ありがとう ランプ。 これがホントの「ありがとうランプ」!?最新鋭の運転時ありがとう伝達システム『MotorMood: A better way to say thanks on the road』 | ガジェット通信 GetNews

【車の運転】ありがとうランプ7選!ハザードランプの正しい使い方とは?

ありがとう ランプ

これがホントの「ありがとうランプ」!?ボタン一つで、まわりの車に幸せを与える面白ガジェット登場! 近年、自動車に、様々な機能を追加する、 「カー用品」が、大流行。 各社、様々なカー用品を発表して、しのぎを削っています。 さて、車を運転するにあたり、一番困るのが、 運転中に車線を代わる時の後続車両へのあいさつ。 車線割り込みをした時などは、「ハザードランプ」を点灯させる事により、「ありがとうランプ」として、後続車両に謝意を表す事が慣例となっていますが、 ハザードランプは、そもそも、そういった目的で使用するランプではありません。 ハザードランプは、「非常点滅表示灯」なので、緊急で路上駐車する時に点灯させるのが、本来の機能です。 「もっと明確に、わかりやすく、後続車両に『ありがとう』を伝える事は出来ないだろうか・・・?」 そんな状況が多々あります。 そんなドライバーの「困った」を今回くみ取ったのが、motormood. com です。 はたしてその商品とは・・・。 『MotorMood: A better way to say thanks on the road』:最新鋭の運転時ありがとう伝達システムです。 取り急ぎご報告致します。 com 『MotorMood: A better way to say thanks on the road』は、運転中、車線を代わる時に、後続車両へあいさつをする為の、最新鋭の運転時ありがとう伝達システムです。 交通渋滞に巻き込まれた時など、貴方が車線変更をしようとしたら、後続車両の人は、つい、イラッとしてしまう事が多いと思います。 そんな時!『MotorMood』が有れば!・・・そのイライラを、微笑みに変える事が出来るかもしれません。 『MotorMood』は、安全で、カンタンで、美しく・・そして使いやすく設計されています。 操作方法は実にカンタン。 リモートボタンをクリックすると・・・。 『MotorMood』の「顔」が、後続車両に、優しく微笑んでくれます。 色は、青・ピンク・緑から選ぶ事が出来ます。 色の交換はカンタンです。 送信機は、サンバイザーなど、好きな所に取り付けられます。 送受信機とも、バッテリーで稼働します。 仕様は以下の通りです。 99でプレオーダー可能な様です。 クラウドファンディングや海外通販の世界はあくまでも自己責任のルールです。 ご注意下さい。 com 様に執筆の連絡を行っております。 clip-studio.

次の

これがホントの「ありがとうランプ」!?最新鋭の運転時ありがとう伝達システム『MotorMood: A better way to say thanks on the road』

ありがとう ランプ

乗用車タイプ ワゴン・1BOXタイプ お客様情報入力 お支払方法 お支払方法 銀行振込 お客様情報 貴社名 お名前 メールアドレス 電話番号 郵便番号 〒 ご住所 個人情報取り扱い(プライバシー・ポリシー)について 有限会社プリントアート(以下「当社」といいます)では、商品のお申し込みを通じてお客様の個人情報を収集します。 当社ではこれら個人情報の重要性を認識し、その保護を図るため、「個人情報の保護に関する法律」その他関係する法令を遵守し、細心の注意をもってその取扱を行います。 個人情報の利用目的 当社では、以下のような利用目的について、お客様の個人情報を利用いたします。 ご注文いただいた商品をお届けするまでの一連の作業、及びお客様からのお問合せに対する回答を行うために使用します。 (当社で収集・保有する個人情報は、当社の事業において必要な範囲の情報です) 個人情報の第三者提供 当社では、お客様の個人情報をお客様の同意を得ることなしに、業務委託先以外の第三者に提供・開示しません。 但し、法令等で定める場合、警察等公的機関から開示を求められた場合には、お客様の個人情報を開示する場合があります。 個人情報の管理 お客様からご提供頂いた個人情報の内容について、できるだけ正確かつ最新の内容で管理いたします。 訂正等をご希望の場合は、お客様ご自身からのご請求であることが確認できた場合に限り、お客様の個人情報を合理的な範囲内で訂正等を行います。 個人情報に関するお問い合わせ先 本人からの個人情報の取扱いに関するお問い合わせには、妥当な範囲において、すみやかな対応に努めます。 このページの内容に関するご質問及びお客様がご自身の個人情報についてご確認されたい場合には、【メール】 もしくは【TEL:03-5647-0306】までお問い合わせください。 個人情報保護方針に同意の上、送信します.

次の

【車の運転】ありがとうランプ7選!ハザードランプの正しい使い方とは?

ありがとう ランプ

であれば、手を挙げるなり、会釈するなり、なんなら笑顔もありです。 普通車なら、ジェスチャーで十分に対応できます。 ハザードランプは、日本語名で「非常点滅装置」と言って、異常事態を周囲に知らしめるための物です。 分類としては、火災報知器や緊急地震速報などと同じです。 その様な危険を知らせる物を、全く逆の方向である挨拶やお礼に使うことが好ましい行為でないことは、理解頂けるでしょう。 個人的には、ハザードランプをお礼に使う人は、車の運転に対する認識が甘い人と考えます。 運転とは、1トンの鉄の塊を数十㎞~100kmで走らせる行為です。 その運動エネルギーは、人を肉片に変えるに十分な力を持っています。 その危険性を認識していれば、危険を通知するハザードを挨拶に使うなどと言う、軽率な行為はできないでしょう。 例えるなら、3. 11の被災地から全国の皆様に「ありがとう」を伝えるのに、緊急地震速報を使っているような物ですよ。 サンキューハザードは。 なお、高速道路で渋滞の発見時にハザードを付けるのは、危険を周囲に知らせる行為ですので、使い方のベクトルとしては正しい使い方です。 保安部品として設定するのは難しいと思いますが、オプション設定として流行するのはアリかもしれませんね。 メーカー、あるいはディーラーオプションとして一般化すれば、その可能性もなくはないですよ。 >ハザードランプで感謝を表すことをここ知恵袋では頑なに否定する人が多いという事が分かりました。 ひねくれ者の天の邪鬼なんで、気にしなくていいですよ。 >「停止するかと思って急ブレーキをして追突される危険がある。 」 前車が停止してすらいないのに、どうして後車が急ブレーキになるのです。 そもそも、そんなことで追突されるようでは、ブレーキランプを点灯させたり、左折のウィンカーを点滅させただけで追突されます。 これらは減速を伴うのですから尚のことです。 >「窓から手を出して・・・」 こんなことを推奨してはダメです。 腕が持っていかれますよ。 それに、ハザードボタンを押すよりも、よほど煩雑で不注意を伴います。 窓が開ききるまで右手はスタンバイ状態ですか? 出した右手が後続の運転手の死角にならないように注意も必要ですか。 これは大変ですね。 法的根拠としましても、routeさんが主張されているように、後続車への注意喚起ということにしておけば問題ないのではないかと思います。 lalanntaka、車高が高い車はハゲに良くないらしいよ。 せっかく買った新車、偽IDまでも使って自慢してた新車だけどハゲには良くない。 バレタカwwwwwwwww 私は手合図もしたり、見えないような場合ハザードも使います。 夜の首都高など、とんでもない渋滞の中では大型車から、又は大型車へは手を挙げても見えません。 窓から手を出して挙げるというのも、雨の日だと駄目です。 更に二輪のすり抜けが来ると危険で、安易に手を出すべきではないという見解が出されています。 つまり挙手での意思疎通が困難な時というのがあり、 その場合には慣習として普及しているサンキューハザードも良いのではないかと思っています。 道路交通法に規定されていないと言う回答を過去に沢山見ましたが、 後続車に減速や徐行、停止を要する一時的緊急を知らせる合図と解釈すれば法規に則っています。 例えば渋滞での合流は、後続車に停止して貰わないといけません。 ちょうど幹線道路にて、沿道のガレージにバックで入れる場合、 後続車に停止や徐行を求める為にハザードで向きをスイッチするのと同じで、 今動作中ですからちょっと待ってて下さいという意思表示は合法です。 サンキューハザードというより、 「今私が合流しますから発進を少し待ってて下さい」 の意味合いとして合法、かつ有効と考えています。 渋滞ハザードもありますよね。 これは1979年の東名高速の日本坂トンネル事故を教訓に、 後続車に渋滞をいち早く知らせる方法としてトラック業界が中心となり推奨し、それが全国的に拡大普及したものです。 今では教習所でも事故防止の有効手段として推奨されています。

次の