筑波学園病院 コロナ。 【最新12人目】茨城県コロナ50代女性70代男性の病院は筑波学園病院?行動ルートは?

筑波大学|大学案内|新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた活動形態の変更について

筑波学園病院 コロナ

Contents• 茨城県で12人目:新型コロナウイルス感染者 3月27日に 茨城県つくば市在住の 50代女性と 茨城県つくばみらい市在住 の 70代男性の 感染が発表されました。 茨城県内での感染確認は12人目です。 新たに感染が判明したのはつくば市に住む50代の女性と、 つくばみらい市に住む70代の男性です。 このうち50代の女性は、今月24日に感染が判明したつくば市の社交ダンス講師の生徒で、 今月18日から発熱が続き、濃厚接触者にあたることから検査したところ感染が分かったもので、 症状は軽いということです。 70代の男性は、今月19日から20日にかけて37度台の熱が出て、 肺炎の症状があったことから病院に入院していて、27日感染が確認されました。 酸素吸入が必要な状態だということです。 男性の感染経路は分かっておらず、引き続き調査するとしています。 県内で感染が確認されたのはこれで12人となりました。 茨城県保健福祉部の木庭愛部長は、会見で「県内で感染者の集団、 クラスターが発生しているかどうかの判断はまだできない。 引き続き東京など都市部への移動は慎重な判断をお願いしたい」と呼びかけました。 感染の50代女性の他にも 社交ダンス教室の生徒への 感染が心配です。 70代男性も 感染経路が今のところ不明で 症状が重いので心配です。 スポンサードリンク 茨城県コロナウイルス患者の病院はどこ?筑波学園病院? 新型コロナウイルスは、 指定感染症に指定されているため 受け入れができる病院も ある程度限られています。 コロナウイルスの指定感染症 受け入れ先は、 『特定感染症指定医療機関』 『第一種感染症指定医療機関』 『第二種感染症指定医療機関』 です。 茨城県は、 『特定感染症指定医療機関』が 無いので、 『第一種感染症指定医療機関』 『第二種感染症指定医療機関』は こちらになります。 スポンサードリンク 第一種感染症指定医療機関 ・JAとりで総合医療センター(2床) 第二種感染症指定医療機関 ・水戸赤十字病院(10床) ・茨城県立中央病院(25床) ・株式会社日立製作所 日立総合病院(4床) ・株式会社日立製作所 ひたちなか総合病院(2床) ・独立行政法人国立病院機構 茨城東病院(20床) ・社会福祉法人恩賜財団済生会支部茨城県済生会 常陸大宮済生会病院(4床) ・公益財団法人 鹿島病院(4床) ・総合病院土浦協同病院(6床) ・公益財団法人筑波メディカルセンター 筑波メディカルセンター病院(3床) ・一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院(3床) ・茨城県厚生農業協同組合連合会 JAとりで総合医療センター(6床) ・古河赤十字病院(2床) ・茨城西南医療センター病院(2床) 茨城県では、 12人目の新型コロナウイルス感染患者 ということもあり、 現時点では、 茨城県内の入院先の病院について 公表されておらず、 感染した50代女性の症状が軽症 だということから、 入院しているかどうかは不明ですが、 70代男性は 酸素吸入が必要な状態ということで 入院しているかと思われます。 入院している病院は、 『筑波学園病院』 『JAとりで総合医療センター』 上記いずれかの病院の可能性 はあるのではないかと推測します。 (症状の目安) ・風邪の症状や37. (解熱剤を飲み続けなければいけない時を含みます。 ) ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 茨城県庁内:24時間対応 土日・祝祭日を含む 専用電話 直通番号 029-301-3200 / FAX番号 029-301-6341 県内保健所: 受付時間 平日 9時00分~17時00分 保健所名 連絡先 管内市町村 水戸保健所 029-241-0100 水戸市,笠間市,小美玉市,茨城町,大洗町,城里町 ひたちなか保健所 029-265-5515 常陸太田市,ひたちなか市,常陸大宮市,那珂市,東海村,大子町 日立保健所 0294-22-4188 日立市,高萩市,北茨城市 潮来保健所 0299-66-2114 鹿嶋市,潮来市,神栖市,行方市,鉾田市 竜ケ崎保健所 0297-62-2161 龍ケ崎市,取手市,牛久市,守谷市,稲敷市,美浦村,阿見町, 河内町,利根町 土浦保健所 029-821-5342 土浦市,石岡市,かすみがうら市 つくば保健所 029-851-9287 常総市,つくば市,つくばみらい市 筑西保健所 0296-24-3911 結城市,下妻市,筑西市,桜川市,八千代町 古河保健所 0280-32-3021 古河市,坂東市,五霞町,境町 スポンサードリンク.

次の

筑波大学|大学案内|新型コロナウイルス感染症への対応(まとめ)

筑波学園病院 コロナ

大学の取り組み 新型コロナウイルス感染症への対応(まとめ) 新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大及び日本国内での状況等をふまえ、本学では、以下のとおり対応しています。 本ページは随時更新しますので、最新の情報を確認してください。 本学のガイドライン及び活動状況• (2020年6月10日掲載)• (2020年5月11日更新) 重要なお知らせ• (2020年6月3日掲載)• (2020年5月29日掲載)• (2020年5月27日掲載)• (2020年5月22日掲載)• (2020年5月20日掲載)• (2020年5月18日掲載)• (2020年5月15日掲載)• (2020年5月12日更新)• (2020年4月20日更新)• (2020年4月17日掲載)• (2020年4月17日掲載)• (2020年4月10日掲載)• (2020年4月3日掲載) 学生の皆さまへ• (2020年7月13日更新) NEW• (2020年7月7日掲載)• (2020年7月3日掲載)• (2020年6月29日更新)• (2020年6月19日掲載)• (2020年6月19日更新)• (2020年6月11日掲載)• (2020年6月4日更新)• (2020年6月3日掲載)• 授業料の納付時期の延期について /(2020年6月1日更新)• (2020年5月28日掲載)• (2020年5月28日掲載)• (授業開始までの過ごし方、学生証等の配布、オリエンテーション等について)(2020年5月12日更新)• (2020年5月12日掲載)• (2020年5月1日更新)• (2020年5月1日掲載)• (2020年4月24日掲載)• (2020年4月24日掲載)• (2020年4月21日掲載)• (2020年4月9日掲載)• (2020年4月7日掲載)• (2020年4月7日掲載)• (2020年4月6日掲載)• (2020年4月6日更新)• (2020年4月3日掲載)• (2020年4月1日掲載)• (2020年4月1日更新)• (2020年3月30日掲載)• (2020年3月27日掲載)• (2020年3月19日掲載)• (2020年3月12日掲載)• 施設等の開放状況• (2020年6月19日掲載) WEB掲示板(TWINS)に、6月19日以降に開放する学生控室等の情報を掲載しておりますので、ご確認ください。 (TWINSへのログインが必要です)• (2020年6月16日更新) 教職員の皆さまへ• (2020年5月20日更新)• (学内専用:教職員向け)• (学内専用:教職員向け)• (学内専用:教職員向け) 本学で学びたい皆さまへ• (2020年5月21日掲載)• (2020年5月21日掲載)• (2020年5月7日掲載)• (2020年5月1日掲載)• (2020年4月21日掲載) その他関連情報• (2020年6月30日更新)• (生涯発達専攻カウンセリングコース)• (2020年4月9日掲載)• (2020年4月8日掲載)• (筑波大学附属病院)• 関連リンク• (外国人の在留諸申請における取扱い等はこちらをご覧ください)•

次の

筑波大学|大学案内|新型コロナウイルス感染症への対応(まとめ)

筑波学園病院 コロナ

大学の取り組み 新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた活動形態の変更について 令和2年6月10日 学生・教職員各位 新型コロナウイルス感染症リスク対応チーム 総務担当副学長 稲垣 敏之 筑波大学では、政府の緊急事態宣言の全面解除を受け、活動形態の変更について検討を行い、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた活動形態を、6月19日(金)から以下のとおりとします。 学生・教職員にあっては、引き続き感染拡大の防止を徹底していただき、一人ひとりの基本的感染対策として、にある感染防止の3つの基本「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」を実践するなど適切な行動をお願いします。 本通知により、令和2年4月17日付「緊急事態宣言対象地域の全国拡大に伴う本学の対応について(要請)」及び令和2年5月15日付「緊急事態宣言対象地域の対象解除に伴う本学の対応について(通知)」は廃止します。 なお、今後、国及び茨城県等の動向によって変更がある場合には、改めてお知らせします。 授業 オンライン授業のみとする• 春学期の授業(8月7日まで)はオンラインのみで行ないます。 実験・実習、実技等については、8月下旬から9月に行う可能性があります。 開講時期・開講方法などについては、教育組織や授業担当教員からの連絡や指示に従ってください。 研究 感染拡大防止に留意して研究活動を行う。 セミナー・ゼミ等はオンラインでの実施を推奨し、構内の滞在時間をできるだけ減らす。 実験・実習を伴う研究指導及びゼミ活動については、大学院生及び学群4年生で少人数(20名未満を目安とする)にて指導教員が許可し実施できることとします。 学生の入構 感染拡大防止に留意して、通常通り入構できる。 ただし、不必要な入構は控える。 学生の皆さんは、各自がキャンパスに入構する日の直近14日間の健康観察記録を付け、その記録表は担当教員(授業担当教員、指導教員等)に提示できるよう携帯してください。 図書館の利用など、各施設に関する情報については、ホームページ等に掲載される情報により確認してください。 (EXCEL) 課外活動 団体での課外活動(小規模な活動を含む)を自粛する。 ただし、感染拡大防止を図りながら行う個人活動のみ可能とする。 「小規模な活動」とは、3密(密閉空間、密集場所、密接場面)を回避した5~6人での活動とします。 学内会議 可能な限りオンラインで行う。 ただし、緊急性を有するもの又は対面で行う必要性が高いものについては、感染拡大防止策を講じ、対面会議を可能とする。 出席者の規模の目安は、会議室の環境(良好な換気、空間の確保状況等)により、変更することは可能とします。 事務体制 在宅勤務及び時差出勤を活用する。 各組織単位で柔軟に対応することを可とします。

次の