内出血 湿布。 ふくらはぎがつる原因と治し方!湿布やツボで痛みを和らげる対処法。

「湿布かぶれ」の原因は何?かぶれ対策・湿布の貼り方について

内出血 湿布

スポンサーリンク 打ち身をするとそこが腫れたり内出血を伴う事もありますが何れも状況によって差が大きく、人によっては痛みも感じない上に見た目にも分からないと言ったケースもあります。 ただしこれは内出血の量が少ない為に症状の進行が遅いだけで後から違和感を感じる事も多く、そこで湿布を利用して対処する人もいますが場合によってはこうした方法は不適切な物となるのです。 と言うのも内出血が起きていると言う事は血管が破れており炎症その他の症状が現在進行形で発生しているので、先ずはそれらの症状を抑える事からやる必要があります。 その手段としては冷やす方が良く用いるべきは氷や流水ですが湿布ではその代替はできないので、勘違いして使うと全くの無意味か少なくとも内出血を防ぐには至らないので注意すべきなのです。 内出血が広がると神経に作用して痛みが酷くなる事もあるので血管を収縮させる必要がある物の、湿布程度の機能ではそこまでの効果は無いので区別する様にします。 スポンサーリンク 湿布には確かに打ち身を軽減したり治りを早くする効果はあるもののあくまでも補助用品に過ぎず、特に大きな炎症状態を抑える事は出来無いので用途を見誤らない様にするべきです。 打ち身を治療する順番としては患部を氷等で冷やし痛みが引いた所で初めて湿布を使うべきですが、これらも状況を良く見た上で用いる様にしないと問題を大きくする事もあります。 また最初に使う湿布は冷感タイプを用いる事も重要でこれは炎症を抑えるので二日から三日程度の使用に留め、その後は温めるタイプの物に切り替えて今度は血の巡りを良くすると治りが早くなるのです。 ただし打ち身の程度によっては必ずしもこの順番に拘る必要も無く特に腫れや痛みが酷い時は冷やす事を優先とし、更には傷めた部位によっては骨に異常がある可能性もあるので処置をしても安心しない様にします。 他にも打ち身で引き起こされる症状としてはしこりと言った物が問題となる事も多いのですが、これも結局は内出血を止めなかった結果として出てくるので初期の治療方法が重要となってくるのです。 スポンサーリンク.

次の

打ち身で発生する内出血と腫れは甘く見ては行けない

内出血 湿布

そもそも打撲とは? そもそも打撲とは、転倒や衝突などによって身体の内側の皮下組織や筋肉などを損傷することです。 全身のあらゆる部位で起きる可能性のあるケガで、打ち身と呼ばれることもあります。 打撲は身体の内側の損傷ですから、基本的に傷口を伴いません。 しかし、打撲は少なからず 内出血や 炎症を引き起こすため、患部に痛みや腫れが発生します。 また、打撲にもさまざまな損傷レベルがあります。 何もせずに自然に治る軽傷のケースがほとんどですが、骨折や内臓損傷などを伴う重症のケースもあります。 打撲に湿布は効果があるの? では打撲の治療方法として湿布は効果があるのでしょうか? まず 打撲の応急処置に湿布はほとんど効果がありません。 確かに打撲の応急処置ではしっかりと患部を冷却(アイシング)することが大切です。 ただ冷湿布を貼ったときのスーッとする感覚はメントールという成分によるもので、実際には患部を冷やしているわけではありません。 そのため、打撲の応急処置に湿布は適していないのです。 また、 実は患部に湿布を貼り続けても、打撲が治りやすくなるわけでもありません。 打撲が完治するまでの期間はほとんど変わらないでしょう。 ただ湿布には鎮痛作用のある成分が含まれています。 打撲をしたばかりのときに患部に湿布を貼ることで、打撲の痛みを緩和させる効果は期待できます。 ただあくまで湿布は痛みを緩和するためのものと覚えておきましょう。 スポンサーリンク 打撲で湿布を貼るべき期間はどのくらいがよいの? あくまで湿布は痛みを緩和するためのものでした。 したがって、 打撲の急性期を過ぎたら、基本的に患部に湿布を貼る必要はなくなります。 具体的に打撲で湿布を貼るべき期間はどのくらいなのかというと、 おおよそ3~7日が目安です。 もちろん、打撲の損傷レベルによっても変わりますから、臨機応変に対応します。 患部を動かさなければ痛くない状態になったら、もう湿布を貼らなくてもよいでしょう。 正しい打撲の応急処置とは? 打撲の応急処置に湿布は向いていませんでした。 では実際に打撲をしたらどのように応急処置をしたらよいのでしょうか? もしあなたが何らかのアクシデントで打撲をしてしまったら、 「RICE処置(ライスしょち)」を思い出してください。 RICE処置とは応急処置の基本で、下記の4つの原則の頭文字をとったものです。 無理に患部を動かしたりすると、内出血や炎症が悪化してしまいます。 また、患部を無闇にさわらないようにします。 Ice(冷却する) 打撲の応急処置で最も重要なのが冷却(アイシング)です。 すぐに患部を冷却することで、内出血や炎症を最小限に抑えることができます。 もしあなたが打撲をしてしまったら、できるだけ迅速に患部を冷却するようにしましょう。 具体的には氷水を入れたビニール袋(2重・3重にするとよい)などで患部を冷やしてあげるのがよいです。 また、手足などを打撲した場合には、氷水の入ったバケツに患部をつけるのでもOKです。 ただ凍傷には十分に注意してください。 すぐに氷を用意できない場合には、流しっぱなしにした水道水に患部をつけることでも、一定の冷却効果を得ることができます。 Compression(圧迫・固定する) 打撲をした部位の周辺を包帯やテーピングで圧迫すると、内出血や炎症を抑える効果を得られます。 ただ包帯やテーピングをあまりきつくしすぎないようにしましょう。 健康な細胞まで壊死してしまうことがあります。 Elevation(挙上する) 患部が心臓より低い位置にあると、患部に血液がどんどん流れるため、内出血や炎症が助長されます。 そのため、患部を心臓より高い位置に保つように意識しましょう。 たとえば、 枕やクッションなどの手軽なものを活用するとよいですね。 全身的な打撲の場合には、無理に拳上を意識する必要はありません。

次の

肉離れに湿布は有効?

内出血 湿布

スポンサーリンク ふくらはぎは筋肉が足に沿って伸びており、筋肉に栄養を送るためにたくさんの毛細血管が通っています。 筋肉が縦の方向に伸ばされると当然収縮して力を出すことになるのですが、加わった力が筋肉より強かった場合には、筋肉の一部または全部が損傷して、それに沿っていた毛細血管も切れることになります。 これが肉離れという現象で、スポーツでのふくらはぎの内出血の原因の多くを占めます。 この他に筋肉に対して横からの力によって血管が切れ内出血が起こる場合もあります。 これは打ち身と言い、肉離れに比べると筋肉組織に影響したり骨折を伴わない限り、肉離れに比べて軽いものです。 このような原因で脚に腫れが起こります。 足の腫れは血管を圧迫するので、それより先に血液が通りにくくなります。 このため腫れから先にダメージが出てしまうことがあるので、素早い処置が必要になります。 スポンサーリンク 足の腫れ、特に肉離れの場合は、病院に行かねばならないのですが、応急処置としてRICE処置を行います。 RICE処置とは、安静・冷却・圧迫・拳上の英語の頭文字を取ったものです。 足を動かさないようにするのはもちろんですが、冷却によって腫れの症状を抑え、圧迫によって腫れを遅らせます。 拳上とは足を上、できれば心臓より上に上げることですが、患部に集まる血液量を減らし症状の緩和を目的としています。 応急処置が終わるとすぐに医療機関に行かなくてはなりません。 早い医療処置が早期回復につながるからです。 打ち身の場合は打撲部が激しく痛むときは肉離れと同じ処置をしなければなりません。 全体に痛んだり全面が痛む場合でふくらはぎ全体が内出血したり腫れたりする場合は骨折の可能性がありますので、至急医療機関に行く必要があります。 ごく稀に、覚えがないのに内出血を起こす場合があります。 血管がもろくなっているのが普通ですが、血小板の現象による血友病の可能性もないとは言えません。 また、発熱や貧血を伴う場合は白血病の初期症状こともありますので、医療機関での受診が必要です。 スポンサーリンク.

次の