ティック トック バズ り 方。 2020年!TikTok(ティックトック)で必ずおすすめに載る方法!バズるための秘訣を徹底解説

【TikTok:人気のハッシュタグ】ハッシュタグの効果的な使い方も紹介

ティック トック バズ り 方

若い世代を中心に普及しているティックトック(TikTok:以下「ティックトック」)は、個人やグループで歌ったり踊ったり、配信している側と見ている側の双方が楽しむことができるSNSとして人気を博しています。 ティックトックで動画を配信しているユーザー達の楽しそうな姿を見ていると、自分もやってみたい、もしくは子どもがやりたいと思うようになるのは自然なことです。 しかし、動画を投稿するティックトックは、他のSNSと同様のリスクはないと言い切れるでしょうか? リスクは知っているからこそ、適切に対処して自分の身の安全を守ることができます。 ティックトックを安心して楽しむためにも、潜んでいるリスクと身を守るための対策を、この記事を通して事前に知っておきましょう。 なお、昨今の米中間の政治的な関係によって米国、また日本国内でも制限が検討されていますが、本記事は政治による判断を加味しているものではありません。 目次: 1. ティックトックの基本情報 10代を中心とした若い世代が踊るSNSとして知られているティックトックですが、それに関するリスクを理解するためにも、まずはティックトックの基本情報を詳しく解説していきます。 1-1. ティックトックとは? ティックトックは2017年夏に中国のByteDanceという企業が開発した中国以外の世界150の国と地域で生まれたSNSアプリであり 中国ではDouyin 、15秒の短い動画を自由に投稿することができるという特徴があります。 音楽に合わせて歌ったり口パクをしたり、または踊ったりするなど、15秒の間で思い思いの表現を楽しむことができ、投稿者のアイデア次第で表現が広がる面白さがあります。 1-2. なぜティックトックが10代に流行しているのか ティックトックで主に動画を投稿しているのは、10代だといわれています。 この世代でティックトックが流行している理由として、音楽に合わせて歌って踊るなどの楽しさを多くの人と共有したいという思いと、大勢に見てもらえる動画を投稿することで有名になりたいという思いを満たすことができるからだと考えられます。 ティックトックによる投稿が芸能関係者の目に留まり、芸能事務所に入って芸能活動を開始した10代の方も実際に出てきています。 このように、10代の心理をよく突いているSNSだからこそ、その世代を中心に流行しているともいえます。 1-3. 他のSNSとの違い ティックトックはTwitterやInstagramなどと同様、SNSの一種です。 Twitterはテキストがメインであり、Instagramは写真がメインである一方で、ティックトックは動画に特化しています。 TwitterやInstagramでも動画を投稿することはできますが、これらのSNSとティックトックが大きく違うのは、動画用のテンプレートがすでに用意されていることです。 このテンプレートのおかげでユーザーは音楽やネタを用意するなどの労力をかける必要がなく、誰でも気軽に動画を投稿することができます。 また、TwitterやInstagramよりも年齢層の高いユーザーが比較的少なく、小中高生などの若い世代が気軽に楽しみやすく、比較的居心地がいい空間であることも、他のSNSとは違うといえます。 1-4. これからティックトックを始めたいと思われている方へ お子さんが始めたいと言っている場合、もしくはあなた自身が始めたいと思っているのであれば、次章から解説するティックトックのリスクを知って、ある程度安全性を確保できるようになってから利用するようにしましょう。 ティックトックを始める上で知っておくべきリスクについては、次章で解説します。 ティックトック利用にあたって知っておきたいリスク8つ ここからは、ティックトックに潜む8つのリスクについて解説していきます。 2-1. そもそも利用禁止年齢である可能性 ティックトックは、13歳以上限定のSNSであることをご存知でしょうか?ティックトックのサービス規約において、13歳未満の人が利用しているアカウントが見つかった場合、そのアカウントを終了させることが明記されています。 以上のことからティックトックを利用する前に、まずは利用規約に目を通すようにしましょう。 個人情報が狙われている ティックトックに投稿した動画の背景に映っている景色から、投稿者の家や撮影場所を特定され、個人情報が流出する恐れがあります。 最近は画像解析などの技術が進んでいるため、写真のほんの少しの映り込みや何枚かの写真を照合することで、撮影場所や投稿者本人の特定が可能になります。 動画は写真以上に情報量が多いため、かなり気をつけて撮影しなければ、画像投稿以上に個人情報が狙われる危険性が高いといえます。 また、アカウント名から個人を特定されることもあるため、個人に関する情報をアカウント名に使わないことはもちろん、近隣の有名な場所や建物の名前など、個人情報が掴めそうな単語は使わないことが鉄則です。 2-3. 出会いツールとして利用しようとする人がいる ティックトックは音楽に合わせて歌って踊るなどといった楽しさを共有することが本来の目的であり、出会いを目的としたものではありません。 しかし、動画の投稿者に対しコメント欄から出会いを持ち掛けるなどといったマナー違反を犯す人もいます。 動画のように公開する情報が多いツールでは、出会い系のツールとして利用しようとしている人もいることを覚えておいてください。 また、動画を投稿しているのは10代が中心かもしれませんが、それを見ているユーザーはスマホユーザー全体に広がっていると認識した方が良いでしょう。 2-4. ネットストーカーに発展することがある 前項の展開によっては、コメント欄にコメントするなどの行為がエスカレートして、ストーカー化する可能性もあります。 ネットストーカー被害が疑われる場合は、身を守るためにも決して個人や知人だけで問題を解決しようとせずに、警察や弁護士などといった第三者の力を借りて適切に対応する必要があります。 ネットストーカーについては以下の記事をご参照ください。 ・ 2-5. ネガティブなコメントで精神的に傷つけられる可能性 動画を投稿して褒めてもらえたり応援してもらえると非常に嬉しいものですが、中には悪口ばかり書き込むような輩もいます。 ネガティブなコメントは量が多かったり頻度が高いと精神的負担になり、心が傷ついてしまう可能性があります。 2-6. 動画が思わぬところに拡散することがある ティックトックでは、動画を保存することができます。 気に入った動画を保存しておけることは嬉しい機能である反面、YouTubeや他のSNSに転載して拡散するなど、投稿者自身が意図しないところに自分の顔や姿がさらされる可能性があります。 一度ネット上で拡散してしまった動画を完全に消すことは事実上不可能である以上、意図せぬ動画の拡散は重大なリスク要因になり得ます。 2-7. 撮影に夢中になり迷惑行為やトラブルに発展する 撮影に夢中になるあまり、立ち入り禁止区域に入ってしまったり、意図しない人が動画に映りこんでしまうなど、周囲に十分注意して利用しないと迷惑行為やトラブルに発展してしまう可能性があります。 せっかくの楽しい時間や気分が台無しになってしまわないように、周囲への配慮を忘れないようにしてティックトックを利用することが重要です。 2-8. 当社は、お客様の情報を、当社のビジネスパートナー、広告主、分析ツールおよび検索エンジンを提供する業者との間で共有します。 当社は、法令上必要な場合には、お客様の情報を、法執行機関、公共機関、または、政府機関との間で共有します。 普段目にする事のないこのような情報に驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは特別な事ではありません。 特に法執行機関や政府機関などへの共有は米国で開発されたソーシャルメディアも中国で開発されたティックトックも原則として変わらず、法令上それが必要であれば共有されることになります。 基本的に法執行機関や政府機関などに情報開示を要求されるような事をしなければ問題ないのですが普段気にしないようなことだからこそ、ソーシャルメディア利用に伴うプライバシー保護については知っておいた方が良いでしょう。 安心してティックトックを使うために ここまでお読みいただき、リスクが思った以上に多いことに、また想像もしていなかったリスクがあったことに驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか? ただ、その多くはティックトック以外のSNSでも共通していることであり、ほとんどのリスクに対処することができます。 ここでは、安心してティックトックを使うための方法を解説します。 全てを適用してしまうと全く面白くなくなってしまうかもしれませんので、リスクを理解した上での判断が必要です。 3-1. アカウントを非公開設定にする ティックトックの安全性を高めるにはアカウントを非公開設定にして、自分の友達の間だけで楽しむようにするのが有効です。 仲間内だけでなく、動画を不特定多数の人に公開してより多くの人に見てもらいたい気持ちは分かりますが、ティックトックに潜んでいるリスクと比べた上で最終的な判断が出来るはずです。 アカウントの非公開は、次に示す手順で設定することができます。 以上で、アカウントの非公開設定は完了です。 とは言え、多くの方に動画を見てもらうのもティックトックの醍醐味なのでアカウントの非公開を一方的に推奨しているわけではありません 3-2. 顔出し動画には慎重に 顔出し動画について、YouTubeでは比較的警戒している人が多いのに対して、ティックトックでは無警戒な風潮があるように見受けられます。 誰でも気軽に動画をアップできることがその要因になっていると考えられますが、顔出し動画の危険性はYouTubeと同じか、もしかしたらそれ以上かもしれないことを考慮して、慎重に扱うことを推奨します。 3-3. 個人情報の流出につながる行為をしない いつでもどこでも気軽に動画を撮影できるところが、ティックトックの大きな魅力の1つです。 しかし、その手軽さ故に自宅内や自宅の近所など、個人情報の流出につながる場所で撮影してしまうケースが多く見受けられます。 安心してティックトックを使用するためには、個人情報が特定される可能性のあるものが映り込まないようにする配慮が非常に重要です。 また、アカウント名も個人を特定する材料となるため、アカウント名に本名を使用したり、生年月日を入れたりしないことを強く推奨します。 3-4. 他人からのコメント入力と動画のダウンロードを禁止する 多くの人からコメントやメッセージを貰えるのは嬉しいことですし、もっと良い動画を作ろうとするなどといったプラスの効果を生み出すこともありますが、世の中は応援してくれる人ばかりではありません。 ネガティブなコメントをすることを楽しむ人もいますし、それによって心が傷つけられてしまうケースは思いのほか多く存在しています。 そのため、できることならコメントやメッセージが可能な人を設定することを推奨します。 また、不特定多数の人が動画をダウンロードできるようにしておくことは、それだけ意図しないところで拡散されてしまう危険性も高くなるため、プライバシー設定で動画をダウンロードできる人を制限しておいた方が、より安全だといえます。 3-5. 撮影する時は周囲の環境や禁止事項に注意する 撮影している時はつい、動画の見栄えや出来の良さに集中してしまいがちになりますが、立ち入り禁止区域に入っていないか、音や踊りなどが迷惑な場所ではないか、周囲の環境や禁止事項をよく確認するようにしましょう。 以上のことは、周囲への迷惑行為になることを防止するとともに、怪我など事故の防止にもつながります。 3-6. ペアレンタルコントロール 保護者管理機能 を使う これは主に未成年の方がティックトックを使用する際に保護者の方が自分のお子さんを犯罪やトラブルから守るために実装されている機能です。 この機能により、ティックトックの使用時間の管理、動画コンテンツのフィルタリングによる未成年に不適切な動画コンテンツの排除、ダイレクトメッセージ DM の受信範囲を制限することにより不特定多数からのDMの受信などを防ぐことが可能になります。 この機能をお子さんのティックトックに適用することにより、保護者の方には安心を、ティックトックを利用するお子さんには保護者に守られながらアプリを楽しむことができます。 ティックトックを含むSNSのリスクを管理する方法 これまでに述べてきたティックトックに潜むリスクは、ティックトック以外のSNSにも共通して潜んでいるものでもあります。 SNSは、私達の生活と切っても切れない関係になっているといえるくらいに浸透しているため、それは誰にでも平等に降りかかるものになっていると言っても過言ではありません。 それらから、あなた自身や子どもの身を守る為のリスク管理について説明します。 4-1. SNSは手軽な情報発信と流出が表裏一体である SNSの強みは、なんといってもその手軽さです。 いつでもどこでも、そして誰でも手軽に情報発信することができます。 しかし、手軽に情報発信ができるということは言い換えれば、いとも簡単に個人情報が流出するということです。 SNSを利用する以上、情報発信と個人情報の流出は表裏一体であると心得ておくことが、身の安全を守るリスク管理の基本となります。 4-2. 意図しない情報の漏洩や拡散の可能性を知っておく SNSは自分が投稿した動画や情報などが拡散され、「いいね」をもらうことができる楽しさがあります。 しかし、そのようにして投稿した動画や情報などが誰かに保存され、自身が知らないところで情報漏洩や拡散がされることで、SNSの楽しさが不安や恐怖に変わってしまう可能性もあります。 この可能性を知ったうえで、SNSの投稿する際には情報の安全性を入念にチェックしてから行う癖をつけると、リスクを軽減する効果につながります。 4-3. 面識のない他人とつながることのリスクを知る SNSは面識のない他人と、いとも簡単につながることが出来てしまいます。 その人が善良な人である保証はなく、何かしらの悪意を持っていることも十分あり得ることです。 フォロワーが増えたり、相互フォローをすることは楽しいことではありますが、むやみにつながることは得策ではありません。 相手がどのような情報を発信しているのか、他の人に対してどのような対応をしているのかなど、つながる前に相手の素性をある程度知ることも大切です。 4-4. 誰かが自分の個人情報を狙っていると認識する 個人情報流出という言葉を、度々耳にする機会があると思います。 こうした言葉を耳にする頻度が多いということは、それだけ個人情報を狙っている何者かがたくさん存在しているということです。 そして、狙われているのは、自分の個人情報も例外ではありません。 SNSは個人情報流出リスクの最たるものの1つですが、インターネットが普及している現代社会においては、インターネットを利用している人は誰でも、誰かに個人情報を狙われているのだということを認識することが重要です。 その認識を強く持つことが、リスク管理の質を高める基礎となります。 まとめ ティックトックは動画投稿型のSNSであることから、動画という非常に多くの個人情報を含んだメディアを誰でも簡単にネット上に投稿することができます。 そのため、TwitterやInstagramなどといった他のSNSを扱う時と同様か、それ以上にリスク管理を徹底する必要があります。 この記事を利用してSNSに潜む危険性について理解を深め、無用なトラブルを回避できるようにしておきましょう。 あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。 「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。 この方法は、以下のようなメリットがあります。 ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン• ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出• 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除 ノートンセキュリティは30日間 最大60日間 無料で最新版がご利用いただけます。 今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。

次の

【TikTok(ティックトック)の使い方】動画の編集・保存・公開/非公開設定や、アカウントの削除/退会方法を紹介!

ティック トック バズ り 方

2:権威性 権威性を出すと、信用性を向上させることが出来ます。 上記は結構難易度の高い権威性になってしまいましたが、こんな感じで 自分が達成した実績を数値で提示することで、動画の内容に説得力を出すことが可能です。 3:あなたが視聴者に与える価値 ここにもあなたが視聴者に与える価値をしっかり記載してあげてください。 トップ画像に簡略的に記載している場合は、文章でより具体的に記載してあげてください。 誰に何を伝えるアカウントなのか。 また、それを見ることで視聴者が何を得るのか。 ここを深堀した結果を、視聴者に提示してあげてください。 4:SNSへの促し SNSへのリンクを貼っている人は、 視聴者を誘導するための文章を記載してあげてください。 例えば、 『YouTubeではもっと詳しい内容を解説中!』 みたいな感じです。 TikTokの上位互換である内容が、別SNSにある流れだとより誘導しやすいです。 SNSリンク 現在運用しているTikTok以外のSNSがあれば、そちらのリンクを貼ってあげましょう。 この部分は特別なことをする必要はありません。 普通にリンクを貼りましょう。 コツ3:撮影も一工夫 撮影が必要ない方は飛ばしてください。 いくつかTikTokならではのポイントがありますので、目を通してください。 動画画面の向き YouTubeとは異なり、 TikTokは画面を縦にして見られること前提です。 縦長の動画を撮影する場合はスマホが適切なので、三脚などでスマホを縦に固定する必要がありますのでご注意ください。 私が使用している三脚にはスマホ固定用の部品が付いていたのでご紹介します。 iPhoneで撮影をしましたが、問題なく固定して撮影が出来ました。 もちろんスマホ以外のカメラなども固定できます。 安価で使い勝手が良いのでおすすめです。 動画スピード TikTokの動画は15秒制限があります。 そこに情報を詰め込むためには、ある程度テンポを速める必要があります。 トークをするような動画の場合は、話す速度を上げるなどして対応していきましょう。 撮影場所 撮影についてはどこでもOKです。 が、注意事項もございます。 動画の背景は定期的に変更してください。 どういうことか解説します。 以前、私がコンサルをしている アカウントがペナルティを受けたことがありました。 原因は、 複数動画の背景が同じだっため、TikTokに複製されたコンテンツと判断されたこと です。 その時は白い壁を背景にして動画を撮影。 この白背景動画を10本程度投稿したところで、再生回数が『0』になるという事象が発生しました。 グリーンバックを利用するメリットとしては、背景を自分で選択出来るのが大きいです。 撮影場所を変更する方法だと、移動や場所の選定が大変ですからね。 グリーンバックはAmazonとかで売ってますのでご検討ください。 確かにハッシュタグをつけることで検索からの露出は増えますが、 TikTokの仕様上、画面が見えづらくなってしまうというデメリットがあります。 また、他SNSと違ってTikTokはお勧めからの露出が大きいSNSです。 なので、そこまで大量にハッシュタグをつける必要はありません。 多くても5個程度 に抑えることをお勧めします。 コツ6:サムネは動画内に含めましょう TikTokはYouTubeと違い、 サムネ画像をアップロードすることは出来ません。 投稿する動画内容の一部をサムネとして設定する仕様です。 なので、 動画内にサムネとなるシーンを入れ込む必要があります。

次の

TikTok(ティックトック)再生回数が安定しない!?平均値を収束させる方法とは?

ティック トック バズ り 方

どのような動画を見ているか• トレンドで検索するワード• 動画が投稿されたタイミングでアプリを開いた• 多くのいいねが集まっている おすすめにのる動画は、上記のような選考基準が設けられています。 一番おすすめに出やすいのは、その人がどのようなジャンルの動画を最後まで見ているかということです。 おすすめに出てきてもすぐにスワイプされているようなものはカウントされません。 ただ、おすすめに出てきたうえで、動画を最後まで見たり繰り返し見たりしているジャンルはその人のおすすめに出やすくなります。 また、トレンドで検索しているワードに関しても、その人のおすすめに載る基準となります。 そして、誰にでもチャンスがあるとされるのが動画の新しさです。 TikTokにログインしたタイミングで、他のユーザーが動画を投稿することで、おすすめに表示されることがあります。 この基準を理解すると、 誰でもおすすめに載る可能性はあるということになります。 ただ、おすすめに載ったからといっていいね数が獲得できたなかったり、最後まで動画を見られることがなければ、おすすめに出るのは一度切りとなるでしょう。 トレンドより流行しているハッシュタグを見つける おすすめに何度も動画を載せるためには、トレンドで流行っているハッシュタグを投稿することが重要です。 もちろん、投稿する動画もハッシュタグに沿った内容でないと意味がありません。 ただ、トレンドはすぐに回転していくので、トレンドを確認したらすぐに動画を投稿する必要があります。 クオリティの高さだけを意識して、編集などに時間をかけていると、さっきまで流行っていたトレンドがもう流行っていないなんてこともあります。 TikTokに投稿する動画は、 クオリティも重要ですが、速さも重要になります。 また、何度も流行っているハッシュタグがあれば、その動画のストックを作っておくというのもおすすめです。 おすすめにのりたい• バズりたい• いいねが欲しい• フォローお願いします TikTokではハッシュタグを何個つけても構いません。 つけすぎてもあまり効果はないようですが、トレンドなどでひっかかるように、お願い系のハッシュタグもつけておきましょう。 動画を見てくれた人が優しければ、いいねなどをしてくれるかもしれません。 ハッシュタグはないよりあった方がいいので、ある程度の数のハッシュタグをつけるのがおすすめです。 どんな人がおすすめに載っているのか調査する トレンドやレコメンドはその都度変わってしまいます。 また、自身がどんな動画を見ているかによってもおすすめは変わってしまいます。 ただ、おすすめに載る人はあなたが見ているジャンルの中で良い評価を得ているものばかりです。 他人の動画のいいところは参考にするのがおすすめです。 特にTikTokでは、自身が好きなことに関しての動画を投稿するパターンが多いので、ネタ集めにもなります。 動画をおすすめに乗せたいのであれば、しっかりと自身の投稿したいと考えているジャンルについて調べるのも重要となります。 また、投稿するジャンルが決まっていない場合は、別途アカウントを用意するようにしてください。 閲覧履歴がないアカウントであれば、ジャンルなどで差別されることなく、人気のある動画がおすすめとして表示されます。 みんなが知っているようなバズってる動画を真似することでも、おすすめに載ることがあるので、十分に参考になるといえるでしょう。 音源選びも重要 TikTokでは、動画と同時に音楽が再生されていることが多いです。 特に日常系の動画を投稿している人は、音ハメを使用して、動画を面白くしています。 そして、おすすめにのるような動画は 同じ音楽を使用していることが多いです。 音源は動画からそのままセーブして、自身の投稿の際に使用することができます。 保存しておきたい音源が流れてる動画が再生されたら、 右下のアイコンをタップします。 「セーブする」をタップすると音源がセーブできます。 あとは自身が投稿するときに楽曲をタップして、セーブ済みを確認すると先ほどセーブした音源が確認できます。 既にバズっている動画をオマージュする どんな投稿をしていいかわからない場合は、すでに バズっている人の動画をオマージュするのがおすすめです。 おすすめに載る基準として、似ているジャンルはおすすめとして表示されやすくなります。 既にバズっている動画をそのまま、真似することで同じジャンルとして投稿され流行りやすくなります。 そして、バズっている動画を見つけるのに役立つのが有名なティックトッカーのフォローです。 人気が出ている人がきっかけとなって流行っている動画は多いですし、早くオマージュすればそれだけ表示される頻度は上がります。 有名なティックトッカーは下記記事で紹介しています。 TikTok外で話題になっていることを動画にする TikTokのネタと一つとして使われるのが、時事ネタです。 コロナウイルス関連でいえば、手の洗い方やマスクの作り方などです。 他にもおうち時間の過ごし方などを紹介しているティックトッカーもいます。 Twitterなどでトレンドを検索することで、今の話題を知ることもできます。 今話題になっているということは、気になる人がたくさんいるということです。 特に有益な情報であれば、確認したいと思う人も多いので、時事ネタについてしっかり調べるのもおすすめです。 時間や頻度もポイント 動画を投稿する時間や頻度も、おすすめに載るためには意識する必要があります。 いいね率ということはクオリティの低い動画を何本も投稿してしまうといいね率が低いユーザーになりやすいです。 なんでも動画ができたからといって、投稿すべきではないといえます。 いいねをされるためには、まず動画が見られなければいけません。 TikTokは投稿したタイミングで、一部のユーザーにおすすめとして表示されます。 ログインしているユーザーが多ければ多いほど、おすすめに表示されることが多くなります。 いいね返しを利用する いいね返しは、いいね率を上げるために使えます。 「#いいね返し」をつけた投稿にいいねをすることで、自身の投稿もいいねもらえるシステムです。 ただ、あまりにもいいねの数が多い投稿にいいねをしても、いいね返しが返ってこないこともあります。 また、過去に投稿にいいねをしても、相手が気付かないということもあります。 いいね返しを狙う場合は、まだいいね数が少ない投稿や最新の投稿だけに絞り込むようにしましょう。 コメント欄を活用する TikTokでは投稿されている動画に、コメントを行うことができます。 ここで勘違いしてほしくないのが「コメントを宣伝する場所」として使うことです。 あからさまに「私の動画を見てほしい」などの内容を書くと、いいねなどは貰えません。 それどころか多くの人に報告やブロックされてしまうことさえあります。 他のユーザーを不快にするようなコメントの使い方はおすすめできません。 普通に会話をしてみる• 目を引くアイコンにしておく• ワードセンスのある言葉をいう• 的確なツッコミを入れる• 私の動画と似ているなどの自然な誘導をする この中でも、誰でもできるのが「私の動画と似ているなどの自然な誘導をする」ということです。 TikTokでは、バズった動画をまねているものも多いので、この言葉を上手く使うことができます。 中には「本当に?」と思って確認してくれる人もいますし、悪い印象は与えません。 おすすめに載らなくなる可能性がある行為 TikTokではさまざまな利用規約があります。 皆が利用しているからといって下記のような内容を投稿すると、おすすめに載らなくなる可能性があります。 外部リンクへ誘導する TikTokでは、外部リンクに誘導するような投稿は禁止しています。 長い動画を投稿したくても、続きはYouTubeでなどの誘導も禁止です。 長い動画を投稿する場合は、何回に分けて投稿するのがおすすめです。 動画を続ける必要があることで、続きが気になるユーザーはあなたの事をフォローしてくれるかもしれません。 著作権を著しく侵害している 著作権を違反するような投稿は禁止されています。 ただ、TikTokではさまざまな音楽が使われているのが確認できます。 実はTikTokはJASRACと利用許諾契約をしています。 この契約が有効な限りは、JASRACで管理されている楽曲に関しては使っても著作権侵害にはなりません。 著作権侵害になるのは、それ以外の曲を使用した時や、許可を得ずに他人が書いたイラストなどを使ったときなどです。 おすすめに表示されないだけでなく、そのままアカウント停止になる可能性もあるので十分に注意しましょう。 性的な表現などをしている TikTokでは性的な表現をしている動画は規約違反となります。 露骨な性的表現や、露出はおすすめに載らないだけでなくアカウント停止につながる可能性もあります。 他にもTikTokでは投稿を禁止しているものが多くあります。 詳しくはより投稿できる内容を確認してください。 フォロワーを買っている TikTokでは、フォロワーを買って運用するシステムを販売している業者がいます。 フォロワーが多いことで、おすすめに表示させやすくしているのです。 Instaglamなどでもフォロワーを買うツールなどは多く販売されています。 TikTokでも同じようにフォロワーを買うツールは販売されていますが 規約違反となる行為です。 TikTok側にばれてしまうと、おすすめに表示されなくなるだけでなく、そのままアカウント停止となる可能性もあります。 簡単にフォロワーを増やすことはできますが、フォロワーは買わないことをおすすめします。 TikTok(ティックトック)でバズる秘訣 TikTokでおすすめに載ることができたら、次はバズり方を学びましょう。 秘訣を理解して動画を投稿することで、1ヶ月で200万リーチ、23万いいね、2500シェアという記録も夢ではありません。 バズりやすい内容• 雑学系• 共感できるネタ• 動きが面白い• ビジュアルがいい• 学校ネタ TikTokでは、今までもさまざまな動画がバズって来ています。 ちょっとした雑学を紹介するだけでも、バズることがあります。 また共感できるあるあるネタをを実演する動画はバズりやすいです。 動きが面白かったり、かわいい女の子やかっこいい男の子が出演している動画もバズりやすいです。 TikTokを利用している人の多くが学生ということもあり、学校ネタもバズりやすいです。 TikTokでは凝ったことをするのもいいですが、誰もが親しみやすいような話題・ネタを投稿するのがバズるコツをいえるでしょう。 最後まで見てもらえるようなストーリー仕立て バズるためには、面白い動画を投稿するというのは当たり前です。 たくさんのいいねやシェアをしてもらうためには、内容をしっかりと考える必要があります。 TikTokは短い動画なので、面白くない内容だとすぐに飛ばされてしまいます。 最初の一言や、ワンシーンで続きを見たいという内容を投稿する必要があります。 雑学系なら問いかけから始めてみたり、あるあるネタなら最初にこんなネタだとタイトルを伝えることを意識してください。 バズるためには、最後まで動画を見てもらって、視聴時間を稼ぐ必要があります。 視聴時間が長いことで、おすすめにさらに表示されやすくなりバズる可能性が上がります。 クオリティが低い動画は投稿しない 動画は何本も投稿するよりも、定期的にクオリティの高い動画を投稿するようにしてください。 クオリティが低い動画を投稿してしまうことで、いいね率が下がってしまいます。 ある程度ファンがついている状態であれば、クオリティ関係なくいいねは稼げますが、バズるほどにはならないでしょう。 いいね率を高く維持することで、多くの人のおすすめに載るようになりバズる可能性が上がります。 そして、クオリティが高いことでバズる確率がさらに上がるといえるでしょう。 気持ちのいい音ハメを意識する TikTokでバズりやすいのが、 音ハメです。 音に合わせて自分が動きをすることで、見ている側も気持ちよく動画を見ることができます。 また、音ハメはコラボしやすく、誰でも真似しやすいというメリットもあります。 複数の似たような動画が投稿されることで、おすすめに表示されやすくなります。 人気が出ることで、誰が最初にこの動画を作ったのかという話題にシフトチェンジし、元の動画がバズることはよくあることです。 真似しやすい動画や投稿する上で、音ハメはかなり使いやすいジャンルといえるでしょう。 一つのジャンルに徹底する• あるあるネタを紹介• 料理を作り続ける• ゲームのテクニック• 便利な掃除方法の紹介など 一つの動画ではバズらなくても、専門的な投稿者になることで徐々に人気が出てくることもあります。 積み重ねやネタを収集するという努力が必要になりますが、根気よく動画を撮れる人にはおすすめの方法です。 また、自身の好きな事だけを動画にできるというメリットもあります。 楽しみながらできるというのもおすすめできるポイントといえるでしょう。 真似できそうな内容を投稿する 音ハメだけでなく、簡単なダンスなどは真似されてバズることがよくあります。 ダンスが得意な人は自身の持っている力を出したいと思うかもしれませんが、バズるためにはすごいテクニック入りません。 音楽に合わせて基本的なダンスをするのがおすすめです。 誰もが真似できそうなダンス動画を投稿した後に、自身の持っている力を最大限に活かせる動画を投稿しましょう。 あなたの事が気になったユーザーは、フォローをしてくれますし、他の動画を見てくれることにもなります。 最初は敷居の低いものから広めていくようにしましょう。 動画に出演させる人・動物を選ぶ TikTokでも動物系やカップル系の動画はバズりやすいです。 YouTubeなどでもカップルチャンネルといったジャンルがあるように、カップルで投稿された内容は自然と目が行く人が多いです。 男の人は女の人を見ますし、女の人は男の人を見るという自然な心理を利用した方法になります。 告白系やロマンチックな演出をしているものは特にバズりやすいです。 また、カップルでTikTokを見ていれば「真似してみよう」という発展につながることにもなります。 そしてテレビと同じように かわいい動物は、数字を取れます。 これはTikTokであっても同じです。 また犬や猫などにアテレコをして喋っているように見せるといった動画もバズりやすいです。 どちらにも言えることですが、やはり絵面がいいことはバズる要因の一つといえるでしょう。 有益な情報を教えてあげる 誰もが知っているような雑学を投稿しても意味はありません。 普段は何気なく使っているものや触れているでも、実は隠された雑学があります。 なぜ空は青いのか?と聞かれると多くの人が答えられないと思います。 この問いかけが気になると、その動画を最後まで見ようと思います。 最後まで見られることで、おすすめに載りやすくなります。 そして、有益な情報に時事ネタを重ねて上げるとさらに動画が伸びやすいです。 動きやビジュアルで視聴数が取れない場合は、頭を使って視聴数を稼ぐのがおすすめです。 素人ではなく、プロとしてチームで投稿する TikTokは誰でも投稿が可能なコンテンツです。 面白いだけで投稿している人もいるかもしれませんが、目標を持っているなら適当な考えは捨てましょう。 クリエイターとして、プロの意識を持って投稿することが重要です。 一人でクオリティの高い動画が撮影出来ないなら、チームを組んでもいいです。 人数が多いことで拡散などもしやすくなりますし、フォロワーも増えやすくなります。 チームを組んでやるということは、全てにおいてプラスに働きます。 複数で投稿してはいけないという制限もありませんし、他の人と協力してバズる投稿を作ってみましょう。 他のSNSを利用して多くの人に見てもらう TikTokはそのまま別のSNSにリンクすることは禁止事項です。 ただ、Twitterで宣伝するのは規約違反にはなりません。 プロフィールにはYouTubeやTwitterのアカウントを貼ることもできます。 TikTokで力を持っていないのであれば、他のSNSで拡散してもらうのもおすすめです。 バズるきっかけはどこに落ちているかわかりません。 なるべく多くの人に見てもらう事が何よりも大事だといえるでしょう。 今流行りの稼げるオススメアプリは何!? 今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします! 特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」 驚異的なアプリが頭角を表してきました。 それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。 特別に紹介させていただきます。 あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します! ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。 それ以外はそこまで違いがありませんからね。 そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。 コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。 まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください! 第1位 ふわっちLIVE ふわっちLIVEのおすすめポイント• 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!• 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載• まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい• イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。 ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。 リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。 他のライブ配信アプリよりも プレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか! また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。 名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。 BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。 日本に進出してから日が浅いため、 まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。 しかし 逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。 第3位 ライノミ ライノミは現在飲み屋で働いている方限定で、ライブ配信を行えるアプリ。 アイテムやイベントなどの様々な演出で、疑似的にオンライン飲み会を体験することができます。 配信時間や場所の制限がないので、メイク終わりや待機中、接客中など気軽に配信可能。 勿論、 多くのライブ配信アプリと同様に、視聴者から応援のプレゼントを貰い、一部を報酬として得ることができます。 ライノミの配信で気になったライバーがいれば、お店に遊びに行けるのも特徴です。 初めてのお店に行く前に、働いている人の雰囲気を掴むなんて使い方も出来ます。 配信の申込はLINEで簡単、無料で行えます。 専門担当者が配信のサポートもしてくれます。 現在飲み屋で働いている方限定の配信アプリ• ライバーとして人気が出れば、直接の集客に繋がる• 隙間時間にスマホ1つで配信できる• 視聴者からのプレゼントアイテムの一部が報酬になる• 有名になれる可能性が用意されている• 行きたかった店の雰囲気が分かる• 気に入ったライバーのお店に遊びに行ける 第4位 LIVE812 Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。 アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。 配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、 配信していない間にも利益が発生することもあります。 ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。 「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。 歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。 勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。 Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります。 ライブコマース機能が特徴的• 配信以外でも稼ぐ手段がある• 新しいサービスなのでチャンスがある• 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある• 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる 第5位 tiktok TikTokは完全無料で使うことが出来、使うための面倒な手続きもありません。 動画を見るだけなら登録不要で、フォローなどの機能を使いたい場合もTwitterなどと連携させるだけ。 3タップで完了します。 基本的に15秒程度の動画がアップされており、少し時間が空いた時などに気軽に見ることが出来ます。 アプリを開いて直ぐ動画が再生されますし、視聴を止めたい時もアプリを閉じるだけでOK。 『ダンス』『イラスト』『動物』『食べ物』など、投稿されているジャンルも幅広いです。 視聴時に足跡も残らないので、画面をスワイプするだけで、気になった動画をガンガン見ていくことが出来ます。 また、盛れるフィルターやスタンプ、BGMなどはアプリ内に用意されているので、 動画の投稿も簡単に行うことが出来ます。 TikTokでは『流行している動画を真似して投稿する』という文化があるので、オリジナルの動画を考える必要がなく、投稿のハードルが低いのも特徴です。

次の