ご 教示 いただけ ない でしょ うか。 「いただけないでしょうか」の使い方・敬語の種類・別の敬語表現

LM5025の動作について

ご 教示 いただけ ない でしょ うか

意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、よく聞くことになります。 意味を知らないまま「ご教示ください」と急に言われては、対応に困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。 また、もともと「教示」とは、知識や方法が対象となっている言葉です。 職場で言うと、ものの使い方や状況の報告に当たります。 目上の方に、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」と言いましょう。 ご教示の例文 日常的には使われないというのもあって、あまり「ご教示」を使った文章が浮かばない人も少なくないでしょう。 ビジネスではどう使われているのか、例を紹介します。 「知っている方がいれば是非ご教示願いたいです。 」 人が対象となっていますが、人材や担当者の「情報」を求めているので適切な使い方と言えます。 「ご教示を賜りたいと存じます。 」 より丁寧な文章でお願いをするときに使う言い方です。 「使い方をご教示くださり大変に感謝しております。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 しっかりとお礼を言うことで誠意も伝わるでしょう。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 」 相手方のスケジュールを聞いて確認しておきたいときに使います。 「在庫の有無をご教示下さい。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 違いを知らないために、誤って「教授」を使ってしまうケースもあります。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 何が対象なの? それぞれの語句が対象としているものは、簡単に言うと「教授」は学問・技芸、「教示」は知識・方法です。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 それに対して「教示」は、聞いたら今すぐ知ることができる方法や情報を指します。 もし、ビジネスで「教授」を使ってしまうと、今後も教え続けていただくというニュアンスになってしまいます。 一次的に何かを教えてもらう場合、基本的には「教示」を用いて、情報を聞くようにしましょう。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 書き言葉として使われる教示、教授 どちらも、主にメールや文章で使われる言葉です。 畏まったメールや文書で、敬意を表すときに使用します。 しかし、口語として接待や会議のときに使うのは硬すぎる印象を相手に与えてしまうため、会話で使用するのは避けましょう。 話し言葉の時の言い換え 元々の意味は教えるという意味です。 目上の方に対して使うので、「教えてください」を敬語にして「教えていただけますか?」や「教えていただけますでしょうか?」と言い換えましょう。 他には、情報を聞き出す用途として「お聞かせいただけますか?」や「お尋ねしてもよろしいでしょうか?」というのも、同様の意味合いになります。 似ている単語「ご指南」と「ご指導」 教授と教示以外にも、似た言葉で「ご指南」と「ご指導」があります。 これらも、書き言葉になります。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。 正しいのは? ビジネスシーンで使用するのに適しているのは「ご指導」のほうです。 「ご指導」はある目的のために、教えを乞うという意味があります。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 また、対象としている範囲は、教育やノウハウ、技術と幅広いため、ビジネスにおいても多用されます。 それに対して「ご指南」は、武術や芸能といった精進的なものに限定されます。 よって、ビジネスシーンでは「ご指導」を使用するほうが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご教授」と「ご教示」は似ている言葉ではありますが、用途は大きく異なります。 ビジネスシーンでは、些細な言葉遣いの誤りが、自分の評価を下げてしまうことも少なくありません。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

次の

「ご教示いただけますでしょうか」の意味と使い方・敬語|メール

ご 教示 いただけ ない でしょ うか

日本語を覚える際にはまず「実践的な学習方法」が大切で、それによって「いろいろな場面で適切な言葉の表現・敬語表現」などがスムーズにできるようになります。 この「ご教示いただけますでしょうか」という表現を覚える際にも、まずは実践的な言葉・表現の練習から始めてみましょう。 ・この件につきまして、どうかご教示いただけますでしょうか。 ・論文作成についてですが、概論の書き方をご教示いただけますでしょうか。 ・会議の当日におきまして、何を持参すればよいかご教示いただけますでしょうか。 このように、まず「ご教示・ご教示いただけますでしょうか」という言葉を使う場合には、先述のように「なるべくピンポイント的な内容を教えてください」といった、比較的「浅い教授の旨」を示す意味的側面が見られます。 さて、先述では「ご教示いただけますでしょうか」という言葉の意味や用法、またその言い換え表現についてご紹介してきましたが、果たしてこの「ご教示いただけますでしょうか」という形容は正しい敬語表現として認められるでしょうか。 まず「ご教示いただけますでしょうか」という言葉のうちには「御(ご)」という尊敬語・謙譲語に見られる接頭辞と、「いただく」という謙譲語表現、「ますでしょうか」という丁寧語表現が混合しています。 これだけで三重の敬語表現が認められ、すっきりした敬語とはなりません。 この場合は「ご教示ください」や「ご教示いただけますか」という形で、相手に伝わりやすくすることが大切になります。 敬語表現としては間違っていないですが、表現方法に困難が見られ、このようにまず「伝わりやすくする」という工夫が大切になります。 「ご教示いただけますでしょうか」の英語表記 「ご教示いただけますでしょうか」という言葉を英語に直す場合、それぞれの英単語の意味合い・用法に配慮した上で以下のようにピックアップされます。 ・Would you teach me(ご教示いただけますでしょうか、教えてくださいますか) ・please tell me(教えてください、ご教示いただけますでしょうか) ・Can you teach? (教えられますか、ご教示いただけますでしょうか) ・May I ask you a favor? (お聞きしてもよろしいでしょうか、ご教示いただけますでしょうか) ・Could you teach us(教えてくださいますか、ご教示いただけますでしょうか) ・May I ask you a question? (ご質問してもよろしいでしょうか、ご教示いただけますでしょうか) 「ご教示いただけますでしょうか」の英語表現(1) 先でご紹介しました「ご教示いただけますでしょうか」の英語表記を参考にして、「ご教示いただけますでしょうか」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・Would you please teach me about that matter? 「その件につきまして、ご教示いただけますでしょうか。 」 ・Could you teach us how to use this computer? 「このパソコンの使い方について、ご教示いただけますでしょうか。 」 ・Could you teach me how to correct my thesis? 「論文の添削方法について、ご教示いただけますでしょうか。 」 「ご教示いただけますでしょうか」の英語表現(2) 先述しました「ご教示いただけますでしょうか」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「ご教示いただけますでしょうか」の例文をご紹介します。 ・Those who called us last week, but since there is a point that I do not know about afterwards information disclosure absolutely, would you teach me about that point? 「先週にお電話させていただきました者ですが、どうしてもその後の情報公開におきましてわからない点がございますので、その点についてご教示いただけますでしょうか。 」 ・Could you teach us how to assemble athletics? 「アスレチックの組み立て方をご教示いただけますでしょうか。 」 「ご教示」の正確な意味と用法を覚えましょう いかがでしたか。 今回は「ご教示いただけますでしょうか」の意味と使い方・敬語|メールと題して、ご教示いただけますでしょうか」の意味と使い方・敬語|メールについての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「ご教示」の用例をご紹介しました。 「ご教示いただけますでしょうか」という表現は、非常に多くのビジネスシーンでも普通に使われている日常的な慣用句であり、「お教えいただけますでしょうか」や「ご教授ください」などの表現とともに併用されている傾向が見られています。 しかし、「ご教示いただけますでしょうか」という表現でも見られるように、いくつもの敬語表現が混じっている場合には「相手に伝わりやすくする方法・工夫」が必要になるため、あらかじめ「わかりやすい日本語表現」の練習をしておくことが大切になります。

次の

「いただけないでしょうか」の使い方・敬語の種類・別の敬語表現

ご 教示 いただけ ない でしょ うか

敬語は、大きくわけて3つの種類に分類することができます。 その種類とは、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」です。 名前ぐらいは聞いたことがあるでしょう。 「尊敬語」は相手を敬う言い方の敬語で、「謙譲語」はへりくだった表現、「丁寧語」は文末に「です」や「ます」がついた表現です。 「尊敬語」は目上の方の動作を表す場合に用いられるのに対し、「謙譲語」は自分の動作を表す場合に使われます。 「丁寧語」は基本的には誰に対して使っても問題のない敬語です。 「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」のそれぞれについて詳しくご説明します。 それぞれの違いを理解することで普段から使い分けていくことができるでしょう。 尊敬語 前述しましたが、尊敬語は相手を敬う敬語で、相手を高める 立てた 言い方です。 なので、尊敬語は相手の動作・行動・行為などに用いられます。 たとえば、「先生が言った」を尊敬語で表現すると「先生がおっしゃった」となり、「先生」を高めた表現をしています。 間違っても「私がおっしゃった」などと、自分の行動について尊敬語を用いないようにしてください。 敬語として誤った使い方ですし、それを聞いた周りの人が不快な気持ちになる可能性が高いので間違った使い方をしないように注意しましょう。 謙譲語 「謙譲語」は自分を下に置くことによって、間接的に相手を高める表現の敬語です。 いわゆる「へりくだった表現」で、謙虚な印象を受けます。 「尊敬語」との違いですが、「尊敬語」は相手を高めるのに対し、「謙譲語」は相手はそのままで自分だけを下げる言い方です。 謙譲語は目上の方に向けて言う場合に使われたり、自分や身内などの行動にも謙譲語を用いたりすることができます。 また、読み手や聞き手の人に向けて敬意を表したい場合も謙譲語で表現します。 例えば、「ご連絡お願いいたします」は目上の方に向けて使われる謙譲語で、本題の「いただけないでしょうか」も目上の人に使われる謙譲語です。 「弟が先生のところへ参ります」は身内の行動を謙譲語で表しており、「電車が参りました」は話を聞いてる人に対して敬意を表した表現の謙譲語です。 このように、「謙譲語」と言っても使える相手に制限があります。 丁寧語 「丁寧語」は一番馴染みのある敬語ではないでしょうか。 文末に「です」や「ます」、「ございます」がついた丁寧を表す敬語です。 たとえば、「こちらです」「会議があります」「おはようございます」など、これらは丁寧語で表現したものになります。 基本的には丁寧語は誰に対して使っても問題ありませんが、目上の方に対して使う場合には、尊敬語で同じ意味の言葉を表現できないか考えてみてください。 尊敬語や謙譲語で表現できるならそれに越したことはありません。 ですので、目上の方には、尊敬語や謙譲語で表現できない言葉だけ丁寧語で表現するようにしましょう。 また、謙譲語にも目上の方に向けてしか使えない語があると先程述べました。 もし、それを目下の人に対して言いたいのなら、その場合は丁寧語で表現しましょう。 目下の人にへりくだる必要はありませんので、目下の人に向けて謙譲語は使わないように注意してください。 敬語「いただけないでしょうか」の意味 それでは本題の「いただけないでしょうか」について詳しくご説明していきます。 「いただけないでしょうか」の意味は、「~してもらえないですか」です。 つまり、「~してほしいんだけど」と、相手に依頼・要求・お願いなどをしたい場合に使われます。 敬語の説明をした際に少し触れましたが、この「いただけないでしょうか」は謙譲語です。 敬語として正しい表現ですので、どんどん活用しましょう。 言葉を分解してみると分かりやすい! 「いただけないでしょうか」を分解してご説明します。 すると意味が分かりやすくなるでしょう。 これは「いただく」+「ない」+「でしょうか」の3つの単語に分類することができます。 まず、「いただく」というのは「~してもらう」の意味の謙譲語です。 これに否定形の「ない」が付いて「いただけない」=「~してもらえない」になります。 最後に丁寧語の「です」の疑問形「でしょうか」になり、全部合わせて「いただけないでしょうか」となります。 これらを見てもらったらわかるように、「いただけないでしょうか」とは、「~してもらうことはできないですか」の意味になります。 長い言葉は、このように分解すると意味が分かりやすくなります。 【余談】ひらがな表記と漢字表記の違い 「いただく」の部分は「頂く」という漢字にすることもできますが、これにはルールがあります。 「いただけないでしょうか」と「頂けないでしょうか」では使い方や意味が異なります。 本題の「いただけないでしょうか」の「いただく」は補助動詞です。 補助動詞はひらがなで表記すると文化庁で決められています。 詳しくは以下のリンクをご参照ください。 「いただく」は補助動詞なので、その前には動詞が入ります。 たとえば「買っていただく」「見ていただく」など、「動詞の連用形+いただく」の形で使われます。 一方、「頂く」と漢字表記すると動詞「 物を もらう」の謙譲語になります。 「頂けないでしょうか」としてしまうと、「 物を もらえないですか」の意味になり、相手に物を譲ってほしいと言っていることになるので、文章にする場合には特に注意が必要です。 この「いただけないでしょうか」は謙譲語なので、目上の人に向けてしか使えません。 会社の上司や先輩だけでなく、お客さまや取引先企業など、自分より立場が上の人に対してのみ使える敬語です。 なので、目下の人には使わないよう注意してください。 敬語のルールとして、目下の人に対してへりくだる必要はありません。 もし、目下の人に対して「~してほしい」と言いたいなら、「~してもらえませんか」などと丁寧語で表現するようにしましょう。 目上の人には謙譲語、目下の人には丁寧語、これさえ押さえておけば良いでしょう。 ビジネスでの使い方は? ビジネスにおいても使い方は同じです。 自分より立場が上の人、年齢が上の人など「目上の人」に対して何かお願い事をする際には「いただけないでしょうか」を用いて表現します。 「ご連絡いただけないでしょうか」や「部長への報告をしていただけないでしょうか」などと使います。 丁寧な言い方をすることによって、相手に不快感を与えることなく、また相手が気持ち良く引き受けてくれるような表現をしてください。 部下や同僚などの目下の人に対しても、上述したように丁寧語で表現するようにしましょう。 「連絡してもらえませんか」「報告してもらえないですか」などと表現しましょう。 メールではどのように使ったらいい? メールでも「いただけないでしょうか」の使い方は同じです。 上司やお客さまなどの目上の方に依頼する場合には「いただけないでしょうか」、部下や同僚などの目下 同等 の人には「~してもらえませんか」と表現します。 相手に不快感を与えずに依頼内容を伝えるには、丁寧な表現はもちろんのこと、きちんと正しい敬語を使っているかがポイントです。 たとえば「手をかけさせるね」という意味で「お手数おかけいたしますが」「ご迷惑をおかけしますが」などのクッション言葉を入れたり、「お願いします」を言うにしても、「お願いいたします」「お願い申し上げます」と敬語にしたりすることが大切です。 相手を不快にさせないための言葉選び、正しい敬語がきちんとできているかが重要なポイントです。 相手にメールを送る前には、しっかり文章を読み直してから送信するようにしましょう。 敬語「いただけないでしょうか」の例文! 「いただけないでしょうか」を使った例文をご紹介します。 相手が「目上の人」と「目下の人」だとそれぞれどのように言うのが良いのでしょうか。 目上の人に対しては謙譲語! 目上の人に対して「いただけないでしょうか」というときの例文をご紹介します。 謙譲語を使い、相手を思いやる気持ちを表現することが大切です。 私は今から別件で席を外しますので、お手数おかけしますが、代わりにお客さまへご連絡していただけないでしょうか」 目下の人には丁寧語で! 目下の人に対する「いただけないでしょうか」の例文をご紹介します。 目下の人には丁寧語を用い、失礼にならないように言います。 私は今から報告書を作成してきます」 「今から席を外すので、お客さまへ変更日時のご案内の電話をしてもらえませんか」 「社長がお見えになったので、お茶とお菓子の準備をしてもらえませんか」 「いただけないでしょうか」の別の言い換え!.

次の