鈴木涼美 おすすめ。 「専業主婦になりたい気持ちはわかる」。鈴木涼美さんと橘玲さんとの異色対談!|マガジンハウス書籍部

鈴木涼美先生の「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」を読んで、ツイートしたらリツイートしてもらえたので書いてるnote|桑野範久|note

鈴木涼美 おすすめ

まずは綺麗な男の話から 昔は一番汚れたところに一番美しいものがあると愚直に思っていて、だから悪いものや傷のついたものに囲まれている方が良かったのだけど、最近はできれば誰も傷つかない綺麗な庭で子犬と戯れ果実を捥ぐような妄想が弾むし、NHKのアナウンサーみたいな顔が好きになってきたし、昔はいちいち殴りかかりたかったような、お互いを「ぶぅ」とか「にゃんちゃん」とか呼び合っているカップルを見ても目を細めていられるし、多分半分は歳を取ったせいで、半分は疲れているせいなのだと思う。 そう言えば4年前に死んだ母は、歳をとって癌になってから、「色々なものが怖くなった」と言って、残虐シーンがあるような映画や漫画すら受け付けなくなっていた。 別に私は自分の死期は悟ってないけど、米国の友人から日々届く警官たちの無慈悲な暴力も、便乗して略奪を行う一部の暴徒も、各国の新型肺炎による死者数のグラフも、政治家たちの思惑も挑発的な加藤紗里のインスタも、どれも見れば見るほど気が滅入って、細部に神が宿るなんてことすら疑わしく思えてくる。 というわけで、かつてはわざわざ汚めな街に勇んで入っていったような私も汚いものに惹かれなくなってきたし、ここでも汚い男の話をする前に、とびきり綺麗な男の話でもしたいと思うのだけど、そう言えば最近、私を含めた私の周囲のニッポンのオバサンたちが、竈門炭治郎とヒョンビンに異様な涎を垂らしまくっている。 女が惹かれる『鬼滅の刃』と『愛の不時着』の主人公たち 炭治郎はアニメから爆発的な人気に火がついた漫画『鬼滅の刃』の主人公で、人食い鬼を退治する鬼殺隊の隊員、つまりは殺傷を生業とする者なのだけど、もともとは炭を担いで山を下り、父親亡き後の家族を養うためにせっせと働き、しかも街では多くの人に愛され、必要とされ、彼自身そんな期待に愚直に応えるタイプ。 作品冒頭では妹を守るために自分が囮となって剣士に歯向かっていくような自己犠牲的な一面もあり、勇敢で、努力家で、信念は強いけれども押し付けがましくなく、人の話をよく聞くし、人の事情をよく想像するし、仲間を大切にするし、そもそも漫画なので毛穴や体臭もない。 ヒョンビンの方は、人気の韓国ドラマ『愛の不時着』で北朝鮮の軍人役にあたる俳優の名前だ。 北朝鮮の軍人といえばごくごく勝手なイメージの中では融通がきかず上下関係が厳しく行進が得意のような感じだけど、彼は物腰が柔らかく気品があり、礼節をよく知る。 実は超偉い人の息子で、元々は軍人なんてマッチョなもんじゃなくピアニストを目指しスイスまで留学していたおぼっちゃまなのだが、そう言った環境を鼻にかけることなく、前線で地道に活動する。 平壌から離れた前線地帯の村での暮らしぶりは極めて質素、料理など超マメで、コーヒーは豆から煎るし、飛び抜けて部下思いで村の口うるさいおばさんたちにも優しいし、こちらもまた自己犠牲的な性格で、正義感は強いけれども独善的ではない。 身長は185センチだし。 と、要は双方見た目も性格も非の打ち所がなく、そんな二人をいきなり並べて男のなけなしの自尊心を踏みにじって申し訳ないけど、男の自尊心を踏みにじるのはいつだって楽しいので先に進むと、必ずしも常に非の打ち所がない男ばかりに惹かれているわけではない複雑な乙女たちがなぜこうも夢中になっているかということに当然興味が湧く。 お見合い相手の非の打ち所がない経歴を横目に非の打ち所しかない男に狂って20代を棒に振るのが私たちの特技だし、そもそも、居酒屋で奢ればセクシストだと、逆に奢らなければ甲斐性無しだと罵られ、守ってあげるねと言えば前近代的価値観を説教され、守らず逃げれば男らしくないと未だに白い目で見られる今日の男事情を考えると、正解の男、何ていうものは太らないパンケーキ、というくらい不可能で矛盾した存在になってしまう気もする。 矛盾を超えられる「正解の男」 おそらくそんな太らないパンケーキを求められる現代において、前出の二人は限りなく正解に近いのだ。 女の子の希望は、尊重されたい、でも守ってほしい、と難しく、従来的な「らしさ」でいうところの、お金と腕力と命は引き続き差し出してほしいが、女を黙らせて所有しようとするようなところは綺麗さっぱりアンインストールしてほしい、と、我ながら身勝手でわがままなのである。 と、この困難な状況の打開策としてこの二つの優れたフィクションは巧妙な仕掛けをもつ。 片方は、守るべき女が鬼に殺されかけて鬼の血を浴び、人畜無害な「鬼」に変貌してしまっているし、もう片方の女はパラグライダーの事故で不法入国自体が非常に危険な北朝鮮に不時着してしまっている。 つまり「女だから」という女のプライドを酷く傷つける動機づけではなく、彼女たちの、彼女たちのせいではない困難な状況こそが、彼女たちが彼を頼らざるを得ず、また彼が彼女たちを守る理由として目眩しをしてくれるのだ。 よって「男の俺が」と言う性差による留保なしに、しかし現場では非常に従来型のヒーローに近い動きで男が女を守る。 この、全くプライドの傷つかない「不遇による弱い者扱い」に、私たちが酔いしれない理由など一つもない。 彼らはやはり、矛盾を力技で打ち破った、正解の男である。 顔も含めて。 正解の男二人にオバさんたちがハートを鷲掴みにされるのはもちろん、この世が苦界でございまして、現実ではあまりに不正解の男にばかり遭遇するからだ。 不正解の男とはすなわち、従来の男らしさの良い所と新しい時代の価値観の良いところを合わせた前出お二組の真反対で、従来的な男の嫌なところと、新しい時代の嫌なところを組み合わせたような生物を指す。 文春に報じられた箕輪氏の言動.

次の

鈴木涼美先生の「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」を読んで、ツイートしたらリツイートしてもらえたので書いてるnote|桑野範久|note

鈴木涼美 おすすめ

社会学者・鈴木涼美さん 昨年『AV女優の社会学』を出版し、その後、『週刊文春』に過去のAV女優の経歴をすっぱ抜かれることで多様な方面から次の論客として注目されている社会学者、鈴木涼美さんが2014年11月に『』を出版した。 さらに彼女は、以前ウートピでも取り上げた、性風俗産業に従事する女性のセカンドキャリアを支援する一般社団法人の理事を務めている。 ちょうどウートピ読者世代でもある31歳の鈴木涼美さんに、夜の世界の現状とアラサー女性の行く末についてお話を伺った。 気にしてないフリする方が楽。 「週刊誌ってクソだよね」って言うことはできるけれど、それでへこたれてるって思われるのは怖いから、ある程度自分を被害者化しないで、しれっといたいなと思って。 強くないですよ私は。 週刊誌にすっぱ抜かれるなんて、基本的には不本意なことではあります。 でもあの記事は結局、「週刊誌ってくだらないよね」みたいな話になったが故に、読者は私を、婉曲的にというか間接的に援護してくれて、それは心強いことではありました。 「鈴木涼美けしからん」みたいなことを言って、週刊誌的おやじ価値観に自分が侵されてるって思われたくないみたいな意識もあるんじゃないですかね。 だから、それによってちょっといじめられたりすると、「自分はおやじ価値観ではない」って言う人に援護されやすいっていうのはあるかも。 今まで日本を動かしてきたのはおやじ的価値観というかおやじ達であって、私達が座っている椅子もおやじ達によって作られてると思うから、バカにしてるわけではないんだけれど、バカにしてる風潮には多少乗っといた方が、みんなに味方してもらえる。 そういうところ。 鈴木:そんなことないですよ、私ボロボロです(笑)。 頭を動かしていないと、心に侵食されちゃうでしょう。 私はかなりだらしない人間だから、それこそ会社みたいにある程度時間を決めてくれたりすると動けるんだけど、そうじゃないときって、「ああもう嫌だ、逃げたい、ワー」みたいになるタイプで、お酒に走ったり男に走ったりするから、頭は動かしていないと、本当に壊れちゃうなって思います。 今は足元を掬われやすい立場にいるとも思うし。 AV女優だった、それで新聞記者もやってたっていうのは、人によっては掬いやすい足じゃないですか。 それを持ってるっていうことはある程度自覚しておかないと怖いですよね。 私は風俗でもAVでも、別に立派な仕事だとは思っていません。 でもそれなりに「在り続けるだろう」とは思っているし、それを必要とする人も、女子からみても居続けるだろうとは思っています。 私自身その世界に入るきっかけがあって、そこに嵌っていくことが楽しかった。 その中でも、自分なり周りなりが抜けられなくなってると思ったり、なんでこうやって夢中になっちゃうんだろうとか、なんでここでしか生きられない人がいるんだろうとか思ったりはしていたんですよね。 夜の世界に対して構造的な貧困問題とか精神疾患を関連させて、問題意識を持ってみる人はいる。 けど私は、そこにある空気感がかなり人を狂わせるものがあって、自分も狂っていたなと思うし、その楽しさを解体して、内訳を見たいとも思います。 私と角間って価値観が似てるんです。 夜の女の子って「満たされない」みたいなことを言ってくることが多いけど、例えば必要以上に服とか靴とかの物品は持ってる状態や家族はいる状態で、満たされないって何なんだろうねって話をするんですよ。 そういう時に彼はかなりクリアな、貧困への問題意識やフェミニズムのフィルターを通さずに生身の女子を見ている気がして。 私もなるべく生身の女子の、その子たちの雰囲気を壊さないで見たいなって思ってるタイプだから、立場は違うんだけれど思うところは似ています。 風俗とかAVとかキャバクラとかに対するアレルギー反応や、「何か解決しなきゃ」みたいな強い情熱じゃなくて、その雰囲気を楽しみながら、受け入れながら、多少の問題意識は持ってみる「ゆるさ」を共有できる人って、友達にはいても、具体的に何か活動している人でって周りに今まであまりいなかった。 鈴木:そうそう。 たとえるなら、「デリヘルがだめならセクキャバはどう?」が言える人っていないじゃないですか。 昼職にするとか親元に戻るとかを勧める人はいるけど。 夜の世界の中に今いなきゃいけない時に現実的じゃないことを勧めるより、必要なこと言える角間には好感が持てる。 だから彼の活動は応援したいなって。 具体的な運営に関わっているわけではないけど、何かする時に協力し合える状態って私としても心強いし、「鈴木涼美」っていうネームバリューは向こうにもプラスになるってことで話がきたので、割と「いいよー」みたいなゆるい感じで。 お友達同士で。 諦める技術の無さっていうか。 新聞記者になって5年くらい経った時に、昼の世界の人として軸足ができて夜を諦めたと思ったけど、そうすると書くものが全部夜寄りになりました。 『身体を売ったらサヨウナラ』もちょうど会社入って5年経った時に「あの頃楽しかった」といった話で書き始めたんだけれど、我ながら捨ててきたものに対する未練がましさを感じましたね。 夜への思いを抱えていると昼の仕事が侵食されるし、昼にいれば夜に興じられない。 ある程度のところで選択せざるを得ないものだけれども、選択の後延ばしって、確実に私の人生を豊かにしてはいないと思います。 でもこの世界で女が生きていくのはけっこう大変じゃないですか。 いろんな選択肢があって、どれを選んでも批判される。 どれを選んでも満たされないし、でも分裂し続けることはできない。 それはプラスじゃなくてマイナスで、自分で見てても愚かだけれども、女の生きづらさを象徴するような愚かさだなとは思います。 友達と喋ってる時に良いこと言っても残らないじゃないですか。 新聞記者時代から思っていたことなんですけれど、活字ってすごく強烈で、言語化されていない空気感みたいなのって、活字にすることで初めて事実が生まれるんじゃないかな。 私はダンサーでもなければ音楽がつくれるわけでもないけれど、アートをする人みたいに、自分の世界の見え方っていうのを表現する道具として社会学っていう学問や文体っていう武器を持っていると思っているので、夜の世界の引力について怖いところも含めて、構成員たちが作り出している魔力みたいなものを言語化していきたいなと思います。 (木村映里).

次の

書評・鈴木涼美『女がそんなことで喜ぶと思うなよ』|伏見憲明|note

鈴木涼美 おすすめ

ボードレールに影響を受けた少年を描く『惡の華』 ブンガクというと何よりもアンチヒューマンなのだと、酒を浴びて女を殴って少女の片腕を持ち帰り、異常なまでの浪費の末に破滅してこそこれブンガクなのだという思い込みの時代を生きていなくとも、破滅的な生き方への傾倒というのは確かにあって、特に文化芸術の分野ではかつてはそういったものこそホンモノみたいな印象は強かったし、70年代の香り冷めきらぬ時代に生まれた私も含めて今でも半ばそんな価値観を拭いきれない者は結構多い。 多くの文学少女は太宰やサガンや安吾やボードレールやドグラ・マグラやねこぢるを読んで思春期を過ごしているし、ヒルズで去年やってたバスキア展は信じられないくらい混んでいたし、カート・コバーンやジミヘンやジム・モリソンや尾崎やシド・ヴィシャスや(以下略)など夭折した音楽家も伝説化しやすい。 甲子園など若さを捧げるに足る目標があるわけでもなく、早くから頻繁にセックスにありつくモテもなく、運動や流行やオカネなどとそんなに相性がいいわけでもない多くの若者が一度は、こういった刹那的で退廃的な匂いに憧れ、自分も実はそっち側なんじゃないかという淡い勘違いを重ね、若さ特有の肥大した自意識にまみれて世や親や学校を憂いて無礼な態度を取るものだし、その、伊集院光が中学二年生という病と名付けたような事態は、パラパライベントへ行くときにヤプーとかバタイユとかをポケットに入れてるワタシってフクザツ、なんて思いながら赤面の若年期を過ごした私は大いに身に覚えがある。 ちなみに鈴木涼美というペンネームは本名を文字って鈴木いづみをオマージュしたものなので、自分の凡庸さを実感せざるを得ない年齢になっても、完全に治癒したわけではない。 さてしかし残念なことに27歳で死ぬわけにもいかなかった凡人の私は、凡人なりに逞しく図太く生きていかねばいけないので、昨年「漫画の『惡の華』が映画になったんだよ」と聞いた時、ボードレールの『悪の華』を愛読する少年を描いた押見修造の漫画『惡の華』の方ではなく、完全に「特命係長」シリーズの柳沢きみお作『悪の花』の方だと勘違いした。 ちなみに柳沢漫画の方は特にボードレールは出てこないが、大手芸能プロの敏腕社員だった男が大金と引き換えにタレントに薬物をばら撒いていたミュージシャンの罪を被せられて実刑を受け、1年半の刑期で出所してくるところから始まる。 2億円で仕事も恋人も人生の希望もふいにしてしまって生きる気も失っていたが、たまたま道で拾った何の才能も個性もない女をプロデュースして売り出しているうちに再び芸能魂に目覚め、荒々しく毒々しい芸能界で返り咲こうとするが、かつての恋人を奪った元上司やヤクザなどが立ちはだかる。 エイベックス松浦会長の文春記事 ちょこちょこ何かとリンクするようなキーワードがあるが、そういえば先日「クリエイティブに専念」するためCEO退任が発表されたエイベックス創業者の音楽プロデューサーは、今年センテンススプリング・オンラインで大麻使用疑惑などが報じられた。 元社員の「A子さん」の告発という形で書かれた記事の信憑性を検証する術を私たちは持たないが、幾度も所属タレントの薬物トラブルや自身の大麻疑惑が報道されてきただけに、彼が元社員とハワイで今年最初の悪の華を二人寄り添って眺めていても、「ありそうな話だけどそれほど意外性がない」と感じた人が多いのか、それほど話題にはなっていない。 日本では違法薬物である大麻に誘われたという「A子さん」も怖かったろうし愚かな部分もあったろうが、少なくともどこまでもカリスマ社長の意志の伝達役でしかない、無頼を真似ても様にならない「天才」な編集者などに、凡庸そのものな口説き文句でパワハラを受けるよりは、目眩く時間のように聞こえる。 ただ、記事で私が面白かったのは、A子さんが語る元CEOの「クスリ周期」の話で、彼女曰く毎年9月の音楽イベント「ウルトラ」からハメを外し、誕生日がある10月はパーティーナイトが続き、年末年始の恒例のハワイまで日常的に違法薬物を摂取する日々が続く。 しかし年が明けるとその悪習を断ち、6月の株主総会前はとても神経質で、そして夏が過ぎ風あざみ、またウルトラシーズンになるのだという。 これが本当だとしたら、さすが27歳で繊細な音を残して死んでいったミュージシャンたちとは違い、レコード店アルバイトから巨大グループ企業を興してJ-POPの頂点に座り、ミリオンヒットを飛ばしまくった人だけに、破滅的な遊び方も極めてネオリベっぽいと言うか、悪の華を用法用量を守って食べ続け、しかしマクロビもやってるみたいな、よく言えばバランスをとったように見える、悪く言えば繊細さと一般常識の両方が欠けた、俗世と相性の良いズル賢さに溢れている。 話題の『M 愛すべき人がいて』に思うこと 押見修造の方の『惡の華』には、平凡で退屈な町から出ることができずに、しかし古本屋に通って日夜ボードレールや萩原朔太郎を読んで、この町の凡人たちと俺は違うと思っているような凡庸な中学二年生の少年が描かれる。 くだらない会話とパチンコ屋しかない町は山に囲まれていて、山を越えて「向こう側」に行こうという画策が、序盤のハイライトである。 そしてネオリベ系の不良おじさんはいともたやすく向こう側と退屈な俗世を行き来し、どちらも飼い慣らして見える存在ではある。 ただし、そこに通行切符として介在するのが日本では違法な大麻だとしたら、何のオリジナリティもなく退屈なのだけど。 『惡の華』では中学時代の少年の周囲に二人の少女が登場する。 片方は、友達も多く、美人でクラスのマドンナ的存在だった女で、もう一人は変人として孤立しており、少年の弱みを握って露悪的な命令を下してくる女。 当初は変人を怖がって避けたがり、美人のマドンナをミューズとして崇めていた少年だったが、ひょんなことから彼女と近づく運びとなると、その幸運をふいにして、世の中を「クソムシ」と蔑む変人の方に傾く。 美人マドンナを脳内で都合よくミューズにしていた頃は、彼女の体操服を触るだけで興奮していたのだが、彼女は彼の妄想の中に収まるような都合の良い存在ではなく、生身の性的な女で、ずっと強く、またどんどん変化していく。 彼女が変化していけばいくほど少年はかつての憧れのミューズである彼女から逃げて、変人女との悪の道を辿って「向こう側」を目指そうとする。 マックス松浦というと私にとっては90年代J-POP全盛期の大物プロデューサーで私の愛するTKの保釈金を払ってくれたお金持ちというイメージで、去年まではおそらく同じように裏方の大物というイメージ以上のものを持っていなかった人は多いのではないか。 まして一応裏方のプロデュース業をする彼の顔など、そんなに気にしている人はいなかった。 しかし、昨年、平成の歌姫あゆと彼との関係を元に「事実を元にしたフィクション」というあゆの直筆メッセージ付きで出版された「M 愛すべき人がいて」を読み、あゆと彼との関係を知り、デビュー初期の数多くのあゆの歌詞を聴きながら、まじまじと彼の顔を拝見した人も結構いるはず。 発売当初、Twitterなど見ると「大好きな曲、長瀬のことだと思ってたらサル顔の小さいおじさんでショック」的な勝手な妄想女子たちの書き込みが散見された。

次の