長野 じゅり あ 高校。 公立高等学校一覧/長野県教育委員会

平成31年度後期選抜学力検査問題正答・正答例及び評価基準/長野県教育委員会

長野 じゅり あ 高校

注)問題冊子は、教科により掲載できない箇所があります。 著作権者の許可が得られた場合、掲載しますので御了承ください。 (令和2年3月4日)• (令和2年2月27日)• (令和2年2月27日)• (参考)(令和2年2月27日)• (令和2年2月21日)• (令和2年2月18日)• (参考)(令和2年2月18日• 参考)• (令和2年1月7日)• (令和元年11月14日)• (令和元年11月11日)• 参考)(令和元年11月11日)• 令和元年10月21日)• 令和元年9月11日• (参考)(令和元年8月7日)• (令和元年8月7日)• 県立高等学校入学者選抜要綱(令和元年7月16日 8月6日訂正 ).

次の

公立高等学校一覧/長野県教育委員会

長野 じゅり あ 高校

概要 [ ] 郡立中学として開設され、県立中学校に移管の際は3つの支校を持つ県下で唯一専任校長の常勤する本校となったが、県立師範学校と旧制中学校のどちらを地元の長野町に優先して残すかについての松本町との駆け引きで複雑な前史がある()。 同窓会館であり、普段は生徒の学習室などとして利用される金鵄会館(旧南校舎)は、国のに登録されている。 なお、金鵄会館には、同窓会事務局のほか、長野県高等学校体育連盟の事務局も置かれている。 校章 [ ] 「」(きんし)に高の文字。 4月に長野北高校が発足した際にが新たに作成されていたものの、生徒の了解なしに作られたといった理由で評判が悪く改めて作り直すことになり、(現)の生徒から図案を懸賞募集し、北高校の生徒の投票によって現在の校章となった。 校歌・応援歌 [ ]• 校歌(山また山)• 旧応援歌の一つであった「金鵄の光」を改名して編曲して制定された。 編曲者は旧制長野中学校OBのである。 かつてはが校歌のように歌われていたが、の指導により現在の校歌に変更された。 さらにそれ以前は「大和心」が校歌であった。 南下軍• 立てや吾等が選手• 日新鐘の歌• 暁鐘の歌• 見ずや春風(野球部歌)• 凱歌 沿革 [ ] 年表 [ ] 国登録有形文化財 金鵄会館(旧南校舎)• (明治16年) - 上水内郡立中學校として開校。 が校長に就任した。 (明治17年) - 長野縣中學校長野本校となる。 (大阪府士族)が長野町の長野本校に校長として赴任。 この時期の名物教師としては、地理学者として著名なが挙げられる。 小林校長の姉の結婚相手の豫備門長や私立日本中学校長も歴任のも加わる政教社のメンバーとともに「雑誌日本人」を発行。 その表紙に描かれた意匠の蜻蛉は平家物語にも記述のある「日本蜻蛉州」が由来であり、また戦国武将に甲冑の前立や刀装、刀装具など武具の意匠として愛された。 後に蜻蛉が県立中学校の校章となった経緯には彼の影響力も大きい。 「日本の代表的中学校」になろう…との意味が込められたと云われている。 ジャーナリストとしても活躍の後、世界旅行に。 地理学者としての実地経験を豊富に体得して帰国した [ ] 愛知県岡崎市には地元の著名人として銅像がある。 (明治19年)9月 - 長野縣尋常中學校(5年制)と改称。 (松本)と県立中学(長野)の敷地交換が成立。 の規定である1府県1中学校制により長野本校は既に長野町に移転した松本の県立師範学校跡地に移転。 柳町キャンパスへの移転後の松本支校跡地は、寄宿舎・農業科・商業科などの敷地に利用される。 その後明治21年の松本大火により柳町キャンパスが全焼してしまったため「校長室」と「普通科」など長野県尋常中学校の核心部分を緊急避難先である、松本支校跡地の二の丸キャンパスの廃墟に増築して更に移転した。 (明治26年) - 1府県1中学校制の廃止により一本校三支校制が復活。 松本大火後の課程を松本支校跡地への緊急避難の後の増築で凌いだため、そこが本校となる。 上田と飯田は文字通り復活設置なものの、長野町には長野支校を長野町城山の皇典講究所の敷地に設置する運びとなる。 (明治26年)9月 - に校舎を新築、移転。 (明治30年) - が市制施行。 (明治32年) - 長野縣尋常中學校を 長野縣立長野中學校(上田支校含む)に、 長野縣立松本中學校(飯田支校含む)に改組し独立。 長野中學校には、文科大學を卒業した旧士で士族の三好愛吉が校長に就任、金鵄の校章を定める(松本中學校は小林有也がそのまま終身校長を務める)。 三好はその後()教授・校長に栄転、皇子傅育官長として皇太子時代のと皇子の高松宮、秩父宮の教育にあたる。 旧制二高の校長時代には21世紀の現代の東北大学卒業式に於いてさえ、彼の英名と共に総長告示に引用される東北大学の学風「野心(のごころ)」を確立させるなど、短い在職期間に次々と類稀なる教育者としての高邁な理想を示した。 また晩年には東京帝國大學に印度哲学科の創設を実現させ、安田財閥の安田善次郎に東大の大講堂の寄付を要請し、両名の逝去の後関東大震災を挟んで「安田講堂」が遂に竣工の運びとなった。 一方、小早川潔校長は、その後鳥取、岩手、茨城県尋常師範学校長など全国各地の師範学校長や滋賀県立彦根中学校長を歴任し、初等教育者の育成や中等教育に多大な尽力をした。 (明治40年) - が市制施行。 (大正9年) - 中学校令改正の影響で、長野縣令38号により 長野縣長野中學校に改称。 (大正9年) - に出場(全国大会初出場・中等学校としては唯一)。 (昭和15年) - 長野中学校は現在地に新校舎が落成し、移転。 新校舎は「興亜型」と呼ばれ、俯瞰すると馬蹄形で、校舎全体が金鵄の飛翔を現す(このタイプの建造物で現存は本館など)。 この年、長野市立中学校が栗田丘キャンパスに開校(後の長野市立高等学校、長野北高校に合併)。 (昭和22年) - 校歌がから応援歌の1つだった通称「山また山」に変更。 (昭和23年) - により、長野県長野中学校が 長野県長野北高等学校と、長野市立中学校が となる。 (昭和24年) - 長野県長野北高等学校が長野市立高等学校を統合。 (昭和32年)4月1日 - 長野県長野高等学校に改称、文化祭名も「北高祭」から「金鵄祭」に改称。 (昭和37年)8月 - 野球部がに出場(これは長野県下の旧制中等学校系統の高等学校では現在でも唯一である)。 (昭和44年)• - 生徒大会にて制服自由化承認。 - 職員会議にて、11月1日から服装規定を廃止し、昭和44年度末までを試験期間とする決定を下す。 (昭和57年)3月 - に出場(選抜初出場)。 (昭和60年)3月 - に3年ぶり2度目の出場。 (平成6年) - 新校舎において授業開始。 (平成8年) - 公式ホームページ開設。 (平成11年) - 創立100周年記念式典が挙行される。 (平成15年) - 金鵄会館がに登録される。 (平成26年)4月 - (SGH)指定(2019年3月まで)。 教育目標 [ ]• を重んじ、真理と平和を愛し、国家社会の有為なる人材の育成を期する• 高邁にして明朗闊達、至誠一貫、質実剛健、和衷協同の精神を涵養し、身体の鍛錬と相まって心身の調和的な発達をはかる• 生徒の個性を豊かに伸ばし、各々その目的を達成させるために適切なる指導をする 学校行事 [ ] 7月上旬に文化祭の「金鵄祭」が行われ、一般にも開放されている。 金鵄祭の際には講演会が行われ、近年では、、、やOBである、、、、などが講演を行った。 生徒会活動・部活動など [ ] クラブ活動 [ ] 本校のクラブ活動は、各班・部・同好会の活動に分かれる。 主な大会等の活動成績は、吹奏楽班が東海大会に多数出場、全国大会で金賞を数回受賞している。 合唱班はにNHK全国学校音楽コンクール全国大会に出場した。 管弦楽班は全国高等学校選抜オーケストラフェスタに出場経験多数である。 (平成16年)には、放送部がのテレビドキュメント部門で優秀賞を獲得している。 新聞部の発行する学校新聞「長高新聞」は、前身となる「北高新聞」が(昭和23年)に創刊され、かつてはの認可を取っていたこともあった。 交通 [ ] 鉄道駅 [ ]• - 徒歩約15分 バス停留所 [ ]• ・「上松東」バス停(徒歩0分)• 長電バス「長野高校」バス停(徒歩約1分)• アルピコ交通「長野高校入口」バス停(徒歩約3分) 著名な出身者 [ ] 政治・経済 [ ]• - 元議員(議員・初代・・)• - (1947年 - 1951年)• - 長(2010年 - )• - 元• - 元NHKプロデューサー• - 長(2012年 - )• - 長• - 株式会社(旧 ライブドアホールディングス)代表取締役社長• - (2012年 - 2013年)、作家、ジャーナリスト• - (2014年 - )• - 長(2013年 - )• - 社長• - 元(・・)• - 元衆議院議員(貴族院議員・・)• - 元社長• - 館長(元東宮侍従長・元特命全権大使、元駐タイ王国特命全権大使)• -アナウンサー• - 神奈川県知事(1942年 - 1944年)• - 現衆議院議員(農林水産副大臣)• - ラジオパーソナリティー、フリーキャスター• - アナウンサー• - 長野市長(1985年 - 2001年)• - NHKアナウンサー• - 元参議院議員(長野市長(1962年 - 1973年)・・)• - 富山県知事(1944年)、元衆議院議員• - 沖縄県知事(1941年 - 1943年)、大分県知事(1943年 - 1944年)• - 社長• - (現・花王)元社長• - 元参議院事務総長、長• - 元参議院議員• - ㈱代表取締役社長(2015年 - 2019年)• - ニュースキャスター• - 長野県知事(1980年 - 2000年)• - 創業者(元 RIAJ 会長)• - 長野市長(2001年 - 2013年) 法曹 [ ]• - 、、レギュラー出演者• - 、弁護士、副会長、• - 初代所長、長官、• - 長、部総括判事、• 最高裁判事の才口千晴(元東京弁護士会長)を筆頭に、新設の知的財産高等裁判所の15名のメンバーのうち、長官と現役判事を同時に輩出している。 教育・科学 [ ]• - 仏教学者(総長)、住職• - (教授、)• - ・()• - (教授)• - (名誉教授)• - 経済学者(名誉教授)• - (元衆議院議員、経済企画庁長官、首相特別補佐官)• - (貴族院議員、、初代法学部長(教授)、)• - (、)• - 歴史学者(名誉教授)• - (東京大学教授)• - 東京大学大学院総合文化研究科教授• - 法政大学大学院政治学研究科教授• - 名誉教授• - 内科医(癌化学療法)、加齢医学研究所(旧抗酸菌病研究所)臨床癌化学療法部門• - 磁気工学 、名誉教授および公益財団法人専務理事• - 法学者(学長)• - 地球科学者(教授)• - 労働法学者(名誉教授)• - 数学者(教授)• - 政治学者(総合政策学部教授) 文学・芸術 [ ]• - 作家• (、教授)• - フリージャーナリスト• - 漫画家• - 、受賞作家• - 大宅壮一ノンフィクション賞受賞作家• - 将棋プロ棋士• - 漫画家• - 新潮ドキュメント賞受賞作家• - 文芸評論家• - ルポライター• - 劇作家• - 「Quick Japan」編集長 旧陸海軍 [ ]• - 旧少将(北京大使館付武官・支那派遣軍参謀)• - 旧日本海軍中将• - 旧日本陸軍(史上最年少)、硫黄島日本守備隊司令官、• - 旧日本海軍戦闘機搭乗員 スポーツ [ ]• - 、• - プロ野球選手• - プロ野球選手• - スキージャンプ指導者(長野オリンピックスキージャンプ監督、団体金メダル)• - 選手(3大会連続出場) 脚注 [ ] [] 注釈.

次の

長野県の高校情報(偏差値・評判・入試情報・掲示板)|みんなの高校情報

長野 じゅり あ 高校

高等学校授業料の減免制度 県立高校 県立高等学校では、授業料の徴収対象となった者のうち、生活が困窮し、授業料の支払が困難な者を対象とした授業料の減免制度を設けています。 1授業料の徴収対象者 授業料の徴収対象となる者は、次の場合です。 平成26年3月31日以前に入学した者で、休学や留学など特別な事情がなく高等学校に在学した期間が通算して36月(定時制・通信制の場合は48月)を超えた場合• 平成26年4月1日以降に入学した者で、保護者の道府県民税所得割額と市町村民税所得割額の合算額が507,000円を超えている場合 2授業料の減免対象者 授業料の徴収対象者のうち、次の要件のいずれかに該当する場合に、授業料減免の対象となります。 保護者が生活保護法で規定する要保護者である場合• 保護者の市町村民税が非課税である場合• 保護者の死亡、障がい又は傷病等により著しく生活が困難となった場合• 災害、生業不振、その他の理由により著しく生活が困難となった場合• ただし、定年退職・離婚等による場合は除きます。 3授業料減免の申請方法 上記の要件に該当する場合は、保護者と連署した授業料減免申請書に必要書類を添付し、在学する高等学校の事務室に提出してください。 申請は随時受け付けています。 4問合せ先 在学する高等学校の授業料担当、又は教育委員会事務局高校教育課(直通電話:026-235-7428、E-mail:) 県立高等学校授業料及び入学料、入学審査料のページへ 私立学校 県では、県内の私立高等学校で学ぶ生徒の保護者の経済的負担を軽減するため、授業料と入学金の一部を補助しています。 補助内容や要件、申請の手続きなどについては、私立高等学校授業料軽減事業補助金に係るページをご覧いただくか、私学・高等教育課(直通電話:026-235-7058、E-mail:)までお問い合わせください。 私立高等学校授業料軽減事業補助金(私学・高等教育課)のページへ.

次の