ポケダン 仲間にする。 【悲報】ポケダンDX セーブバックアップのせいでヌルゲーになってしまう・・・

【ポケダンDX】何が変わった?変更点や追加要素まとめ【ポケモン不思議のダンジョン救助隊DX】

ポケダン 仲間にする

効率的に攻略するために意識すべきこと3か条 1. 技マシンを惜しまない まず一つ目は、 技マシンを惜しまないこと。 カクレオン商店で技マシン買えますよね。 あれで良さそうなのがあったらどんどん購入して、強い技を覚えさせましょう。 勿論ダンジョンで拾ったものでも可。 技マシンの使用をおすすめしているかというと、 技の威力が全然違うからです。 低レベルで覚えられる技といったら、「たいあたり」だとか「みずてっぽう」とかですよね。 威力が低く、おおよそ本家の対戦では使われないような技です。 一方の技マシンでは、 「じしん」や 「れいとうビーム」、 「シャドーボール」などの対戦でもよく使われるような技、つまり強力な技が覚えられます。 もうね、威力が全然違うんですよ。 体当たりや水鉄砲で頑張ってたのはなんだったのか。 戦闘の効率が段違いです。 レベルアップによって、技マシンで覚えさせなくても強力な技を覚えることはできます。 でも、そこまでが遠いんですよ。 その時まで弱い技で我慢して時間を無駄にするくらいなら、最終的には無駄になったとしても技マシンを購入した方が時間効率や精神衛生上遥かに良いです。 3か条の中でも最も優先して意識して欲しい部分。 道具を惜しまない これも技マシンと少し似てますね。 オレンのみやリンゴ等はもちろん、 戦闘系のアイテムも惜しまず使うようにしましょう。 ストーリー攻略において特に有用なのが、 「ばくれつのタネ」と 「すいみんのえだ」、 「どんそくのえだ」。 これらのアイテムはボス戦でも超有用なので、積極的に使いましょう。 とはいっても、もったいないって感情が浮かぶのは分かります。 消費系のアイテムを使うことに苦手意識がある方も多いでしょう。 でもね、 使わなかったら、それらのアイテムはどうせゴミになります。 えだ系はともかく、ばくれつのタネなんてその筆頭ですよ。 ばくれつのタネは100の固定ダメージを与えるアイテムで、序盤は凄く効果的なアイテムです。 ですが、レベルが上がり、技が強くなり、いつの間にか100の固定ダメージのためにアイテム欄を1個使うのが馬鹿らしくなります。 そうなったらもうお役御免ですよ。 ガルーラの倉庫に預けて大事にしまっていても、使うタイミングを逃してゴミになるだけです。 ですから、使える内にどんどん使って、効率よくゲームを進めましょう。 キャンプはつくらない 前述の二つ、技マシンだったり道具だったりを買うにはお金が必要ですよね。 そのため、他の要素にお金を回す余裕はありません。 その中でも最もお金を取られる要素が、キャンプの作成。 キャンプを作ると仲間を増やすことができますが、代わりに高額なお金が掛かります。 そこに使うお金があったら、技マシンや道具に回した方が効率的。 キャンプを作らずに主人公とパートナーだけで冒険する方が非効率でしょ、と思うかもしれません。 ですが、ストーリーで自動的に仲間になるポケモンもいます。 具体的には、 「コイル」や 「アブソル」ですね。 彼らは能力も優秀ですし、彼らをパーティに加えるだけで十分攻略は可能です。 とはいっても、コイルやアブソル以外のポケモンと冒険したいという方もいると思います。 効率良く攻略していきたいけど、最低限このポケモンは仲間にしたいとか。 そういった場合は、 そのポケモンに対応したキャンプは作っていいと思います。 どんなに効率良く進めても、ストレスを抱えては意味ないですし。 キャンプの一つや二つ、正直作成しても大差ありません。 ここで私が伝えたい真意は、 とりあえずでキャンプを作るのを辞めましょうということ。 特に欲しいポケモンがいるわけではないけど、仲間にできるポケモンは多い方が良いと思い、キャンプを作成する。 これは推奨できません。 結局沢山のポケモンを仲間にしても、使いきれないので。 ですから、必要な分だけキャンプを作るのが攻略の近道となります。 プレイstyleは人それぞれ 以上 ここまで書いておいて何言ってんだって気もしますが。 結局ね、 プレイスタイルなんて人それぞれなんですよ。 技マシンを使わずにレベル技だけで遊んでも、道具を一切使わずにボスに挑んでも、キャンプを全部開放して仲間を増やしても、一切問題ありません。 特に、キャンプに関してはかなり極端なことを言ってるので。 自分が一番楽しめるようにプレイするのが一番。 では、何故こんな記事を書いたのか。 それは、ポケダンDXが思った以上に時間が掛かるゲームだったから。 私の想像以上に難しかったからです。 私みたいに、時間のある人はいいんですよ。 RPG系のゲームである以上、レベルを上げて物理で殴ればいいので。 だから、時間を掛ければいくらでもクリアの方法はあります。 ですが、世の中そんなに時間のある方ばかりではないですよね。 学校が忙しかったり、仕事が忙しかったり。 ゲーム以外にやりたいことがある方も多いでしょう。 また、進化を始めとしたクリア後の要素が遊びたいとか、ストーリーを早く見たいとか、別の要因で時間を掛けずにクリアを目指している方もいると思います。 そういった方に向けて、今回は記事を書きました。 当然、全てを本記事の通りにやる必要はありません。 実際、私もキャンプはどんどん作っていましたし。 良さそうな部分だけ、上手く参考にして頂ければ幸いです。

次の

【ポケダン超】おだやか村にいるポケモン達を仲間にしよう

ポケダン 仲間にする

どうも、Master. 166です。 今回はDXにてを仲間にした時の記録を残そうと思い、この記事を書いています。 普通に売買してれば問題無いが、泥棒すると… 襲ってきます。 しかも強い。 さらに早い。 ちゃんと味方を強くしておかないとすぐに倒されます。 仲間にする確率を高める為に色々と入念に用意をして挑む事に… まず、今回と戦うは… です。 理由と言っても、ただ好きなだったから…というだけ。 ちょうどに変色発動前なら効果抜群を取ることができる。 このを限界まで育てる所から始めました。 や等を集めまくってに注ぎ… ご覧の通りの能力に。 HPは 500が最大。 攻撃・防御・特攻・特防・素早さは 255が最大。 今作では 「すごわざ」というリメイク前で例えると、 「かしこさ」に値する能力があります。 今回は 「したしみやすい」というすごわざを使います。 このすごわざは、 倒した相手を仲間にしやすくする能力です。 を仲間にしやすくする為に採用。 今回の記事を書いた地点での技の強さはコチラ。 基本的に か しか使いません。 続いて道具の準備。 まずは、 「ともだちリボン」。 これを リーダーに持たせておくと、倒した相手を仲間にしやすく出来ます。 自分は、 地底遺跡のB99Fで拾いました。 他の場所でも手に入れられるので、探して下さい… 冒険に持っていった道具はコチラ。 実際こんなにいらなかったですが、 ふっかつのタネは多めに持って行っておくと良いです。 みとおしメガネで店の有無を確認。 つうかのたまでの攻撃が当たらない壁の中に入って戦闘。 かんゆうだまでさらに勧誘率を上げる。 あなぬけのたまは捕獲後、1つフロアを進んでから使用して脱出。 かくせいのタネはどっちでも良いです。 泥棒開始後にかくせいのタネは使えないので注意。 つうかのたま等は泥棒を始める前に使っておいて下さい。 そして店の売り物を奪って… との戦闘開始! は常に倍速状態なので注意。 要注意技は、みだれひっかき。 連続攻撃は界では強いです。 耐久させたに大体60〜80辺りのダメージを与えてきました ふいうち等。 みだれひっかきのダメージは忘れましたが、連続攻撃なので当たれば凄く喰らいます。 敵ののHPは400を超えたぐらいありました。 攻撃と技 をさせたの攻撃を耐えられたりしました。 ヨガパワーが発動すれば普通に倒せましたが… そして… あれ… 元々店にいたなのだが… 1発で仲間になってしまいました💦 リメイク前の勧誘率は0. 何故ならば… 1回の挑戦で 4匹も仲間に出来たので…w ここまで捕獲率が上がってるとは思いませんでした… 何時間もかかると思って用意を万全にしてきたのに、何か裏切られた感じですが仲間にする事が出来ました。 を仲間にした後のステータスはコチラ。 今回は地底遺跡で仲間にしましたが、場所によって違いが出るかも知れません。 技は個体によって少し違ってたりしてました。 仲間にした後は… 1つ先のフロアに進み… あなぬけのたまで脱出! その後、正式に仲間にするかどうか聞かれるので、仲間にしましょう。 名前は気にしないでください… 能力はさせなくても問題無いとは思いますが、させておくと少し安心できます。 させてるからと言って余裕を持ちすぎると不意にやられる可能性はあるので、気は抜かないように。 しかし今回は入念に用意をし過ぎた感じはします… あんなに仲間に出来るとは思ってもいなかったので… シリーズは"赤"と"時"しかやった事が無く、の地獄の捕獲率を経験してきた身なのでかなり身構えました… 皆様も是非挑んでみてはいかがでしょうか。 Master166.

次の

【ポケダンDX】効率的に攻略するために意識すべきこと3か条

ポケダン 仲間にする

前作からの削除・変更点 通常攻撃の廃止 リメイク前は技とは別に効果を持たない通常攻撃が存在しましたが、 今作では攻撃するには必ず技を使用する必要があります。 全ての技が使用不可能になると「わるあがき」を使用し、自分もダメージを受けてしまいます。 その代わり 技によるお腹の減少度は抑えられているようです。 かしこさの廃止 グミを食べてかしこさを上げる事でダンジョン攻略に有用なスキルを覚える事が出来たシステムが廃止されています。 かしこさの代わりに 「すごわざ」が存在し、1匹につき1つ特殊なパッシブスキルを覚える事が可能になりました。 このすごわざは「DXグミを食べる」「仲間になったポケモンがたまに持っている」などで覚えさせていく事が出来ます。 グミはかしこさを上げる能力の代わりにステータスを成長させる役割を持つようになりました。 マクノシタ訓練所の仕様変更 リメイク前は任意のタイプのダンジョンを選んで進んでクリアを狙っていくというものでしたが、 DXでは完全に経験値稼ぎのボーナスステージとなりました。 また、入場にはチケットが必要となり、チケットの等級によっても訓練内容が変わります。 主人公・相棒の変更 ゲームを開始するといくつかの質問をされ、その回答によって自分にあったポケモンが提案されるのはリメイク前通りですが、今回はその提案を却下して 自分で任意のポケモンを選択出来るようになりました。 また、相棒ポケモンとしては選択できなかった「イーブイ」「ニャース」「カラカラ」「コダック」「エネコ」も相棒として選択出来るようになっています。 DXからの追加要素 技成長システムの追加 技を使用していくと 技自体がパワーアップしていき、「威力が上がる」「PPが増える」などのボーナスが得られます。 また、技の成長度はパーティで共有されているので同じ技を覚えているポケモンを使っていれば効率よくパーティの強化を行える他、新しく仲間にしたポケモンでもすぐに強力に成長した技を使用する事が出来ます。 新技の追加 リメイク前には存在しなかった技も今作には存在し、より多様性の高い攻略や戦略が練られるようになりました。 技は勿論相手も使ってくるので技毎の特性はしっかりと把握していきましょう。 連れ歩き数の増加 DXでは基本的にダンジョン入場の際に3匹まで仲間を連れていける他、 ダンジョン内で仲間にすると最大計8匹までのポケモンと冒険が出来ます。 更に仲間が増えそうになった場合は連れているポケモンから誰と別れるか、または仲間にしないかなどを選択可能です。 ダンジョン内で仲間になったポケモンは、対応したキャンプを解放しているポケモンに限りダンジョンを突破するとそれ以降もダンジョンに連れていける仲間となります。 対応したキャンプを持っておらず、仲間にする事が出来ないポケモンもダンジョンクリア後に冒険のお礼としてお金をくれるので無駄になる事はありません。 オート移動の実装 ダンジョン内で 「L」を押す事によって自動で移動をしてくれるオード移動モードに移行します。 階段を最優先で探す「階段優先」埋まっていないマップを埋めていく「探索優先」のどちらかから行動形態を選ぶ事が出来る上、 敵が近くに来た場合はオート移動を中止するので気づいたら倒れているという事故も最小限に抑えられます。 行動形態はオプションから変更が可能です。 ポケモンによってはメガシンカになるようです。 詳しい条件については未確認となっています。 新たなアイテムの種類 DXでは以前は存在しなかった 「えだ」というアイテムの種類が追加されました。 えだには使用回数が存在し、使用するとそれぞれに対応した効果を持った弾が真っすぐに飛んでいき、当たった対象に作用します。 使用回数が0になると振っても反応しなくなってしまいますが、えだ自体をぶつける事で効果を発動させる事が可能です。 色違いの実装 ダンジョンで出現する強敵は稀に色違いで出現します。 ただし 仲間にするには「ともだちリボン」が必要となっています。

次の