件発生!

ナタリア グレイス

27日にリアルエスター事件の続報が出ました。 ナタリアの現在が明らかに……。 続報は (事件の詳細については以下の本記事をお読みください) ナタリア。 画像は「 」より 米ホラー映画「エスター」は、養子として迎えた9歳の少女が、実は33歳の発育不全の大人であり、里親の殺害を企てるという話だが、現実にも同様の事件が起こっていたことがこの度明らかになった。 養女の名はナタリア・グレイス。 ウクライナ出身で、2010年に養子として米インディアナ州に住んでいたバーネット夫妻に迎え入れられた。 その時に聞かされた年齢は8歳だったという。 家族の1人として心から愛することを誓っていたクリスティンだが、ナタリアの異常が徐々に明らかになるに連れ、疑いを深めていった。 まず、ナタリアは人形やおもちゃなど子どもの遊び道具には一切興味を示さず、10代の女の子と遊ぶことを好んだそうだ。 また使用する語彙も8歳のそれを遥かに上回るものだったという。 ナタリアはウクライナ出身であるはずなのに、彼女の話す英語には外国語訛りがなく、おかしなことにウクライナ人の友人にナタリアにウクライナ語で話すよう仕向けたところ、彼女は自分の故郷のことすら上手く答えることができなかったそうだ。 バーネット(元)夫妻。 画像は「 」より また、ナタリアが大人の女性である身体的証拠も見つかった。 ある日、クリスティンは血のついたナタリアの服を見つけたのだ。 それは明らかに月経の痕跡であったという。 そして、ナタリアの陰部は8歳の少女には似つかわしくない陰毛にびっしりと覆われていたそうだ。 こうした性格や身体と年齢の不一致から、クリスティンはナタリアが10代なのではないかと疑い、かかりつけ医にナタリアの骨密度測定を依頼した。 その結果、ナタリアは14歳かそれ以上の年齢であることが判明したという。 それでもクリスティンは、そのことを受け入れ、変わらぬ愛情を注いだそうだ。

次の