いとこの子供関係。 「いとこ違い」は親族?別の呼び方、続柄について詳しく解説

いとことは

いとこの子供関係

定義 [ ]• 方か方の祖父か祖母の両親、つまりののなかで、自分と兄弟姉妹、いとこを除いた者。 同士が、祖父母同士が、曽祖父母が同じという関係の相手。 親と・の・。 はとこの曽祖父母は、1組が自分自身のの曽祖父母である。 1組は大おじか大おばの舅・姑、残り2組はいとこおじ・いとこおばの配偶者の祖父母(大舅・大姑)となり、これらは自分とは遠縁となるため、親族関係は発生しない。 ただし、両親が2組の従兄弟姉妹同士(父親同士が従兄弟で母親同士も従姉妹、または互いの父親と母親がそれぞれいとこ同士)の場合と、祖父母が2組の兄弟姉妹同士(祖父同士が兄弟で祖母同士も姉妹、または互いの祖父と祖母がそれぞれきょうだい同士)の場合は祖父方・祖母方ともに同じ曽祖父母となる。 はとこの祖父母4人のうち1人は、自分の祖父母4人のうち1人の兄弟姉妹である。 はとこの父か母は、自分の父か母の父方か母方のいとこである。 相互が「兄弟姉妹の孫同士」に当たる関係を「はとこ同士」という。 義理 [ ] 自身の血縁関係にあっても6の関係であるほか、自身ないし近親者のやにともなって義理のはとこが生じる。 自身ないし近親者の婚姻や養子縁組にともなって生じる「義理のはとこ」の例は、以下の通りである。 のはとこ(いとこおじ・いとこおばの配偶者の従甥・従姪と結婚した場合は実のはとこ)• はとこの配偶者• いとこおじ・いとこおばの養子・養女、または再婚相手の子供• 大おじ・大おばの養子・養女の子供、又は再婚相手の孫• 曽祖父母の養子の孫、又は再婚相手の曽孫• 祖父母の養親の曽孫、又は再婚相手の大甥・大姪• 養父母又は親の再婚相手の従甥・従姪• 親の養父母の大甥・大姪 呼称 [ ] 漢字表記 [ ] 「」も参照 では年長の男性を 二( 再) 従兄、年長のを 二( 再) 従姉、年少の男性を 二( 再) 従弟、年少の女性を 二( 再) 従妹と書く。 また、これらを組み合わせて男同士を 二( 再) 従兄弟、女同士を 二( 再) 従姉妹、男女同士を 二( 再) 従姉弟、 二( 再) 従兄妹とも書く。 ひっくるめると 二( 再) 従兄弟姉妹と書く。 又、父方のはとこは 従堂兄弟や 従堂姉妹、母方のはとこは 従表兄弟や 従表姉妹とも書く。 兄弟姉妹の場合と同様に、親のはとこ(曽祖父母の兄弟姉妹の孫)については、兄弟姉妹を伯叔父母に置き換えて 二( 再) 従伯父、 二( 再) 従叔父、 二( 再) 従伯母、 二( 再) 従叔母と書く。 はとこの子供(祖父母の兄弟姉妹の曽孫)については、兄弟姉妹を甥姪などと置き換えて 二( 再) 従甥や 二( 再) 従姪などと書く。 当事者間 [ ] 一般的な当事者間の呼称は、日常の当事者間の親密性が高い場合には、親しみを込めて3親等間における慣例にならい、年長のはとこに対して お兄さん、 兄さん、 お姉さん、 姉さん(親と年齢が近い場合は おじさん、 おばさん)など、年少者のはとこに対してはの呼び捨てないし「ちゃん」「君」付けで呼ぶことが多い。 当事者間の親密性が低い場合には、年齢の長短にかかわらず一般敬称の「さん」を付けて呼称するのがほとんどである。 他言語での表現 [ ] この節のが望まれています。 はとこをで厳密に指す場合には「second cousin」を用いる。 単に「cousin」と呼ばれる場合もあるが、これはいとこを含めた同世代の傍系親族一般を意味する。 はとこ同士の結婚 [ ] の法律()は、やはとこの関係にある者同士の結婚を妨げていない(を参照)。 日本社会においては、心情や感覚、慣習の面での対象となりうる場合もあるが、これは当事者と関わる親族や地域社会によって大きく異なる。 やにおいては、はとこ同士の結婚は不可である。 一方、は、はとこ同士の結婚は可能としている。 では、は特に問題視していないが、現実には家族からを理由に反対される場合もある。 人物 [ ] はとこ同士の著名人 [ ] 多数の事例が存在するため、本項ではあくまで存命人物の一部の例示にとどめる。 王侯貴族の事例は枚挙にいとまがないため、本項では扱わない。 - - ・・(姉兄妹)• - ・(従姉妹)• - ・(姉弟)• - ・(姉弟)• - 脚注 [ ] [].

次の

「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?

いとこの子供関係

いとこ同士の結婚は法律上問題ない? いとこ同士の結婚は法律上、問題ありません。 民法の第734条に「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻することができない。 」という表記があります。 直系血族というのは、自分の直系関係にあたる人のことで、父母、祖父母、子、孫などです。 傍系血族は、同じ先祖から分かれた血族のことで、同じ父母から生まれた兄姉弟妹、同じ祖父母の血族である叔父、叔母、甥、姪、従兄弟姉妹などです。 従兄弟は傍系血族に入りますが、四親等以降であれば結婚することができます。 兄姉弟妹は二親等、叔父叔母、甥と姪は三親等で結婚することはできません。 問題の従兄弟姉妹は四親等なので普通に結婚できます。 いとこ同士の結婚に賛成派の意見 では、いとこ同士の結婚に賛成派の意見をみていきましょう。 幼馴染と一緒• 漫画のようで素敵• いとこ婚の人が周囲に居るから気にしない 続いて、いとこ同士の結婚に賛成派の意見を、それぞれ詳しくみていきます。 血のつながりがあるからこそいとこという関係ですが、血のつながりが無ければ幼馴染のような関係だと言えます。 そのため、血のつながりはありますがいとこ同士であっても幼馴染の様な関係だと捉える人も居て、幼馴染同士の結婚と同じように考えるようです。 実際、小さい頃から一緒に過ごしている異性は大きくなるにつれて異性ではなく家族という認識になり、幼馴染同士でも恋愛関係になるのは難しいもの。 さらに血のつながりがあるいとこ同士だとなおさら家族の様な関係になりがちですが、そんな中で大切に恋心を育んできたいとこ同士の2人はとてもピュアな恋をしているのかもしれません。 実際、義理の兄が義理の妹に恋をする漫画などがありますし、そのように捉えることはおかしいことではありません。 自分の身近にない珍しいことなので、いとこ同士の結婚に関してドラマティックで素敵なものだと感じる人も居ます。 実は、祖父母の時代までは結構メジャーなことでした。 そのため、祖父母がいとこ同士での結婚だったりすることも。 そのような人が周囲に居るといとこ同士の結婚であっても、普通に祝福してくれるでしょう。 また、実際にいとこ同士で幸せそうな夫婦生活を送っている夫婦を実際に見ているのでいとこ同士の結婚を否定することはなく、普通の血縁同士の無い人同士の結婚のように受け入れてくれます。 いとこ同士の結婚に反対派の意見 では、いとこ同士の結婚に反対派の意見をみていきましょう。 血縁関係に抵抗がある• 子供への影響を考える• 親の兄弟仲に影響する可能性もある 続いて、いとこ同士の結婚に反対派の意見を、それぞれ詳しくみていきます。 そのため、いとこ同士の結婚が法律で認められているとはいえ、近親相姦に思えて受け入れられないという人も居ます。 実際、幼い頃から親戚付き合いをしていたいとこを恋愛対象に見ることができないという人は多いです。 そのため、いとこ同士の結婚を受け入れられないのは、その人の価値観なのでしょうがないことなのかもしれません。 いとこ同士の結婚は近親婚であり、子供が重篤な病気を持って産まれてくる確率が高いと言われているからです。 また、実際にいとこ同士で結婚している人が身近におり、その夫婦の子供の間に遺伝病を心配する人が多いのも事実。 産まれてくる子供のことを考えて冷静になるべきだという観点から反対する人も居るでしょう。 そのため、血縁関係の全くの無い夫婦での普通の夫婦喧嘩がいとこ同士の夫婦喧嘩の場合、すぐ親に伝わってしまいます。 親が喧嘩に入ってきて仲裁されてしまうと、夫婦同士で本音をぶつけることができずに不完全燃焼で終わってしまい、結果的に不完全燃焼で終わってしまうことも。 二人できちんと話ができず、結果的にそこから溝ができてしまう可能性もあるので注意が必要です。 いとこ同士が結婚するメリット では、いとこ同士が結婚するメリットをみていきましょう。 小さいころから知っているからギャップが無い• 嫁姑関係が上手くいく• 実家に帰りやすい 続いて、いとこ同士が結婚するメリットを、それぞれ詳しくみていきます。 また、幼い頃から家同士で行き来があるため、 お互いの性格を熟知しているために結婚後、お互いにギャップを感じて喧嘩をするということがありません。 例えば、よく話に聞く味噌汁の味付けや卵焼きの味付けなどがお互いの家の味が異なっていたために、結婚後初めての喧嘩になったという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。 しかし、いとこ同士であれば幼い頃からその家の行き来があるので味なども理解できるので、そのような細かいところのギャップで喧嘩することがありません。 他にも、小さいころから共有してきた思い出話に花を咲かせたりすることもできます。 しかし、いとこ同士で結婚すれば姑は叔母もしくは伯母であり、小さい頃から付き合いがあるので 嫁姑関係で揉めるということはありません。 むしろ、いとこ同士の行き来が多かった場合は、姑である叔母もしくは伯母も自分の子供の様に姪っ子を可愛がっていれば嫁姑関係は円満に進むでしょう。 ただ、あまりに距離が近すぎると姑や舅に言いたいことを言えなかったり、親同士が兄弟なので本人に注意をせずに直接、親に注意が行く場合があるので注意しましょう。 しかし、いとこ同士であればお互いの家を知っているどころから、幼い頃から親戚として可愛がられて来たので妻が実家に帰ると言っても夫は素直に受け入れてくれるでしょう。 また、お互い義実家に行くということは普通の夫婦であれば少し気まずいですが、いとこ同士であればお互いホームに帰れるような安心感があるので、 実家訪問もお互いに苦痛に感じることがないのもいとこ同士の結婚の良いポイントです。 いとこ同士が結婚するデメリット では、いとこ同士が結婚するデメリットをみていきましょう。 周囲の目が気になる• 離婚しづらい• 成人後の精神障害の心配 続いて、いとこ同士が結婚するデメリットを、それぞれ詳しくみていきます。 また、そのことから両親からの反対を受ける可能性もあり、二人の結婚まで茨の道を歩く可能性も。 また、 世間的に近親婚はタブー視されているので、いとこ同士で結婚していることが分かると急に距離を置かれてしまったり、奇異の目で見られたりと、思わぬ差別に心が傷ついてしまうことも。 しかし、二人が理解してもらう為に動けばきっと周囲は分かってくれます。 直ぐに理解してもらうのは難しいので、長い目で見て周囲との理解を深めていきましょう。 通常であれば、双方の話し合いなどで別れることができますが、いとこ同士となると親族間のトラブルとなるので親戚を巻き込んで泥沼化することも。 また、普通の夫婦の場合であれば離婚した後はお互いが会う機会を作らなければ会うことはありません。 しかし、いとこ同士となると結婚式や葬式、法事など親族が呼ばれるイベントの度に顔を合わせることになり、お互い気まずい気分を味わうこととなります。 イギリスのクイーンズ大学のベルファスト公衆衛生センターの研究によると、いとこ同士で結婚したカップルから生まれた子供は成人後、血縁関係のないカップルの子供に比べて、抗不安薬や抗うつ病の薬を処方される確率が3倍以上あるという結果が出ています。 必ずしも、成人後に精神障害になるということはありませんが、その確率は通常の 血縁の無い夫婦の子供よりも高くなるということも頭にいれておきましょう。 いとこ同士で結婚すると子供はどうなる? では、いとこ同士で結婚したときの生まれてくる子供についてみていきましょう。 子供を産めないわけではない いとこ同士で子供は産めますが、 いとこ同士で生まれた子供はいわゆる「血が濃い」と言われています。 いとこ同士の子供は、タブー視されがちですがその原因はこの「血が濃い」ことが原因です。 何故なら、血縁関係のない夫婦の間に産まれた子供に比べていとこ同士の夫婦の間に産まれた子供は、遺伝病などなんらかの障害を持って産まれてくる確率が高いという研究結果があるからです。 しかし、子供が産めないというわけではありません。 遺伝病に注意 そもそも遺伝病とは、 染色体や遺伝子に異変が起こって起きる病気のことを言います。 両親から病気になる遺伝子を子供が受け継ぐことによって発症する病気です。 両親は変異が全くないにも関わらず、突然変異などによって生じるので、両親に全く異常が無くても子供にでてしまう可能性もあります。 遺伝病の割合 いとこ同士の夫婦の子供は遺伝病と呼ばれる障害を抱えて産まれてくる確率が約10%と言われています。 全く血縁関係のない夫婦の子供でも世界的に見て1%の割合で何らかの障害を持って産まれてくると言われますが、それと比べると約10倍も高くなるのです。 例えば、1万人に1人発症する遺伝病がいとこ同士の結婚の場合だと1500人に1人の割合で発症します。 いとこ同士の結婚だと、両親の両方に遺伝子病となる原因を保有する遺伝子を持っているので、遺伝子病の発症割合が高くなるのです。 孫世代以降に影響が出る場合も いとこ同士の結婚でよく子供の遺伝病に目が行きがちになりますが、実は孫世代以降に影響が出る場合も。 遺伝病には、血友病や赤緑色覚異常など、X染色体に異常のある遺伝子がある場合に発症する遺伝病があります。 女性の場合、染色体はXXの組み合わせですが、男性はXYの組み合わせなので 男性側の方が遺伝病の発症率が高いです。 いとこ同士の結婚で生まれた子供が女の子の場合、遺伝病が発症しなかったとしても、遺伝病が組み込まれたX染色体が孫の世代に遺伝した場合、その男の子に発病する可能性があります。 発病しなくてもしっかりと遺伝病の遺伝子が次世代へと遺伝していき、孫世代以降に影響がでてくることもあるので、覚えておきましょう。

次の

いとこ

いとこの子供関係

「いとこ」とは何? 「いとこの子供」の名前に触れる前に、まずは「いとこ」の定義についてご紹介します。 一言に「いとこ」と言っても、様々な定義があるからです。 最も簡潔に説明すると、いとことは父母の兄弟である伯父(叔父)や伯母(叔母)の子供です。 さらに詳しく言うと、次のような説明ができます。 いとこの定義 いとことは何か、それを詳しく説明していくと下記の通りです。 父親と母親の祖父母から見て「孫」に当たる者から、自分と自分の兄弟姉妹を除いた者同士の関係。 同じ祖父母を持つ者同士の関係。 父母がそれぞれに兄弟や姉妹の関係にある時の子供同士の関係。 いとこの父親か母親のいずれかが、自分の父親か母親と兄弟姉妹の関係がある。 自分の子供との続柄が「甥」や「姪」である場合の関係。 自分の親にとっての「甥」と「姪」は自分のいとこ。 伯父(叔父)や伯母(叔母)の子供。 ただ注意したいのは、伯父(叔父)や伯母(叔母)の子供でも、母親と父方の伯父(叔父)との間に生まれた子供、そして父親と伯母(叔母)の間に生まれた子供は「異父母兄弟姉妹(いふぼけいていしまい)」と呼びます。 いとこにとって、2組いる祖父母の内、いずれか1組が自分にとっても「血縁関係」のある祖父母であること。 「いとこ同士」と呼べるのは、それぞれが「兄弟姉妹の子供同士」に当たる関係の場合。 ひと組の夫婦にとって「外孫(そとまご)」と「内孫(うちまご)」との関係を「いとこ」と呼ぶ。 自分と「4親等」の血縁関係である血族。 いとこの定義は、ほぼ以上です。 これ以外に、いとこを「父方いとこ」と「母方いとこ」の二つに分けていう言い方もあるので覚えておくと良いでしょう。 「父方いとこ」とは、父親の甥と姪• 「母方いとこ」とは、母親の甥と姪 いとこについては、これ以外にも 「義理のいとこ」と呼ぶ関係が発生します。 どんな場合かというと、自分や自分の近親者の結婚や「養子縁組」に伴って発生する関係です。 義理のいとこは、家系図上は自分と同じ世代に位置付けられますが、親子ほどの年齢差が見られる場合もあるようです。 いとこの表記 次にいとこの漢字表記についてご説明します。 いとこは性別や年齢の違いによって「従兄」「従弟」・「従姉」「従妹」と表記上の区別が付いています。 親族上の区分 表記 読み方 詳しい関係 いとこ 従兄 じゅうけい 年上の、男のいとこ 従弟 じゅうてい 年下の、男のいとこ 従姉 じゅうし 年上の、女のいとこ 従妹 じゅうまい 年下の、女のいとこ このように、同じ「いとこ」を意味する言葉でありながら、厳密な言い分け方や表記上の区分もあるので注意が必要です。 いとこの子供とは 「いとこの子供の呼び方」とは いとことは何かについて詳しくご説明してきました。 さて、このいとこの子供が、一般的には「従甥(じゅうせい)」或いは「従姪(じゅうてつ)」と呼ばれています。 さらに詳しく説明すると下記の通りです。 いとこの子供の呼び方「男の子の場合」 男の子、すなわち いとこの息子の場合は「従甥」と表記して「じゅうせい」若しくは「いとこおい」と呼んでいます。 或いは「従兄弟違」と表記し、「いとこちがい」と呼ぶことも可能です。 いとこの子供の呼び方「女の子の場合」 いとこの子供の内で女の子、すなわち「娘」の事を 「従姪」と表記して「じゅうてつ」或いは「いとこめい」と呼んでいます。 または「従姉妹違」と漢字で書いて「いとこちがい」と読む場合もあります。 いとこの子供をまとめて呼ぶと いとこの子供は男女によって呼び方が違うことをご説明しました。 しかし、まとめて呼ぶ場合も見られます。 息子、娘関係なく(男女の区別を付けずに)呼ぶ場合は「従甥姪」と表記します。 呼び方は「じゅうせいてつ」若しくは「いとこおいめい」です。 いとこの子供から見た自分の呼び方 さて、いとこの子供の呼び方が「従甥(じゅうせい・いとこおい)」、「従姪(じゅうてつ・いとこめい)」であることは、前章でご説明した通りです。 それではいとこの子供からみた自分の呼び方は、一体どう表記し、何と呼んでもらえば良いのでしょう? その答えは、 「従兄弟違」若しくは「従姉妹違」と表記され、「いとこちがい」と呼んでいます。 さらに厳密に言うと、男性であれば 「従兄弟伯父(いとこおじ)」、女性であれば「従姉妹伯母(いとこおば)」とそれぞれ別々に呼ぶことも可能です。 いとこの子供にとって「自分」とは、父や母のいとこです。 系図で見ると遠い存在のようにも感じますが、いとこの子供は自分から見れば5親等の血族。 言い換えると、いとこの子供は、民法上に定義されている「6親等内の親族」です。 まとめ 「いとこの子供の名前」をご説明するために、「いとことは何か」、「いとこ同士の様々な関係とは」等についてご紹介してきました。 ご理解頂けましたでしょうか? 因みに余談ですが、いとこの子供と自分とは結婚できます。 民法第734条の条文には、近親婚の「禁止事項」が次の通り記載されています。 「民法第734条」 直系血族又は三親等内の傍系血族間では、婚姻することができない。 いとこの子供が5親等であることはご説明した通りです。 従って、自分といとこの子供とは結婚することができます。 親族でありながらも、法律上は婚姻が許可されている、「近くて遠い親族」がいとこの子供というわけです。

次の