プロテクトギア。 紅い眼鏡/The Red Spectacles

ケルベロス・サーガ (けるべろすさーが)とは【ピクシブ百科事典】

プロテクトギア

ケルベロス・サーガは、原作による、「ケルベロス」シリーズの作品の総称。 がドイツ・イタリア枢軸国と日本・イギリス同盟の戦いで、戦敗国となった日本はドイツ軍に占領された、という設定に基づく架空の歴史物語である。 この設定は元々、「プロテクトギア」のドイツ的意匠に対する理由付けのための後付け設定であった。 『PAX JAPONICA』、『』とともにのライフワークとなっている。 当初、メカデザインはが担当しており、特に「プロテクトギア」などの特機隊装備類は彼の軍装マニア振りが存分に生かされているが、SF的アレンジを巡って押井守と意見が対立する部分もあり、「メカフィリア(大日本絵画)」や「ケルベロス 東京市街戦 首都警特機隊全記録(学研)」などに出渕裕のデザインに対する押井守のコメントが記載されている。 物語の概要 [ ] シリーズを通しての設定。 ただし『』では若干設定が異なっている。 「あの決定的な敗戦から数十年」、第二次世界大戦の戦敗国・日本。 戦勝国・ドイツによる占領統治下の混迷からようやく抜け出し、国際社会への復帰のために強行された経済政策は、失業者と凶悪犯罪の増加、また、セクトと呼ばれる過激派集団の形成を促し、本来それらに対応するはずのの能力を超えた武装闘争が、深刻な社会問題と化していた。 政府は、国家警察への昇格を目論む自治警を牽制し、同時に自衛隊のを回避するため、高い戦闘力を持つ警察機関(いわゆる)として「首都圏治安警察機構」、通称「首都警」を組織した。 セクトとの武力闘争の中で首都警は重武装化の道をひた走り、中でもドイツが戦時中に使用した「プロテクトギア」に身を固め、などの重火器で武装した首都警警備部特機隊、通称「ケルベロス」の名は犯罪者やテロリスト達を震え上がらせた。 しかし、行き過ぎた武装化は国民の反発や自治警・公安部などとの軋轢を招き、特機隊は次第に孤立を深めていく。 そして、歴史は彼らに重要かつ最終的な役割を与える事となった…。 作品(公開順) [ ]• 1991年 『』(実写映画)• 2006年 『』(ラジオドラマ)• 1941年、ドイツでのが成功。 が解体し、人種主義勢力が一掃される。 (『鋼鉄の猟犬』)• 戦時中、ドイツ軍の「装甲猟兵」が東ヨーロッパ戦線に投入される。 (『鋼鉄の猟犬』)• 東部戦線でドイツが開発した核爆弾が使用され、終戦となる。 (『鋼鉄の猟犬』)• 戦勝国ドイツによる日本の占領統治が行われる(第二次ワイマール体制)(『犬狼伝説』、『人狼』)• 高い戦闘力を持つ警察機関として「首都圏治安警察機構」通称「首都警」が設立される。 (『犬狼伝説』、『人狼』)• テロリストと首都警特機隊との闘争が激化する。 (『犬狼伝説』)• 特機隊の過剰な戦闘力が社会問題になり、首都警公安部との軋轢が強まる。 (『犬狼伝説』、『人狼』)• 特機隊に武装解除命令。 ケルベロス騒乱。 紅一ら三人組は隊から離脱。 (『犬狼伝説 完結篇』)• 三人組、埋立地で武装した首都警公安部員と交戦。 紅一のみヘリで脱出。 (『紅い眼鏡』の冒頭部)• 元特機隊隊員の乾、紅一を追って台湾へ渡る。 (『地獄の番犬』)• 紅一、ケルベロス騒乱直前に脱走した黒崎を追って中国へ渡る。 (『紅い足痕』)• 紅一、帰国する。 (『紅い眼鏡』) 登場する組織 [ ]• 警視庁対凶悪犯罪特殊武装機動特捜班(『紅い眼鏡』のみ)• 首都圏治安警察機構警備部特殊武装機動警備大隊• 首都圏治安警察機構公安部• 警視庁公安部• 陸上自衛隊機甲教導隊および本部付情報・偵察中隊• ドイツ軍第101装甲猟兵大隊(『鋼鉄の猟犬』のみ)• ドイツ軍第808宣伝中隊(『鋼鉄の猟犬』のみ)• 反政府勢力「」 共通する登場人物 [ ]• 半田元 はんだはじめ [首都警 騒乱時39歳 ]第60期卒業。 同期生に作家の、俳優のがいる。 終戦阻止クーデターで近衛師団長殺害事件に関与。 OKJ 駐日独軍最高司令部 情報部 G2 雇員。 警察予備隊発足時に。 のち、総隊学校第5部 のちの調査学校 、総隊総監副官部附を経て首都警発足と同時に特機隊副長に。 特機隊では副長と同時に最先任の警視として、巽の腹心となり特機隊を手足のように動かす。 また非合法の対敵諜報機関「人狼」を組織したとも。 騒乱後は行方不明。 警察庁指定重要指名手配被疑者。 巽志朗 たつみしろう [首都警 騒乱時42歳 ]陸軍士官学校57期卒業。 最終階級は。 機動歩兵第42連隊中隊長。 に所属する彼の連隊は、当初約3000名いた将兵が台湾撤退時には200名となっていた。 昭和24年までの捕虜として抑留されるが、国府軍顧間として共産ゲリラ掃討作戦に参加したとの未確認情報あり。 警察予備隊発足時。 この時期、安仁屋、室戸と再会。 木村篤太郎、後藤田正晴の知遇を得た。 部下に調査学校より転属してきた半田元がいた。 首都警発足とともに特機隊隊長に。 騒乱時死亡。 室戸文明 むろとぶんゆい [首都警警視長 騒乱時42歳 ]京都帝国大学在学中に学徒動員で陸軍主計少尉に任官。 司令部附。 上官は主計大尉。 この時期に巽、安仁屋と知り合う。 昭和22年合格、翌年、内務省入省。 内務省解体後、内事局第二局 のちの を経てへ。 首都警設立以来、公安部長とし辣腕を振るい、首都警解体後は、長。 昭和54年公安調査庁長官に。 翌年、野党政治家のスキャンダルを探るなどの活動が国会で問題となり辞任。 昭和60年イギリスで事故死。 安仁屋勲 あにやいさお [首都警警視長 騒乱時42歳 ]病身の首都警本部長のもと副本部長と警備部長を兼ね、実質的に首都警を東ねる。 法学部在学中に学徒動員により陸軍主計少尉に 歩兵第42連隊および近衛第1連隊附。 この時、巽志郎と知り合う。 昭和22年合格。 同年度の合格者に、、室戸文明がいる。 昭和24年に任官。 このころより、当時ので、初代防衛庁長官を務めた自民党タカ派議員の本村篤太郎の知遇を得る。 のちに衆議院議員。 平成5年死去。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

ケルベロス・サーガ (けるべろすさーが)とは【ピクシブ百科事典】

プロテクトギア

概要 第二次大戦において日本がドイツに敗北し、占領された戦後を舞台とした作品群 一部例外有。 ドイツに負けた日本、という設定はプロテクトギアのドイツ軍燃え萌え的デザインに関してから後付けされた設定だが、ケルベロス・サーガは頻繁に設定が変更されており、シリーズの特徴となっている。 シリーズの顔であるのデザインも作品ごとに異なる。 のライフワークのひとつ。 世界設定 第二次世界大戦が・連合軍(日英同盟)と・の枢軸国によって戦われた世界。 1941年7月20日、クーデターによってを排除し、その名称をヴェアマハトからライヒスヴェア ナチス政権以前の名称 へと翻したドイツ軍は、、と停戦。 は幕を閉じた。 戦後、在日ドイツ軍統治後の混迷期から抜け出すべく強行された経済政策は治安の急速な悪化、失業者と凶悪犯罪の増加、また武装難民による『セクト』と呼ばれる反体制過激派戦闘集団の形成を促し、そして本来それらに対応するはずの自治体警察の能力を超えた武装闘争が、深刻な社会問題へと発展していた。 政府は、国家警察への昇格を目論む自治警を牽制し、同時に自衛隊の治安出動を回避するため、第三の選択を取る。 即ち、首都圏にその活動範囲を限定しながら高い戦闘力を持つ警察機関「首都圏治安警察機構」通称「 」の組織である。 強力な権限と戦闘能力を有する首都警は治安の番人としての栄誉を独占し、第三の武装集団として急速に勢力を拡大していったが、首都警の中核を成す実働部隊「 特機隊」と「セクト」の衝突は時に市街戦の様相を呈し、実を結び始めた経済政策が人々に「戦後」からの脱却を期待させる中、「特機隊」と「セクト」は世論の指弾を受け、やがてその孤立を深めつつあった。 強化服と重火器で武装しの俗称で犯罪者に畏れられた特機隊の精鋭たち。 時代は彼らに新たな、そして最終的な役割を与えようとしていた。 作品一覧•

次の

ケルベロス・サーガ

プロテクトギア

今回タカラが、以前から展開していたクールガールのラインにコミック版プロテクトギアを加え、ノーマルのブラックVer. に続いて、ジャーマングレーVer. を追加した。 彼女は押井守原作・藤原カムイ作画の漫画『犬狼伝説』の中に登場する首都警(首都圏治安警察機構)の武装部隊である特機隊(特殊武装機動警備大隊)のメンバーである。 ストーリーの中ではプロテクトギアを装着していた唯一のヒロインだが準主役の登場人物でしかない。 もっとも時系列的には実写の『赤い眼鏡(1987年)』が先であり、これにも悪魔の三人組の一人として登場する女性である。 この作品で「鷲尾みどり 25歳 」を演じたのは声優の鷲尾真知子であった。 アニメ「うる星やつら」の怪坊主チェリーの娘、友引高校保健婦サクラの声と言えばおわかりでしょう。 この映画『ビューティフル・ドリーマー(1984年)』と同様夢と現実がテーマとなっており、モノクロ映像(一部カラー)と相まって「地獄の番犬」より見やすい映画となっている。 なおかつ作品ごとにそれぞれプロテクトギアのデザインも異なっていたが、実写やコミックのプロテクトギアのデザインは出渕裕であった。 なおアニメの人狼版には参加していない。 ただ、藤原カムイのコミック版といってもクールガールに合わせてアレンジが加えられているので、各所が忠実に再現されたものではない。 マスク・デザインや吸排気パイプ等異なるところは多々あるし、バックパックの装備類も女性という前提で軽装にアレンジされている。 一番比較してしまうマスク周りもコミックでは他の突入隊員と同じプロテクトギアを翠さんも着ている。 しかし、設定では色々なタイプが存在することになっている。 今までのマスクの中では異質な顔つきと言え犬顔というより鼻筋の通った女性的な優しさを感じた。 また、コミック中においてヘルメットにナンバーは描かれていないが、後述の初期設定では突撃小隊の前衛3人組として紅一、翠、蒼一郎がチーム組んでいるとあるだけでナンバーについて記述はなかった。 『地獄の番犬』パンフ中では射的屋の異名を持つナンバー02「鷲尾みどり」とあり、03の根拠はハッキリしない。 「鷲尾みどり」と表記されていることから『紅い眼鏡』撮影時には02だったのだろう。 ちなみに『犬狼伝説 紅い足痕』の中では紅一は最初03ナンバーを付けていた。 黒崎が08となっていた。 一応タカラHPによると、ケルベロス・プロジェクトが始動しプロローグが鷲尾翠で、今冬にはケルベロス・サーガが本格始動とあり、単発で終わらないらしい。 楽しみなことだ。 犬狼伝説版プロテクトギア・鷲尾翠 in CG ノーマルのブラックVer. 凄みはブラックVer. の方がある。 射的屋の異名を持つ翠、ストック付きマウザーは漫画の中でも活躍して いた。 マウザーは木製ストックの中に収納可能だ。 バランスも最高!!シュマイザーは部分的に?か。 一番気になったのは、ヘルメットのパーティグラインが目立つことと、入念にデザインされたヘルメットだが 僅かにオーバーサイズぎみでバランスを崩していることか。 写真のカンプピストル、ラフェッテ付きMG34及び装備類はドラゴン製 こういうマイナー系のものに批評を書くこと自体見当違いだが、それでもちょっとだけクールガールについてコメントしてみたい。 そもそもクールガールのコンセプトは、男性向けのセクシーボディ+リアル顔植毛仕上げのアクション・ドールであった。 クールガールの特長であるこのセクシーなボディラインを出すため胸・腰周りや手足のバランス等強調されていて、コスチュームを着せ付けた状態で最良の格好良さが求められている。 例えば、コスチュームの材質と縫製の工夫により布のテンション利用して股関節にある可動のための隙間もあたかも詰まっているような感じを持たせて女性型アクションドールの欠点をコスチュームの観点から最小にすることに成功している。 更に激しいポーズ取りが可能な上、スタンドがなくとも自立させ易い特性を併せ持っていることも付け加えておこう。 性格付けも特技を持ったエージェント乃至クールなスーパーガールであったが、リアルな外観を持っているのに設定は架空のものなのだ。 つまり、精密なミニチュア・レプリカを売りにしている訳ではない。 そのため一部に熱烈なファンがいても広く一般にアピールする力が弱い印象だっだ。 開発者も当初の性格と変わり何でもありのシリーズになってきたとタカラのHPにコメントされ、間口を広げてきている。 クールガールの場合、あるキャラがリアル顔になったらこんな感じというイメージさえ壊されなけばトータルで新解釈が可能な点に発展性があり、アートな香りのする大人のコレクタブル人形の方向性が視野に入ると思う。 一部カスタムでは既に試みられているが、量産品ではまだチャレンジされていない。 従来の可愛い系の女玩やキャラクターフィギュアと大きく異なる新しさとなるのではないだろうか。 動物的ではない翠マスク、 番犬版は犬というより鼠顔 になったらしい 犬狼伝説表紙 1990年未完コミック タカラ製鷲尾翠 と 漫画イメージ キャラものとしては許容範囲の出来だと思うがどうだろう? 色々なマスク造形がある訳だが 、 パトレーバー2以降 出渕裕はメカデザインを担当しなくなったため、人狼以降の作 品では漫画の犬狼伝説の原案デザインから派生させたものに変化してきている。 今回の鷲尾翠もその流れの中の1つなのだが・・・。 人狼版は監督の 沖浦啓之がアレンジしたそうだし、既に ドラゴンとメディコムから発売になっている。 可能性は低いが最もチープな赤い眼鏡版が仮に出たらラインがほぼ完成することになる。 胸部には何故か電卓が付 いている。 何か計算するんでしょうか? フッ・・ そうそう「紅い足痕」版もあるか・・・ では、翠さんはどんなでしょう? 第一印象は、パーツ段階でアーマーの精度の高さと武器のシャープな出来にまず驚かされる。 取り付けてもその印象は変わらない、既存の甲冑タイプ・ドールの中でも非常に完成度の高いものである。 凛々しいカムイ顔の翠さんになっているのでコミックファンも納得する人が多いだろう。 ただ気になる点は、タクティカルパンツが腰周りでダブつきアーマーを取り付けると浮いて巨大化して見えてしまう弊害があることだ。 意図的なバランス採りとはいえ腰に合わせて肩アーマーも大型化しているためジオンのモビルスーツを連想してしまうのは私だけか? マスクの眼鏡も赤色集光レンズが使われ反射で光るように考慮されているが、やっぱり平面ガラスの方がイメージか・・・。 後は、ジャーマングレーVer. にはマーキング用デカールが用意されているのは親切だ。 しかし好きに貼れというのも不親切だと思う・・・。 せめて設定だけでも公開して欲しい。 漫画「犬狼伝説」の中では左手の防盾にツバメのような白マークのあるカットがあったが、マークかどうかは不明。 犬狼伝説 設定解説 押井守編(日本出版社のコミックに載っている犬狼伝説の初期設定)によると三頭犬のエンブレムを付けてケルベロスと呼ばれるのは突入隊員だけだそうだ。 更に、特機隊の組織は、大隊本部の下に第1から第3中隊が存在し、他にも輸送、通信、衛生、特科、管理等の中隊が存在した。 因みに、鷲尾翠は、第1突入小隊に属し、都々目紅一と鳥部蒼一郎の2人とチームを組んでいた。 前述の紅い眼鏡における悪魔の3人組だ。 かなり古い設定ゆえ一応参考と言うことで・・・。 右側マウザー+木製ストック兼ホルスター付きは タカラ製 ドラゴンに比べマガジンの脱着しか出来ず、可動 部分はない。 スタイルはバレルがドラゴンより細い 事と左右の併せの隙間が目立つ以外、スタイリン グに特に問題ない。 ドラゴンより優れている点はランヤードリングが付 いていることだ。 左側PPKとM712はドラゴン製 「地獄の番犬」版に付属していたもの PPKは戦前バージョン マウザーには当時驚かされた。 プロテクトギアを眺めつつ一連の作品群を自分なりに整合性、ストーリーを読み解いてみるのも秋の夜長にはピッタリでしょう。

次の