青雲 線香。 お線香・お香・インテリアフレグランス

日本香堂

青雲 線香

・知っていれば香典を送りたかった葬儀もあり残念に思う 64. 6% ・知っていれば参列したかった葬儀もあり残念に思う 62. 3% ・今さら香典を送るのもためらわれ困ってしまう 60. 5% ・このままご縁が遠くなってしまいそうでさびしく思う 59. 6% ・何か供物を送りたいが、適当なものが分からず困ってしまう 47. 6% ・遅ればせながらも、お悔やみの手紙を出す 電話 ことがある 57. 3% ・年賀状のリストから外すだけで終わってしまうことが多い 56. 3% ・遅ればせながらも、香典を送ることがある 38. 3% ・寒中見舞を出すようにしている 29. 4% ・遅ればせながらも、供物を送ることがある 16.

次の

【楽天市場】日本香堂 青雲バイオレット バラ詰【お線香】【進物】【お盆】【お彼岸】【ご自宅用線香】【ロングセラー】【煙少ない】【煙少】【かなり少ない】【線香】【バラ詰み】【フローラル】【喪中見舞い】【換気】【空気清浄】:お香・数珠・仏壇のe

青雲 線香

株式会社 日本香堂 Nippon Kodo Co. ,Ltd. 市場情報 非上場 略称 日本香堂 本社所在地 〒104-8135 4-9-1 設立 (17年) 創業: (3年) 事業内容 線香・キャンドル等の製造・販売 代表者 代表取締役 資本金 9,000万円 売上高 133億6百万円 (2017年3月期) 従業員数 370人 (2018年12月現在) 関係する人物 (元社長、現取締役兼) 外部リンク 特記事項:天正3年に創業。 (4年)にの東京出張所となり、(17年)に東京孔官堂として現法人設立。 (40年)、孔官堂との関係が決裂。 株式会社日本香堂(にっぽんこうどう、 Nippon Kodo Co. ,Ltd. )は、の製造販売を手がけるである。 概要 [ ] 線香の2大ブランド「青雲」「毎日香」を有するメーカー。 高度成長期に、主に雑貨店、仏壇店で販売されていた線香をスーパーマーケットを中心に販売することで急成長を遂げた。 主要な商品は、線香のほか、お香、焼香、、仏事用蝋燭、アロマキャンドルなどで、薫香類の製造、販売額は国内トップシェア。 上記商品の製造販売のみならず、、、、、国連本部などで、を紹介するイベントを開催したこともある。 商品のプロモーションを伴わない企業イメージを高める活動にも積極的で、全国の小中学生を対象にした「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」は2000年より、毎年継続されており、2012年度は7万を超える点数の応募を集めている。 沿革 [ ]• (3年) - 創業。 (42年)- 「毎日香」を発売。 (4年) - の老舗線香メーカー・の東京出張所となる。 (昭和17年) - 株式会社東京孔官堂 として独立。 (昭和22年) - に本社を移転。 (昭和40年) - 「青雲」発売。 (昭和41年) - 社名を 株式会社日本香堂に変更。 (昭和42年) - 線香業界としては画期的なテレビを開始。 (昭和55年) - 小仲正久、社長就任。 (3年) - 設立者・小仲正規、死去。 (平成4年) - 小仲正浩、社長就任。 小仲正久は会長就任、50周年を機にCI導入• (平成12年) - 小仲正克、社長就任。 (平成15年) - ベトナム工場設立。 (平成23年) - 関連会社の株式会社中央銀座ビルディングを吸収合併して、である 株式会社日本香堂ホールディングスに移行。 同時に、旧法人の事業を継承した新法人 株式会社日本香堂を設立。 グループ会社 [ ]• 日本香堂ホールディングス• 鬼頭天薫堂• GENIECO,Inc. 銀座らん月• 日香プロモーション• 日香リソーセス ほか 主要ブランド [ ]• やさしい時間• 花いずみ• 宇野千代淡墨桜• 花の花• ルーミィ• フローレンス• アンミング• ESTEBAN• 毎日ローソク 他 提供番組 [ ] テレビ [ ] 特に記述のない番組は系。 (系)• (毎週木曜日)• (2015年10月 - ) 過去• (日本テレビ系)• (系)• (TBS系)• (TBS系)• (毎週月曜日)• (毎週土曜日)• (隔日)• (朝日放送、毎週土曜日)• (毎週木曜日)• (毎週金曜日)• (毎週土曜日)• (2013年10月 - )• 1時台• (2019年10月 - 2020年3月)• () ラジオ [ ] 現在• ・()• (・のみ)• ・お便りさまさま(、火・木のみ)• ・天気予報 、火・木のみ 過去• ・()• ・げさの朝ドキッ! () CM [ ]• は、(42年)のテレビコマーシャル開始以来、(21年)に死去するまで「毎日香」のCMに出演。 死去後も『「星の王子様」になった5代目三遊亭円楽師匠から』と題し、後述ののCMが開始されるまで、生前に収録されたナレーションを放送していた。 に所属する5代目圓楽の弟子も出演しており、「毎日ローソク」のCMに出演した6代目圓楽(当時の三遊亭楽太郎)のほか、落語家(三遊亭楽大)時代のも「青雲」のCMに出演していた。 (22年)2月から楽太郎が6代目圓楽を襲名し、同時に「毎日香」CMの語りを担当することになった。 なお、CMはさだきち君やかおりちゃんが出てくるアニメ版から一転、円楽一門とは関係ない家族がお墓参り(彼岸前の時期に放送)や主人公の子どもの親の実家の仏壇参り(お盆及び彼岸の時期以外に放送)などに行ったり、お盆にナスやきゅうりで動物を作ったりする(お盆前の時期に放送)実写版となっている。 また、CM音楽はオリジナルCMソングではなく、オリジナルになっている。 ただ、発生後は放送されておらず、当社が主催する絵画コンクール「」で受賞した作品をアトランダムに放送、コンクールの選考委員長を務める画家のがナレーションを務めるバージョンに差し替えられていた(現在は、6代目圓楽バージョンに戻っている)。 『』でも、何度か楽太郎時代に師匠の毎日香・語りの後釜を狙っているとネタにした(あるいはされた)ことがあったが、6代目圓楽襲名と同時に現実になった。 現在の「青雲」のは の歌唱で、の演奏をバックに歌唱するCMが2020年4月から放送されている。 過去にはや、が歌っており、このうち森田公一版は『』に収録されている。 発生後は、後半にあったナレーションを取りやめ、「強く生きよう、青雲。 このたびの東北地方太平洋沖地震により、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。 一日も早い復興をお祈りします。 」というテロップ表示に差し替えていた。 「毎日ローソク」、「青雲アモーレ」などの近年のCMソングはによる。 「毎日ローソク」のCMには過去には前述の通り三遊亭楽太郎時代の6代目圓楽が出演していたが、現在はがナレーターとして出演中。 1980年代に放送された毎日香のCMソング「心のつばさ」はさとうの歌唱である。 近年では新たな需要創造に力を入れており、進物用線香の拡売には、等で遅れて死去を知った際の香典代わりとして利用されていることをCMを通して情報発信している。 このシリーズは同社がスポンサーを務めるラジオ番組との連動で行われている。 2008年・2009年・2012年は『はがきでこんにちは』のパーソナリティーであるが出演している。 特に5代目圓楽の逝去直後の『笑点』では、喪中はがきが届く時期でもあったため、この進物用線香のCMが放送されていた。 また、2010年からは同じく『』の『』のスポンサーでもあるため、テレビCMではから流れてくるとがトークをするという形で伝えている。 なお2013年度からは、・の両名が起用されている。 2012年からは、「見舞い」にご進物用お線香を送る、というバージョンも開始され、こちらはが出演している。 5月第2日曜日のの由来が亡き母を弔う式典がきっかけで始まったことから、天国の母を弔う「母の日参り」を推奨している。 こちらは歌手のを起用したCMを母の日に合わせて放映していたが、2012年からは、・夫妻の出演バージョン、2016年からはの母娘編に交代となった。 後に行われた同社の社員旅行でのからの手紙がきっかけで、秋より「心のケータイ」と題した三行詩の募集と作品発表を行うことになり、CMではクリーンのプロモーションと併せて、の歌唱とともに三行詩の作品が紹介されている。 2014年からは、三行詩をベースとした、「母の日参り」ならぬ 「父の日参り」のプロモーションを開始している。 CMキャラクター [ ] これらのキャラクターはとして販売店に提供される場合のある宣伝部材にあしらわれたものがあり、ポスターのほか製の立て看板や回転灯篭、または団扇や下敷きなど顧客配布用のキャラクターグッズがみられる。 さだきち君 詳細は「」を参照 CM出演者 [ ] 語り・ナレーションも含む 現在の出演者• (「毎日香」の語り、過去には「毎日ローソク」三遊亭楽太郎時代)• (「かたりべ」のナレーション)• (「青雲」のナレーション)• (2013年度からの「喪中見舞い」編に出演)• (同上)• (見舞い)• (同上)• (母の日参り「かたりべ」)• (同上)• (「やさしい時間」)• (同上)• (同上)• (「青雲の歌」編、2020年) 過去の出演者• (「毎日香」の語り)• (「青雲」三遊亭楽大時代)• (「毎日香」の語り)• (「毎日ローソク」)• (母の日限定CM出演)• ・夫妻(母の日参り「かたりべ」) この他、のが時代の、「青雲」のCMに揚げをする少女の一人として出演した。 関連項目 [ ]• 小仲正久会長の次男。 脚注 [ ] [].

次の

線香のおすすめ人気ランキング10選【アロマとしても!】

青雲 線香

株式会社 日本香堂 Nippon Kodo Co. ,Ltd. 市場情報 非上場 略称 日本香堂 本社所在地 〒104-8135 4-9-1 設立 (17年) 創業: (3年) 事業内容 線香・キャンドル等の製造・販売 代表者 代表取締役 資本金 9,000万円 売上高 133億6百万円 (2017年3月期) 従業員数 370人 (2018年12月現在) 関係する人物 (元社長、現取締役兼) 外部リンク 特記事項:天正3年に創業。 (4年)にの東京出張所となり、(17年)に東京孔官堂として現法人設立。 (40年)、孔官堂との関係が決裂。 株式会社日本香堂(にっぽんこうどう、 Nippon Kodo Co. ,Ltd. )は、の製造販売を手がけるである。 概要 [ ] 線香の2大ブランド「青雲」「毎日香」を有するメーカー。 高度成長期に、主に雑貨店、仏壇店で販売されていた線香をスーパーマーケットを中心に販売することで急成長を遂げた。 主要な商品は、線香のほか、お香、焼香、、仏事用蝋燭、アロマキャンドルなどで、薫香類の製造、販売額は国内トップシェア。 上記商品の製造販売のみならず、、、、、国連本部などで、を紹介するイベントを開催したこともある。 商品のプロモーションを伴わない企業イメージを高める活動にも積極的で、全国の小中学生を対象にした「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」は2000年より、毎年継続されており、2012年度は7万を超える点数の応募を集めている。 沿革 [ ]• (3年) - 創業。 (42年)- 「毎日香」を発売。 (4年) - の老舗線香メーカー・の東京出張所となる。 (昭和17年) - 株式会社東京孔官堂 として独立。 (昭和22年) - に本社を移転。 (昭和40年) - 「青雲」発売。 (昭和41年) - 社名を 株式会社日本香堂に変更。 (昭和42年) - 線香業界としては画期的なテレビを開始。 (昭和55年) - 小仲正久、社長就任。 (3年) - 設立者・小仲正規、死去。 (平成4年) - 小仲正浩、社長就任。 小仲正久は会長就任、50周年を機にCI導入• (平成12年) - 小仲正克、社長就任。 (平成15年) - ベトナム工場設立。 (平成23年) - 関連会社の株式会社中央銀座ビルディングを吸収合併して、である 株式会社日本香堂ホールディングスに移行。 同時に、旧法人の事業を継承した新法人 株式会社日本香堂を設立。 グループ会社 [ ]• 日本香堂ホールディングス• 鬼頭天薫堂• GENIECO,Inc. 銀座らん月• 日香プロモーション• 日香リソーセス ほか 主要ブランド [ ]• やさしい時間• 花いずみ• 宇野千代淡墨桜• 花の花• ルーミィ• フローレンス• アンミング• ESTEBAN• 毎日ローソク 他 提供番組 [ ] テレビ [ ] 特に記述のない番組は系。 (系)• (毎週木曜日)• (2015年10月 - ) 過去• (日本テレビ系)• (系)• (TBS系)• (TBS系)• (毎週月曜日)• (毎週土曜日)• (隔日)• (朝日放送、毎週土曜日)• (毎週木曜日)• (毎週金曜日)• (毎週土曜日)• (2013年10月 - )• 1時台• (2019年10月 - 2020年3月)• () ラジオ [ ] 現在• ・()• (・のみ)• ・お便りさまさま(、火・木のみ)• ・天気予報 、火・木のみ 過去• ・()• ・げさの朝ドキッ! () CM [ ]• は、(42年)のテレビコマーシャル開始以来、(21年)に死去するまで「毎日香」のCMに出演。 死去後も『「星の王子様」になった5代目三遊亭円楽師匠から』と題し、後述ののCMが開始されるまで、生前に収録されたナレーションを放送していた。 に所属する5代目圓楽の弟子も出演しており、「毎日ローソク」のCMに出演した6代目圓楽(当時の三遊亭楽太郎)のほか、落語家(三遊亭楽大)時代のも「青雲」のCMに出演していた。 (22年)2月から楽太郎が6代目圓楽を襲名し、同時に「毎日香」CMの語りを担当することになった。 なお、CMはさだきち君やかおりちゃんが出てくるアニメ版から一転、円楽一門とは関係ない家族がお墓参り(彼岸前の時期に放送)や主人公の子どもの親の実家の仏壇参り(お盆及び彼岸の時期以外に放送)などに行ったり、お盆にナスやきゅうりで動物を作ったりする(お盆前の時期に放送)実写版となっている。 また、CM音楽はオリジナルCMソングではなく、オリジナルになっている。 ただ、発生後は放送されておらず、当社が主催する絵画コンクール「」で受賞した作品をアトランダムに放送、コンクールの選考委員長を務める画家のがナレーションを務めるバージョンに差し替えられていた(現在は、6代目圓楽バージョンに戻っている)。 『』でも、何度か楽太郎時代に師匠の毎日香・語りの後釜を狙っているとネタにした(あるいはされた)ことがあったが、6代目圓楽襲名と同時に現実になった。 現在の「青雲」のは の歌唱で、の演奏をバックに歌唱するCMが2020年4月から放送されている。 過去にはや、が歌っており、このうち森田公一版は『』に収録されている。 発生後は、後半にあったナレーションを取りやめ、「強く生きよう、青雲。 このたびの東北地方太平洋沖地震により、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。 一日も早い復興をお祈りします。 」というテロップ表示に差し替えていた。 「毎日ローソク」、「青雲アモーレ」などの近年のCMソングはによる。 「毎日ローソク」のCMには過去には前述の通り三遊亭楽太郎時代の6代目圓楽が出演していたが、現在はがナレーターとして出演中。 1980年代に放送された毎日香のCMソング「心のつばさ」はさとうの歌唱である。 近年では新たな需要創造に力を入れており、進物用線香の拡売には、等で遅れて死去を知った際の香典代わりとして利用されていることをCMを通して情報発信している。 このシリーズは同社がスポンサーを務めるラジオ番組との連動で行われている。 2008年・2009年・2012年は『はがきでこんにちは』のパーソナリティーであるが出演している。 特に5代目圓楽の逝去直後の『笑点』では、喪中はがきが届く時期でもあったため、この進物用線香のCMが放送されていた。 また、2010年からは同じく『』の『』のスポンサーでもあるため、テレビCMではから流れてくるとがトークをするという形で伝えている。 なお2013年度からは、・の両名が起用されている。 2012年からは、「見舞い」にご進物用お線香を送る、というバージョンも開始され、こちらはが出演している。 5月第2日曜日のの由来が亡き母を弔う式典がきっかけで始まったことから、天国の母を弔う「母の日参り」を推奨している。 こちらは歌手のを起用したCMを母の日に合わせて放映していたが、2012年からは、・夫妻の出演バージョン、2016年からはの母娘編に交代となった。 後に行われた同社の社員旅行でのからの手紙がきっかけで、秋より「心のケータイ」と題した三行詩の募集と作品発表を行うことになり、CMではクリーンのプロモーションと併せて、の歌唱とともに三行詩の作品が紹介されている。 2014年からは、三行詩をベースとした、「母の日参り」ならぬ 「父の日参り」のプロモーションを開始している。 CMキャラクター [ ] これらのキャラクターはとして販売店に提供される場合のある宣伝部材にあしらわれたものがあり、ポスターのほか製の立て看板や回転灯篭、または団扇や下敷きなど顧客配布用のキャラクターグッズがみられる。 さだきち君 詳細は「」を参照 CM出演者 [ ] 語り・ナレーションも含む 現在の出演者• (「毎日香」の語り、過去には「毎日ローソク」三遊亭楽太郎時代)• (「かたりべ」のナレーション)• (「青雲」のナレーション)• (2013年度からの「喪中見舞い」編に出演)• (同上)• (見舞い)• (同上)• (母の日参り「かたりべ」)• (同上)• (「やさしい時間」)• (同上)• (同上)• (「青雲の歌」編、2020年) 過去の出演者• (「毎日香」の語り)• (「青雲」三遊亭楽大時代)• (「毎日香」の語り)• (「毎日ローソク」)• (母の日限定CM出演)• ・夫妻(母の日参り「かたりべ」) この他、のが時代の、「青雲」のCMに揚げをする少女の一人として出演した。 関連項目 [ ]• 小仲正久会長の次男。 脚注 [ ] [].

次の