千葉 ロッテ マリーンズ 背 番号。 千葉ロッテの背番号1番!歴代の1番の選手とその傾向をご紹介!

千葉ロッテマリーンズ|2019年背番号変更&空き番号

千葉 ロッテ マリーンズ 背 番号

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児の みっつです! 『ボクはね・・・』 高校野球の選手がインタビューの受け答えで、このようにふてぶてしく語り始める選手がいて、高校1年生の高校球児だった私は、カルチャーショックを覚えました。 当時 1980年 はやはり謙虚に?『自分は・・・』というのが普通でしたから。 準優勝した早稲田実業の荒木選手と共に、アイドルのような人気ぶりでした。 今回は、愛甲選手もつけて活躍した、千葉ロッテマリーンズの背番号1番の特集です。 歴代の背番号1番の全選手と、特に活躍した3選手の経歴をご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね。 歴代の背番号1番を背負った選手をご紹介 2019年のシーズン開幕時点で、これまでに千葉ロッテマリーンズの背番号1番を背負った選手は、合計13名です。 まずは、背番号1番を背負った歴代の選手を、古い順から一挙ご紹介します。 年 度 年 数 球 団 名 選 手 名 1950年~1953年 4年 毎日オリオンズ 伊藤庄七選手 1954年~1956年 3年 毎日オリオンズ 橋本力選手 1957年~1959年 3年 毎日オリオンズ~大毎オリオンズ 平井嘉明選手 1960年~1962年 2・5年 大毎オリオンズ 空白 1962年~1968年 6・5年 大毎オリオンズ~東京オリオンズ 八田正選手 1969年~1972年 4年 ロッテオリオンズ 広瀬宰選手 1973年~1976年 4年 ロッテオリオンズ ラフィーバー選手 1977年 1年 ロッテオリオンズ 空白 1977年~1980年 4年 ロッテオリオンズ 高橋博士選手 1981年~1995年 15年 ロッテオリオンズ~千葉ロッテマリーンズ 愛甲猛選手 1996年 1年 千葉ロッテマリーンズ 仁村徹選手 1997年 1年 千葉ロッテマリーンズ 南渕時高選手 1998年~2005年 8年 千葉ロッテマリーンズ 小坂誠選手 2006年 1年 千葉ロッテマリーンズ 空白 2007年~2009年 3年 千葉ロッテマリーンズ 大嶺祐太選手 2010~ 千葉ロッテマリーンズ 清田育宏選手 15年もの間、ロッテの1番をつけてきた愛甲選手が際立っていますね。 清田選手や小坂選手も長くつけていて、千葉ロッテマリーンズの1番を背負った代表的な選手と言えるでしょう。 背番号1番を背負って活躍した3選手のご紹介 次に、これぞ千葉ロッテの背番号1番と呼べる3名をピックアップし、経歴をご紹介しますので、是非参考にしてください。 生年月日 1962年8月15日 出身地 神奈川県逗子市 投/打 左/左 プロ野球歴 千葉ロッテマリーンズ 1981年~1995年 中日ドラゴンズ 1996年~2000年 表彰 ゴールデングラブ賞:1回 まずは最初にもご紹介しました、愛甲選手からです。 愛甲選手は、横浜高校時代に全国制覇を成し遂げたエース左腕です。 当時、端正な顔立ちの愛甲選手は、「甲子園のアイドル」として人気を博しました。 1981年、愛甲選手は高校生ながらも、ドラフト1位で千葉ロッテに入団をします。 しかし、入団から3年間で1度も勝ち星を得られなかった愛甲選手は、結局、投手としては芽が出ることがありませんでした。 その時、チームメイトの落合選手からの助言を受けて、打者への転向を決意いたします。 落合選手を師と仰いで打撃練習に没頭した愛甲選手は、打者としての才能が開花します。 入団から5年目にやっと野手としてレギュラーの座を掴むと、1989年には一塁手としてゴールデングラブ賞にも輝きました。 また、愛甲選手は1988年6月25日から1992年7月11日の5年間にかけて、535試合フルイニング出場のパ・リーグ新記録を樹立しました。 高校時代からむこっきが強い愛甲選手は、武勇伝の多い選手としても有名です。 悪童と呼ばれる一方では、お酒を一滴も飲めないなど、ユニークな一面も持ち合わせています。 その愛甲選手は、現役引退後に解説者を努めましたが、ぶっちゃけ話で人気を集めました。 私は『愛甲はプロで通用しないだろうな』などと思っていましたが、見事にバッターとして活躍しました。 それには、当時のチームメイトだった落合博満選手の存在がありました。 甲子園の優勝ピッチャーというプライドを捨てきれなかった愛甲選手の、テングの鼻を折ったのが落合選手、プライドを捨てられてバッターとして成長できたといいます。 落合選手との出会いが、愛甲選手のターニングポイントになったのでしょうね! 小坂誠選手 生年月日 1973年7月2日 出身地 宮城県亘理郡 投/打 右/左 プロ野球歴 千葉ロッテマリーンズ 1997年~2005年 読売ジャイアンツ 2006年~2008年 東北楽天ゴールデンイーグルス 2009年~2010年 タイトル 盗塁王:2回 表彰 新人王、ゴールデングラブ賞:4回 小坂選手は、高校時代こそ全く無名の選手でしたが、社会人野球でヤクルトスワローズのスカウトの目に止まり、プロ野球選手への道が開けました。 ただし、 ヤクルトスワローズはスカウト陣が小坂選手の獲得を希望したが、フロントからOKが出ずに、結局、当時千葉ロッテでジェネラル・マネージャーを努めていた広岡達郎氏が獲得をしました。 ヤクルトスワローズからは落印を押された小坂選手でしたが、千葉ロッテに入団をすると、1年目から輝かしい活躍を見せます。 遊撃手としてレギュラーの座を掴むと、自慢の俊足を生かして躍動します。 そして、ルーキー1年目から56盗塁を記録しましたが、この数字は新人選手の盗塁記録として現在も破られていません。 さらに、小坂選手は入団2年目に背番号を1番に変更をすると、見事に盗塁王の初タイトルに輝きました。 また、社会人野球から定評のあった守備力は、千葉ロッテのショートのポジションを、9年間も守り続けました。 昭和の時代、ショートの名手として名高い、阪神タイガースの吉田義男選手が「牛若丸」と呼ばれたのに対抗して、小坂選手は「平成の牛若丸」と称されました。 辛口で知られる野村克也さんからも、『まるで忍者のよう』と小坂選手の守備を絶賛した事からも、守備力はずば抜けていたのでしょうね。 抜群の守備力に対して、巨人に移籍した2006年以降は、バッティングが足を引っ張り出場機会を減らしてしまいました。 もっと活躍する小坂選手を観たかったのですが、少し残念でした。 でも選手生活を、地元である東北楽天ゴールデンイーグルスで終える事が出来て、小坂選手としては幸せだったのかもしれませんね。 清田育宏選手 生年月日 1986年2月11日 出身地 千葉県鎌ヶ谷市 投/打 右/右 プロ野球歴 千葉ロッテマリーンズ 2010年~ 表彰 ベストナイン:1回、ゴールデングラブ賞:1回 清田選手は高校時代に速球投手として注目を浴びましたが、東洋大学に進学をすると野手に転向した経歴の持ち主です。 その後、天性のスラッガーとしてのセンスを持つ清田選手は、大学4年生の時には4番打者として活躍しました。 こうして、社会人野球を経て、地元の千葉ロッテに入団を果たした清田選手は、1年目から1軍に定着をすると、その年の日本シリーズで一気にブレイクをいたします。 レギュラーシーズンを3位で終えたチームは、クライマックス・シリーズを制し、日本シリーズに進出したことから、「下克上」と騒がれました。 清田選手はその第1戦で、ミスタープロ野球こと長嶋選手以来となる新人選手の初戦本塁打を記録しました。 さらに、日本シリーズの全試合にフル出場した清田選手は、日本シリーズ新人選手通算最多打点となる通算6打点を記録しました。 2019年、スーパー・ルーキーの藤原恭大選手が入団し、ますます外野の選手層が厚くなりましたが、勝負強い清田選手のバッティングに益々期待が持たれています。 清田選手のグッズは、楽天市場ででも多くの取り扱いがありました。 私は年に数回、千葉ロッテマリーンズの本拠地であるZOZOマリンスタジアムで、千葉ロッテ戦を観戦しています。 お目当てはロッテではなく、対戦相手の東北のチームですが 笑 清田選手は先発出場する時もあれば、代打の切り札として登場する事もあります。 日本プロ野球においても、投手・野手に関係なく、チームの顔と呼べる選手が背番号1番を付ける傾向があります。 千葉ロッテマリーンズにおける背番号1番の傾向は、圧倒的に内野手の番号の傾向です。 1981年に投手として愛甲選手が入団をしましたが、結果的には内野手として活躍しました。 また、2010年からは外野手の清田選手が背番号1番を付けていますが、彼もアマチュア時代は投手として活躍をし、野手に転向をしています。 このことから、千葉ロッテの背番号1番には、投手から野手に転向をした選手が付ける傾向もあるといえます。 当ブログでは、他にも千葉ロッテマリーンズに関しての話題を提供しています。 よろしければご覧になってみてくださいね。 2010年からは清田選手が背番号1番をつけています。 若い選手が台頭してきているとは言っても、まだまだ勝負強いバッティングは健在です。 打率3割をマークした2015年のようなバッティングが甦れば、クリーンアップの一角を担える可能性が高いので、今後の活躍に期待したいと思います。 最後までお読みいただき大感謝! みっつでした。

次の

千葉ロッテの背番号1番!歴代の1番の選手とその傾向をご紹介!

千葉 ロッテ マリーンズ 背 番号

二木は「64」からの変更、今季は7勝をマークした ロッテは24日、二木康太投手の背番号が「64」から「18」に変更することになったと発表した。 今季は、金銭トレードで楽天に移籍した涌井秀章投手がつけていた。 二木は鹿児島情報高から2013年ドラフト6位でロッテに入団。 入団3年目の16年に7勝をマークするなど通算84試合に登板して25勝35敗、防御率4. 今季は22試合登板で7勝10敗、防御率4. 41だった。 これで「将来の先発三本柱? 」で、 残るは背番号46の岩下大輝は…と言うとこなんでしょうが、現状ではほぼほぼ背番号10番台は埋まってしまい 強いて言えば来季以降、13番の平沢大河が一桁の背番号に変更するか、14番の大谷智久がこれから別の番号になるか、移籍か引退すれば…なんでしょうね、これ。 たぶん今季の若い数字の背番号への変更はないと思うんですけども、 よくよく調べてみたら背番号46も結構な選手がつけてたもので、例えば先程名前が出た成田文男投手がデビューから数年間、18番に代わる前が「46」でしたし、27番に代わる前の河本育之氏とか、グライシンガーとか、あとはマリーンズナイターでおなじみの? 倉持明氏もデビューから数年、ロッテから他球団に移籍するまでつけてた背番号だったそうで。 そういう意味では岩下投手はむしろ「46」番と言えば自分みたいなすごい投手を目指すのもアリかもしれないですね。 かつてのイチロー氏といえば51番、ゴジラ松井氏といえば55番みたいなのを目指して、と 笑 スポンサーリンク ミルクボーイさん、ロッテ戦の始球式においでよ 笑 ・ デイリー 日曜日のM-1グランプリは一応、フィギュアスケートとザッピングしながら見てたんですけど…とにかく出る芸人さんたちがどれもおもしろすぎてハイレベル。 でも一番爆笑したのはミルクボーイでしたなー。 番組ではコーンフレークや最中ネタで爆笑漫才を繰り広げ、圧勝でM-1王者に輝いたミルクボーイについて、ツッコミの内海が以前から、顔が似ていると里崎氏のモノマネをしていることを取り上げた。 番組コメンテーターの里崎氏はこのモノマネに「知ってました」と言い「6年ぐらい前からモノマネしてくれてたみたいで、知ってはいたんですけど、まあまあよく似てますよね」と苦笑い。 更に現役時代の里崎氏のユニホーム姿の写真と内海のモノマネ写真を並べるとスタジオも爆笑。 里崎氏も「昔は内海さんがボクに乗っかってましたけど、これからはボクが内海さんに乗っかっていきたいです。 どうも歴代の優勝した芸人さんの例に違わず? 、優勝した直後からそれこそ「寝る時間もない」ぐらいの多忙なスケジュールにぶちこまれてしまったそうですが…これを機に、来季はロッテ戦の始球式においでよ。 もしかしたらキャッチャーは たまたま中継の解説でZOZOマリンにいた? 里崎氏がやってくれるかもしれないよ?

次の

千葉ロッテマリーンズの背番号26番は誰でしょうか?昨日Yahooド...

千葉 ロッテ マリーンズ 背 番号

背番号「00 」 00ですか・・これは意味ありげな番号ですね!というわけでこの背番号の意味や理由を考えてみました。 ロッテ鳥谷敬が背番号00になった意味や理由を考察 背番号は「00」。 この番号が何を意味しているのか?勝手な推測ですが、『ゼロからのスタート』『実績も何もかもかなぐりすててゼロから勝負をする』などの気持ちが込められているのではと思います。 鳥谷選手が10人目となりますね! 年度 選手名 1991-1992 大順 将弘 1993 モトリー 1994-1996 諸積 兼司 1997 小坂 誠 2001-2003 メイ 2005-2008 代田 健紀 2011-2016 高濱 卓也 2017 柴田 講平 2019 レイビン 2020 鳥谷 敬 阪神ファンとロッテファンの方はもうお分かりでしょうが、2011年から2016年の高濱卓也、2017年の柴田講平の二人は、阪神からロッテへ移籍しました。 千葉ロッテマリーンズと鳥谷敬の契約年数と年俸 契約:1年契約 年俸:1600万 鳥谷選手の実績が素晴らしいとはいえ、38歳というプロ野球選手としては若いとは言えない年齢、昨季の74試合出場で打率2割7厘という成績などから考えれば、1年契約は妥当だと言えます。 年俸1600万円は、1軍最低保証クラスの年俸だそうです。 阪神では年俸4億円プレーヤーの大スター選手だっただけに、いささか厳しい査定に思えるかもしれません。 ですが、鳥谷選手はお金どうこうよりも、純粋にプロ野球でもう一度勝負をしたいのだと思います。 だからこその1年契約、年俸1600万円、背番号00からのリスタート!そんな鳥谷選手を応援しようと思う方は多いのではないでいょうか?僕もそのうちの1人です。 ルーキー時代にはそこまで守備が上手いという選手ではなかったものの、試合に出続けキャリアを積むごとにメキメキと守備力がアップ!ついにはショートに飛べば難しい打球でも鳥谷がなんとかしてくれる!と思えるほどの名手になっていきました。 2011年・2013年・2014年・2015年に遊撃手 ショート としてゴールデングラブ賞を受賞し、名実ともにセ・リーグを代表するショートとして認知されるようになったのですね。 サードとしてもゴールデングラブ賞を受賞しましたし、セカンドも守れます。 ファーストだって守れるでしょう。 つまりショートとサードを中心に内野全般をカバーできるわけです。 ロッテは内野の選手層に不安を抱えており、井口監督やコーチからすれば、複数の内野ポジションを守れてケガにも強いベテランの鳥谷選手は、若手の不調やケガなどがあった時などには特に「いてくれると頼りになり安心できる存在」でしょう。 鳥谷敬の千葉ロッテでレギュラーになれる? 鈴木大地選手がFAで楽天へ移籍したロッテの内野は、 ファーストの井上晴哉、サードにはブランドン・レアードがメインでレギュラーを務めることになるでしょう。 その他の内野陣は、安田尚憲、中村奨吾、藤岡裕大、三木亮、平沢大河らがいますが、今のところチャンスをものできていないようです。 もちろん若返りを図るチーム事情から、若くてさらなる成長が期待できる選手を起用したいと思うのが普通です。 ですが、もし鳥谷選手が打撃や守備で若手たちに勝るアピールができれば出番が来るはずです。 1年を通してのレギュラーとなると難しいかもしれませんが、鳥谷選手の力が必要になった時に準備ができていれば、井口監督は鳥谷選手を起用するでしょう。 そこで結果を残して1試合でも多く出場して活躍するス姿を見せてほしいですね。 鳥谷選手・井口監督・松本球団本部長の声 ロッテ鳥谷敬選手の声 『キャンプ、練習試合、オープン戦と戦ってきまして、その中で内野のところの補強、厚みをもたせたいというのがひとつとして挙げられます。 (野球に取り組む姿勢については)みなさんご存知だと思いますけど、そういうところが若い選手に色々と見せていって欲しい 』 さぁ君がヒーローだ鳥谷敬! 1939試合連続試合出場、通算2000安打達成。

次の