メガドンキ 稲沢。 【開店】稲沢にMEGAドン・キホーテUNY稲沢東店がグランドオープン(求人:幅広い年代のスタッフが活躍中)

MEGAドン・キホーテUNY稲沢東店 テナント120店一覧、地図、店舗概要

メガドンキ 稲沢

ユニー旗艦店「リーフウォーク」、MEGAドンキUNY核に リーフウォーク稲沢は2009年3月に、稲沢市とUR都市機構(都市再生機構)が共同開発する区画整理事業「 グリーンスパーク稲沢21」の中核施設として開業。 建物は地上2階建2棟(アピタ棟・専門店棟)、敷地面積82,416㎡、建築面積40,562㎡、営業面積50,088㎡、延床面積78,827㎡。 ユニーの大型商業施設ブランド「 ウォークモール」業態としては6施設目だった。 リーフウォーク稲沢という施設名は、稲沢が古くから植栽産業が盛んな街であることに由来したものであり、キーワードに「 毎日かがやく、緑のまちへ」を掲げ、ユニー初となる壁面緑化や屋上緑化を実施、リサイクルステーションの配置を行うなど、環境に配慮した施設づくりを推進している。 MEGAドンキUNY転換でアピタタウン稲沢と差別化目指す MEGAドン・キホーテUNY稲沢東店の建物(旧・アピタ棟)は地上2階建、直営売場面積は8,276㎡。 ドンキとしては愛知県内31店舗目で、ユニー・ドンキ双方のブランドを冠したダブルネーム店舗としては愛知県内11店舗目、稲沢市内では初となる。 アピタ時代と同様に生鮮食品の取扱うほか、女性に人気の化粧品・衣料品を拡充、アウトドア関連の衣料品・食料品・住居関連品などまとめて展開する一体型の「 くつろぎスペース」を提供する。 近隣には「 アピタタウン稲沢(アピタ稲沢店)」が営業することから、ドンキが得意とする驚安価格の商品を強化するなど差別化を図る。 ウォーク初、稲沢初のダブルネーム化が意図するものとは ユニーは1990年代初頭に本社・本部機能を稲沢市に移転して以来、1996年に「 アピタタウン稲沢(アピタ稲沢店)」、2009年に「 リーフウォーク稲沢(アピタ稲沢東店)」を相次ぎ開設、両店舗ともに同社の旗艦店として位置付けられるなど、長年稲沢市は「 ユニーのお膝元」としての役割を担っていた。 ユニーは2018年10月に、当時経営統合していた「 ファミリーマート」との連携強化を目的として、名古屋駅近くの「 グローバルゲート」(ささしまライブ24内)に本社機能を一時移転したが、2019年1月のドン・キホーテHD(現・PPIH)との経営統合もあり、11月4日に本社機能を再び稲沢市に戻している。 今回のアピタ稲沢東店のMEGAドンキUNY化は、ユニーの旗艦ブランドであるショッピングセンター「 ウォークモール」の核店舗が「 MEGAドン・キホーテUNY」になった初のケースでもあり、同社の今後の未来を決定づける店舗となるだろう。 PPIHは2022年中を目途に「アピタ」「ピアゴ」約100店舗を業態転換するとしており、今後もさらなるユニーのドンキ化が推し進められるとみられる。 MEGAドン・キホーテUNY稲沢東店 住所:愛知県稲沢市下津穂所1丁目1-1 営業時間:午前8時~翌午前0時 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 都商研ニュース検索 検索: 最新のニュース• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月24日• 2020年6月22日• 2020年6月21日• 2020年6月19日• 2020年6月18日• 2020年6月18日• 2020年6月18日• 2020年6月17日• 2020年6月17日• 2020年6月17日• 2020年6月17日• 2020年6月16日• 2020年6月16日• 2020年6月14日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月11日• 2020年6月11日• 2020年6月10日• 2020年6月10日• 2020年6月9日• 2020年6月9日• 2020年6月9日• 2020年6月8日• 2020年6月6日• 2020年6月5日• 2020年6月4日• 2020年6月3日• 2020年6月3日• 2020年6月3日• 2020年6月2日• 2020年6月1日• 2020年5月30日• 2020年5月29日• 2020年5月29日• 2020年5月28日• 2020年5月28日• 2020年5月27日• 2020年5月27日• 2020年5月26日• 2020年5月26日• 2020年5月26日• 2020年5月25日• 2020年5月25日• 2020年5月24日• 2020年5月24日• 2020年5月23日• 2020年5月23日• 2020年5月22日• 2020年5月22日• 2020年5月21日• 2020年5月21日• 2020年5月21日• 2020年5月20日• 2020年5月19日• 2020年5月18日• 2020年5月18日• 2020年5月17日• 2020年5月17日• 2020年5月16日• 2020年5月16日• 2020年5月15日• 2020年5月14日• 2020年5月13日• 2020年5月12日• 2020年5月11日• 2020年5月11日• 2020年5月10日• 2020年5月10日• 2020年5月9日• 2020年5月8日• 2020年5月8日.

次の

MEGAドン・キホーテUNY小牧店、2020年2月11日開店-アピタ跡に

メガドンキ 稲沢

ユニー旗艦店「リーフウォーク」、MEGAドンキUNY核に リーフウォーク稲沢は2009年3月に、稲沢市とUR都市機構(都市再生機構)が共同開発する区画整理事業「 グリーンスパーク稲沢21」の中核施設として開業。 建物は地上2階建2棟(アピタ棟・専門店棟)、敷地面積82,416㎡、建築面積40,562㎡、営業面積50,088㎡、延床面積78,827㎡。 ユニーの大型商業施設ブランド「 ウォークモール」業態としては6施設目だった。 リーフウォーク稲沢という施設名は、稲沢が古くから植栽産業が盛んな街であることに由来したものであり、キーワードに「 毎日かがやく、緑のまちへ」を掲げ、ユニー初となる壁面緑化や屋上緑化を実施、リサイクルステーションの配置を行うなど、環境に配慮した施設づくりを推進している。 MEGAドンキUNY転換でアピタタウン稲沢と差別化目指す MEGAドン・キホーテUNY稲沢東店の建物(旧・アピタ棟)は地上2階建、直営売場面積は8,276㎡。 ドンキとしては愛知県内31店舗目で、ユニー・ドンキ双方のブランドを冠したダブルネーム店舗としては愛知県内11店舗目、稲沢市内では初となる。 アピタ時代と同様に生鮮食品の取扱うほか、女性に人気の化粧品・衣料品を拡充、アウトドア関連の衣料品・食料品・住居関連品などまとめて展開する一体型の「 くつろぎスペース」を提供する。 近隣には「 アピタタウン稲沢(アピタ稲沢店)」が営業することから、ドンキが得意とする驚安価格の商品を強化するなど差別化を図る。 ウォーク初、稲沢初のダブルネーム化が意図するものとは ユニーは1990年代初頭に本社・本部機能を稲沢市に移転して以来、1996年に「 アピタタウン稲沢(アピタ稲沢店)」、2009年に「 リーフウォーク稲沢(アピタ稲沢東店)」を相次ぎ開設、両店舗ともに同社の旗艦店として位置付けられるなど、長年稲沢市は「 ユニーのお膝元」としての役割を担っていた。 ユニーは2018年10月に、当時経営統合していた「 ファミリーマート」との連携強化を目的として、名古屋駅近くの「 グローバルゲート」(ささしまライブ24内)に本社機能を一時移転したが、2019年1月のドン・キホーテHD(現・PPIH)との経営統合もあり、11月4日に本社機能を再び稲沢市に戻している。 今回のアピタ稲沢東店のMEGAドンキUNY化は、ユニーの旗艦ブランドであるショッピングセンター「 ウォークモール」の核店舗が「 MEGAドン・キホーテUNY」になった初のケースでもあり、同社の今後の未来を決定づける店舗となるだろう。 PPIHは2022年中を目途に「アピタ」「ピアゴ」約100店舗を業態転換するとしており、今後もさらなるユニーのドンキ化が推し進められるとみられる。 MEGAドン・キホーテUNY稲沢東店 住所:愛知県稲沢市下津穂所1丁目1-1 営業時間:午前8時~翌午前0時 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 都商研ニュース検索 検索: 最新のニュース• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月24日• 2020年6月22日• 2020年6月21日• 2020年6月19日• 2020年6月18日• 2020年6月18日• 2020年6月18日• 2020年6月17日• 2020年6月17日• 2020年6月17日• 2020年6月17日• 2020年6月16日• 2020年6月16日• 2020年6月14日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月12日• 2020年6月11日• 2020年6月11日• 2020年6月10日• 2020年6月10日• 2020年6月9日• 2020年6月9日• 2020年6月9日• 2020年6月8日• 2020年6月6日• 2020年6月5日• 2020年6月4日• 2020年6月3日• 2020年6月3日• 2020年6月3日• 2020年6月2日• 2020年6月1日• 2020年5月30日• 2020年5月29日• 2020年5月29日• 2020年5月28日• 2020年5月28日• 2020年5月27日• 2020年5月27日• 2020年5月26日• 2020年5月26日• 2020年5月26日• 2020年5月25日• 2020年5月25日• 2020年5月24日• 2020年5月24日• 2020年5月23日• 2020年5月23日• 2020年5月22日• 2020年5月22日• 2020年5月21日• 2020年5月21日• 2020年5月21日• 2020年5月20日• 2020年5月19日• 2020年5月18日• 2020年5月18日• 2020年5月17日• 2020年5月17日• 2020年5月16日• 2020年5月16日• 2020年5月15日• 2020年5月14日• 2020年5月13日• 2020年5月12日• 2020年5月11日• 2020年5月11日• 2020年5月10日• 2020年5月10日• 2020年5月9日• 2020年5月8日• 2020年5月8日.

次の

MEGAドン・キホーテUNY魚津店の店舗情報・WEBチラシ|驚安の殿堂 ドン・キホーテ

メガドンキ 稲沢

MEGAドンキ店舗 1978年にオープンした「泥棒市場」という小規模店舗を原点とし、1995年に現在の名称に改称された「 ドン・キホーテ」。 そこから全国に系列店を広げていき、現在では国内外に650近い店舗を持つようになった大型ディスカウントショップだ。 2019年6月第1四半期の決算では売上高2500億8000万円(前年同期比11. 9%増)、経常利益179億1700万円(同25. 3%増)といった数字が出ており、なんとも絶好調である。 さて、ドン・キホーテには安さを前面に押し出した「情熱価格」というオリジナルブランドがあることをご存じだろうか。 基本的には高コスパな商品を数多く取り揃えている情熱価格だが、なかには値段相応、あるいはそれ以下、という批判を浴びている商品も存在するようだ。 そこで今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では、ドン・キホーテ系列でも特に日用品に力を入れている「MEGAドンキ」から「この春、買ってはいけない日用品5選」を選んだ。 あくまで調査班の独断だということを念頭に置きながら、新生活の日用品集めの参考にしていただきたい。 【この春、買ってはいけないMEGAドンキの日用品5選】 アルカリ乾電池MEGAVOLT/88円(税込、以下同) 初めに紹介するのは、ごく一般的な単3アルカリ乾電池の情熱価格オリジナルバージョンである「MEGAVOLT」だ。 このMEGAVOLTは88円で4本入りと、一見安いように感じられるが、 100円ショップの乾電池のほうが長持ちしてコスパがいいという指摘も上がっている。 そうであれば、わざわざMEGAドンキで買うメリットは乏しいかもしれない。 ただ、乾電池の質に別段こだわりがない人にとっては安いに越したことはないだろうし、MEGAドンキを訪れた際、何かのついでに買うくらいなら差し支えはないだろう。 革靴/1990円~ よくMEGAドンキに足を運ぶ人なら見覚えがあるかと思うが、同店にはたくさんの靴が、信じられないほど安い値段で売られている。 しかし、サンダルのようにカジュアルなものならともかく、革靴を買うのはおすすめできない。 MEGAドンキの革靴は2000円を切るものから5000円くらいまでの価格帯となっており、一番高いものでも世間的にはかなり安価なのだが、つくりは安っぽく、革の質感も、よく見ればチープな印象を受けてしまう。 革靴が急に必要になった際、その場しのぎでとりあえず購入するという程度であれば役立つと思われるが、ビジネスシーンで上司や取引先と会うときまでMEGAドンキのものを履いていると、自分のイメージダウンにつながりかねない。

次の