大和証券 強み。 【証券就活】みずほ証券の決算内容と強み・弱みを元証券マンが解説|【金融の窓(ノマド)】

事業内容について

大和証券 強み

ワンキャリ編集部が総力を挙げて紹介する。 今回は、国内5大証券と呼ばれる「 野村證券(野村ホールディングス)、 大和 (だいわ)証券(大和証券グループ本社)、 SMBC日興証券、 みずほ証券、 三菱UFJモルガン・スタンレー証券(以下、三菱UFJ MS)」の各社の特徴・社風や、年収の違いについてお伝えしたいと思います。 しかし、部門・職種別で求められる人物像が異なるので、ここでは証券会社の中でもメジャーな採用職種である「 リテール・投資銀行・セールス・トレーダー」についてご説明します。 リテール:精神的・身体的なストレスに耐えるタフさ、地道に成果を積み重ねる継続力 リテール営業は、本支店で個人投資家や法人に株式・債券の販売営業を行います。 各店ごとに営業目標があり、各人に厳しい数値目標が結びつくため、 プレッシャーに耐え切る身体的・精神的なタフネスや、コツコツと営業目標を達成する高い継続力が求められるようです。 基本的に案件獲得後の買収総額に一定の手数料を掛けたものが売上になるため、証券会社は案件を獲得できるかどうかで収益に大きな差が生まれます。 どの証券会社も、自社が案件を獲得できるように若手に企業の財務分析や資料作成を行わせるため、 夜遅くまで作業が終わらず勤務時間も長くなりやすく、新卒においては身体的・精神的なタフネスが求められます。 また、 企業価値算定や買収後のロジック作成などで高い論理的思考力が求められる場面も多く、実際の選考ではワークを用いてロジカルに物事が考えられるかといった点も評価されるようです。 セールス:高い対人能力、記憶に残りやすい個性 セールスは、主に既に流通している株式・債券などを投資家に販売する営業部門のことです。 リテール部門と似ていますが、 対象の顧客が異なり、機関投資家などを相手にすることが多くなります。 また、特に国債などの金融商品では大きな差がつきづらいため、 属人的な営業力勝負になりやすい点が特徴です。 そのため、営業として求められる 高い対人能力に加えて、顧客にしっかり覚えてもらえるような個性的かつ優秀な人材が求められています。 トレーダー:論理性と数理的な思考力 トレーダーは、割り当てられた資金を用いて自身で取引を行い、企業に収益をもたらす業務と、顧客の注文を受けて正確に受注取引をこなす業務の2つに大別されます。 いずれも、 自身の頭脳1つで企業の資金を用いて収益をあげ、商品価値の目利きを行う専門性の高い職種です。 そのため、 高い数理的思考力や論理的思考力が求められ、新卒の人材にもそういった素養が期待されています。 主要各社の営業収益は以下の通りです。 野村ホールディングスと、大和証券グループ本社は単体の業績も記載しています。 当然のことながら単体で見ても首位で、2位以下に約3,000億以上の差をつけています。 所属しているグループ 各社それぞれ、巨大なグループ企業に属している点も押さえておきましょう。 以下の通りです。 <証券系グループ> ・野村證券 (野村ホールディングス) ・大和証券 (大和証券グループ本社) <銀行系グループ> ・SMBC日興証券 (三井住友フィナンシャルグループ) ・みずほ証券 (みずほフィナンシャルグループ) ・三菱UFJモルガン・スタンレー証券(三菱UFJフィナンシャル・グループ) このように野村證券と大和証券は純粋な証券業を中心としたグループに属し、かつ、グループの中核となる存在です。 一方、他の3社は銀行業を主とするメガバンクのフィナンシャルグループに属しています。 そのため、証券と銀行業を連携させた事業展開をしています。 このように、それぞれのバックグラウンドや、所属しているグループの特徴を生かした構図が見て取れます。 各社の特徴 各社の特徴を見てみましょう。 最近の野村證券の動きですが、昨年2018年6月にLINEと業務提携を発表して設立した会社を、今年の6月に 「LINE証券」として、商号を変更し本格的に動き始めました。 大和証券の歴史は、(旧)大和證券が1943年に合併して誕生する前、1902年に設立した藤本証券にまでさかのぼることができるため、100年以上の長い歴史を有する企業だといえます。 大和証券グループ本社は「リテール部門」「ホールセール部門(=グローバル・マーケッツ+グローバル・インベストメント・バンキング)」「アセット・マネジメント部門」「投資部門」「その他の事業(大和総研など)」の5部門から構成されており、大和証券は 「リテール部門」のすべてと 「ホールセール部門」を担う中核企業です。 こちらの2つの部門で純営業収益全体の 76. そんなSMBC日興証券の強みは、同グループの一員であることを生かした、三井住友銀行との提携です。 その沿革ですが、バブル崩壊で大量の不良債権を抱えた「第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行」が2000年に合併(みずほホールディングス:みずほフィナンシャルグループの前身)し、その影響で同系列の証券会社も合併し(旧)みずほ証券が誕生しました。 さらに、「総合金融コンサルティンググループ」を目指すために導入されている カンパニー制も特徴の1つです。 日系と外資系のハイブリッド企業という特性を生かした強みがあります。 三菱UFJフィナンシャル・グループ (MUFGグループ) とモルガン・スタンレーという、世界有数の規模を誇る双方のネットワークや豊かなノウハウを自在に活用できることです。 さらに、三菱UFJ MSの強みといえば、 モルガン・スタンレーMUFG証券との双補完的な業務提携です。 役割の分担ができており、三菱UFJ MSは「インベストメント・バンキング業務」に集約する一方で、モルガン・スタンレーMUFG証券はそれ以外の「キャピタル・マーケッツ業務、セールス&トレーディング業務およびリサーチ業務」をカバーしています。 「個」を伸ばすことで会社全体を強くしていく社風から、 徹底的な実力主義をとっています。 ある社員が座談会で「入社5年で同期と100万近くの年収差がついた」と話すほどです。 社員が「業界トップであるからこそもっと勉強、成長しなければならない」と語るように、1位に甘んじることなく、野村をより頑強にするために一人ひとりが努力する環境があるといえます。 しかし、内定者いわく、社員が座談会で「会社で困っている人を決して一人にすることはない」とも語っていました ( より)。 従って、幅広い業務を経験する機会があります。 激務のイメージがある証券業界においてプライベートキャリアまで考えることができるのは大きな魅力でしょう。 また、大和証券は業界2番手であり、1位の野村證券を抜くことを最大の目標としています。 従って、仕事でもプライベートでも 少しでも上に行こうとする雰囲気があります。 実際、社員の営業成績は発表され、競い合う様子が見られるそうです。 少しでも良い結果を出そうとまい進して業務に取り組みたい人には、この上ない環境だといえるでしょう。 最後に大和証券を語る上で忘れてはならないのが、社員の共通言語 「ハッスル」です。 これはマイナスなことがあったときに取り返してやろうという気持ちを表しており、大学生界隈での「ワンチャン」に匹敵するほど、社内では使用頻度が高い模様です。 使用例は以下の通りです ( より )。 (例):「せっかく取れた案件がボツになったのか。 後述のみずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券との違いは、1918年から長い歴史を持つ証券の営業 「リテール部門」の存在が挙げられます。 実際に「SMBC日興証券には業績全国ランキングがあり、個人だけではなく 支店同士の成績を常に競い合う競争的な環境だ」と内定者は社員から聞いたとのことです。 以上から、人と関わることで自分の実力をあげ、評価されたいと考える人にはオススメの環境が備わっています ( より)。 実際、選考を受けた人の多くがみずほ証券社員を 「証券会社にしては優しい社員」と感じており、内定者も「5大証券の中で1番社員が穏やか。 証券会社にありがちな体育会系の雰囲気もなく、上下関係も厳しくなさそうだ」と話しています ( より)。 証券業界は上下関係が厳しいイメージですが、仕事内容が同じであるならば穏やかな社風の中で働きたい人には魅力的な会社ではないでしょうか (より)。 これはいまだに証券の営業は「足が命」な中、インセンティブをあげるためにも数字を正当に評価することが背景にあると考えられます。 実際内定者によると社員が説明会で、「1年目は新規顧客開拓が中心で、訪問や電話でお客様を獲得する。 年次があがると額の高いお客様や企業に対して営業をする」と話していたとのこと。 さらに内定者は魅力として「1年目から新規顧客開拓できることで、積極的に自分でアプローチ方法などを考えて動くことができる。 頑張った分だけ数字で表れ評価されるのが魅力」と話していました。 したがって、SMBC日興証券と同様に、人と関わることで自分の実力をあげ、評価されたいと考える人にはオススメです ( より)。 企業名 平均年齢 平均給与(千円) 平均勤続年数 野村證券 42. 4歳 1,455 4年 大和証券 41. 7歳 987 16. さらに詳しい選考の情報についてはこちらをご覧ください。 ONE CAREERへの新規会員登録/ログインが必要です。 各社の選考のクチコミはこちらをご覧ください。 ONE CAREERへの新規会員登録/ログインが必要です。

次の

【大和証券】ダイワファンドラップの強み

大和証券 強み

現在の仕事 ファンドを理解していただくための情報提供と、 販売会社や投資家の皆様のニーズに関する情報収集。 ファンド・サポート部の仕事は当社のファンドを理解していただくための情報提供と、販売会社や投資家の皆様のニーズに関する情報収集の2つに分けられます。 まず、情報提供としては販売会社である全国の銀行や証券会社等の販売員の方々に対し、世界の市場環境や当社ファンドの商品説明・運用状況の解説等を行います。 その際にはそれぞれの金融機関が抱える課題やニーズ・方針を個別にお伺いし、ベテラン社員から新入社員まで様々な方のより深い理解に繋がるようきめ細やかな研修を企画・提案・実施していきます。 また、販売会社が主催する投資家の皆様に向けたセミナーに赴き、市場環境や運用状況についての理解を深め、資産運用の参考としていただくのもファンド・サポート部の業務です。 大規模なセミナーになると数百人規模のものになります。 一方、情報収集としては各販売会社向けの研修を企画し、実施していく中で、販売会社のニーズや販売員の方々の声を、また、投資家の方々からは投資ニーズなどの変化を汲み取ります。 それらを社内にフィードバックし、より良い研修・セミナー開催に活かすとともに、今後のマーケティング活動・新商品開発へと結びつけるアプローチを行っています。 仕事の醍醐味/スペシャリストとしての心がけ 機動力と知識力とプレゼンテーション能力を存分に発揮し、 自らの成長を目指す。 私たちプレゼンターがフィードバックする販売員の方々の声や投資家ニーズから、新しい商品開発に繋がることもあり、自らの仕事に対しての大きな責任とやりがいを感じます。 また、私たちは全国の金融機関に訪問するため、出張が多いのも特徴です。 当部における年間プレゼンテーション回数は約2,500件にもなります。 世界中のマーケットの変化を常に追いかけ、最新の情報を素早く正確に、そして分かりやすくお客様に提供するために全国を駆けめぐることが、私たちの日常です。 私たちには商品や様々な市場について貪欲に学び、常に知識を吸収することが問われます。 さらに業界特有の専門用語が多く複雑な要因が絡みあう金融市場を、いかに分かりやすくお客様に説明するかという高いプレゼンテーション能力も求められます。 つまり、全国を駆けめぐる機動力と、あらゆる資産に通じる知識力、そして付加価値の高い情報を提供できるプレゼンテーション能力を存分に発揮し、大和アセットマネジメントというブランドへの信頼を高めていく。 それが私たちのミッションであり、そのミッション遂行が自らの成長にもつながる、それがこの仕事の醍醐味となっています。 大和アセットマネジメントの強み/キャリアビジョン 「投資」が世の中に当たり前に根づいていく、 その一助になれる活躍を。 大和アセットマネジメントの国内における投資信託の運用資産残高はトップクラスであり、運用力・調査力・商品開発力に加え、お客様へのサポート体制まで充実した総合力が強みです。 国内系運用会社であるため日本の資産に強いのはもちろんですが、欧米に加え成長著しいアジアにも拠点を設けているため、海外ネットワークも充実しています。 あらゆる資産の運用が可能であり、現在でも多様なラインナップを誇ります。 様々な投資家のニーズに応えることができる体制を構築しており、実際にお客様とお話をする際にも、これらの強みは当社の優位性であると感じています。 投資教育の遅れが指摘される日本において、業界のリーディングカンパニーである当社の役割は今後ますます重要になってくるはずです。 私たちファンド・サポート部の役割も、投資家の投資知識や金融リテラシーの向上に資するという意味で、さらに社会に貢献していかなければならないと考えています。 私自身も当面はプレゼンターとして、当社とお客様の接点の最前線に立ち続けたいと思います。 そして、ゆくゆくはひとつの部署だけではなく、様々な業務を経験して、知識や業務の幅を広げ、さらには後進の育成などにも関わっていきたいです。 どのようなポジションであれ、「投資」が世の中に当たり前に根づいていく、その一助になれる活躍ができれば、と考えています。 My Private Scene 登る、聴く、読む。 趣味の世界を深める時間。 休日は様々な趣味に挑戦して心身のリフレッシュを図っています。 ここ数年は登山に熱中しています。 山頂に着いたときの達成感は何物にも代えがたいものであり、まさに「継続は力なり」を実感する瞬間でもあります。 仕事の達成感に通じるものがあるかもしれませんね。 また、ゆっくりと音楽を聴いたり、本を読んだりする時間も大切にしています。 時に仕事中には思い浮かばなかったクリエイティブな発想が生まれることもあり、音楽や本は私にとってインスピレーションの源となっています。 登る、聴く、読む、という趣味の世界を深めることが仕事をより一層豊かにしていると実感しています。

次の

大和証券の特徴やデメリット・評判口コミまとめ

大和証券 強み

大和証券の会社概要 社名(通称) 大和証券(大和) 社 長 中田 誠司 本社所在地(店舗数) 東京都千代田区丸の内(160店舗) 採用実績(2018年) 男性:289人、女性:289人 平均年収 1,056万円 社 訓 「信頼の構築」「人材の重視」「社会への貢献」「健全な利益の確保」 大和証券の強み 業界随一の組織力 大和証券の強みは 組織力にあります。 大和証券は組織とその構成員を尊重する企業文化があり、大きな案件をプロジェクトメンバー総勢で取りかかる姿勢が大和証券には根付いています。 これは証券会社には珍しい文化ですよ。 業界トップの国内営業拠点 海外へ積極展開している野村證券とは対照的に、大和証券は国内への営業力強化に力を入れています。 店舗営業の縮小が証券業界の常識になりつつある中で、大和証券は国内店舗を増加させています。 国内での認知度やプレゼンスも大和の強みと言えます。 しかも大和証券の店舗って駅直結型が多いですよね。 あれはずるいですよ(笑) リサーチ部門の調査力 大和証券のリサーチ部門は非常に優秀です。 日経ヴェリタスのアナリストランキングでは会社別総合順位で1位に輝いています。 確かに証券マン御用達の朝の情報番組、モーニングサテライトでも大和証券の出演者が多い気がします(多分) auアセット・マネジメントの存在 大和証券は KDDI(au)と共同出資してauアセットマネジメント株式会社を設立しています。 auが保有する2000万以上のユーザーを開拓する意図なのでしょうが、シナジーが発揮できれば相当な成長性を秘めていると思います。 通信と手を組んだのは個人的には正解だと思います。 若い世代に「投資と言えば大和」との認識が定着すれば大きな市場開拓になるからです。 まあ難しいとは思いますが(笑) 大和証券の弱み 絶対的なポジションがない 大和証券は待遇もいいし女性の管理職を一番進めている証券会社なので叩くところがないのが本音です。 証券会社=野村證券というイメージが強いですし、銀行系証券に関してはメインバンク系列で使ってもらえるでしょう。 大和証券でないといけない理由がないんですよね。 独自性を打ち出す施策を実行してほしいところですな。 大和証券の2020年の決算内容 大和証券の2020年の通期の業績はコロナの影響が響き厳しい結果になりました。 部門別のコメントとして次のようになりますのでご参考ください。 リテール部門 【エクイティ】日本株・外国株共に取引が増加しエクイティ収益は増収 【債券】仕組債の販売手数料の減少により債券収益は減収 【投資信託】投信代理事務手数料は期中平均残高が減少し投信収益は減収 ホールセール部門 【GM:エクイティ】日本株の顧客フローが拡大しエクイティ収益は増収 【GM:FICC】JGBビジネスは増収もポジション運営で苦戦しFICC収益は減収 【IB:エクイティ】大和ハウスリート、三井不動産ロジスティクスパーク… 【IB:デット】日立製作所普通社債、富士フィルムHD普通社債、国際協力銀行ベンチマーク債… 【IB:M&A】マツモトキヨシHDとココカラファインの資本業務提携、共栄製鋼のAlta Steelの買収… アセットマネジメント部門 【大和AM】公募株式投信の運用残高が減少し減収 投資部門 【大和PIパートナーズ】金銭債権投資で増収 大和証券への就活のポイント 大和証券突破のポイント• 面接では器用さを示す• 基本的な時事問題は押さえておく• 野村證券を意識しすぎない 大和証券では面接を通して論理性や経済情勢への関心度を尋ねられることは多々ありました。 勉強熱心さをアピールする必要はあります。 パッションは内に秘めてクールに仕事する人材が社風と合っているのでしょう。 面接を通して 時事問題について聞かれた点も印象深かったです。 今年で言えば「5G」「東京五輪後の経済」などを尋ねられると思います。 正解などありませんから、自分の意見をしっかりと理由付けしながら述べることができれば十分だと思います。 あとは 野村證券を意識しすぎないことですかね。 社風の違いから野村ではなく大和を第一志望にしていた方も多いので、野村の下位互換という認識が少しでも面接官に伝われば即outでしょう。

次の