花札の遊び方。 【DBC】遊戯王版花札の遊び方

花札「花合わせ」簡単ルールの遊び方|2人~7人遊び|札と役の点数と計算方法

花札の遊び方

地方により若干ルールや役が違っていたりするようです。 遊ぶときはご自身の住む地域のルール等に基づいて遊んでください。 ポルトガル由来のトランプの影響で同じ枚数の48枚です。 ここで紹介した花合わせやこいこいなどのめくり系、おいちょかぶなどのかぶ系、ブラックジャックに似たきんご系、トランプのホープジョーンに似たよみ系のゲームと4つの系統の遊び方があります。 花合わせについて 「花合わせ」という言葉は江戸時代からあって、古くは「花札」のことを「花合わせ」と呼んでいたようです。 元々はゲーム終了後カードの点数だけを計算して勝敗が決まる遊び方であったそうです。 しかし、昭和以降に役もつけるルールになったので、1番簡単な遊び方がちょっと難しくなったという話のようです。 役を覚えるのが難しい場合、または低学年のお子様も一緒の場合、昔風にカードの点数だけのルールでやってみるのも簡単でいいかもしれません。 花合わせの遊び方 プレイできる人数 2~4人でできます。 ルール詳細 まず、じゃんけんなどで親を決めます。 親はカードを切ったり配ったりします。 またゲームをする順番は親が1番です。 一人8枚のカードが配られてそれが持ち札(手札)になります。 配った後の残りのカードは8枚が表にして並べられ(場札)、残りは裏向きで重ねた山にして置きます。 親から右回りか左回りで行くか決めておきます。 持ち札から1枚出して場札と合わせます。 絵柄が一致したらそれは自分の分としてもらえます。 重ねた山からカードを1枚引いて場札のところへ置きます。 一致するカードがあったらまたそれは自分のカードとしてもらえます。 一致なしならそのままそこ場札の場所へ置いて、次の人へ順番が周ります。 20点や10点のカードは絵が華やかだったり鮮やかな感じがします。 やっていくうちに慣れて、覚えていきましょう。 役の点数• 五光 20点のカードすべて 200点プラス• 四光 柳と小野道風以外の20点カード 60点プラス• 表菅原 ウグイスと桜と幕と松に鶴のカード 30点プラス• 松桐坊主 松と鶴 桐と鳳凰 すすきと満月の3枚 20点プラス• 月見て一杯 すすきと満月、菊に盃のカード2枚 20点プラス• 花見て一杯 桜と幕、菊に盃のカード2枚 20点プラス• 鉄砲 すすきと満月、桜と幕、菊に盃のカード 30点プラス• 猪鹿蝶 イノシシと鹿と蝶のカード3枚 20点プラス• 青タン 紫の札カード3枚 40点プラス• 赤タン 赤の文字入り札カード3枚 40点プラス 同様のことを手札がなくなるまでやります。 STEP4:計算 手元に残ったカードの点数の合計点を計算します。 またとある組み合わせのカードがあると別にプラスで加算されます。 (役といいます) 赤カードを20点橙カードを10点紫カードを5点桃色カードを1点として表しています。 上図のように20点をトップに次に10点、5点、1点と置いて並べます。 上図の合計183点、それに役が「花見て一杯」と「青タン」があったとします。 そうすると、20点プラス40点プラスの合計で243点になります。 勝敗の決まり方 カードの点数と役の加算点数を合わせて計算して、点数の多い人が勝ち次に多い人が2番、その次が3番となります。 体験談 子供の頃何故か年末年始に兄弟と両親とでやって遊んでいました。 一番になったら図書券がもらえるという時が一番盛り上がり、ゲームに熱が入りました。 寒い時期こたつで暖まりながら小さなプレゼントやおまけを用意して、花札で盛り上がってはいかがでしょうか? おわりに やってみるまでは、難しそうに感じるかもしれませんが、一度やればすぐ覚えます。 年々正月気分が薄れる気がする昨今ですが、古風な絵柄を眺めながら古来の日本のカードゲームも乙ではないでしょうか。 Twitterで紹介!.

次の

大石さんに聞いてみよし『花札の遊び方は、他にもあるの?』

花札の遊び方

花札 こいこい ゲーム準備 1. 札をよくシャッフルし、「各プレイヤー」と「場」に4枚ずつ2回に分けて配ります。 余った「山札」は、中央に置きましょう。 ・「各プレイヤー」各8枚は手持ち札となりますので伏せて配り、「場」に置いた8枚の札は表にして見えるように置きます。 余った「山札」は、各プレイヤーの中央に置きましょう。 各プレイヤーは、親「先手」と、子「後手」を決めましょう。 花札 こいこい ゲーム遊び方 1. 「先手のプレイヤー」は、「場」に出ている札を見て、「手持ちの札」と同じ花・月があったら「手持ち札」から出して「場の札と手持ち札」の2枚を獲得できます。 また、「場」に出ている札と「手持ちの札」で出せる札がない場合は、「手持ちの札」から1枚「場」に置きます。 1の手順が終わったら、「山札」から1枚めくり、「場」に出ている札と同じ花・月がある場合は、「めくった札と場の札」2枚を獲得できます。 また、「めくった札」も「場」にない場合は、「場」にそのまま置き、次のプレイヤーの番となります。 各プレイヤーは1の手順を繰り返し、役が出来るまでこれを繰り返します。 ・役の種類は、下記の花札【役の種類と点数】説明で役の種類や点数が確認できます。 役が出来たプレイヤーは、その時点で継続する『こいこい』と、継続しない『終了』の選択をします。 ・相手の確定札とにらめっこして、まだ継続して点数を増やせそうなら『こいこい』をする。 また、相手の確定札で役が揃いそうならば『終了』した方が無難である。 『終了』を選択した場合は、出来た役を計算をして合計点数を出しましょう。 また1プレイ毎に合計点数を出して、加算していく。 これをゲームする毎に繰り返していきます。 花札 こいこい【役の種類と点数】 ・『 五光』下記の光札5枚を獲得・・・ 点数 10点 ・『 四光』下記の光札4枚を獲得・・・ 点数 8点 ・『 雨四光』下記の光札4枚を獲得・・・ 点数 7点 ・『 三光』雨の光札を除いた光札4枚のうちどれか3枚を獲得・・・ 点数 5点 ・『 猪鹿蝶』猪と鹿と蝶のタネ札を3枚獲得・・・ 点数 5点 ・『 花見で一杯』下記の2枚を獲得・・・ 点数 5点 ・『 月見で一杯』下記の2枚を獲得・・・ 点数 5点 ・『 赤タン』下記の赤タン3枚獲得・・・ 点数 5点 ・『 青タン』下記の青タン3枚獲得・・・ 点数 5点 ・『 タネ5枚』タネ札の中からどれかを5枚獲得・・・ 点数 1点 タネは5枚獲得で1点です。 6枚以上からは1枚獲得毎に1点が加算されます。 ・『 タン5枚』タン札の中からどれかを5枚獲得・・・ 点数 1点 タネは5枚獲得で1点です。 6枚以上からは1枚獲得毎に1点が加算されます。 ・『 カス10枚』カス札の中からどれかを10枚獲得・・・ 点数 1点 カスは10枚獲得で1点です。 11枚以上からは1枚獲得毎に1点が加算されます。 花札 こいこい 勝敗の決め方 各プレイヤーはゲーム終了後に、獲得した点数を集計し、合計した点数の高いプレイヤーの勝ちとなります。 この他にも、色々なルールがあります。 また、その地方によってもルールが違いますので、遊ぶ際はルールをよく理解して遊びましょう。

次の

花札の歴史。遊びと見せかけて実は…?

花札の遊び方

どもっダンデライオンです。 今回は、花札「こいこい」以外での遊び方をご紹介していきたいと思います。 そう「花合わせ」です!! 花合わせは、こいこいよりも遊び方が簡単なので初心者の方でも遊びやすいと思います。 初めに、花合わせで慣れてからこいこいで遊ぶといった感じですと遊びやすいのかなと思いますね。 それでは、花合わせご紹介しましょう。 花札「花合わせ」とは 花合わせとは、江戸時代に花札のことを指していたようです。 花合わせの呼び方ですが、「花合わせ」や「ばかっ花」や「88 はちはち 」など呼び方も異なります。 また、「花合わせ」の遊び方として江戸時代での遊び方では、役などはなく気軽に遊べるルールだったのですが、時は流れ昭和の時代になると役や点数計算が変わってきました。 花札「花合わせ」用意するもの ・ 花札 48枚 遊ぶ人数は2人~最大7人まで同時に遊べるよ。 基本は、3人で遊ぶのが一般的とされています。 遊ぶ人数によって、手札や場札の数が変わっていくよ。 また、遊ぶ人数が増えれば増えるほど役を作るのが難しくなっていくよ!! ・花合わせ 2人で遊ぶ場合 場八の手十 プレイヤーは、各10枚ずつを手札とします。 場札として8枚を表にして並べましょう。 残りの20枚は、山札として場の中央に並べてください。 ・花合わせ 3人で遊ぶ場合 場六の手七 プレイヤーは、各7枚ずつを手札とします。 場札として6枚を表にして並べましょう。 残りの20枚は、山札として場の中央に並べてください。 ・花合わせ 4人で遊ぶ場合 場八の手五 プレイヤーは、各5枚ずつを手札とします。 場札として8枚を表にして並べましょう。 残りの20枚は、山札として場の中央に並べてください。 ・花合わせ 5人で遊ぶ場合 場八の手四 プレイヤーは、各4枚ずつを手札とします。 場札として8枚を表にして並べましょう。 残りの20枚は、山札として場の中央に並べてください。 ・花合わせ 6人で遊ぶ場合 場十二の手三 プレイヤーは、各3枚ずつを手札とします。 場札として12枚を表にして並べましょう。 残りの20枚は、山札として場の中央に並べてください。 ・花合わせ 7人で遊ぶ場合 場六の手三 プレイヤーは、各3枚ずつを手札とします。 場札として6枚を表にして並べましょう。 残りの20枚は、山札として場の中央に並べてください。 花合わせ 遊び方 1. 各プレイヤーは、親「先手」と、子「後手」を決めましょう。 札をよくシャッフルし、「各プレイヤー」と「場」に分けて配ります。 余った「山札」は、中央に置きましょう。 「先手のプレイヤー」は、「場」に出ている札を見て、「手持ちの札」と同じ花・月があったら「手持ち札」から出して「場の札と手持ち札」の2枚を獲得できます。 また、「場」に出ている札と「手持ちの札」で出せる札がない場合は、「手持ちの札」から1枚「場」に置きます。 3の手順が終わったら、「山札」から1枚めくり、「場」に出ている札と同じ花・月がある場合は、「めくった札と場の札」2枚を獲得できます。 また、「めくった札」も「場」にない場合は、「場」にそのまま置き、次のプレイヤーの番となります。 各プレイヤーは3の手順を繰り返し、手札がなくなるまで繰り返します。 手札がなくなると遊戯終了となります。 花合わせ 札の点数と役と点数 花合わせ 札の点数 ・光札 各20点 光札5枚あり各20点になります。 ・タネ札 各10点 タネ札9枚あり各10点になります。 ・タン札 各5点 タン札10枚あり各5点になります。 ・カス札 各1点 カス札24枚あり各1点になります。 花合わせ 役の種類 ・ 五光 200点 ・ 四光 60点 ・ 赤短 4 0点 ・ 青短 4 0点 ・ 七短 4 0点 ・ 六 短 3 0点 ・ 表菅原 30 点 ・ のみ 30 点 ・ 松桐坊主 20 点 ・ 猪鹿蝶 20 点 ・ 花見で一杯 20 点 ・ 月見で一杯 20 点 ・ くさ 20 点 ・ 藤シマ 20 点 ・ 桐シマ 20 点 ・ 雨シマ 20 点 役の点数 早見表 役 役の点数 役 役の点数 五光 200点 松桐坊主 20点 四光 60点 猪鹿蝶 20点 赤短 40点 花見で一杯 20点 青短 40点 月見で一杯 20点 七短 40点 くさ 20点 六短 30点 藤シマ 20点 表菅原 30点 桐シマ 20点 のみ 30点 雨シマ 2 0点 上記の計算式での、引く値は遊ぶ人数によって異なります。 上記の計算式は、基本となる3人で遊んだ場合の計算式になります。 遊ぶ人数に応じて、引く値を下記より確認ください。 下記の表は、3人で遊んだ場合の計算表の例になっていますので是非参考にしてみてください。 札の 点数 役の 点数 合計 点数 基準点 結果 親 60点 40点 100点 -88 12点 子1 60点 0点 60点 -88 -28点 子2 80点 40点 120点 -88 32点 花合わせ 勝敗の決め方 各プレイヤーはゲーム終了後に、獲得した点数を集計し、合計した点数の高いプレイヤーの勝ちとなります。

次の