アーカルム 必要 素材。 【グラブル】アーカルム召喚石の必要素材一覧と各素材の入手方法まとめ|こーひーのグラブル攻略ガイド

【グラブル】アーカルムの十賢者を仲間にする方法と必要素材まとめ|こーひーのグラブル攻略ガイド

アーカルム 必要 素材

まずは毎日「アーカルムの転世」を進めて作成に使用する限定素材を集めよう。 まずは自分が作成したい召喚石のステージから進めていきましょう。 引き続き毎日「アーカルムの転世」を進めて素材を集めていこう。 特にヴェルム文書は次以降の段階でもたくさん要求されるため、 道中の雑魚戦ではアーカルム召喚石と同じ属性の敵にトレハンを集めるといった工夫をしたい。 この段階ぐらいから不足しがちになるため、 9-3では「星導の天球儀」を活用して対象のイデアを集めるのがオススメ。 3:金剛晶は古戦場かショップ交換で確保 SSR召喚石を上限解放させる「金剛晶」は古戦場の勲章交換、アーカルムショップのpt交換、特典報酬以外の入手方法が無く 現状では絶対数が限られている素材。 他召喚石との優先度も考慮しつつ、アーカルム石の解放に備えて1個キープしておこう。 まずはポイント交換で補充できない「イデア25個」と「フラグメント10個」の確保を目標に周回するのがおすすめ。 2:他素材はポイント交換も選択肢 「イデア」「フラグメント」の確保が終わった時点で他素材が足りない場合、次に作成を考えているアーカルム石に対応したポイントを周回しながら素材を集めよう。 古戦場など 急いで作成したい場合はポイント交換で必要数を補うのも選択肢となる。 交換には金剛晶やセフィラ玉髄もあるので、自身の優先度次第で考えたい。

次の

【グラブル】アーカルムの効率の良い周回方法と周回時の編成例まとめ|こーひーのグラブル攻略ガイド

アーカルム 必要 素材

しかし、アーカルムに簡易探索機能が実装され、 手動探索でのドロップ差があるのかを知りたい人も居ると思うので、 【 手動周回をした場合で1周で集まる素材の数】 【 簡易探索をした場合で1周で集まる素材の数】 この【手動9チケット】と【簡易9チケット】の違いをまとめ、 手動と簡易でどれだけ素材の数に差が出るのかを分かりやすく編集しました。 感謝しなさい 今回はアーカルムの難易度Extremeにおいて、 1周 9チケット分 を終えた段階でどれくらい素材が集まるのかを検証しました。 ただ検証するだけではなく、記事トップのお知らせにも書いたように、 【手動周回をした場合の素材のドロップ数】 【簡易探索をした場合の素材のドロップ数】 この2つの結果を収集して比較をしてみることにしました。 こんな七面倒臭いことを他にやるような人はそうそう居ないでしょう? また、この記事を見る前に、覚えておいて欲しい事と、 検証と比較をした上での前提などを知っておいてくださいね。 銀ミミック:5回• 金ミミック:0回• カストル:5回• ゲートキーパー:1回 という構成で、残念ながら金ミミックの出現はありませんでした。 また、銀ミミックのドロップ内容についてですが、 恐らくアーカルム石・キャラの上限解放に関わる素材は無いと思われます。 ちなみに【ソウルシード】が0個なのに記載がある事についてですが、 簡易探索をした際にはドロップをしたため、一応掲載をしておくだけしておきました。 それでは次は【 簡易探索をした場合で1周で集まる素材の数】の詳細を見ていきましょう。 簡易探索1周 9チケット分 で集まる素材の数について 『今日は面倒くさいから』 『チケット貯まりすぎてヤバい。 面倒くさい』 そんな理由で簡易探索をしてしまう人は結構居るんじゃないでしょうか? 別に他人のアカウントの状況とかどうでもいいんですけど、 もしあなたが『アーカルムの素材は効率よく集めたい』タイプの人間である場合は、 決して【簡易探索】でアーカルムを消化してしまうことはオススメしません。 そう、結論から言うと、簡易探索はサクッとチケットの消化は出来るものの、 ドロップする物の数が手動で周回した場合との差がありすぎて損をしているんです。 ご自身で手動と簡易探索のアイテムの数の差を検証しましたか? 誰か他に検証している情報を掲載していたりして差を知っていますか? それなら別に見なくてもヤバさは分かると思うのでスルーして良いです。 が、差を知らずに簡易探索をしてる人は1度は知っておくことをオススメします。 アイテム詳細 個数 巻物 4 書物 2 下位宝珠 1 上位宝珠 7 ジーン 1 爪 3 通常素材 17 属性エレメント 10 ハーフエリクシール 8 ソウルシード 50 SSR武器 3 ヘイズ 3 セフィラストーン 7 フラグメント 0 アストラ 9 イデア 8 手動周回した場合の表を見た後のこの表はなんとも荒んで見えることでしょうかw 知っている方は知っていると思いますが、簡易探索をすると【フラグメント】は落ちないので、 最終的に必要になるのに必要数持ってない状態で簡易探索をしてる人は要注意。 はい、まあ分かってますよ。 手動と簡易探索の結果の表を並べてもらわんと分からんのでしょう? ほいたら… 手動消化と簡易探索でのドロップ数の差について 表で比較すると差が一目瞭然で面白いですよ。 もはや『簡易探索をしてはいけない』と思い込ませる効果があるくらいに違いますからね。 複数属性のアストラの合計のドロップ値を記入しているので、あなたの欲しいアストラ、 例えば【土精のアストラ】が欲しい場合、1周で26個前後が落ちるとは思わないでください。 しかも【ポイント・ケルサス】に関しては• 【闇】デス• 【風】テンペランス• 【土】タワー• 【光】スター この4属性のアストラが主に落ちやすいエリアであり、 他の【アクイラ 土・火 】と【ベラトール 水・風 】と比較すると、 ピンポイントの属性のアストラを集めるのが非常に非常率なルートです。 かと言ってケルサス以外で光と闇のアストラを集めるのは無謀です。 もう1エリア、光と闇のボスだけのエリアを追加すれば良いんですよ。 ユーザーの意見を聞き入れないCygames 笑 には期待できませんが。 アストラを効率良く集めるような話の流れになりそうなので軌道修正しますが、 アーカルム専用素材を重点的に集めたい人は簡易探索ではなく、 手動周回をしたほうが効率良くあつまるのは目に見えています。 簡易探索は時間を節約できますが、手動周回と比較して損する要素が多すぎるので、 あなたがどのように周回するかは自由ですが、管理人としてはオススメしません。 それではまとめに入る前に、取得できるアーカルムポイントの差も見ていきましょう。 手動周回と簡易探索で得られるアーカルムポイントの差について 危うくこのトピックについて言及し忘れたまま記事を上げるところでした。 危ない危ない。 目当ての素材のドロップ数の差に気を取られる人も多いと思いますが、 周回して得られるアーカルムポイントにも差があるんですよ。 ポイントってアストラや玉髄などを交換するのに使いますよね? ポイントがあればあるだけ、困った時の助けにもなるので、 可能であれば多く集められる手段を選択しておきたいですよね。 …っていうか、もうここまで読んでればどっちのほうが多く得られるか分かるかw 手動消化のポイント数 簡易探索のポイント数 討伐取得分 6,346 4,900 ステージ消化分 1,800 1,800 合計値 8,146 6,700 もしかしたら【手動消化】のポイントの合計値の計算ミスがあるかもしれませんが、 あっても誤差レベルの差だと思われるので気にしないでください。 ステージクリア分APTを引いた手動周回した合計APTである【6,346】に近いので多分計算ミスはしてない。 と思いたい。 ステージクリア時に得られるポイントは手動・簡易に関わらず一律で200Pt。 中ボスやラスボスのステージと雑魚のみのエリアも同じ条件が適応されています。 この840APTを手動周回の合計値である【8,146】から引くと【7,306】。 手動周回にてレアモンスター分のAPTを抜きにした【7,306APT】と、 簡易探索をした場合に得たトータルAPTである【6,700APT】を比べましょう。 しかしレアモンスター込みのAPTである【8,146APT】と【6,700APT】の差は… 【1,446APT】となっており、アストラ1個分のポイント差となっています。 必ずしも手動周回をしたら今回検証した時と同じようなレアモンスターの遭遇率になる保証は有りませんが、9チケット分のみで見るのではなく、長い目で見ると手動周回と簡易探索の差はかなり大きく広がる事が分かるでしょう。 ただ、アーカルムポイントの目的のみで『少しだけ簡易探索をする』くらいなら咎められないレベルであり、そんなに気にするほどの差は無い事もデータから見て分かることです。 アーカルムポイントとドロップ素材の双方を考えるならば、 やはり手動周回をしたほうが色々と利点が多いのは変わりませんね。 手動周回 or 簡易探索 まとめ ここまでちゃんと読んだ人は改めて結論を伝える必要はないかと思いますが、 『簡易探索は手動周回と比較すると損する要素が多すぎる』という結論です。 あえて簡易探索をするメリットを考えてみましょうか。

次の

【グラブル】アーカルム召喚石の解放おすすめ順まとめも

アーカルム 必要 素材

まずは毎日「アーカルムの転世」を進めて作成に使用する限定素材を集めよう。 まずは自分が作成したい召喚石のステージから進めていきましょう。 引き続き毎日「アーカルムの転世」を進めて素材を集めていこう。 特にヴェルム文書は次以降の段階でもたくさん要求されるため、 道中の雑魚戦ではアーカルム召喚石と同じ属性の敵にトレハンを集めるといった工夫をしたい。 この段階ぐらいから不足しがちになるため、 9-3では「星導の天球儀」を活用して対象のイデアを集めるのがオススメ。 3:金剛晶は古戦場かショップ交換で確保 SSR召喚石を上限解放させる「金剛晶」は古戦場の勲章交換、アーカルムショップのpt交換、特典報酬以外の入手方法が無く 現状では絶対数が限られている素材。 他召喚石との優先度も考慮しつつ、アーカルム石の解放に備えて1個キープしておこう。 まずはポイント交換で補充できない「イデア25個」と「フラグメント10個」の確保を目標に周回するのがおすすめ。 2:他素材はポイント交換も選択肢 「イデア」「フラグメント」の確保が終わった時点で他素材が足りない場合、次に作成を考えているアーカルム石に対応したポイントを周回しながら素材を集めよう。 古戦場など 急いで作成したい場合はポイント交換で必要数を補うのも選択肢となる。 交換には金剛晶やセフィラ玉髄もあるので、自身の優先度次第で考えたい。

次の