スリランカ 世界 遺産。 スリランカの世界遺産|小さな島~スリランカの世界遺産を巡る旅

スリランカ世界遺産地図

スリランカ 世界 遺産

この項目にはが含まれています。 環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします ()。 人口約12万人。 の行列 〔セイロン島〕の中央に位置するキャンディは、スリランカ🇱🇰ののであり、またシンハラ人による最後の王朝の都である。 その歴史的な重要性から、にも登録されている。 キャンディには、の歯があるとされる仏歯寺()がある。 年代記の『(小史)』によれば、仏歯は4世紀にインドのカリンガ国からもたらされたとされ、のダンマチャッカ(法輪堂)におさめられて祀られ、王権の権威を保証する証となった。 当時の様相はの『』に描かれている。 これ以後、王都が移動するたびごとに仏歯も移動して、現在はキャンディの仏歯寺に納められている。 仏歯は仏陀の聖遺物の仏舎利として崇拝されると共に、強い力を持つものとして神のように祀られた。 エサラ月にあたる7月の満月を頂点とするでは、仏歯が象の背中に乗せられて、神々の象徴である武器と共に町中を練り歩く。 ペラヘラとは行列の意味で、かつての王国の秩序が目に見える形で示される。 仏歯は雨を呼ぶともいわれ、作物の豊作をもたらす祈願の対象でもある。 キャンディは同国の仏教徒にとって宗教的に重要な信仰の地であり最も重要な地の一つである。 特に仏歯寺には仏歯を拝む人が、長い行列をな成す。 登録基準 [ ] この世界遺産はのうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は公表のからの翻訳、引用である)。 4 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。 6 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。 地理 [ ] キャンディの市街は標高465 mのスリランカ中央高地に位置している。 都心は旧王朝の行政府と、の二つの地域の周りに発達している。 または都市に空間的な開放感を与えている。 湖の北岸にはに作られた白い石の欄干があり、やとともに都市の宗教的なモニュメントとなっている。 の再構築により、仏歯寺はスリランカのかつての首都の寺院に影響されたを用いた建造物となっており、また、、彫刻された、といった多様な素材が寺院の荘厳さを醸し出している。 キャンディの町には多数のもまた見出すことが出来る。 市街は現在も成長を続けており、と植物園のある南西のペラデニヤや北のカトゥガストタ、東のクンダセイル、Tennekumbura、Gurudeniyaといった地域にまで広がっている。 地勢 [ ] キャンディは内陸部の密林に覆われた山岳地帯に位置している。 都市は ()や ()といった山脈に囲まれた地域にあり、その結果都市の標高は500 m近くになる。 都市は人造のと ()の南側に面している。 自然保護区は近年では縮小傾向にある。 気候 [ ] キャンディはの中央、標高の高い地域に位置することから、気候が占めるスリランカの他の地域と比べて、比較的湿った、そして涼しい気候を持つ。 12月から4月にかけて乾季となる。 この地域は5月から7月にかけてと12月から1月にかけてのシーズンとなり、例年この季節は荒々しく安定しない天気となる。 セイロン島はに近いがに位置するため、1月が最も涼しく、逆に7月が最も暑い季節となる。 3月から5月中旬にかけてのモンスーンの間の時期は、軽い雨が続き湿度が高くなる。 4 74. 1 24. 2 75. 6 25. 6 78. 1 26. 1 79 25. 7 78. 3 24. 8 76. 6 24. 5 76. 1 24. 4 75. 9 24. 3 75. 7 24. 4 75. 9 24. 2 75. 6 23. 7 74. 7 24. 7 76. 5 mm inch 79 3. 11 74 2. 91 71 2. 8 188 7. 4 144 5. 67 132 5. 2 128 5. 04 113 4. 45 155 6. 1 264 10. 39 296 11. 65 196 7. 72 1,840 72. 44 平均降雨日数 6 5 8 14 11 15 14 13 13 17 16 14 146 出典 1: 出典 2: 人口動態 [ ] キャンディはが多数派を占める都市である。 しかしその他にもやがまとまった数居住している。 48 15,326 13. 93 9,427 8. 57 5,245 4. 77 その他(やを含む) 2,489 2. 26 合計 110,049 100 経済 [ ] キャンディの市街地 キャンディは首都圏に次ぐ、同国第2の経済の中心地である。 コロンボ周辺以外の都市としては国内で2番目に大きく、の州都でもある。 そのため多くの大企業がキャンディに支社を置いており、繊維、家具、IT、宝石といった産業が集まっている。 農業研究所も多数がこの都市に立地している。 ()はキャンディ中心部に位置する大きなショッピングセンターで、アジアや国内のブランドに加え、や、、、といった有名な海外ブランドの製品を扱っている。 交通 [ ] キャンディにはを基盤とするが存在している。 バスの運行は民間ならびに公営の () SLTB により行われている。 航空 [ ] 現在、近郊のクンダセイルに ()の建設が提案されている。 実現すればキャンディはのと直接結ばれることとなり 、観光業の更なる発展が期待されている。 道路 [ ] Aクラス・ハイウェイ• A1ハイウェイ - 通称キャンディ・ロード。 キャンディとを結ぶ• A9ハイウェイ - キャンディとを結ぶ• A10ハイウェイ - キャンディからカトゥガストタを経由してを結ぶ• A26ハイウェイ - キャンディから ()を経由して ()を結ぶ Eクラス・ハイウェイ• コロンボ-キャンディ高速道路 - 2013年現在コロンボ-キャンディ間115 kmの建設が計画されており、実現すれば2大経済圏が短時間で結ばれることとなる。 鉄道 [ ]• のマータレー線がペラデニヤ、キャンディを通って終点へと続いている。 同線はからへと向かうメインラインに接続する。 施設 [ ]• 2012年12月9日閲覧。 eZeeStay. 2011年6月22日閲覧。 TripAdvisor. 2011年6月22日閲覧。 tsitours. 2011年6月22日閲覧。 Census of Population Housing 2001. スリランカ統計局 2001年. 2007年6月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月2日閲覧。 Maryam Azwer 2012年8月5日. The Sunday Leader. 2012年8月5日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 には、 に関する旅行情報があります。 - シンハラ王朝時代に造られた。 外部リンク [ ]• (英語)•

次の

アヌラーダプラ

スリランカ 世界 遺産

とにかくどこへ行ってもカレーが売られていますし、カレー以外の食べ物を探すのが大変なほど、あらゆる食べ物にカレーが使われているのがスリランカの文化の一つなのです。 カレ-以外にはどういった食文化があるかというと、色々な文化があるにはあるのですが、一般的に広く知られているものは紅茶くらいしかありません。 その代わりにスリランカは歴史的な建築物は仏教遺跡が多く保存されています。 スリランカは日本から遠い位置にある国なので、行こうと思っても簡単に行けるところではありません。 テレビ番組でピックアップしているとたまに観るという程度で、スリランカの文化に詳しい日本人はなかなかいないのではないかと思われますが、実際行ってみるとバラエティに富んだ遺跡が数多く点在しているので、遺跡が好きな方には堪らないスポットになっているのです。 たとえば、スリランカには8種類の世界遺産があります。 世界的に有名な世界遺産では北部エリアに位置する仏教系の古都「聖地アヌラーダプラ」や、1255年までスリランカの首都だった都「古都ポロンナルワ」。 かつてカッサパ王によって建造された都である「古都シギリヤ」や、仏教の聖地として知られる「聖地キャンディ」、植民地時代に繁栄を極めたエリアである「ゴール旧市街とその要塞群」。 そして、スリランカの世界遺産の中で最も良好な保存状態を保っている石窟寺院である「ダンブッラの黄金寺院」などの文化遺産がスリランカのあらゆるところに点在しているのです。 それぞれに異なる魅力を持つスリランカの世界遺産は、スリランカの複雑な歴史と、変化に富む地形を示します。 西海岸と東海岸では乾季と雨季が逆になり、少し移動するだけで高低差のために気温が変わる。 世界的にも決して大きくはない国スリランカは、想像以上に様々な魅力を持っています。 一度のスリランカ旅行で全ての世界遺産をまわろうと思えばツアーを組めなくはないですが、なるべくなら世界遺産をポイントで結ぶ忙しいツアーより、その周囲の世界遺産の雰囲気を味わいながら訪れる旅をおすすめします。 ツアー会社などに申し込めば都合や希望をも聞いてくれてなアレンジをしてくれるので、ご興味のある場所があればぜひツアー会社に相談してみてください。 世界にある936カ所の保有する世界遺産うちの8カ所と考えると少なく感じられるかもしれませんが、スリランカにある文化遺産は、いずれも宗教を研究する人にとって重要なスポットばかりなので、歴史的な建造物や宗教美術に興味のある方はぜひ観光に訪れてほしいと思います。 また、世界遺産のある場所についても同じことが言えるのですが、スリランカには観光する上で注意しなければならない点が三つあります。 一点目は物を押し売りする人が非常に多いということ。 断れば済むので特にこれといった問題はないといえばないのですが、日本人などお金を持っていると思われがちな人種なので特に気をつける必要があります。 押し売りだけならまだいいのですが、相手が日本人だと分かるとあちらの人びとはいつもより多く料金を徴収しようとするのです。 たかられると断れないタイプの人はくれぐれも注意しましょう。 そして、二点目の注意点は天候です。 スリランカは日本と違う熱帯地域なので、スコールがあったり、突然雲行きが怪しくなることが多々あります。 置き傘を持ち歩かないとかなり大変ですし、行きに降られてしまうと世界遺産どころではなくなってしまうので、どこへ行くにも傘や雨合羽は必ず持ち歩くようにしましょう。 三点目の注意点は、みなさんもだいたい予想がつくかと思われますが、「蚊」の存在です。 スリランカには世界的にみても熱病を媒介する種類の蚊が棲息しています。 日本の蚊と違って刺された後のかゆみが尋常ではありませんし、酷い場合はそのまま熱病にかかって入院することになるので非常に危険です。 免疫の弱い方は何かと体調を崩しやすいので、コンディションを万全に整えた上で観光しましょう。

次の

【仏教の栄えたスリランカ最古の都】世界遺産アヌラーダプラ

スリランカ 世界 遺産

130,572アクセス• 一度行ってみたかったセイロン島(スリ ランカ)は、確かに光り輝く島でした。 つい最近まで、内戦があったとは今回訪れた南西部地域では信じられません。 街もきれいです。 田舎でも、電気があります(日中は停電していますが)。 アジアの中では、率直にいい国です。 今回はツアーですが、旅の達人の方ばかりで、大変楽しい旅となりました。 現地ガイドさんが家族のようなグループだと言ってくれました。 旅の内容は、セイロン島の6つの世界遺産(アヌラーダプラ>ポロンワルナ>シーギリア>ダンブッラ>古都キャンディー>ガルの城塞都市)をコロンボからほぼ右回りに巡るコースです。 これら(ガルを除く)は、日本における難波宮>飛鳥宮>平城京>長岡京>平安京の遷都の歴史に年代は異なるが類似している。 スリランカでは、王朝がなくなってしまったのは残念です。 旅行中、野生の象に感動したり、完成したばかりの高速道路を走ったり、シーギリヤへのショートカット(近道)のためにジャングルの中の細いでこぼこ道を大型バスで走ったり、皆で泳いだり、皆でThree Wheelerに乗ったりとなかなか興味深い旅となりました。 実質2日目の午前中はシーギリア・ロック登攀(大げさ)です。 地元のショッピングセンターで4階までを何往復かして足腰を鍛えておきましたが、ずっと階段ばかりではないのでそれほどつかれませんでした。 日本の金毘羅さんや山寺の階段のほうがずっとつかれます。 翌日訪問予定のダンブッラ寺院の階段も風が吹かないので暑くて疲れました。 美女のフレスコ画はとにかく見ごたえあります。 シーギリアは5世紀に11年間王宮があったところとか。

次の