コロナ 石垣 島。 石垣市の新型コロナウイルス感染症 状況まとめました

沖縄県石垣市コロナ感染飲食業の男性20代は誰で飲食店どこ?バーでの濃厚接触者クラスター問題

コロナ 石垣 島

「感染した人から次の人、その次の人へと無自覚にうつす可能性がある。 どうしても止めたいので宣言する」。 中山市長は独自の宣言に至った決意を語った。 石垣市美崎町の飲食店「ヘイランド」と系列店の「ヘイナイト」。 3月22日に従業員の20代男性A、Bが県外から訪れた客と同席したことが始まりだった。 客は石垣を離れた後に感染が発覚。 従業員らには、沖縄県が3月31日に「客との濃厚接触者」であると伝え、4月5日まで自宅待機するよう要請した。 Aは7日に発症し、13日に感染が確認された。 一方、Bは1日に発症していたが、市内の飲食店などで会食を繰り返していた。 保健所などが複数の同席者に確かめ、濃厚接触者が市内で100人以上に上ることが分かった。 中山市長は公表に至った理由を「市民の安全を守るために公表した方がいいと判断した。 行動履歴をオープンにしないと市民は疑心暗鬼になる」と説明。 「無症状の人も含めて市内には既に多くの未確認の感染者がいる可能性がある」と危惧した。 島内の医療体制は本島に比べて脆弱(ぜいじゃく)で、感染症指定医療機関は八重山病院だけ。 感染症の病床は現在9床。 重症者が複数発生するなどした場合は、本島への搬送を要する。 大規模感染が発生すれば「医療崩壊を招く」(中山市長)。 濃厚接触者が100人以上に及ぶことについて、中部病院感染症内科の椎木創一医師は「最初に観察の範囲を大きく取って、実際にどれくらいの発症者が出るかを見ることはよくある」と落ち着いた行動を促す。 「全員すぐにウイルス検査するのではない。 まずは症状が出るかを注視していく必要がある」と話した。

次の

【新型コロナウイルス 】 日本の石垣島で感染者 沖縄の離島で初

コロナ 石垣 島

川平湾の美しい海を楽しむ観光客ら。 団体客のキャンセルが相次いだ影響で、例年に比べ数は少ないという=3月30日、石垣市 【石垣】新型コロナウイルスの感染確認が国内外で相次ぐ中、石垣島で多くの観光客が来島することによる感染発生への懸念が広がっている。 世界的な流行を受け、海外などから感染が確認されていない石垣に行き先を変更したとみられる個人客の姿が3月、市内で目立ったためだ。 31日には中山義隆市長が急きょ会見を開き、体調不良者の来島自粛などを呼び掛けた。 新型コロナの影響で島の主要産業の観光は深刻な打撃を受ける中、個人客の増加は団体客の相次ぐキャンセルを埋めるほどではない。 感染発生への不安と事業継続の危機のはざまで、観光従事者らは今後の動向に戦々恐々とする。 マスクを着用しない姿も目立つという。 3月下旬に福岡県から友人と島を訪れた20代女性は「八重山では感染者がいなかったので不安はなく、楽しく過ごせた。 逆に戻るのが怖い」と話した。 中山市長は31日の会見で「会員制交流サイト(SNS)などで『南の島は安全だから』『休校になったのでコロナ避難』などの情報が拡散した」と指摘。 観光客の来島に「平時であれば大変有り難いが、今は国難とも言える有事だと考えている」とした上で、体調不良者の来島自粛やマスク着用などを呼び掛けた。 不安が広がるのは、島の医療資源が限られていることが背景にある。 八重山全体でも感染症病床は県立八重山病院の3床しかなく、新型コロナ感染を調べるPCR検査も実施できない。 八重山地区医師会の上原秀政会長は「無症状の感染者もいる。 観光客を通じて感染が広がった場合、多くの医療機関に患者が殺到し医療崩壊につながる可能性もある」と危機感を示す。 石垣の観光業界は「コロナバブル」と一部でささやかれもするが、川平湾で遊覧船を運航する事業者の担当者は「他の観光地より減っていないだけではないか。 この時期の主な客層の団体客はほとんどキャンセル。 例年より3~4割は落ち込んでいると思う」と話す。 同じく遊覧船事業を営む川平マリンサービスでは3月の修学旅行だけで、13校約1750人分がキャンセルとなった。 松原一代社長は「2月の休校要請以降にキャンセルが続いた。 八重山で感染が広がるのも不安だ。 観光客が来なくても大変だが、来ても大変だ」と複雑な表情を浮かべた。 (大嶺雅俊).

次の

石垣島は新型コロナの感染者出てないって本当?ある筋からの情報によると…

コロナ 石垣 島

— 2020年 3月月25日午前1時06分PDT 悲しみに明け暮れる中、新たな仔ヤギが生まれたりで、 なんてゆーか、動物も人も 生と死の間で出会いと別れを繰り返し、日々いろんな感情抱きながら 悲しんだり喜んだりしてそれでも生きていくもんすね……。 石垣島に新型コロナ感染者がいないって本当!? 死といえばですよ、日本のみならず世界中が新コロナウイルスで大変なことになっていますが、一見、石垣は平和そのもの。 観光業の方々はキャンセルに悩まされていたり、逆に、ウイルスを運んでくる可能性のあるお客に対して多少なりとも恐怖を感じていたり、といったことは局地的にきかれるものの、繁華街に行けば卒業旅行にきている若い日本人観光客がけっこうたくさん…。 しかも マスクしてる観光客ほとんど見かけませんし。 たぶん皆さん、南国の開放感&石垣は感染者が出ていないってことで安心しているんでしょうが、実は石垣、 出てるかもしれんです、感染者。 というのも、知人Aさんが、先日友人(消防にお勤めの人)から 「先週、内地から来ていた観光客(ダイバー)さんが何らかの症状で救急車で病院に運ばれ、その人が新型コロナウイルス感染者だと 後々判明した」と聞いたと主張してるんです。 これをAさんから聞いたとき「そんなん新聞にも載ってないし、嘘でしょー!」と思わず言いましたが、Aさん曰く、石垣島は観光で成り立ってる島なので、感染者がどこそこに泊まったとか、どこそこの居酒屋に行ったとか噂が立ってしまった場合に風評被害でその店が潰れかねないので、 感染者が出てもいまのとこは公表しない のが 石垣市の方針なんだとか……。 ほんとかいな!? 噂というのは人を一人挟んだだけで大袈裟になるとかいいますし、Aさんは反現市長派ですし(笑)、またぎきのソースでコレ書くのどうかな、とも迷ったのですが、ある意味、こんだけ全国から観光客が来ている島でいまだ感染者が出ていないという方がおかしいというか…、とも思ってしまたっり。 石垣島民の場合は、検体を那覇に送られ、2日くらいで結果が通知されるので、島内の感染者第一号は島民か、もしくは輸送が不可能なほど重篤化した島外民ということになりそうです。 そしてやはり、疑わしくて救急で運ばれてきた人はこれまでにもいるそうで。。。 結論:どっちにしろ対策しよう! んで結局何が言いたいかというと、 問題の核心は、石垣島に新型コロナウイルスの感染者が出たの出ないのの真偽ではなく、こんな無防備な状態では、近々石垣島でも爆発的に感染が広まる可能性大アリ!ってとこです。 地元民も観光客も、もうすでに島内で感染者が出ていると思って行動した方が、絶対にイイ!! 石垣島から離島へのフェリーも、マスクをしていない観光客でいっぱいっていう恐ろしい記事が先日の地元新聞に掲載されていましたが、フェリー会社も対策に乗り出しました。 (それでもまだ「お願い」レベルなのが歯痒いところですが) 石垣の医療施設は言っちゃ何だけど脆弱で、大きな病気を抱えた人は飛行機に乗ってわざわざ那覇の病院に通う人が多いです。 そして人の命はもちろんですが、島内パンデミックしたら観光業も死に絶えてしまいます。

次の