暮らし の マネー サイト 仮 id。 海外からご利用の会員さまへ|イオンカード 暮らしのマネーサイト

マイナポイントの「決済サービスID」と「セキュリティコード」とはなんですか。

暮らし の マネー サイト 仮 id

かつてあったイオンのネットショップ統合計画=イオンスクエア 2011年頃にイオングループの中でいろいろなネットショップが出来てきましたが、各社がバラバラのIDを使っていました。 また今後は、ネットショップが実店舗よりもシェアを伸ばしてくると言われており、イオンも対応を迫られていました。 そこでイオンスクエアというイオンのネットショップのポータルサイトを作り、共通のIDをユーザー(お客さん)に持ってもらい、イオンのネットショップをいろいろと使ってもらおう!という試みが行われました。 2012年8月には芸能人も使った「イオンスクエア」発足のイベントも行われました。 しかし、内部のいろいろなシガラミや派閥問題、イオングループの縦割り社会の弊害、イオングループのIT知識の欠乏等から計画は頓挫してしまいました。 しかしイオングループの中でもトップの売上を誇るイオンネットスーパーやイオンショップがこのIDを利用することになったため、今でもイオンスクエアIDは残っており、いくつかのイオングループのネットショップで使われています。 現在、イオンスクエアは無くなり、代わりに「」というサイトとなっています。 なおイオンスクエアIDの管理は、金融系の厳しい会員管理を行うということでイオンクレジットサービスが行っています。 イオンカードを新規で作るとイオンスクエアメンバー仮IDが発行される 現在、イオンカードは基本的に利用請求書の郵送ではなく、イオンクレジットサービスが運営する暮らしのマネーサイトで閲覧するようになっています。 そのため新規でイオンカードを申込むと「イオンスクエアメンバー仮IDが発行されるようになっています。 イオンカードが郵送されてきて、イオンカードが貼り付けられている紙の左下、上記の写真の左下に「イオンスクエアメンバー仮ID」が記載されているので、イオンスクエアIDを持っていない場合は、仮IDをから本登録を行うようにしてください。 なお、次で紹介するイオングループのネットショップ・ネットスーパーを会員登録して利用していた場合はイオンスクエアIDを既に持っているので、仮IDを使う必要性はありません。 既に持っているIDで暮らしのマネーサイトにログインして、イオンカードの追加を行ってください。 イオンスクエアIDで使えるイオンのネットショップ 現在、イオンスクエアIDでログイン出来て利用出来るイオングループのネットショップには下記のところがあります。 おうちでイオン イオンショップ• おうちでイオン・イオンネットスーパー(北海道以外のイオンのネットスーパー)• マックスバリュ東海ネットスーパー(イオンネットスーパーのシステムを利用)• AEON de WINE• イオンモバイル(イオンデジタルワールド)• AEON BIKE• イオン琉球オンラインショップ 過去には、もう少しありましたが、撤退や独立等があり、これ以上増える見込みは無さそうです。 撤退した中で最も大きいのは「イオンモールオンライン」で、イオンモールに出店していたアパレルショップでした。 ZOZOタウンを目指していましたが、採算が合わなかったようで、途中アフィリエイトサイトになった後に、撤退となりました。 AEON STLYE ONLINE問題 イオンリテールが新たには作ったネットショップ「AEON STYLE ONLINE」はイオンリーテルの管理下で作られており、会員IDもイオンスクエアIDを利用していないため、新たに会員IDを登録しないといけません。 またイオンネットスーパーやイオンショップで貯まったポイントのWAON POINTも別途登録しないと使えない状況となっており、不便な状況が続いています。 以上、イオンスクエアIDについてでした。

次の

イオンスクエアメンバー仮IDとは|イオンカード 暮らしのマネーサイト

暮らし の マネー サイト 仮 id

イオンカードで暮らしのマネーサイトにログインするには? クレジットカードは発行している会社ごとにWEB上にマイページが用意されており、会員はそこにアクセスして情報を得たり特典を申請したりします。 イオンカードでは暮らしのマネーサイトが会員用マイページの役割を果たしており、利用するには一定の手順でログインします。 暮らしのマネーサイトにログインする方法 暮らしのマネーサイトを利用するためには、まずイオンカードのホームページからログインする必要があります。 一般的なサイトではユーザーIDとパスワードでログインしますが、暮らしのマネーサイトでは イオンスクエアメンバーIDと パスワードを使用します。 特にイオンカードが送られてきて初めてサイトにログインする場合には、事前にイオンスクエアメンバーに下記情報を登録して新規IDを入手しなくてはなりません。 イオンスクエアメンバーIDの取得にはイオンカードを登録 暮らしのマネーサイトにログインするためには、イオンスクエアメンバーIDの取得が必要です。 イオンスクエアメンバーIDの取得には下記の情報が必要となります。 利用できるサービス• 暮らしのマネーサイト• イオンレジ• これらサービスが利用できるイオンスクエアメンバーIDですが、イオンカードのマイページとして使用するためにはイオンカードを登録しなくてはなりません。 イオンウォレットを利用すれば簡単にマイページ機能が使える 暮らしのマネーサイトはアクセスすることで簡単にマイページ機能を利用できますが、スマホで使用する場合はイオンウォレットが便利です。 スマホ用アプリのイオンウォレットはイオンカードの明細やイオンのクーポン配信などの機能が簡単に利用できるアプリ。 もちろんスマホでも暮らしのマネーサイトにアクセスできますが、 操作性から考えるとイオンウォレットの方がおススメです。 イオンウォレットのログインもイオンスクエアメンバーIDが必要 イオンウォレットを使用するにはスマホのOSに対応したアプリをダウンロードする必要があります。 アプリをダウンロードしたらログインが必要ですが、 イオンウォレットもイオンスクエアメンバーIDが必要となります。 イオンウォレットはイオンで利用できるクーポン配信もあるのでお得に利用しましょう。 イオンウォレットについて詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。 暮らしのマネーサイトにログインできない場合の原因と対処方法 ここまで紹介したように暮らしのマネーサイトやイオンウォレットを使用するには、サイトやアプリにログインする必要があります。 しかし何らかの原因によりログインできずに困ってしまうこともあり、対処方法を覚えておくことも大切です。 パスワードを忘れた場合は再登録が必要 パスワードはサイトにアクセスするための重要なカギであり、忘れると再発行することができません。 普段自分が使用しているパスワードをもう一度思い出して、入力ミスがないように正確に入力しましょう。 パスワードは半角英数字6桁~8桁なので、その範囲で考えると思い出しやすいことも。 どうしても思い出せない場合はイオンスクエアメンバーに再登録して、新しいIDとパスワードを発行することで対処できます。 イオンスクエアメンバーID忘れた場合はID検索を試そう イオンスクエアメンバーIDを忘れた場合は、 ID検索機能を利用します。 ID検索機能は登録情報を入力することで設定済みのメールアドレスにIDが送られてくるサービスです。 「名前」、「電話番号」、「生年月日」、「メールアドレス」が一致するとIDが送られてきます。 IDを忘れた場合には慌てないでID検索を試してください。 ログイン時にエラーが表示される際の対処方法 ログイン時にエラーコードが表示されることがあります。 それぞれのエラーコードと対処方法は下記のとおりです。 ・ LGN1002E パスワードを一定回数以上間違えたことによるID無効が考えられ、イオンスクエアメンバーに再登録することで対処可能です。 ・ KPSWW11902 イオンスクエアメンバーに登録されているクレジットカードがイオンカードでない可能性があるので確認して再登録をおこないましょう。 ・ LGN10003E、KPSWI11802、「IDまたはパスワードが違っています」 これらのエラーではID検索を実施したり、パスワードを調べたりするなどの対応が有効です。 どうしても思い出せない場合は、イオンスクエアメンバーに再登録してください。 どうしてもログインできない場合はコールセンターに連絡 ログインできない理由の中には、システムの不具合もあります。 見慣れないエラーや明らかにシステムに異常があると感じたら、イオンクレジットサービスの コールセンターに連絡して対処してもらいましょう。 電話でなくチャット受付サービスを利用すると待ち時間が少なく楽かもしれません。 暮らしのマネーサイトやイオンウォレットから得られる情報 イオンカード会員は暮らしのマネーサイトにアクセスすることで、いつでもオンラインで各種情報を入手できます。 使い過ぎや防犯の意味からも定期的にクレジットカード利用状況をチェックすることは大切なことです。 イオンカードを上手に使用するためにもさまざまな情報を有効に活用しましょう。 イオンカードの利用明細が確認できる クレジットカードの利用明細は郵送されることが多いのですが、暮らしのマネーサイトにアクセスすればリアルタイムで明細が確認できます。 確認できる利用明細の情報• 利用年月日• 利用店舗• 利用金額• 支払い方法 これらの情報が締め切り前に確認できるので、お金の流れを事前に把握でき日々の金銭管理に利用できます。 イオンカードの返済締め切り日は毎月10日、口座引き落としは翌月2日なので、忘れないように管理したいですね。 イオンカードの利用可能額が把握できる イオンカードにはショッピングやキャッシングごとに利用限度額が設定されており、利用額の合計が総利用額の合計までしかカードの利用ができません。 暮らしのマネーサイトで現在の利用可能額が分かるので、トラブルを回避する意味からも定期的に確認して利用限度額を把握しましょう。 暮らしのマネーサイトやイオンウォレットでできること 暮らしのマネーサイトやイオンウォレットは利用明細や利用可能額以外に、ポイント管理や各種設定ができます。 暮らしのマネーサイトでときめきポイントの管理ができる イオンカードの決済に対してもらえるは、200円 税込 ごとに1ポイントが付与されるポイント。 1,000ポイント以上をイオンの電子マネーに移行したり、商品に交換したりできるポイントで、1ポイントが1円と換算できます。 暮らしのマネーサイトやイオンウォレットでは、ポイントの合計保有数や有効期限が確認や、 ポイントの利用 商品交換、ポイント移行 をすることができます。 暮らしのマネーサイトではイオンカードの支払い方法を変更できる クレジットカードの返済には「1回払い」以外にもいくつかの方法があります。 特に大きな買い物をした場合、後から返済方法を変更したいことも少なくありません。 そこで活用したいのが返済方法の変更。 暮らしのマネーサイトやイオンウォレットを利用すると、返済方法を 後からリボ払いに変更できます。 リボ払いは毎月の返済が一定で毎月の負担を減らせますが、手数料として年利15. 0%が必要なので計画的に利用してください。 イオンカードの会員情報を簡単に登録&変更できる 個人情報の変更があった場合、クレジットカードの会員情報を変更しなくてはなりません。 下記の情報はマイページで変更することができます。 マイページで変更できる情報• 電話番号• 勤務先• 引き落とし口座番号 これらの情報はカスタマセンターでも変更できますが、マイページではいつでも自分の都合で変更できて便利。 ただしイオンカードセレクトについては、原則イオンダイレクト銀行での手続きが必要なので注意してください。 イオンカード「暮らしのマネーサイト」にログインしてできることまとめ 紹介したとおり、暮らしのマネーサイトやイオンウォレットには便利な機能が詰まっており、イオンカード会員は積極的に利用したいものばかり。 ただし利用するにはサイトやアプリへのログインが必要で、それに失敗すると便利な機能が使えません。 そして大切なのはログインに失敗しても慌てないで原因を調べて、その対処を冷静におこなうことです。 どうしても解決しないときはイオンスクエアメンバーへの再登録や、コールセンターに連絡しましょう。

次の

イオンスクエアメンバー仮IDとは|イオンカード 暮らしのマネーサイト

暮らし の マネー サイト 仮 id

イオンカードの暮らしのマネーサイトへのログイン方法 イオンカードの暮らしのマネーサイトは、「」でログインすることができます。 はじめてログインする時 はじめてログインするときは、まずイオンカードを手元に用意しておきましょう。 「」から 「新規登録する(無料)」をクリックして、カード情報を入力します。 その後指示に従って、ログイン名やパスワード、そしてクレジットカード番号を入力すれば完了です。 次回からはIDとパスワードを入力するだけで、すぐに閲覧することができます。 暮らしのマネーサイトのログインに必要な情報 暮らしのマネーサイトのログインに必要な情報は、新規登録した時に登録した 「イオンスクエアメンバーID」と 「パスワード」です。 家族カードを持っている人も本カードとは別のIDとパスワードが発行されます。 ログインできなくなってしまった場合 ログインできなくなってしまった場合は、次のステップに従ってください。 【 イオンスクエアメンバーIDを忘れた場合】 「」画面で、登録されている指名、電話番号、生年月日、メールアドレスを入力すれば、登録されているIDが検索されます。 【 IDが検索できない場合】 セキュリティーのため、検索、再発行はできません。 「」画面で再度、クレジットカード情報を入力してください。 この際、「登録済みのID」、「退会済みのID」、「無効になったID」は利用することができませんのでご注意ください。 【 ログインパスワードを忘れた場合】 セキュリティーのため、検索、再発行はできません。 「」画面で再度、クレジットカード情報を入力してください。 この際、 「登録済みのID」、「退会済みのID」、「無効になったID」は利用することができませんのでご注意ください。 イオンカードの暮らしのマネーサイトでできること イオンカードの暮らしのマネーサイトを使えば、イオンカードの情報や登録の変更のほとんどをネット上で行うことができますので、特殊なケースを除き、わざわざつながりにくいコールセンターに電話すること必要がなくなります。 24時間365日いつでも、情報の閲覧や変更ができますので、忙しいあなたでも気軽に行うことができます。 会員情報の変更ができる 暮らしのマネーサイトでは、クレジットカードで新規登録した時の次のような登録情報を変更することができます。 ・氏名 ・住所 ・電話番号 ・メールアドレス ・勤務先情報 ・引き落とし口座 イオンカードを長い間使っているとこれらの情報が変更されることはよくあります。 ついついそのままにしておきがちですが、カードの利用規約にはこれらの情報が変更した時には速やかに変更しなければならないことになっています。 暮らしのマネーサイトではいつでも簡単にこれらの情報の変更ができますので、もしあなたのカードに何か変更があるなら、この機会に登録情報を更新してみてくださいね。 なおクレジットカードの住所変更や勤務先情報の変更について詳しくは、下記の記事でわかりやすく解説していますので、あわせてご覧ください。 イオンカードの利用明細 イオンカードは月に1回請求額と共に利用明細が届きますが、 暮らしのマネーサイトなら具体的な利用明細をいつでも確認することができます。 イオンカードの利用状況を確認しておく習慣をつけておけば、いつ何を購入しているかをしっかりと把握することができますし、不正利用された時にもすぐに気づけますので、被害を最小限に抑えることができます。 現在の利用可能額の確認 イオンカードには利用可能額がありますが、あなたの持っている イオンカードの 利用可能額も、「暮らしのマネーサイト」で確認することができます。 利用可能額は毎月限度額が定められていて、限度額を超えると問答無用でそのカードが使えなくなってしまいます。 自分の利用可能額を知らないと、急に普段使わないような額のショッピングをしてしまった場合、恥ずかしい思いをしてしまうことになります。 特にETCカードを利用している場合は、限度額を超えているとETC専用レーンに入ってもバーが開かないので、大変危険です。 なおクレジットカードの利用限度額を上げる方法については「クレジットカードの限度額を上げる方法を解説!申請方法や審査基準も徹底解説」を参考にしてください。 支払い方法の変更 クレジットカードを一括払いで払ったものの、後になって 銀行の口座に残高が足りなかった場合、「暮らしのマネーサイト」で 支払い方法をリボ払いに変更することができます。 なおリボ払いにすると手数料が発生します。 この手数料の仕組みはよく知っておかないと、かなりの手数料を払わなければならなくなることがありますので注意が必要です。 詳しくは、「リボ払いの手数料の計算方法がわからなくて困っていませんか?わかりやすく解説します」でわかりやすく解説していますのであわせてご覧ください。 おすすめのイオンカード イオンカードには様々な種類がありますが、その中で 最もおすすめしたいカードが 「イオンカードセレクト」です。 なぜならイオンカードセレクトは、 「クレジットカード」「イオン銀行のキャッシュカード」「電子マネーのWAON」という3つの機能を1枚で使える便利なカードで、しかもイオンカード系の中で唯一「ときめきポイント」と「WAON」のポイントを2重どりできるカードだからです。 さらにこのイオンカードセレクトで、 WAONオートチャージ利用やWAONの利用により、金利や入出金手数料、振込手数料に関係する 「イオン銀行Myステージ」のステージが上がりやすくなります。 もちろんこれらの情報は全て、「暮らしのマネーサイト」で確認することができます。 まとめ 今回は、イオンカードの暮らしのマネーサイトについて解説しました。 イオンカード「暮らしのマネーサイト」とは、イオンカードに関連するサービスを行っているサイトで、イオンカード、イオン銀行、WAONについての情報をすべてオンライン上で管理することができます。 数あるイオンカードの中で最もおすすめしたいカードは、ポイントの2重どりができて、「イオン銀行Myステージ」のステージが上がりやすくなる「イオンカードセレクト」です。 暮らしのマネーサイトを使いこなせるようになれば、あなたが便利になるだけでなくコールセンターに電話をする数が確実に減り、管理がシンプルになりますので、イオンカードを管理しているカード会社にも利益があります。 カード会社の利益があれば、イオンカードのサービスをさらに向上させることにつながるかもしれません。 もしあなたがイオンカードを持っているなら、ぜひこの暮らしのマネーサイトを活用するようにしてください。

次の