姫路 お墓。 「お墓の善定山」(姫路市

=兵庫県姫路市=お墓じまいの費用が同業他社より5万円安い!2平米16.8万円~の涙そうそう!

姫路 お墓

ご覧いただきまして、ありがとうございます。 姫路市・たつの市・太子町・相生市を中心にお仕事をさせていただいています、八田(はった)石材の八田俊之です。 細かなご要望にも、誠実なご対応とお仕事、費用にてお応えすることを心がけています。 八田(はった)石材では、こういったお墓づくりをお手伝いしています 日本産の素晴らしい品質のお墓や、ご要望を反映した近代風なお墓づくりをはじめ、 お客様のご要望をしっかりとお伺いすることを大切に応対させていただいております。 安らかな眠りと、大切なご家族への想いを大切に、お墓づくりのお手伝いをさせていただいております。 八田石材が選んでいただける 6つの理由 祖父の代より3代にわたって、姫路をはじめ多くのお客様にご愛顧、お選びをいただいてきました。 しっかりとした施工・加工技術を柱に、当店には、このような特徴がございます。 建立後も、いつでも気軽にご相談いただける石材店でありたい・・・・その想いで、 定期的に「八田石材新聞」を発行しています。 ご縁を末永く・・・・・心からお喜びいただけるお仕事を心がけています。 当店は、私ども3名が、 1級お墓ディレクター資格(一般社団法人日本石材産業協会の認定資格)を取得しています。 お墓の情報を、正しく、分かりやすくお伝えできるように、学び、努めていますので、安心してご相談をいただけるお店づくりを心がけています。 お墓の価格のめやす 近年、ご希望される方が増えている、横型のお墓(洋型墓石)の基本型です。 石材代金、標準文字彫刻費、標準据付工事費のすべてを含んだ価格のめやすです。 伝統的な、縦型のお墓(和型墓石)の基本型です。 石材代金、標準文字彫刻費、標準据付工事費のすべてを含んだ価格のめやすです。 明確で、分かりやすい価格提示 を大切に考えていますので、総額を含んだお見積りを必ずお出ししています。 安心してご検討をいただけるよう、心がけています。 お墓の修理・リフォームメニューと価格めやす 続いて、お墓を建てる以外の、文字彫刻や修理、クリーニングやリフォームのメニューをお伝えします。 価格のめやす詳細等は、クリックをしていただけますと、詳しくご覧をいただけます。 細かなご要望も、姫路市・たつの市・太子町・相生市周辺一円にて、誠実なお仕事と費用でご対応いたしております。 お墓のことで気になられることがございましたら、お気軽にお声がけください。 展示場・工場紹介 国道250号線沿い、網干消防署様と同じ並びに、展示場がございます。 10台ほどが停められる駐車場を併設しています。 屋根のある展示場内には、基本的な洋型、和型墓石をはじめ、外柵(囲い)のついたお墓の見本などを、多数展示しています。 展示場にて、 常時20基以上の墓石などを展示しています。 お墓の形や石の種類・色など、実際にご覧いただくことで、ご希望のお墓のイメージにつなげていただけると思います。 自社工場(姫路市網干区新在家/運河沿い)では、職人が真心こめて、石材の彫刻や加工などをいたします。 すでにお建てのお墓の修理や、彫刻し直し、リフォームなどを得意としております。 ごあいさつ 最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。 姫路をはじめ、たつの市・太子町・相生市など周辺での、お墓や石材のご要望やご相談に、しっかりとお応えできる、心のこもった対応の石材店でありたいと、スタッフ一同、考えております。 「相談して、よかったわ!」と、おっしゃっていただけるようにいたします。 お気軽にお声がけくださいませ。

次の

姫路市のお墓 石材店、墓石店のご紹介サイト 全国墓石店ネット 姫路市でお墓の地震対策、お墓の修理、お墓のリフォーム、お墓のクリーニング、お墓の移転、戒名の追加彫りなどお墓のことをお考えの方必見!全国墓石店ネットではお住まいの地域ごとに石材店、墓石店をご覧いただけます。

姫路 お墓

お墓の地震対策、お墓の修理、お墓のリフォーム、お墓のクリーニング、お墓の移転、戒名の追加彫りなど お墓のことをお考えの方は、お近くの石材店、墓石店をご覧下さい。 詳しくはをご覧下さい。 姫路市 大竹石材 株 0120-620-148 大切なご先祖様のお墓を地震の倒壊から守りたい。 新規のお墓に限らずリフォーム・移転・引越し・修理など、地震対策ならお任せ下さい。 当店は、墓石用地震ゲル「泰震」の正規代理店です。 お墓の地震対策など、お気軽にご相談下さい。 兵庫県淡路市志筑1855-1 神鍋石材 株 0120-556-148 大切なご先祖様のお墓を地震の倒壊から守りたい。 新規のお墓に限らずリフォーム・移転・引越し・修理など、地震対策ならお任せ下さい。 当店は、墓石用地震ゲル「泰震」の正規代理店です。 お墓の地震対策など、お気軽にご相談下さい。 兵庫県豊岡市日高町岩中501-1 大竹仏壇店 0120-620-148 大切なご先祖様のお墓を地震の倒壊から守りたい。 新規のお墓に限らずリフォーム・移転・引越し・修理など、地震対策ならお任せ下さい。 当店は、墓石用地震ゲル「泰震」の正規代理店です。 お墓の地震対策など、お気軽にご相談下さい。 兵庫県淡路市志筑1855-1 山都石陵西脇 0795-23-5655 大切なご先祖様のお墓を地震の倒壊から守りたい。 新規のお墓に限らずリフォーム・移転・引越し・修理など、地震対策ならお任せ下さい。 当店は、墓石用地震ゲル「泰震」の正規代理店です。 お墓の地震対策など、お気軽にご相談下さい。 兵庫県西脇市鹿野町1078-9 株 加登 西宮店 078-904-3843 大切なご先祖様のお墓を地震の倒壊から守りたい。 新規のお墓に限らずリフォーム・移転・引越し・修理など、地震対策ならお任せ下さい。 当店は、墓石用地震ゲル「泰震」の正規代理店です。 お墓の地震対策など、お気軽にご相談下さい。 兵庫県西宮市山口町船坂710-4 有 印田石材 0120-140-413 大切なご先祖様のお墓を地震の倒壊から守りたい。 新規のお墓に限らずリフォーム・移転・引越し・修理など、地震対策ならお任せ下さい。 当店は、墓石用地震ゲル「泰震」の正規代理店です。 お墓の地震対策など、お気軽にご相談下さい。 兵庫県小野市河合中町1144-1 石亀工芸 株 0120-1482-66 大切なご先祖様のお墓を地震の倒壊から守りたい。 新規のお墓に限らずリフォーム・移転・引越し・修理など、地震対策ならお任せ下さい。 当店は、墓石用地震ゲル「泰震」の正規代理店です。 お墓の地震対策など、お気軽にご相談下さい。 兵庫県神戸市中央区旗塚通5-1-7-201 株 福田石材建設 079-567-1968 大切なご先祖様のお墓を地震の倒壊から守りたい。 新規のお墓に限らずリフォーム・移転・引越し・修理など、地震対策ならお任せ下さい。 当店は、墓石用地震ゲル「泰震」の正規代理店です。 お墓の地震対策など、お気軽にご相談下さい。 兵庫県三田市福島字太田419-1 有 山本石材店 079-552-0856 大切なご先祖様のお墓を地震の倒壊から守りたい。 新規のお墓に限らずリフォーム・移転・引越し・修理など、地震対策ならお任せ下さい。 当店は、墓石用地震ゲル「泰震」の正規代理店です。 お墓の地震対策など、お気軽にご相談下さい。 兵庫県篠山市呉服町59-11 株 丹波総合石材 0120-1480-54 大切なご先祖様のお墓を地震の倒壊から守りたい。 新規のお墓に限らずリフォーム・移転・引越し・修理など、地震対策ならお任せ下さい。 当店は、墓石用地震ゲル「泰震」の正規代理店です。 お墓の地震対策など、お気軽にご相談下さい。 兵庫県丹波市柏原町母坪425 株 蓮華 仏壇のはりま 石のはりま 0120-029494 大切なご先祖様のお墓を地震の倒壊から守りたい。 新規のお墓に限らずリフォーム・移転・引越し・修理など、地震対策ならお任せ下さい。 当店は、墓石用地震ゲル「泰震」の正規代理店です。 お墓の地震対策など、お気軽にご相談下さい。 |||| ||| |||||||||||||| |||||||||||||| |||||||||||||||| 姉妹サイト ||||||| Copyright C Voice co. ,LTD. All Rights Reserved.

次の

株式会社中野石材» Blog Archive » 姫路市営 名古山霊苑で「お墓じまい」

姫路 お墓

菊女ヶ霊(『北斎漫画』) このサイトでは、『姫路城史』(姫路城史刊行会、1952年)に掲載された筋に沿って紹介した。 これは江戸時代後期に書かれたと見られる、『播州皿屋敷実録』という書物を要約したものである。 ただし、このサイトでは、小学生にも読みやすくするために、かなり枝葉をそぎ落として紹介した。 『播州皿屋敷実録』では、お菊は実は小寺氏の家臣である衣笠元信(きぬがさもとのぶ)と恋仲で、主家への忠義のために元信から命じられて青山家で働いているとされ、また青山鉄山(あおやまてつざん)の子供小五郎も、小寺則職(こでらのりもと)の妹である白妙姫(しろたえひめ)と恋仲になっていて、そのために父のくわだてを止めようとしたなど、もっと複雑な恋愛関係が描かれ、そのほかにもさまざまなサブストーリーが組み込まれている。 こうした複雑な構成は、もはや素朴な「伝説」というよりは、現代の小説のような、「戯作(げさく)」と言うべきものである。 『播州皿屋敷実録』のような、非道な主家や男たちの横暴にさいなまれる女性が、亡霊となって復讐(ふくしゅう)を遂げるとの構成は、封建社会における主従関係や、義理や道徳にしばられた家族関係などに日々直面していた当時の人々にとっては、共感しやすい話だったようだ。 宗全寺跡 青山の現地を訪ねると、皿屋敷伝説よりも、室町時代後半の一時期播磨を治めていた、山名(やまな)氏に関する寺跡や居館跡の伝承が目立つ。 まず、江戸時代からの集落の中には宗全寺(そうぜんじ)と呼ばれる寺跡があり石仏が数体まつられている。 ここは山名宗全の菩提寺(ぼだいじ)であったとされている。 また、西方の小丸山(こまるやま)には山名氏が播磨を治める拠点とした館があり、守護代の太田垣(おおたがき)氏がいたと伝えられている。 さらに青山地区の北部、かつては「遠山(どやま)」と呼ばれた集落内には、太田垣氏の菩提寺として法灯寺(ほうとうじ)があったと伝えられ、跡地には「遠山の地蔵さん」と呼ぶ石仏をまつる小堂がある。 車門跡付近 (左が中堀、右が船場川) 『播州皿屋敷実録』では、お菊の身柄を引き取った町坪弾四郎(ちょうのつぼだんしろう)が、姫路城の車門(くるまもん)の近くにあった自らの屋敷で、庭の松につるし上げるなどしてお菊を拷問し、さらに姫路城内へ連行して鉄山が見ている前で井戸に投げ込んだとされている。 伝説の末尾には、このお菊がつるされたという「梅雨の松」が出てくるが、実際に江戸時代中ごろまでは、車門の外、中堀(なかぼり)と船場川(せんばがわ)との間に、梅雨になると枯れ、梅雨があけると緑になる「梅雨の松」があった。 ただし、この松については宝暦12(1762)年成立の『播磨鑑(はりまかがみ)』では、元和年間(1615〜24)に姫路藩士が植えたものであるとされている。 また『播磨鑑』では、お菊との関連には触れられておらず、純粋に不思議な樹木として紹介されている。 名物の松が先にあって、それが皿屋敷の話に取り込まれていったようだ。 奉納された木像(左から小寺則職、お菊、青山鉄山) お菊の霊がまつられている、十二所神社(じゅうにしょじんじゃ)境内にあるお菊神社。 境内の案内板によれば、皿にちなんで飲食店関係の人々が皿に願いを書いて奉納すると霊験があるという。 この神社については、幕末期に姫路藩士の福本勇次が著した『村翁夜話集(そんのうやわしゅう)』(姫路市立城内図書館蔵)では、「是ハ近年祭リヨシ」と記されていて、伝説の時代である戦国時代まではさかのぼりそうもない。 ただし、大坂で寛保元(1741)年から上演されていた浄瑠璃『播州皿屋敷』で、お菊が十二所神社境内にまつられているとされているので、お菊神社の存在はこのころまではさかのぼるようである。 随願寺本堂 悪役青山鉄山が小寺氏暗殺の陰謀を仕組んだ舞台となった随願寺。 この寺は、古代以来の天台宗(てんだいしゅう)の寺院で、平安後期以降は播磨天台六ヶ寺の一つとして、播磨一国全体の安穏を祈る寺院として信仰を集めた。 戦国時代末期には、小寺氏出身の僧侶である休夢(きゅうむ)が寺内の実権を握っていた時期もある。 この伝説で小寺氏の花見の舞台とされたのも、こうした歴史的背景を踏まえたものであろう。 現在の伽藍(がらん)は、江戸時代中ごろに姫路藩主榊原(さかきばら)氏の寄進によって再建された本堂を中心としたものである。 いまは静かな境内だが、かつては「三十六坊」と呼ばれる多数の子院(しいん=寺僧の住居)もあったと伝えられ、かなり繁栄していたようだ。 境内を訪れると、こうした子院の跡地に梅林が開かれている。 伝説では春の花見の舞台となっているが、現在の随願寺は梅見の名所である。 深正院の井戸跡 (右側の塀の下) 兵庫県内では、姫路のほかに、佐用郡佐用町口長谷(くちながたに)に「お菊の墓」があり、背後にある利神城跡(りかんじょうし)にはお菊が身を投げた井戸があるとされている。 また、尼崎市大物(だいもつ)の深正院(じんしょういん)にも、お菊が投げ込まれたとされる井戸の跡がある。 尼崎のお菊伝説は、時代を元禄の頃(17世紀末)とし、藩主青山氏の悪家老と、それに恋慕される侍女お菊が主人公となっている。 尼崎のお菊伝説は、尼崎藩主の青山氏と、姫路の皿屋敷伝説の悪役青山鉄山との名字が共通することからできあがったのであろう。 このほか、お菊の亡霊が虫に姿を変えて現れるという、お菊虫の伝説がある。 この虫は、アゲハチョウのさなぎのことで、かつて姫路などでは夏の縁日でも売られていたようだ。 こうした伝説は、姫路や尼崎のほかに、加東市(かとうし)の旧滝野町(きゅうたきのちょう)などにもある。 おもちゃ絵 怪談皿家敷 『竹叟夜話』収録の話は、時代を室町時代後半、播磨を山名氏が守護として治めていた時期に設定している。 舞台は青山に拠点を構えていた山名氏重臣の小田垣主馬助(おだがきしゅめのすけ)の館となっており、ヒロインは花野(はなの)という名前で書かれている。 また、皿数えの皿は、小田垣氏が主君山名氏から拝領した5枚そろいの鮑貝(あわびがい)の盃で、これを花野に想いを寄せる若侍の笠寺新右衛門(かさでらしんえもん)が隠し、花野を拷問して殺害したとされる。 そして、花野の怨念が夜な夜な現れては仕返しをくわだて、また花野がつるされた松を「首くくりの松」と呼んだ、と記されている。 山名氏が青山に拠点を構えていたことは、同時代の史料では確認できない。 しかし、現地に比較的濃密な伝承が残されており、個々の具体的な場所は別として、大まかに青山付近に拠点の一つがあったという程度であれば、事実とみてよいのではないか。 また、『竹叟夜話』に山名氏の重臣として登場する「小田垣」なる人物も、実際の山名氏の重臣で播磨守護代の一人となった太田垣主殿助(おおたがきとのものすけ)をモデルとしたものであろう。 そして、その後の『播州皿屋敷』で一般的となる悪役の「青山鉄山」とは、この「小田垣」が青山にいたとされてきたことから創造された人物と見ることができよう。 しかし、『竹叟夜話』では、皿は5枚であり、ヒロインの名前も「お菊」ではない。 井戸も登場しない。 よく知られた皿屋敷の話になるまでには、いま少し要素が不足している。 『竹叟夜話』の筋立てに、いつ「お菊」というヒロインの名と10枚の皿が重なったのだろうか。 その過程は現在のところはっきりしない。

次の