排卵 日 検査 薬 おすすめ。 排卵検査薬の比較ランキング!!妊活に1番おすすめなのはコレだ!!

国内製と海外製排卵検査薬の違い。おすすめと購入方法

排卵 日 検査 薬 おすすめ

【妊娠検査薬】値段とおすすめを紹介!特徴や人気のポイントは? 2018年10月15日 こそだてハック 「着床出血」「高温期が2週間以上続いている」「腹痛」などの妊娠初期症状があると、妊娠の可能性を疑いますよね。 そんなときはまず、市販の妊娠検査薬を使って妊娠の有無を判定する人が多いのではないでしょうか。 ドラッグストアやインターネットで気軽に購入できますが、初めてのことだとどの妊娠検査薬を選んだら良いのかと迷ってしまうもの。 そこで今回は、通販で人気の妊娠検査薬を中心に5つのおすすめ商品をご紹介します。 値段や種類、検査方法だけでなく、選び方や使い方についてもまとめているので、妊娠検査薬選びの参考にしてくださいね。 妊娠検査薬の選び方!使用時期と値段がポイント 使用時期を確認 妊娠検査薬を選ぶときに最も大切なのは「使用時期」です。 生理予定日を基準として、「いつから実施できるか」は商品によって異なります。 一般的には「生理予定日の1週間後」ですが、早いものだと「生理予定日から」という妊娠検査薬も。 シチュエーションに合わせて選んでくださいね。 値段もポイント 1回当たりの値段も気になるポイント。 妊活中や生理不順の場合、「毎月使用する」「少しフライング気味で使い始めて何度も判定をする」ということもありますよね。 フライングはあまりおすすめできる方法ではありませんが、「どうしてもしたい」場合は、2回用や3回用を購入すると安い値段で購入できます。 妊娠検査薬の正確さに差はあるの? 妊娠検査薬の正確さに関しては、どの商品も99%以上。 基本的に商品によって差が出ることは、ほぼありません。 使いやすさや、自分の好みに合うもの、判定結果が分かりやすいものなどを基準に選んでくださいね。 妊娠検査薬のおすすめを紹介! 1. ロート製薬 ドゥーテスト 出典: ロート製薬の「ドゥーテスト」は使いやすさを最大限に追求して作られました。 尿をかける部分が大きく、かける時間も2秒と短め。 判定方法が箱だけでなく妊娠検査薬のスティックにも書かれています。 使いやすいので妊娠検査薬を初めて使う人におすすめです。 税込価格 1回用:598円/2回用:728円 妊娠判定ができる時期 生理予定日の約1週間後から 尿をかける時間/尿に浸す時間 2~5秒/2~5秒 判定時間 約1分 関連記事 妊娠検査薬の失敗しない使い方。 尿をかける?尿に浸す? 検査方法は「尿をかける」と「尿に浸す」の2つの方法がありますが、おすすめは尿に浸す方法です。 尿をかける検査方法は手軽ですが、「判定結果が出る窓に尿がかかる」「尿をかける時間を間違える」「ちゃんとかけられない」など、正しい方法で検査ができないことも。 正確さが下がってしまう可能性があるので、注意が必要です。 尿に浸す検査方法は尿をコップに入れて浸すので少し手間がかかりますが、尿の量を気にする必要がありません。 慌てて方法を間違えることもなく、落ち着いて、確実に検査ができますよ。 コップの用意は必要ですが、特に自宅で妊娠検査薬を使う人は、尿に浸す方法がおすすめです。 判定結果を待つ間は、妊娠検査薬を平らなところに置いて水平にしておく必要があります。 トイレで行うと平らな所に置くのを忘れて、手で水平にしてしまいがちなので、注意してくださいね。 妊娠検査薬は使用する前に、焦らず説明書を読みましょう 妊娠検査薬の使い方を間違えると、妊娠しているのに陰性が出てしまうことがあります。 妊娠かどうかを判断するのでソワソワして焦ってしまいがちですが、正しい判定結果を得るために、必ず説明書を読んでから使うようにしてくださいね。 以下の記事では、妊娠初期症状を紹介しています。 自分の自覚症状と合わせて参考にしてみてください。

次の

海外製・日本製どう違う?妊活女性におすすめの「排卵日予測 検査薬」8選 (2018年8月9日)

排卵 日 検査 薬 おすすめ

その排卵検査薬を選んだ理由 3. 実際に使ってみた感想(レビュー) ・有効回答:50人 ・調査期間:2017年3月12日~2017年3月14日 ・調査方法:インターネット調査 ・調査対象:妊活経験のある女性 口コミ件数が同じものは同順位としてカウントして、今回はわかりやすく「利用者の多い排卵検査薬=おすすめ」としてランキングにしてみました。 もちろん、陽性画像、陰性画像の実例付きです。 ちなみに、通販サイトへのリンクはすべて「直リンク」になっています。 リンク先で排卵検査薬を購入しても、時間と労力とお金をかけて口コミを集めた私には1円も入りません(泣)通販サイトやメーカーだけが儲かってウハウハするだけです・・・。 それでは、購入者の少ない排卵検査薬から順に、第7位から発表していきます。 商品一覧 口コミを読みたい排卵検査薬名のリンクをタップすると、該当の排卵検査薬の口コミ一覧に移動できます。 第7位: 第7位: 第7位: 第7位: 第7位: 第6位: 第6位: 第6位: 第5位: 第5位: 第4位: 第3位: 第2位: 第1位: 第7位:エーチェック(アメリカ製)【1人】 コスパが良くて、買って正解だった 4. まずは、排卵日にタイミングを取るために、排卵検査薬を購入しようと思いました。 ですが、思ったより高かったために、購入を迷っていました。 そんな時、友人も妊活をしていて、「妊娠した時に、エーチェックを使っていた」と勧めてくれました。 また、何度もチェックしたかったので、できるだけ安くて正確なものを探していて、エーチェックにたどりつきました。 数日間、連続で使用しないといけないので、容器を清潔に保管しておくのが少し面倒で、苦労しました。 ですが、紙でできていて小さめなので、トイレで大量に保管していても、他の家族に気づかれなくて良かったです。 エーチェックを使って予測できた排卵日は、病院の先生にも診てもらったら、ほぼ正確でした。 そのため、 日本製の高いものを買うよりは、「コスパが良くて、買って正解だった」と思いました。 第7位:ゴールドサインLFワンステップタイプ(森永乳業)【1人】 他社で判定した排卵日は、実は排卵日ではなかったのかも 4. 同じ妊活をしている仲間から「ゴールドサインが確実」との話を聞いて、購入してみようと思いました。 値段は高い(4,000円)のですが、チェックした結果をそのままインスタントカメラのようにとっておくことができて、かさばることなくノートに貼って保存しておけるのがいいと思いました。 近所の薬局を巡りましたが、あるのは他社の排卵検査薬ばかりで、取り寄せも断られてしまいました。 妊活で通っている病院の先生に聞いたところ、「医師の処方があれば、取り寄せしてくれる調剤薬局もある」とのことでした。 「くすりの福太郎銀座店」には在庫があったので、無事購入できました。 使用方法は、丸い形の卵みたいなプラスチック容器(結構立派です)の真ん中の紫色の部分に、付属のコップとスポイトを使って自分の尿を流し込みます。 スポイト一回分でぜんぜん大丈夫です。 私は、流し込みすぎてフィルムが大変なことになりました(笑) 中に入ってる薬品と化学反応を起こして、フィルムに色がつくそうなのですが、なかなかうまく行きません。 「何か間違ったかな?」と思いましたが、フィルムは真っ白なままです。 私がもともとLH濃度が低いためなのかわかりませんが、思うようにいかなかったのは事実です。 これが1周期目でした。 2周期目は、病院で卵胞チェックを前回より多めにチェックしてもらって、「腹水も出ているし、排卵してるね!」とお墨付きをもらったので、ドキドキしながらチェックしてみました。 前回は毎日真っ白で、他の排卵検査薬は陽性になっているのにゴールドサインだけが全然反応がなくて、無の境地でしたが、2周期目はうっすら見えました!紫色のマーク!そして、「他の妊娠検査薬とこんなに違うのか」「排卵日測定ってなんだかんだ言ってやっぱり難しいんだな」と感じました。 「 今まで思っていた排卵日は、実は排卵日じゃなかったんじゃないかな?」と思ったら、これからは確実なゴールドチェックで測定していきたいなと思えました。 ただ、ゴールドチェックには注意点があります。 今まで、こんな立派な排卵検査薬を使ったことなくて、開封してすぐに緑の「判定プレート」部分をサッて抜いてしまいました。 そしたらこれが、戻せないんですよ。 「ドゥーテストLha」と全く同じ仕組みらしく、ドゥーテストLhaも購入したので、比べてみようと購入しました。 また、紙だけのスティックタイプだと、検査したあとの置き場所に困ってしまっていたため、ふたができるタイプを選択しました。 私は今まで紙のラッキーテストはティッシュの上に置いて観察していたのですが、 旦那がトイレに置かれたままのラッキーテストを見て「汚いなぁ」と思っていたそうです。 「え!?気になるんだ!」と思って撤去するように気をつけていたのですが、忙しいとそのまま置いてトイレを出てしまうこともしばしば・・・。 購入してから旦那に「前回使っていたのと、今使っているのどっちがいい?」と聞いてみました。 旦那「ちょっとだけ割高だけど、頑丈だし、今度のほうがいいんじゃない?俺でも触れる」と言われました。 いつも排卵チェックって、私が見て排卵日付近にタイミングをとるのですが、どうやら旦那も一緒に確認したかったそうなのです。 ただ、乾いていたとしても汚いイメージがあったらしくて、とまどいがあったそうなのですが、この「ラッキーテスト検査スティック(高感度タイプ)」なら、問題なく妊活に協力してくれそうです。 感度については、市販のドゥーテストLHaと比べてみたのですが、何ら問題なさそうに思いました。 同じ日に使ってどちらも線は濃くなりました。 排卵日前後には体温は下がるのですが、下がりきった日が排卵日なのか、それともその後で体温が上がっていくときに排卵するのかわかりませんでした。 だから、「タイミングをどう取っていいかわからない」と思っていました。 まとめ買いの個数にもよりますが、値段が安かったです。 1個50円程度で購入できるのが魅力でした。 ですが、使用するのにまったく問題はありませんでした。 私は、排卵日前後に集中して10本くらい使ってみました。 線がだんだん濃くなっていくのがわかって、排卵日の特定に役立ちました。 妊活において、排卵検査薬は絶対に必要だと思います!また、ある程度は数を揃えてたくさん使ったほうが、より正確に排卵日を特定できます。 その点でも、DAVIDのように安価な海外製は、金銭的にも負担にならずにおすすめです。 第7位:EGENS(ドイツ製) DAVIDよりも衛生面が良くて、陽性陰性の判別がつきやすい 4. 2本目はほぼ見えない。 私は、LHが高いからなのか、排卵したのにも関わらず、スティック型の排卵検査薬では2本線が常に出てしまいます。 排卵前後を見分けるのに苦労していたのですが、EGENSだと排卵日も的確にわかるように感じました。 尿を直接かける排卵検査薬も初めてでしたので、試してみたいなと思って購入しました。 今まで私が購入していたショップは、海外発送だと2週間以上待ちました。 ギリギリに購入してしまうと、「あれー?届かないー」となって、産婦人科で急遽購入したりで、割高になっていました。 発送に関しては全然問題ありませんでした。 また、パッケージは意外と立派な作りをしていて、私の旦那も「妊娠検査薬みたいにずいぶんと立派だね」と感心していました。 マジックでいつ測ったか記入できるスペースがあるので、衛生面が何より素敵でした! 私は今までステックの細い所に日にちを記入していたのと、尿に浸すタイプだったのでちょっと汚かったのですが、EGENSは尿をかけて蓋を閉めてしまえば安心して机に置けます。 使用してみると、排卵の時はくっきり線が出てきましたが、陰性の時は見えないくらいの線しか残らなくて、圧倒的に違いがありました。 残っていたDAVIDとくらべてみたら、DAVIDは陰性なのに2本線が見えてしまいます。 2本目はうっすらしか見えないEGENSは、タイミングが取りやすいと思いました。 妊活は一周期でさえ無駄にはできないので、確実にタイミングをあわせられるEGENSのほうを今後はリピートしていこうと思います! 第6位:ハイテスターH(武田コンシューマーヘルスケア株式会社)【2人】 判定ラインが3本あったのが一番よかった 4. 基礎体温を測っても、「タイミングが重要」と言われたので、排卵検査薬を使用することに決めました。 はじめは別の排卵検査薬を購入しました。 ですが、ハイテスターHのほうが少し安かったのが、購入の決め手になりました。 排卵検査薬は、1回で終わりではなく、数日間も連続して使用することがあります。 そのため、「少しでも安く購入できるほうがいい」と思いました。 「陰性か陽性か」だけではよくわからないことがありましたが、 ハイテスターHは、「ラインの数が増えていくと、排卵日が近づいているのだな」とわかりました。 そのため、使用するのが楽しみにもなりました。 使っていて大きな不満はありませんでした。 ですが、数日間使用しても、なかなかラインが増えなくて、少しショックを受けることもありました。 「排卵日がわかっても、妊娠は難しいものだ」と思った 3. そうやって子作りに励んでいたのですが、結婚して2年が経っても子どもができませんでした。 「2、3回分ぐらいあれば、ヒットするかな」と思ったのと、値段的がちょうどいいように感じたので、ハイテスターHを購入しました。 しかも、その1回でタイミングをとっても、身ごもることができませんでした。 結局、「もうしばらくは、いいか」と諦めて、使うのをやめたときに子供ができました。 「 排卵日がわかっても、自分たちに焦りとかストレスがあると、難しいものなのかな」と思いました。 現在は、「」が人気です。 アプリよりも正確な排卵日を知ることができた 5. ですが、実際には誤差があるようで、信用できませんでした。 そこで、どんな排卵検査薬が良いのか、ネットでいろいろ検索してみました。 そして、たどりついたのがチェックワンLHデジタルでした。 ネットでの評価が良かったのが、決め手になりました。 また、判定の部分がデジタル式になっているのも魅力的でした。 よくCMで見かけていたドゥーテストLHaに比べて、判定をより正確に知ることができて、安心できそうなので購入しました。 「正確な排卵日を知りたい」と思っていた心配性の私には、ピッタリの排卵検査薬でした。 尿をかけると、3分で判定が出ました。 デジタル式で、陽性の判定はニコちゃんマークでした。 とても可愛いくて、排卵日が正確にわかったので良かったです。 線よりも顔マークのほうが、わかりやすいと思った 4. 「私でも、きちんとわかるのだろうか」と心配でもありました。 薬局で教えてもらいながら、ドゥーテストLHaやハイテスターHなどと比べてみました。 値段と使いやすさを考えて、チェックワンLHデジタルに決めました。 ほとんどの排卵検査薬が、線の数で判断するものでした。 排卵前は2本になったり、もしくは3本になったりするようでした。 人によってそれを判断しなくてはならなくて、初めて使うには難しそうでした。 検査キットはスムーズに組み立てることができました。 また、待ち時間も長くはなかったです。 ニコニコの顔マークを初めて見たときは、「本当に出た!」と嬉しくなりました。 第6位:クリアブルー イージーデジタル(海外製)【2人】 デジタル表示なので、反応がわかりづらい人にオススメ 5. そして、なかなか妊娠に至らずに悩んでいました。 また、ドラッグストアやスーパーなどで手軽に購入できる排卵検査薬を使用していましたが、色の濃さに左右されて結果がわかりにくくて困っていました。 価格が高かったので迷いましたが、「きちんと排卵日がわかるならいいか」と思って購入しました。 排卵検査薬はラインの色の濃さで判断するものが多いですが、クリアブルー イージーデジタルはデジタルで結果が出ます。 そのため、間違いがなくて、わかりやすいと思いました。 反応の有無がデジタル表示のため、誰にでもわかりやすくて単純明快でした。 それまでの排卵検査薬での結果と照らし合わせると、陽性だと思っていた日が少しズレていたようでした。 大量に購入したので、コスパはドラッグストアで購入するものと、それほど変わりませんでした。 デジタル表示でわかりやすいので、反応がわかりづらくて悩んでいる人にオススメしたいです。 ニコちゃんマークが表れて、テンションが上がった 5. 基礎体温をつけてみても、明確な排卵日がわかりませんでした。 「排卵日が知りたい」と思って、ネットで調べて排卵検査薬を知りました。 薬局で買うのは抵抗があったので、ネットで売っている比較的安価なクリアブルー イージーデジタルを購入しました。 排卵日にはニコちゃんマークが出てくる、デジタル式であるのが決め手になりました。 微妙に色が変わる排卵検査薬とは違って、「排卵なのか、違うのか」とモヤモヤしなさそうなのが魅力でした。 もちろん、判定は陰性でした。 尿をかけるだけなので簡単でしたし、「これならいけるかも」と思いました。 排卵日が近くなって試してみたところ、 ニコちゃんマークが表れて、「おぉ!」とテンションが上がりました。 一回で陽性反応が出るとは思ってなかったから、ビックリしました。 すぐに主人に「今日やで!」とメールを送りました。 その一回で妊娠したので、二本使っただけで済みました。 大量に余ったので、同じように2人目ができなくて悩んでいた従姉妹にあげました。

次の

妊娠の確率を上げる為には、どの排卵検査薬を選ぶかが重要です

排卵 日 検査 薬 おすすめ

海外製と日本製の排卵検査薬の比較 メリット・デメリット 一言でいうと、 値段と 使い方の違いが最も大きいと思います。 表にまとめます。 メリット デメリット 海外製 ・ 値段が安い(数十円/本) ・大量買いできる ・ 検出感度が高い ・容器での採尿が必要 ・ものによっては品質が心配なものも ・海外発送で1-2週間かかる(ものによって有料速達あり) 日本製 ・ 尿を数秒かけるだけで済む ・品質について心配する必要がない ・薬局や楽天やアマゾン等の通販サイトから購入でき 数日中に手に入る ・値段が高い(数百円/本) ・5~14個入りの箱単位での販売 ・検出感度が低いものが多い 以上の表の補足を以下に書きます。 値段の違い 後で詳しく書きますが、徹底的に調べて一本あたりの価格をエクセルでまとめて算出してみましたが、日本製のものは通販の最安値で買ったとしても 一本300円弱~500円強になります。 海外製は買えば買うだけお得で 40円台~120円程度で購入することができます。 なぜそういう差がでるか? 不器用な筆者的には圧倒的に海外製の方が簡単に、清潔に使える気がしますが、それは個人の感覚なので、ご自身で試してみてください! 検出感度の違い 排卵検査薬は排卵を促すLHホルモン(黄体形成ホルモン)というのを検出しています。 僅かな量でも検出できるものほど感度が高いです。 最も感度が高い検査薬>> 製品については後で詳細に解説したいと思いますので、以下の図は、なんとなくのイメージとして見てみてください。 感度が高いほど早くLHサージを感知できるということを示しています。 ただ、その場合も排卵日付近は判定線の濃くなるスピードは速く、かなり濃くなるので、LHサージがあるかないかは簡単に判断できます。 というのが複数種類使ってきた私の感想です。 排卵検査薬の選び方とポイント 上述してきたように、 使い方(尿かけか尿浸しか)、価格、感度が違いますので、これだけは譲れないというポイントがあればそこを優先してください。 選ぶポイントを一言で書いてみると 海外製は届くまで1-2週間はかかるので要注意ですよ! では、続いて 日本製の種類と違いの徹底比較です。 この時点で日本製はやめようと思われた方は、スクロールして海外製のところにいってください! ベストなタイミングを逃したい、いち早く排卵日を特定したい方は間違いなく海外製をお勧めします。 日本製排卵検査薬の種類と違い 日本製排卵検査薬に関しては、この数年で排卵検査薬も薬局、ドラッグストア、通販でも購入できるようになりました。 感度が高い順です。 といっても30か40の2種類ですが。 価格は私も把握していませんが、医療機関で購入したとしても自費になるのでいいお値段すると予想されます。 海外製排卵検査薬の種類と違い 海外製に関しては種類が多すぎるので、私自身も使ったことがある DAVID、wondfo、ワンステップ排卵検査薬クリア、そしてそれ以外で、ツイッター等でたまに見かける luckytest(ラッキーテスト)と、あまり見かけはしないですが A-check(エーチェック)も取り上げます。 今後余力があれば追加していきます。 使い方 使い方はほぼ全て、コップ等に採尿し、 尿に10秒程度浸して5分後に判定するという感じ。 ただ、ワンステップ排卵検査薬クリア以外は使い方があいまいかも。 一応やり方の説明書はのっていますが簡素です。 中国製のものの中には、妊娠率が高いのは排卵日2日前(1日前でもせめて排卵日前)なのに、「自己流ですが、タイミングは陽性当日と翌々日2回取ることがベストだと思います」と書いてあったりして、明らかに専門家ではなく素人が書いている説明書もあります。 但し、排卵検査薬を何度か使用している方や、使用していなくても排卵日やタイミングの取り方についての知識がある方は、説明書がなくてもあまり問題ないとは思います。 海外排卵検査薬のおすすめ DAVID、wondfo、A-check、Luckytestは同じ感度ですので、あとは見やすさですが、この中で選ぶなら基本的には 「安いやつでいいんじゃないか」というのが筆者意見です。 但し、 いち早くLHサージをキャッチして妊娠率が最も高い排卵2日前を逃したくない場合や、陽性か陰性か判断できない不安がある方は ワンステップ排卵検査薬クリアをおすすめします。 説明書のイメージ 左:中国製検査薬の説明書(例)1枚 右:ワンステップ排卵検査薬の説明書両面3枚 ワンステップの説明書は検査方法を図で示し、検査結果の見方や、Q&A集も詳しく載っています。 繰り返しになりますが、排卵検査薬にもう慣れている方や、中国製で慣れている方はそのままそちらをお使いになっていいと個人的には思います。 詳しく見る>> 購入方法 海外製のものは海外発送なので、全て楽天やAmazonといった通販サイトからは購入できません。 先述したように排卵検査薬初心者の方にはこちらを購入しない場合であっても、一読することをおすすめします。 排卵検査やタイミングを取るべきなのはいつなのかについて医師監修のもと書かれていてとても勉強になります。 詳しく見る>> ちなみに、排卵日が特定できないとタイミングを取る労力も勿体ないですし、年に12回あるかないかのチャンスを逃す可能性を考えれば、 こんなところで出し惜しみしている場合ではないので、多めに買っておくことをお勧めします。 ケチってちょっとしか買わず、結局排卵日が来る前に使い切ってしまったというのはよくある話です。 ちなみにここまで読んでいただいても以下のような方がいらっしゃるのではないでしょうか。

次の