ハングアウト web会議。 Google Meetでテレビ会議をする方法・使い方

Google Meet でビデオ会議を開始する

ハングアウト web会議

Google Meet を使用すると、パソコンとモバイル デバイスのどちらからでも新しいビデオ会議を開始できます。 始める前に• G Suite ユーザーの場合: G Suite アカウントにログインします。 G Suite ユーザー以外の場合(個人のアカウントで Google Meet を使用している場合): Google アカウントを持っていることを確認します。 を確認します。 新しいビデオ会議を開始する• ビデオ会議のスケジュールを設定する Google カレンダーからビデオ会議のスケジュール設定を行う Meet のビデオ会議は、Google カレンダーで予定を作成してゲストを追加するだけで簡単にスケジュールできます。 ビデオ会議のリンクと参加用電話番号(G Suite ユーザーの場合)を追加するには、予定にゲストを招待するか、[ 会議を追加]をクリックします。 注: ゲストは会議のリンクを他の人に転送できます。 カレンダーの予定に招待されなかった人が会議への参加を希望する場合は、主催する組織の参加者にリクエストを承認してもらう必要があります。 個人の Google アカウントで開催される会議の場合は、会議の作成者のみが参加を承認できます。 手順は次のとおりです。 で予定を作成します。 [ ゲストを追加] をクリックし、招待するゲストの名前またはメールアドレスを入力します。 [ 保存] をクリックします。 [ 送信] をクリックして、ゲストに通知します。 別のスケジュール システムからビデオ会議のスケジュール設定を行う• Gmail または Meet からビデオ会議を開始します(後述の手順を参照)。 スケジュール システムで作成した予定に、会議の詳細をコピーします。 Gmail からビデオ会議を開始する• を開きます。 サイドバーで [ 会議を開始] をクリックします。 Meet のウィンドウで、会議に参加するオプションを選択します。 パソコンのカメラとマイクを使って動画と音声付きで参加するには、[ 今すぐ参加] をクリックします。 (G Suite をお使いの場合)スマートフォンを使用して、[ 参加(音声にはスマートフォンを使用)] をクリックし、画面の指示に従って操作します。 スマートフォンで参加する場合でも、パソコンを使用して動画を見ることができます。 詳しくは、をご覧ください。 会議に参加したら、他のユーザーを追加します。 会議コードを共有するには、[ 参加に必要な情報をコピー] をクリックして、メッセージ アプリに貼り付けます。 他のユーザーをメールで招待するには、[ ユーザーを追加] をクリックし 名前またはメールアドレスを入力して [ 招待状を送信] をクリックします。 他のユーザーを電話で招待するには、[ ユーザーを追加] をクリックし [ 通話] をクリックして 電話番号を入力します。 現在、この機能は G Suite アカウントで作成された会議でのみご利用いただけます。 重要: 個人アカウントで開催される会議の場合は、会議の作成者のみがユーザーを招待できます。 Meet からビデオ会議を開始する G Suite ユーザー(職場または学校用アカウントで Meet を使用している場合)• します。 [ ミーティングに参加または開始 ] をクリックします。 省略可: 会議のニックネームを作成して入力します。 [ 続行] をクリックします。 [ 今すぐ参加] をクリックします。 会議に参加者を追加するには、次のいずれかの手順を行います。 [参加に必要な情報をコピー] をクリックし、コピーした会議情報をメールまたは別のアプリに貼り付けます。 [ ユーザーを追加] をクリックし、次のいずれかの手順を行います。 [招待] タブで 名前を選択するか メールアドレスを入力し、[ メールを送信] をクリックします。 [通話] タブで 電話番号を入力し、通話アイコン をクリックします。 G Suite ユーザー以外(個人用アカウントで Meet を使用している場合)• します。 会議コードがある場合は [ミーティング コードを入力] 欄にコードを入力 [ 参加] をクリックします。 新しい会議を開始する場合は [ 新しい会議を作成] をクリックします。 次のいずれかを行います。 会議の共有リンクを作成: 会議のリンクが生成されます。 このオプションを選択した場合は、会議のリンクを共有していつでも会議を開始できます。 会議を開始するには、会議のリンクをコピーしてブラウザに貼り付けるか、[ミーティング コードを入力] 欄にコードを入力 [ 参加] をクリックします。 即席の会議を開始: 会議を作成してすぐに参加します。 Google カレンダーでスケジュールを設定: に移動して会議のスケジュールを設定します。

次の

無料でWeb会議にも使えるGoogle Meetの特徴

ハングアウト web会議

色々あるけど何が違うのよ、と思っている人も多いと思います。 私もそうです。 なので比べてみようと思ったのですが 大きく違わないので、完全に余談っぽい記事になってしまいました。 先に結論を書いておきますが、個人的にはどこも差がなさそうなので、 Office365を使っているならTeams、GoogleAppsを使っているならMeet、あとは好みで選んだらいいのではないでしょうか。 それでは、いきます。 昨今のWeb会議システムのニーズ どこもかしこもWeb会議になってしまいました。 仕事の打合せだけでなく、プライベートの飲み会も、さらにはニュースによるとピアノ教室までWeb会議システムを使うところまで出てきてるようで、 Web会議に対する難易度がどんどん下がってきています。 今までだと電話はいいとしても画面まで表示するのに 心理的ハードルが下がり、気軽に使う感じになってきてますね。 Zoomの勢い半端ない その中でもZoomの使い勝手の良さがユーザーの好評を得て、世の中でもWeb会議といえばZoomみたいな感じになってきていて、Zoom飲みなんて言葉も生まれました。 確かに初心者というかZoomを使った事がない人は、こういった プライベート的な感じで使い慣れてからビジネスで利用した方が安心するかと思います。 老舗のWebex WebexというのはCiscoのWeb会議システムです。 Ciscoというのはネットワークの世界ではNo1の通信機器メーカーで、 テレビ電話会議システムを販売していたタンバーグという会社を買収してから、ビデオ会議システム市場も強くなりました。 10年前くらいはビデオ会議システムといえばポリコムとタンバーグって感じでしたが、時代もここまでくるとPCで使えるWeb会議システムが幅広く認知されましたね。 とはいえ、ポリコムもCisco(旧タンバーグ)も大きな会議室とかで大きな画面を使って行うビデオ会議はまだまだ強いです。 もちろん金額もすごいですが、本格的にビデオ会議をするならこちらの製品がおすすめです。 話が脱線してしまいましたが、WebexというのはCiscoの製品群の中でもWeb会議システムの方でPCやスマホから簡単にweb会議ができます。 老舗だけありクオリティは間違いないのですが、Zoomの勢いに押されています。 Meetは昔、ハングアウトでした GoogleハングアウトというWeb会議システムがGoogle製でありまして、GoogleAppが出た頃にセットで入っていた記憶があります。 私の主観ですが、一度Meetに招待されて参加した時にメンバーが多かったせいか、PCのファンが作動し続けていて、他に何もすることができず、フリーズしそうになってました。 主催者に使い勝手を聞くと、 他の製品と大きく変わらないという話だったので、そういうことなんだと思います。 Teams、最後の大物 私の知る限り、 MicrosoftはLyncというWeb会議システムがあったのですが、パッとしなかったからなのか、Skypeを買収しまして、そのタイミングで Lyncの名前をSkype for Businessに変更しました。 そこからユーザーの混乱は始まったわけですが、そもそもは SkypeとSkype for businessは違うシステムだったのに、名前が似ているというか 両方Skypeから始まるせいで現場では大混乱に陥っていました。 ユーザーに何度説明しても理解してもらえず、しかもこの状況で新卒採用などで全てオンラインに切り替えるということで、Skype for businessを面接で使う予定が、 SkypeとSkype for businessの違いが分からなくて学生が混乱するという理由で、Zoomを導入することになりました…。 そんな感じでZoomは導入したものの、今度はSkype for businessがサービス終了し、Teamsというチャットツールと呼んでいいのか分かりませんが、 Teamsの中にWeb会議機能が組み込まれ、Skype for businessの後継としてサービスを提供していくことになりました。 結局、弊社ではWeb会議システムとしてZoomとTeamsの両方を使っていて、いままでTeamsでは画面が4人までしか表示されないなど機能的にZoomに劣っているところがありました。 ですので今までは社内はTeams、社外はZoomと分けていたのですが、Teamsも4月末から9分割まで対応することになったということと、Zoomのセキュリティ面での不安があるという報道により、Zoomを使う理由がなくなってきているというのが現場の感想です。 終わりに 完全に会社のIT担当目線で各社のWeb会議システムについて語ってしまいました。 大手が参入したことによりニッチだったWeb会議システム業界にも嵐が来ています。 昔からサービスを提供していたLiveonとかV-cubeとか結構厳しそうなのかなって、勝手に心配していますが、業界のパイ自体が大きくなっているので、むしろ業績を伸ばしているかもしれませんね。 結論としては、個人的にはどこも差がなさそうなので、 Office365を使っているならTeams、GoogleAppsを使っているならMeet、あとは好みで選んだらいいのではないでしょうか。 雑なまとめで申し訳ありません。 他の記事も読んで頂ければ幸いです。

次の

Webブラウザでビデオ会議できない場合の確認手順

ハングアウト web会議

色々あるけど何が違うのよ、と思っている人も多いと思います。 私もそうです。 なので比べてみようと思ったのですが 大きく違わないので、完全に余談っぽい記事になってしまいました。 先に結論を書いておきますが、個人的にはどこも差がなさそうなので、 Office365を使っているならTeams、GoogleAppsを使っているならMeet、あとは好みで選んだらいいのではないでしょうか。 それでは、いきます。 昨今のWeb会議システムのニーズ どこもかしこもWeb会議になってしまいました。 仕事の打合せだけでなく、プライベートの飲み会も、さらにはニュースによるとピアノ教室までWeb会議システムを使うところまで出てきてるようで、 Web会議に対する難易度がどんどん下がってきています。 今までだと電話はいいとしても画面まで表示するのに 心理的ハードルが下がり、気軽に使う感じになってきてますね。 Zoomの勢い半端ない その中でもZoomの使い勝手の良さがユーザーの好評を得て、世の中でもWeb会議といえばZoomみたいな感じになってきていて、Zoom飲みなんて言葉も生まれました。 確かに初心者というかZoomを使った事がない人は、こういった プライベート的な感じで使い慣れてからビジネスで利用した方が安心するかと思います。 老舗のWebex WebexというのはCiscoのWeb会議システムです。 Ciscoというのはネットワークの世界ではNo1の通信機器メーカーで、 テレビ電話会議システムを販売していたタンバーグという会社を買収してから、ビデオ会議システム市場も強くなりました。 10年前くらいはビデオ会議システムといえばポリコムとタンバーグって感じでしたが、時代もここまでくるとPCで使えるWeb会議システムが幅広く認知されましたね。 とはいえ、ポリコムもCisco(旧タンバーグ)も大きな会議室とかで大きな画面を使って行うビデオ会議はまだまだ強いです。 もちろん金額もすごいですが、本格的にビデオ会議をするならこちらの製品がおすすめです。 話が脱線してしまいましたが、WebexというのはCiscoの製品群の中でもWeb会議システムの方でPCやスマホから簡単にweb会議ができます。 老舗だけありクオリティは間違いないのですが、Zoomの勢いに押されています。 Meetは昔、ハングアウトでした GoogleハングアウトというWeb会議システムがGoogle製でありまして、GoogleAppが出た頃にセットで入っていた記憶があります。 私の主観ですが、一度Meetに招待されて参加した時にメンバーが多かったせいか、PCのファンが作動し続けていて、他に何もすることができず、フリーズしそうになってました。 主催者に使い勝手を聞くと、 他の製品と大きく変わらないという話だったので、そういうことなんだと思います。 Teams、最後の大物 私の知る限り、 MicrosoftはLyncというWeb会議システムがあったのですが、パッとしなかったからなのか、Skypeを買収しまして、そのタイミングで Lyncの名前をSkype for Businessに変更しました。 そこからユーザーの混乱は始まったわけですが、そもそもは SkypeとSkype for businessは違うシステムだったのに、名前が似ているというか 両方Skypeから始まるせいで現場では大混乱に陥っていました。 ユーザーに何度説明しても理解してもらえず、しかもこの状況で新卒採用などで全てオンラインに切り替えるということで、Skype for businessを面接で使う予定が、 SkypeとSkype for businessの違いが分からなくて学生が混乱するという理由で、Zoomを導入することになりました…。 そんな感じでZoomは導入したものの、今度はSkype for businessがサービス終了し、Teamsというチャットツールと呼んでいいのか分かりませんが、 Teamsの中にWeb会議機能が組み込まれ、Skype for businessの後継としてサービスを提供していくことになりました。 結局、弊社ではWeb会議システムとしてZoomとTeamsの両方を使っていて、いままでTeamsでは画面が4人までしか表示されないなど機能的にZoomに劣っているところがありました。 ですので今までは社内はTeams、社外はZoomと分けていたのですが、Teamsも4月末から9分割まで対応することになったということと、Zoomのセキュリティ面での不安があるという報道により、Zoomを使う理由がなくなってきているというのが現場の感想です。 終わりに 完全に会社のIT担当目線で各社のWeb会議システムについて語ってしまいました。 大手が参入したことによりニッチだったWeb会議システム業界にも嵐が来ています。 昔からサービスを提供していたLiveonとかV-cubeとか結構厳しそうなのかなって、勝手に心配していますが、業界のパイ自体が大きくなっているので、むしろ業績を伸ばしているかもしれませんね。 結論としては、個人的にはどこも差がなさそうなので、 Office365を使っているならTeams、GoogleAppsを使っているならMeet、あとは好みで選んだらいいのではないでしょうか。 雑なまとめで申し訳ありません。 他の記事も読んで頂ければ幸いです。

次の