麒麟 が くる 相関 図。 麒麟がくるキャスト相関図から削除か?岡村隆史の影響は織田信長にも?

麒麟がくるの織田彦五郎など織田信長との相関図から対立した人物の関係性を解説!

麒麟 が くる 相関 図

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」序盤で重要となってくる斎藤家の人々、それに土岐家の人々の関係性、人物相関図などをざっとまとめます。 義龍と父、兄弟との対立、そして側室・深芳野の悲哀など、斎藤家でうずまく人間ドラマが描かれます。 土岐家と斎藤利政の関係 物語開始当初、主人公・明智光秀が仕えている 斎藤利政(道三)は美濃の「守護代」という立場ですが、実質的には美濃を牛耳る立場にあります。 もともと美濃は守護を務める名門・ 土岐家が治めていました。 その土岐本家で 長男・土岐頼武と 次男・頼芸の間での後継者争いが繰り広げられると、頼芸にその才能を見いだされた斎藤利政が、頼武の越前追放に貢献。 すったもんだの末に守護の座に就いた頼芸は、政治の安定のために利政を重用していきます。 やがて力をつけた 利政が主君・頼芸と対立を深めるようになると、ついには頼芸を尾張へと追放し、実質的に利政が美濃の国主の座をつかんでいます。 そして、後年にも頼芸は再び利政により近江へ追放される憂き目に遭います。 かなり端折った説明となりましたが、つまり、美濃の支配者・土岐氏に仕えていた斎藤利政が土岐氏の御家騒動に乗じ、下剋上の末に美濃の実権を奪取(自身は守護代のまま権力を握り、守護・土岐家はお飾り状態に)。 その利政に仕えているのが明智家という構図になります。 こうした経緯もあり、土岐家としては斎藤家に色々と思うところがあるわけですね。 そして古くからの美濃の領主の中には、美濃を乗っ取った利政をよく思わない者が少なからず居るという状況です。 斎藤家の内情 なかなか複雑… 「麒麟がくる」の物語序盤を大きく動かしていきそうなのが、斎藤家の少々複雑な家庭事情です。 斎藤家を理解する上で重要な事項を箇条書きで書き出してみます。 ・ 高政は土岐頼芸の子(深芳野の愛妾時)である可能性がある ・ 利政は高政を無能扱いし、 孫四郎、喜平次を寵愛している ・帰蝶は美濃守護・土岐頼純と政略結婚をしていたが、頼純は利政により毒殺。 その後、尾張・織田信長に嫁ぐ ・高政は「反信長」、孫四郎は「親信長」となり、兄弟に確執が芽生えていく。 実は土岐頼芸の子? 高政vs利政、そして兄弟確執 斎藤利政(道三)・高政(義龍)親子の確執が、「麒麟がくる」序盤の大きな出来事として描かれそうです。 正室の子である弟の孫四郎、喜平次ばかりが可愛がられ、側室の子である自分は無能扱いされ続けることに不満を持っていた高政。 やがて高政は、本当の父親が利政ではなく土岐頼芸なのではないかと疑い始め、利政だけでなく、母の深芳野に対しても反発心を持つようになります。 頼芸も高政に対し自分の子であるかのようなことをほのめかすなど、高政の気持ちを利用して利益を得ようと悪巧みをしていきます。 また、「信長公記」によれば弟の孫四郎、喜平次が次第に奢り高ぶり、兄の高政を侮るようになったともされ、これら兄弟の齟齬が、ある事件(悲劇)へと発展していきます。 高政は、美濃の国衆をまとめきれない利政の政治力に見切りを付け、美濃本来の支配者・土岐家と連携を深めていく方法を模索します(しかし、利政が土岐頼芸を追放)。 やがて家督を継いだ高政は信長に敵対意識を見せ、信長を評価している利政、孫四郎らと対立。 やがて利政・高政親子の対立は、ついに親子の激突である 「長良川の戦い」へと繋がっていくのです。 帰蝶と土岐頼純 後に織田信長の正室になることで知られる、斎藤利政と小見の方の娘・帰蝶(濃姫)。 物語の開始時点では、帰蝶は美濃守護・土岐頼純と婚姻関係にあります。 かつて叔父の頼芸と利政により越前へと追いやられた頼純。 その後美濃に戻り守護の座を頼芸から譲り受けた頼純ですが、利政に対しては土岐家、そして父をコケにされたという恨みを持っているようです。 第2話で描かれる「井ノ口の戦い」は、利政を憎んでいた美濃守護・頼純が、尾張の織田信秀らと通じて利政の居城・稲葉山城攻めを画策するという構図で描かれそうです。 自分の夫が父・利政に戦いを仕掛け、美濃に戦火を巻き起こす。 そして父はそんな夫を厳しく責め立て毒殺してしまう…。 帰蝶は父と夫の間で板挟みとなり、複雑な思いを抱くことになります。 関連記事 ・ ・ ・ ・.

次の

【麒麟がくる】斎藤家の人物相関図 土岐家との関係まとめ 義龍、孫四郎、喜平次は誰の子?

麒麟 が くる 相関 図

もともと将軍家の家督相続者以外の子として仏門に入っていたが、義輝亡き後、室町幕府最後の将軍として擁立される。 政治的手腕に富み、抜群の先見性と外交力がある。 総合:毎週日曜20時〜• BSプレミアム:毎週日曜18時〜• BS4K:毎週日曜9時〜 まとめ さすが大河と言える豪華出演者が揃いましたね。 あれ?この違くない?であったりこの人完璧というキャスティングがそれぞれあると思いますが、見終わった後どうなっているか楽しみですね。 朝ドラとはまた違った盛り上がりを見せてくれそうです。 記事内の画像出典: FODプレミアムおすすめポイント• フジテレビのドラマ、バラエティ、アニメが圧倒的ラインナップ• 雑誌読み放題が熱すぎる• 月額888円で毎月1300円分のポイントがもらえる マンガの購入に利用可能 FODプレミアムは映画ドラマが見れるだけではありません!! 最新の雑誌も読み放題です。 ラインナップは100冊以上。 ジャンル 雑誌名 週刊誌 FRIDAY、FLASH、SPA! 、週プレ、週刊現代、女性自身、女性セブン etc. ビジネス・経済 週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト、ダイヤモンドZAi etc. ライフスタイル Pen、Tarzan(ターザン)、Begin、WIRED、週刊プロレス、サッカーダイジェスト、家電批評、Hanako ハナコ etc. *ほんの一例です FODは月額888円なので毎月雑誌を買う人は動画見放題のFODに切り替えがおすすめです。 \FOD を 2週間無料 で楽しむ/.

次の

NHK大河ドラマ【麒麟(きりん)がくる】キャスト・相関図など放送開始事前記事

麒麟 が くる 相関 図

【ネタバレあり】「麒麟がくる」第1話のあらすじ ・天文16年(1547年)、舞台は土岐氏が支配する美濃 ・国境近くに位置する「明智荘」に野盗が襲来する ・ 十兵衛(後の明智光秀・長谷川博己)たちは矢で対抗するが野盗は鉄砲を持っていた ・十兵衛は逃げ遅れた野盗・ 菊丸(岡村隆史)を捕らえ、野盗が持っていた武器が鉄砲だと知る ・その鉄砲が売られている堺へ行ってみたいと、幼馴染の 斎藤高政(後の斎藤義龍・伊藤英明)を通じて主君の 斎藤利政(後の斎藤道三・本木雅弘)に直訴する ・納得しない利政に対し十兵衛は利政の正室である小見の方の病を治す医者を連れてくると宣言し堺行きの許可を得る ・鉄砲を手に入れるため刀鍛冶の宗次郎の店へ行くが、店先で出会った将軍の側近・ 三淵藤英(谷原章介)らに、主君の斎藤利政を田舎大名とバカにされ鉄砲を手に入れるのを諦めるよう言われる ・そこに 松永久秀(吉田鋼太郎)が登場。 松永は十兵衛に斎藤利政を尊敬していると伝え、気が合った2人は宿で酒を飲みかわす ・十兵衛は酔いつぶれ、朝になって目覚めると枕元に鉄砲が置いてあり、「また会おう」という松永からの置き手紙があった ・次に十兵衛は医者を探しに京へ行き、望月東庵という名医のもとへ向かった ・ 望月東庵(堺正章)の居場所を見つけ、助手の 駒(門脇麦)に頼み、会わせてもらう ・しかし東庵は美濃行きを断る ・その後、近くの民家が火事になる。 民家の中には小さな子供がいるという ・十兵衛は水をかぶり民家の中に突撃し子供を救出する ・その姿に感動した東庵は美濃へ行くことを了承した 松永久秀がいい奴すぎる 吉田演じる松永久秀は、主に畿内を中心に勢力を広める戦国武将。 軍事政治両面において力を発揮し、したたかで荒々しい生き方が若き光秀に大きな影響を与える。 sponichi. html 久秀は光秀を食事に誘い、鉄砲を買うため大金を持つ光秀は酔いつぶれてしまう。 sponichi. sponichi. sponichi. html.

次の