ローコスト住宅 坪単価。 【2020年坪単価】ローコスト住宅ハウスメーカー比較!!各業者・商品毎にレビュー

小さい平屋・超ローコスト住宅を建てる!500万円〜・1LDKなど

ローコスト住宅 坪単価

間取りや家の形状をパターン化• 住宅設備を同一メーカーで統一 など、 同じ資材を大量生産すれば、建築コストを削減することができるわけです。 2 住宅設備のランクを抑えるローコスト住宅 キッチン1つとっても、グレードによって 数十万~数百万円とかなりの価格差があります。 また、有名メーカーになるほど価格も高級に。 ローコスト住宅の多くは、最新の設備ではなく 型落ち品であることがほとんど。 ただ、型落ち品だからと言って性能が落ちるわけではないので、それぞれの設備を見極めることが大切です。 3 坪単価を安く見せているローコスト住宅 残念ながら、標準仕様を少なくすることで坪単価を安く見せ、 高額なオプション代を請求する悪徳ハウスメーカーもあるのが現実。 というのも、 坪単価の計算方法に決まりはありません。 印紙税• 住宅の登記にかかる費用• 住宅ローンにかかる費用 など 主に税金など決まっている額なので 節約できない場合がほとんどです。 4 オプション価格は「372万4320円」 ローコスト住宅は標準仕様が充実していないので、オプション価格が高くなりがち。 このローコスト住宅の場合、特に高かったのが「地盤改良工事費」で、 約48万円もかかっています。 5 太陽光発電システムの価格は「132万2500円」 3. 5kwの太陽光発電システムを載せるのにかかった費用が132万。 太陽光システムは 「1kwあたり40万円」が相場だと言われています。 ローコスト住宅の総額は2000万円以上 それぞれの費用をまとめると次の表のようになります。 本体工事価格 1342万3530円 付帯工事費 49万3270円 諸経費 131万1742円 オプション価格 372万4320円 太陽光発電システム 132万2500円 総額 2027万5362円 ローコスト住宅自体の価格は1300万円ですが、総額では2000万円を超える建築費用になってしまっています。 POINT• 価格が安い分、オプション費用が高くなりがち• 坪単価から建築費用を考えるのは危険• 1000万円の価格でも、実際には2000万円以上になることも• ローコスト住宅は建てた後でお金がかかる 注文住宅の価格が高くなるのは、広告費や人件費も大きな原因。 ただ、広告費や人件費分は値引きもされやすく、 300万円以上の値引きをされることも…。 相見積もりを取れば、安くて品質の高い注文住宅を建てることができますよ。 >>> あなたに合った理想のローコスト住宅を手に入れる方法 ローコスト住宅であれば確かに安く建てることができますが、デメリットも多く失敗しがち。 失敗しやすいローコスト住宅を成功に導く一番のコツは 設計にとことん時間をかけること。 特に間取りは大切で、家族の要望に合わせた部屋の配置が大切になってきます。 思い悩み、家づくりがなかなか進まなかった私が頼ったのが「」。 「タウンライフ家づくり」では、あなただけの 「オリジナルの家づくり計画」を複数のハウスメーカーが提案してくれます。 実際に「タウンライフ家づくり」を利用してみて、あなたに伝えたいメリットは5つ。

次の

ローコスト住宅の坪単価のカラクリ!?

ローコスト住宅 坪単価

総額1,000万円未満の家づくり 超ローコスト住宅なら、新築平屋が本体価格500万円台から建ちます。 別途かかる、土地代、外構代、諸費用などを加えても、総額1,000万円未満での家づくりが実現しえます。 月々のローン負担も少ないです。 1万円 (35年ローン・金利1. 大きさ的には、1人や夫婦2人暮らし向き。 超ローコスト住宅は、小さな1LDKや2DKの家が中心です。 広さも10〜20坪程度、 1人暮らしや定年退職後に夫婦二人で暮らす家などとして、必要最低限なつくりの家が多いです。 画像出典: こちらは実際に販売されている、本体価格553万円の新築商品、約12坪・約40㎡の間取り例です。 超ローコスト住宅のメーカーは「地域偏在、地元の小さな工務店」。 よく探さないと見つからない。 超ローコスト住宅を扱う多くが、地域密着型の小さなメーカーや工務店です。 そのため、なかなかその存在を知ることが難しいものですし、あなたの地元に存在しない場合もあります。 ただし、その中でも、21府県を中心に広い範囲で展開しているのが、 です。 タレントのサンシャイン池崎さんが予算500万円で両親に新築平屋をプレゼントした時のハウスメーカーとして知られています。 特に低予算で考えている方は、まずは秀光ビルドをチェックして損はありません。 予算が1,000万円〜の方 ローコスト住宅(平屋)なら、家の本体価格が1,000万円台。 総額約2,000万円からの家づくり ローコスト住宅なら、新築平屋が本体価格1,000万円台から建ちます。 別途かかる、土地代、外構代、諸費用などを加えても、総額約2,000万円前後での家づくりが実現します。 これは、家づくりにかかる平均的な費用総額の 約半額、かなり安いです。 月々のローン負担も少ないです。 2万円 (35年ローン・金利1. 2・3人以上でも、ゆとりある広さにも。 ローコスト住宅なら、3LDK以上の間取りも実現できます。 子育て世代が、家族3人や4人などでも暮らせる広さの家づくりを行うことができます。 また、設備や性能が向上し、間取り的にもより使いやすい商品も多くなります。 画像出典: 例えば、こちらは1550万円で建てられた家です。 ローコスト住宅 (平屋) なら、メーカーも多い!ただし・・ ローコスト住宅は、全国展開するハウスメーカーで取り扱っている会社も多いです。 代表例としては、 、 、 などです。 ただし、 各メーカーごとに対応地域が異なるために、あなたが住む地域に対応しているローコスト住宅を知る必要があります。 ただし、ローコスト住宅に対応しているのか、実際に知るのは少し大変。 各ハウスメーカーや工務店は、ホームページやカタログなどで「料金プラン」を公開していません。 そのため「ローコスト住宅」対応か良く分からず、具体的に一社一社話を聞きに行かないと分からないのです。 住宅展示場やモデルハウスに行ったり、一社一社営業マンの接客を受けたり、契約を迫られそうなイメージがあり、何だか大変そうですよね・・。 住まいの地域のローコスト住宅 (平屋)を、簡単に知る方法 地域の「ローコスト住宅」を簡単に知れるのが 「タウンライフ」です。 あなたの予算・希望に合わせた、オリジナルのローコスト住宅プランを 気軽に無料で一括で作ってもらうことができ、地域のローコスト住宅メーカーを知ることができるのです。 ローコスト住宅で失敗しない、アイデア・アドバイスが充実。 たしかに、「新築注文住宅」カタログの資料請求サービスなどならば他にもあります。 しかし、タウンライフなら具体的なローコスト住宅プランを費用プランまで作ってもらえ、また、アイデアやアドバイスが充実している点で違い、おすすめなのです。 私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。 営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持って間取り比較をすることができます。 3冠を獲得・112万人が利用。 タウンライフは、テレビCMを行っていないため広くは知られていません。 しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。 3冠の中には、「 利用満足度」や「 知人に薦めたいサイト」などがあり、 安心できるサービスを利用したい方に向いています。 ローコスト住宅プランを作ってくれるのは、厳選されたプロの専門家。 ローコスト住宅プラン検討や、家づくりプラン検討は、安心できる業者に任せたいもの。 タウンライフでは 「厳格な国家基準をクリア」した信頼ある住宅会社のプロの専門家に間取りプランを無料作成してもらえます。 全国約 1万を超える施工店の中から、注文住宅では約 600社が厳選登録。 中でも、人気大手ハウスメーカーが 20社以上登録しています。 たしかに、 事前の登録に約3分が必要になってしまいます。 しかし、 気軽に無料で利用でき、ローコスト住宅対応メーカーが分かるため、今すぐ利用する価値があります。 ローコスト住宅プラン作成よくある質問 「Q. 利用したら契約しないといけないのでは?」 契約の義務全くありません。 タウンライフはあくまで「一括資料請求サイト」で、契約を斡旋されたり迫られることもありません。 本当は何かお金がかかるのでは?」 完全無料で利用できるサービスです。 住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。 仲介手数料なども一切かかりません。 申込み後の流れはどうなるの?」 はじめに入力内容の確認連絡があります。 その後、希望条件に合わせたプランや資料が届くので、じっくり比較して下さい。 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。 」 一切ありません。 希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載すれば、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。 タウンライフは私も2度利用しています。 他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているために、安心しておすすめできます。 以上で【重要点は終わり】です。 以降は、具体的なローコスト 住宅例の紹介があります。 しかし、「あなたの希望や条件 に合わせて作られた具体的なローコスト住宅プランでの比較」こそ、意味があります。 家づくりで失敗しないために、まずは「ローコスト住宅プラン作り」をおすすめします。 無料です。 超ローコスト住宅 平屋500万円〜・間取りとメーカー例 特に安い 「超ローコスト住宅」についてご紹介します。 超ローコスト住宅なら、500〜1,000万円と特に格安。 1LDK・2人暮らし向きの場合が多い。 「超ローコスト住宅」なら、500〜1,000万円くらいで新築の平屋住宅を建てることができます。 安い分、広さはあまりなく10〜20坪程度、間取りもシンプルな1LDKや2DKなどが中心です。 定年退職後に夫婦二人で暮らす家などとして適しているでしょう。 各地方にメーカーが偏在 超ローコスト住宅は、中小規模の地域のハウスメーカーとして存在する。 「超ローコスト住宅」は 全国規模の大手ハウスメーカーでは取り扱っていません。 多くは、地域密着型のハウスメーカーが商品を販売しています。 いくつかご紹介するので、住まいの地域でなくても 「価格帯と間取り」に注目し、どのような商品があるのかを知ってみましょう。 熊本なら500万円〜 ヒラキハウジング「建つんです500」なら、500万円〜 (熊本) 画像出典: 熊本のヒラキハウジングは、500万円・600万円・700万円・850万円・1000万円の住宅商品を用意しています。 最も安いのが、老夫婦の希望で開発されたという、500万円の「建つんです500」です。 画像出典: 500万円という安さながら、一般的な超ローコスト住宅と異なりゆとりがあり、収納も多く使いやすそうな家です。 設備面でも、システムキッチンやシステムバスが標準仕様となり、超ローコスト住宅ながら充実しています。 千葉なら550万円〜 楽ちん住宅「R-01」なら、550万円〜(千葉・茂原) 画像出典: 千葉の「楽ちん住宅」は、553万円・600万円・685万円・791万円・814万円などと商品プランを用意しています。 その中で一番安いのが 553万円の「R-01」で、約12坪・約40㎡です。 画像出典: 間取りはシンプルな1LDKです。 超ローコスト住宅でも 最安価格帯はこれに似た1LDKの間取りの場合が多いです。 「楽ちん住宅」の場合は、 685万円の商品で2LDK(約15坪・50㎡)に、 846万円の商品で3LDK(約24坪・81㎡)になります。 静岡なら645万円〜 スズキハウス「モダム」なら、645万円〜(静岡中心で全国展開) 画像出典: 静岡県を中心に全国展開しているスズキハウスの平屋住宅で最もシンプルな商品が「モダム」です。 地震にも強い鉄骨造住宅で、住宅性能表示制度の最高ランク相当の耐震・耐風強度であることが特徴です。 画像出典: 約10坪から26坪まで8の間取りバリエーションがあり、予算や希望に合わせた間取りを選ぶことができます。 一番小さな約10坪のプランは、1DKのシンプルな作りとなっています。 このように、 超ローコスト住宅なら「500万円台〜でも家が建つ」商品があることが分かったと思います。 ここで、 さらに広さや外観デザイン、設備などが充実していて、全国対応商品も多いのが「ローコスト住宅」です。 ローコスト住宅 平屋1,000万円台〜 「設備充実の人気商品」 超ローコスト住宅より価格帯は上がりますが、より満足できる家づくりができるのが、ローコスト住宅です。 ローコスト住宅の平屋なら1,000万円台から新築注文住宅が可能に。 ローコスト住宅は、本体価格の坪単価が30-50万円の住宅商品のことで、1,000万円台から注文住宅が建ちます。 一般的には住宅の坪単価は50-60万円台が多く、中には坪単価70-100万円ほどする住宅もあるので、 ローコスト住宅はとても安いことが分かります。 1,000万円台のローコスト住宅平屋であれば、 子育て世帯にも十分な広さの家を建てることができます。 大手メーカーも数々参入 タマホームやアイダ設計など全国区の有名ハウスメーカーの商品も多数。 ローコスト住宅のハウスメーカーには、全国区でよく知られているハウスメーカーも多数あります。 大手ハウスメーカーであれば、住まいの地域に営業所や展示場がある可能性も高く、より具体的にローコスト住宅を検討しやすくなります。 ここで、いくつかローコスト住宅ハウスメーカーの商品をご紹介します。 三菱地所ホーム・SOF 三菱地所ホームのローコスト住宅は、全館空調システムが標準搭載。 出典: 仕様レベルが高いローコスト住宅が、 の「SMART ORDER Fit」です。 外観のデザインや、内装のインテリアテイストで好みのタイプを選べる、平屋タイプもある24〜32坪の1,000万円台の商品です。 大きなポイントは「全館空調システムが標準搭載」「長期50年保証」「間取りが自由」と、他のローコスト住宅に無い仕様です。 特に『全館空調』が、同社最大の特徴で、24時間・365日、室内を快適な温度に保ち心地よく過ごすことが可能になります。 55歳以上の方中心に年間17,000名(交通事故の5倍)もが死亡する、急激な温度差が原因のヒートショックを防ぐことにもつながります。 \ 全館空調システム付! / ローコスト住宅 平屋 1,000万円台〜 「特に子育て世代向け」 ローコスト住宅 (平屋)は、子どもがいる家族でも暮らせる広さ。 ローコスト住宅でも、3LDK以上の広い間取りが実現できます。 特に子育て世代向けの仕様・工夫を打ち出しているメーカーがいくつかあるためにご紹介します。 なお、 どの世代にとっても満足できる平屋プランが期待できるメーカーのため、子育て世代以外の方もチェックしないと損です。 アイフルホーム・AYA LIXILグループで設備充実のローコスト住宅メーカーが「アイフルホーム」 出典: 住宅設備最大手のLIXILグループのローコスト住宅メーカー「 」の平屋商品が「AYA」です。 「キッズデザインの家」を提唱していて、キッズデザイン賞を10年連続で受賞しています。 例えば、ゆっくり動く引き戸など、子どもがいる家庭に嬉しい安全面など約30の工夫も取り入れることができます。 また、グループの力を活かし、キッチン・バス・トイレなどの住宅設備や、玄関ドア・フロア材など建材をお得な価格で取り入れられることが特徴です。 出典: 「人と自然とのつながり」も提唱し、南に面した広いウッドデッキテラスと庭先の自然とのつながりを持たせる事も特徴です。 室内のキッチンやリビングスペース側からも自然の気配を楽しめ、また、子どもたちも庭で遊びやすくなります。 \ 庭先を楽しむ! / タマホーム・ガレリアート 一番人気ローコスト住宅「タマホーム」の平屋商品は、ガレージ付。 出典: ローコスト住宅メーカーの中で販売数No. 1なのが、 です。 車やバイク、自転車などが趣味の方に向いていることはもちろん、陶芸・絵画・園芸など趣味を楽しみたい方のための空間としても役立ちます。 ローコスト住宅の「タマホーム」で、一番人気の商品が「大安心の家」 画像出典: タマホームの中でも一番人気の商品は「大安心の家」です。 自由設計の注文住宅で、ベタ基礎を採用するなど地震にも強く、長期優良住宅や最長60年保証にも対応しています。 タマホームは「20代のTamahome」を強く打ち出していて、まだ収入が低いの若い夫婦にも優しいハウスメーカーです。 写真は「大安心の家」で1550万円で建てられた平屋住宅です。 超ローコスト住宅と比較すると外観がグンとお洒落になっています。 \ 実績1番のメーカー!/ アイダ設計・楽々ご長寿 555万円の家や、888万円の家でお馴染み、アイダ設計の平屋建てが「楽々ご長寿さん」 出典: は、小泉孝太郎さんが出演するテレビCMをよく見かける方も多いでしょう。 以前は「555万円の家」や「888万円の家」といった住宅商品も販売していたほど、価格を抑える企業努力をしているハウスメーカーです。 アイダ設計の平屋住宅商品が 「楽々ご長寿さん」です。 画像出典: 上記は約19坪の参考プランの間取りで、LDKを中心に暮らしやすな間取りです。 高齢者の方が住むことを想定して作られているために、手すりや、両面から開くドア、玄関の腰掛けなど、細部へのこだわりが見られます。 \ バリアフリー設計! / ローコスト住宅 平屋の安い家の比較 平屋ローコスト住宅比較 希望予算で最高の平屋のローコスト住宅を作るには。 希望予算で、効率よく 最高のローコスト住宅を建てる手段におすすめの方法があります。 『 複数のローコスト住宅会社から、同一価格でプランを提案してもらう 』のです。 例えば、予算2,000万円(例: 建物価格1,300万円+土地価格700万円)で考えている場合は、各住宅会社から2,000万円でプラン提案をしてもらいます。 その中から、 「最も良いプランを提案してくれたローコスト住宅会社を選ぶ」という方法です。 この方法だと、 価格が同じため、各社の特徴や間取りプランが比較しやすくなります。 あなたの希望にあわせた提案をしてもらうことができるため 、予算オーバーすることなく家づくりできます。 何より、最高の提案をしてくれる注文住宅会社が見つかり、同じ費用でより良い家にできることが魅力です。 しかし、住宅会社から提案をもらうことは、通常とても大変。 各ハウスメーカー・工務店比較の、間取りや見積比較を自分で行うと、 とても大変です。 打ち合わせに1回3~4時間などかかり、 間取りや見積もりができるまで1ヶ月かかることもしばしばです。 たった2社比較するだけでも、 着工まで6ヶ月かかったりもし、 労力がかかりしんどいものです。 ローコスト住宅・平屋のプラン提案を受ける簡単な方法 複数会社に同一価格で提案をもらう方法は、 「タウンライフ」というサービスで簡単に可能です。 地域のローコスト住宅会社の、・プラン比較ができる無料サービスです。 家にいながら効率よく情報を集め、平屋などプラン比較ができます。 複数の会社からプラン提案を受けることで、 アイデアが広がり、各社の違いもよく分かります。 見積もりも作成してもらえるので、 お金のイメージも付き、迷わず冷静に判断できます。 ネットから提案依頼できるために、 時間と労力を節約でき、押し売り営業も一切ありません。 タウンライフは、 シリーズ累計112万人もの方々に利用されている信頼性の高いサービスです。 」 など、多くの方が、希望の家づくりを実現しています。 一度の無料依頼で、 たくさんの住宅カタログ・資料も届くので、 じっくり落ち着いて余裕を持って比較できて便利です。 まだ家づくりを決めていなくても、 無料で「まずは情報収集・比較検討の材料集め」として利用できるため、今すぐ利用する価値があります。 ローコスト住宅のプランの比較は、安心して気軽に行えます。 Q しつこい営業はないの? ありません。 優良な住宅会社のみが参加しているので、悪質な勧誘電話などは一切ありません。 Q お金がかかったりしないの? かかりません。 住宅会社の販促予算などから運営されているため、費用は一切かかりません。 Q まだ家を建てるか分からないけれど使える? ご利用頂けます。 今後の家づくりの可能性に備えて、情報収集として気軽にご利用頂けます。 なら、 人気ローコスト住宅の比較が安心・ 気軽に行えます。 \簡単3分!住宅プランが届く/ ローコスト住宅 平屋の安い家とは それでは、ローコスト住宅について、もう少し詳しく知りましょう。 価格が安い理由 ローコスト住宅はプランがある程度決まっていたり、材量を大量仕入れにすることで安くなる。 まずよくある疑問が、ローコスト住宅はが「 なぜ安いのか」ということ。 ローコスト住宅が安い理由は、 不要・無駄なコスト削減に努める企業努力をしているからです。 メーカーにもよりますが広告宣伝活動を控え、部材は大量仕入れすることでコストを抑えるなどしています。 ローコスト住宅でも、質が悪かったり、設備が古かったりするわけではない。 ローコスト住宅が安いのは、 不要な費用を削減する企業努力があるためであって、決して質が低いわけではありません。 悪い材質の部材を使ったり、設備が古いなどの心配もなく安心できます。 ただし、費用を抑えるために、完全自由設計ではなく「 プランの中から選択・カスタマイズ」など、制約が出てくるメーカーも中にはあります。 どのようなプラン作りが可能か、 契約前に、いろいろな してみましょう。 平屋住宅のメリット 平屋にはいろいろないいところがあります。 約10年おきに必要な外壁塗装では、足場が不必要で、面積も少ないために、メンテナンスコストが安く済みます。 平屋は何より暮らしやすく、バリアフリーなら老後生活にも安 平屋住宅で何よりいいことは、暮らしやすさです。 階段の昇り降りが必要なく、1つのフロアで生活の全てを完結させられることは、家事や食事などといった日常生活において便利です。 また、人生100年時代とも言われる現在、足腰が弱くなってからでも暮らしやすいことは大きなポイントです。 \簡単3分!住宅プランが届く/.

次の

小さい平屋・超ローコスト住宅を建てる!500万円〜・1LDKなど

ローコスト住宅 坪単価

ローコスト住宅のデメリットとメリット ローコスト住宅のメリットを説明する前に、まずはデメリットについてみてみましょう。 デメリットには2つあります。 デメリット• ユニット(キッチン、バス、トイレ)のグレードが低い これはローコスト住宅の前提条件ともいえます。• 断熱性・耐火性・耐久性・耐震性・遮音性などが優れていない しかし中には上記2つのデメリット要素が優れているものもあります。 たとえば、• リビングや寝室に床暖房がある• IHクッキングヒーターなどオール電化に対応している• 国で定められた「長期優良住宅の認定」を受けた住居である などが挙げられます。 これらのような要素があれば、それはそれでメリットの1つともいえます。 メリット 格安で住宅が建てられて「これ以上にメリットなんてない」と思うところですが、最大のメリットは他にあるのです。 それは、 「建て替えのしやすさ」にあります。 ローコスト住宅は比較的安く家を建てることを念頭とした住宅であり、そのため設備や性能が優れていないのが前提であると先述しました。 つまり住宅に耐久性はなく、「一生この家に住む」といった人向けの住宅ではないといえます。 しかし逆にいえば「子どもが大きくなるまではこの家でいいか」など、ライフスタイルに合わせて住まいを変えていくといったスタンスをとるのであれば、非常に優れているといえます。 これが最大のメリットといえるでしょう。 どこに頼めばいい? ここまででローコスト住宅の定義やデメリット・メリットについてみてきました。 家探しで苦戦する要因として、「業者探し」があると思います。 そこで、考えられる業者を紹介して最後にしたいと思います。 ローコスト住宅を依頼するにあたって考えられる業者は以下の3つが挙げられます。 ハウスメーカー 大手メーカーは、上記で挙げた「3つの要素」のうち「人件費・広告宣伝費」「諸経費」に費用を掛けている傾向があります。 「材料費」でお金が掛からないから安心、と思ってはいけません。 外構工事費などを「諸経費」に加算してくる場合もあるので、注意が必要です。 工務店 上記1で挙げたハウスメーカーは全国展開しているのが特徴的ですが、工務店は地域密着型が多いといったのが特徴的といえます。 そのためフットワークが軽いといったメリットはありますが、ハウスメーカーほどの資金力はないので「材料費」などにお金を掛けることができず、品質の悪い材料となる場合もあります。 もちろんすべての工務店というわけではないので、営業担当マンなどに確認するのが良いでしょう。 建築設計事務所 建築士が在籍する建築設計事務所なら、設計はお手並みのものなので安心して依頼することができるでしょう。 しかし建築士は基本的に設計・施行監督が主な仕事で、施行に関しては下請け業者に依頼する場合がほとんどなので、理想とはすこしズレる可能性も否めません。

次の