おう せん キングダム。 【キングダム】謎多き将軍王翦(おうせん)!その魅力とは!?

【キングダム】王翦(おうせん)の強さと史実

おう せん キングダム

ここから、王翦の魅力や裏話を紹介していきます キングダムに出てくる王翦(おうせん)は、歴史上の事実でも実在した人物として記録があり、「 百戦錬磨」の勇者であったと明らかにされています。 そのストーリーはキングダムにも受け継がれており、彼は物語の中で最強の武将に一番近い人物として描かれているのです。 それとは裏腹に、彼の特徴は一言で表すなら「保身」です。 自分を犠牲にしてでも、祖国を護るという信念が王翦には欠片もなく、あるのは保身、つまり自分の将来の安定のみ。 野心家であるのはもちろんですが、それは全て自分の将来が安泰であるためのもので、他は特に興味がある訳ではないです。 ですから、戦いの中でも彼が任されているのは最前線部隊ではなく、守備であるケースが多いんですね。 保身に走る王翦は、物語でとても重要な立場を取っていることは間違いありません。 スポンサーリンク 2.王翦の活躍から判明した驚きの性格 最強の武将とも言われる王翦ですが、どのような 性格をしているのでしょうか?• 自分勝手• 冷静沈着• 思慮深い• 我がまま• 他人を気遣わない• 保身 王翦は大事な役割を担うキャラクターなので、それなりに出番がある事から上記のような性格をしていると判明しています。 前述した通り、王翦は保身のプロともいえるべき存在なので、性格もそれに付随しているんですね。 まず自分勝手な性格が挙げられ、 他人を気遣う姿勢を一切見せることがありません。 仲間をゴミを見るような視線を投げつけ、自分の身を第一にする行動を、たとえ周囲が批判しようと行います。 戦乱の世にあって多くの戦績をあげている点から、冷酷で冷静沈着な性格をしているのも分かりますね。 他人を気遣わず保身に走るその姿勢は、周囲から恐れられるのと同時に カリスマ性を帯びているのは言うまでもありません。 また、自分が一番かわいいという人間らしさを、等身大で表現しているため、そこに好感を得る読者は多いです。 スポンサーリンク 3.王翦は危険人物?あり得ない能力を紹介! キングダムの王翦は、「 心理操作」などを織り交ぜた複雑で重厚な戦術を得意としています。 防御こそ最強の攻撃であることを、彼は一番よく理解しているので守りに関しての能力はけた違いです。 利己的な人物で「我が王に相応しい」と思っていたので、周囲からは危険人物とみなされ重要な役職に就くことが出来ませんでした。 それでも能力は高く評価されており、敵に回すワケにはいかないとしてそれなりの待遇を得ていたと言われています。 若手の将軍たちを指導する名誉ある立場に就いていましたが、老齢を理由にして一旦は引退。 実力主義で知られる秦王政が、自分を役立たずだと思われないようにした彼の策略であり、先見の明もあると分かるでしょう。 腕っぷしだけじゃなく、未来を見通す能力、そして守りに精通した戦略に長けた頭脳が合わさった王翦は、まさに最強と言えます。 スポンサーリンク 4.王翦の実力がよく分かる驚愕のエピソード キングダムに登場する王翦の最大の活躍といえば、「 項燕との戦い」でしょう。 秦王政は楚を滅ぼすための計画を立て、王翦以外の武将に「どれぐらいの兵力が必要か」と尋ねました。 2人の武将は「20万人で十分」と答えましたが、王翦は「60万人が必要」と3倍の兵力が戦に勝つためには必要であると回答。 秦王政は、王翦が老齢のために判断が鈍っていると考え、兵力20万を採用して楚に戦を仕掛けます。 ところが、20万では到底勝つことができず、惨敗し秦の本拠地にまで楚軍が攻めてくる始末。 秦王政は王翦に60万の兵士を預けて、 楚軍との戦いを任せた結果勝利を収めました。 彼は全面対決になれば負けると分かっていたので、砦から外に出ることはなく、楚軍が挑発してもそれに乗りません。 膠着状態が続いた後、攻めてこないと判断した楚軍は撤退を始めますが、ここを勝機と見た王翦は追撃を開始。 あっという間に楚軍は全滅し、その勢いのまま楚本拠地に攻撃をしかけ、楚は全滅しました。 彼がいかに守りにおいて長けた能力を有していたか、この活躍からよく分かりますね。 スポンサーリンク 5.キングダムに出てくる王翦と秦王政とのアヤシイ関係 キングダムに出てくる王翦と秦王政とは、今後どんな関係に発展すると予想されているのでしょうか? 歴史上の事実では、60万人の兵を王翦に預けることになりますが、まだ物語はそこまで進展している訳ではありません。 オリジナルストーリーを取り入れる可能性は十分にありますが、2人の関係については歴史上の事実通りに進むと読者は予想しています。 というのも、この部分を変更すると秦が滅亡する可能性が発生するため、変えるのは難しいからです。 20万人の兵士を投入したものの、楚軍に大敗した秦王政は信頼を寄せていた王翦に60万の兵士を託します。 しかし、この兵力は秦のほぼ全軍に等しいので、 彼がクーデターを起こせばほぼ成功するに等しい力。 そのため、王翦は秦王政に「戦に勝利したら褒美をくれ」と、しつこく手紙を送り、クーデターを起こすつもりは毛頭ないとアピールしました。 疑いが強くなれば殺されると分かっていた王翦は、自分の身を守るためにも何度も「自分はクーデターなんかやらない」と伝えていたんですね。 信頼関係が強くなり、結果として秦王政は強敵として知られた楚を滅ぼすことに成功。 この歴史上の事実通りに進むことが予想されるので、キングダムにおける両者の関係は強くなると考えられます。 スポンサーリンク 6.キングダムの王翦に待ち受ける今後とは? 王翦は今後、どのような運命が待ち受けていると予想されているのでしょうか? 歴史上の事実では60万もの大軍を扱うことを任された王翦が、見事に楚を打ち破り大活躍をしました。 疑り深い性格で、少しでも実力に陰りが見えてきた武将を粛清させてきた秦王政を、王翦は知り尽くしていたんですね。 そのためクーデターを起こすつもりはなく、その後に貰える褒美だけしか気にしていないことを手紙を何度も送ってアピールします。 これによって疑いが晴れ、楚を打ち破った後も秦王政から疑いを持たれずに 平安のうちに天寿を全うしました。 ですから、キングダムの王翦の今後も歴史上の事実と同じように進むだろうと、多くの読者は予想しています。 しかしながら、フィクションの世界が十分に入り込んでいるキングダムですから、その通りになっては面白みに欠けるとの意見があります。 秦王政が王翦より1枚上手で、使うだけ使って後は処分するという冷淡な行動に出たらさらに予測不能な展開になると予想するファンも…。 いずれにしても、秦が今後どうなるかは王翦の活躍にかかっているので、 物語のキーマンには変わりありません。 スポンサーリンク 7.キングダムの王翦が残した名言特集! キングダムに出てくる王翦は、以下に挙げるような 名言を残しているので紹介していきます。 私は絶対に勝つ戦しか興味はない!• この愚か者が!• 準備はある、心配は無用だ• よく知らせてくれたまた何かあったら頼むぞ• 違う!基本は右半身中断だ• 敗軍の将には死をそれが戦場の鉄則だ 保身を絵に描いたようなキャラクターである王翦なので、一番最初に取り上げた名言は彼の代名詞のようなものです。 ここまで保身に走ったからこそ、戦国時代でも輝かしい功績を遺せたのでしょう。 キングダムの王翦まとめ ここでは、 王翦の特徴や性格、活躍や能力などについて紹介していきました。 王翦は自分の命が一番大事であり、仲間もゴミを見るような視線を投げるほど冷酷な性格をしています。 歴史上の事実では楚を滅ぼすキッカケを作るなど大活躍をし、物語でも最強クラスの武将として描かれそのどう猛な顔つきは、見る者を恐怖のどん底に突き落としているのです。 今後も活躍が期待されているので、彼の活躍から目が離せませんね!.

次の

人物紹介

おう せん キングダム

政は自らを殺そうとした燕を滅ぼす 秦王政は自らを殺そうとした燕の太子丹に激怒。 王翦や王翦の息子であるなどの諸将に命じ、燕へ出陣させます。 王翦や王賁の活躍により、燕の諸城は次々と陥落し、ついに燕の都である 葪 けい を陥落させます。 燕王は命からがら遼東半島に逃れ、自らの息子である太子丹を殺害。 その首を秦王政に送り、許しを請います。 政は太子の首を見て満足し、一時的に燕王と和議を結びます。 こうして燕の討伐に成功した王翦は、秦の首都咸陽へ凱旋します。 進言を聞いてもらえず家に閉じこもる 趙が滅び、燕は滅亡寸前、魏は王翦の息子王賁の活躍により、滅亡。 こうして残っているのは超大国楚と斉です。 秦王政は自らのお気に入りの将軍であるに 「信よ。 楚を滅ぼすのにどれくらいの兵力が必要だ」と尋ねます。 すると信は「政。 俺に20万の兵力をくれれば、楚を倒して見せるぜ。 」 と強気の発言をします。 政は信の強気の発言を聞き、頼もしく思います。 次に重臣である王翦に「王翦よ。 楚を滅ぼすのにどれくらいの兵力が必要だ。 」と尋ねます。 すると王翦は「60万は必要ですな。 」と告げます。 政は王翦の言葉を聞き「王翦よ。 そのように弱気では、楚を滅ぼすことなんて 出来んぞ」と言い、李信に副将としてを付け、 蒙武と共に20万ずつ兵を与え、出陣させます。 王翦は自らの進言が聞き入れられないと分かり、 拗ねて家に閉じこもります。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 蒙武と信の楚遠征軍は大敗北 蒙武と李信は軍を分けて楚に侵攻を開始。 二人の軍勢は楚の城を次々に陥落させていきます。 しかし楚の最後の名将・項燕の軍が秦の軍勢を打ち破り、 信と蒙武は大敗北。 信は自らの配下としてつけられていた武将七人を討ち死にさせ、 ほとんどの兵を失い咸陽へ帰還します。 【次のページに続きます】.

次の

王翦(おうせん)将軍とは?桓騎(かんき)とキングダム最強はどっち?

おう せん キングダム

嬴政陣営• 嬴政 【国王】中華を統べる事を夢見る若き秦国国王• 成蟜 【王弟】兄王・政に協力し勢力拡大に励む• 昌文君 【左丞相】政の教育係りから一番の側近へ• 向 【大王側室】政を心から慕う芯の強い宮女• 麗 【王女】政と向の間に生まれた娘• 陽 【宮女】気の強い向の親友• 瑠衣 【王弟第一夫人】屯留出身の成蟜の第一夫人• 肆氏 【文官】竭氏の反乱鎮圧後、政の側近となる 飛信隊• 信 【飛信隊:隊長 五千人将】五千人将まで登りつめた王騎の遺志を継ぐ者• 河了貂 【飛信隊:軍師】飛信隊を動かす頭脳明晰な女軍師• 羌瘣 【飛信隊:副長 三千人将】復讐の「先」を見付けた飛信隊の頭脳兼右腕• 渕 【飛信隊副長】もっとも古株な副長• 楚水 【飛信隊副長】有能な働きで飛信隊を支える• 尾平 【飛信隊什長】お調子者だが仲間思い• 岳雷 【飛信隊】寡黙な元麃公兵• 我呂 【飛信隊】麃公軍から編入 呂不韋陣営• 呂不韋 【元相国】秦王の座をおびやかす最大勢力の長• 昌平君 【右丞相 呂氏四柱 】文武に優れた秦軍の総司令• 蒙武 【大将軍 呂氏四柱 】次世代の秦国を担う秦軍最強の猛将• 蔡沢 【文官 呂氏四柱 】秦に長く仕える外交のプロフェッショナル• 李斯 【文官 呂氏四柱 】厳格なる法の番人• 蒙毅 【文官】軍師を志す貂の兄弟子 秦軍• 麃公 【大将軍】戦場の匂いを嗅ぎ取る本能型将軍の極み!• 蒙驁 【大将軍】確かな腕と眼力を持つ秦を代表する大将軍• 張唐 【大将軍】確かな経験を持つ頑固一徹な老将• 王騎 【六大将軍】亡き後もその意志は信の中に• 摎 【六大将軍】六大将軍にして昭王の実の娘• 騰 【大将軍】捕らえどころがない王騎の元副官• 録鳴未 【将軍】激烈な性格の王騎軍筆頭• 隆国 【将軍】王騎の意思を継ぐ元第2軍長• 千央 【将軍】死闘の中で活路を見出す!• 王翦 【将軍】王の座を狙うミステリアスな知将• 桓騎 【将軍】友軍すら身構える残虐非道な元野盗• 雷土 【桓騎軍:副官】自信も軍を率いる桓騎軍副官• 黒桜 【桓騎軍:副官】桓騎を慕う女性副官• 摩論 【桓騎軍:参謀】奇策を操る桓騎軍参謀• オギコ 【桓騎軍:千人将】桓騎のお気に入り千人将• 王賁 【玉鳳隊:隊長 五千将】次世代将軍の筆頭候補!• 関常 【玉鳳隊:千人将】王翦から編入された切れ者の千人将• 蒙恬 【楽華隊:隊長 二千将】蒙武を父に持つ才気溢れる秦将• 陸仙 【楽華隊:副長】蒙恬に付き従う副長• 壁 【将軍】将軍に昇進した昌文君の右腕• 尚鹿 【将軍】壁の幼馴染みも将軍に• 袁夏 【将軍】成蟜を慕う将軍 山の民• 楊端和 【山の民・大将軍】山民族を束ねる山界の死王• バジオウ 【山の民】双刀を扱う山民族ナンバー2• タジフ 【山の民】山民族有数の怪力の持ち主• シュンメン 【山の民】山界一 屈強な鳥牙族の代表• ランカイ 【山の民】成蟜の元から山の民へ その他• 羌象 【羌族】外界を夢見た羌瘣の姉的存在• 羌明 【羌族】羌族の情報を流している一団の長• 幽連 【幽族】現蚩尤で羌瘣の仇討ち相手• ムタ 南越ベッサ族の戦士• 漂 政の影武者となった信の幼馴染.

次の