ご 冥福 を お祈り し ます 意味。 「ご冥福をお祈りします」の意味や使い方は?返し方も例文で解説

ご冥福とお悔やみ ご愁傷の違いは?宗教上の適切な使い分けは?

ご 冥福 を お祈り し ます 意味

私も、以前から気になっていました、今ネットで意味など検索していたら、この様な記述がありました。 「字義通りに捉えれば「死後の幸福があるように」、より仏教的に言うなら冥土の旅を終えて良い世界に転生できるように、という願いを込められた言葉であると言える。 誰かが死んだときに自分の礼儀正しさを誇示するために便利に使える紋切り型の表現として広まっているが、一般に仏教由来の用語と認識されているため、キリスト教など他宗教の人には安易に使わないほうがよい。 この言葉は本来(かなり昔だが)仏教用語ではない。 原理的には死後の運命はすでに決まっていることであって、死んではもはや左右されないためである。 言葉自体は仏教伝来以前から存在するものであり、儒教・道教・土着信仰的な理念と仏教が融合して今日に至ったと思われる。 このため浄土真宗では、この言葉を非仏教的で故人を侮辱するものとして嫌っている。 (「浄土真宗の弔辞の例文」参照) また、キリスト教やイスラム教でも宗派によるがまあ近い感じの考えのようである。 現代日本では、宗教的な意味合いも薄れて単に弔辞の言葉として捧げられることが多い。 しかし気になる人もいるので、浄土真宗や仏教以外の人に対する場合、あるいは相手の宗教が分からない場合は、「謹んで哀悼の意を表します」や「お悔やみ申し上げます」と言ったほうが無難である。 」 これを読むと自殺や宗教に関係なく、「ご冥福をお祈りいたします」避けた方が良いという事になりますね。 私は、自分の価値観より亡くなられた方の宗教や状況などを考慮し言葉を選ぶべきだと思いました。 勉強になりました。 貼り付けてあるリンクのベストアンサー以外の回答の中にもありますが、 「お悔やみを申し上げる」=遺族に対して使う言葉 「ご冥福を祈る」=死者に対して使う言葉(ひいては遺族を慰める言葉にもなる) という区別だと思うのですが。 「ご冥福を祈る」は、死後の世界での幸せを祈ることですから、死んだ方が天国で幸せになってくれたらいいなあという思いです。 ですから、第一義的には、死んだ本人に向けて言う言葉でしょう。 それに対して「お悔やみを申し上げる」のは、死んだ本人に向かって言う言葉ではないように思います。 お葬式に行って、遺族の方にかける言葉は、「お悔やみを申し上げます」(=「亡くなって本当に残念ですね」)の方だと思います。 もし遺族に向かって「ご冥福をお祈りします」(=「あなたの死後の幸せを祈ります)」と言ったら、「私はまだ死んでないよっ!」と叱られそうです。

次の

「ご冥福をお祈りします」の意味と使い方・返事の方法|友達/ペット

ご 冥福 を お祈り し ます 意味

参列マナー 作成日:2019年11月29日 更新日:2020年01月24日 「ご冥福をお祈りします」を使ってはダメ?ほかの言い回しとは?• この記事は小さなお葬式が書いています 通夜や葬儀の際によく耳にする「 ご冥福をお祈りします」という言葉ですが、使ってはダメなシーンについて知りたいという方もいるのではないでしょうか。 使用してはダメな状況や代わりにどのような言い回しをすればいいかを知ることで常識に沿った挨拶ができます。 そこでこの記事では、「ご冥福をお祈りします」を使ってはいけない場面についてご紹介します。 メールや電話でお悔やみの言葉を伝える方法やほかの言い回しもお教えしますので、今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「ご冥福をお祈りします」を使ってはダメな状況とは?代わりに使う言葉は? 通夜や葬儀に参列したとき、ご遺族に「 ご冥福をお祈りします」と伝えた経験がある方もいるでしょう。 「冥」は「死後の世界」という意味を持つ仏教の思想なので、 宗派によっては不適切な場合があります。 使ってはいけないわけではありませんが、気にする方がいるかもしれません。 お悔やみの言葉はどの宗派でも使える言葉で伝えることをおすすめします。 ここでは、なぜ「ご冥福をお祈りします」がダメなのかを宗派別に解説します。 宗派に適した代わりとなる言葉についてもお教えしますので、参考にしてみてください。 浄土真宗の葬儀の場合について 浄土真宗では「ご冥福をお祈りします」という言葉の使用はおすすめできません。 亡くなった後はすぐに仏様になる「臨終即往生」という考えの浄土真宗の方には、「死後の世界である冥土に迷い込んでしまう」という意味にとらえられてしまいます。 浄土真宗の方の通夜や葬儀の際は、 「お悔やみ申し上げます」という言い回しを使うとよいでしょう。 「心より」をつけると深い悲しみを、 「謹んで」をつけると敬意を表すことができるため、目上の方に失礼になりません。 神道の葬儀の場合について 神道の場合もほかの言い回しをおすすめします。 神道では 故人は家の守り神になると考えられていることから、死後の世界である冥土という思想はふさわしくないとされています。 また、 成仏や供養といった仏教用語も神道には不向きです。 神道の方には「 御安霊の安らかならんことをお祈りします」「 御霊のご平安をお祈りします」という言葉を使いましょう。 キリスト教の葬儀の場合について キリスト教の葬儀では お悔やみの言葉を使いません。 ほかの宗派ではお悔やみの言葉は必須ですが、キリスト教の場合は死に対する考えが異なります。 キリスト教における死とは、 地上での罪を許され天に召されることをいいます。 祝福されるべきものと考えられていることから、キリスト教の葬儀では故人の死を悲しむお悔やみの言葉を使わないようです。 「 安らかな眠りにつかれますよう、お祈りいたします」といった言葉がふさわしいでしょう。 冥福という言葉の意味とその使い方とは? 「冥」は冥土、つまり「死後の世界」を、「福」は「幸せ」を表します。 「冥福」とは 「死後の世界の幸せ」を意味し、「ご冥福をお祈りします」は 死後の世界での幸せを祈っているという気持ちを伝える言葉になります。 一般的にお悔やみの言葉はご遺族の方に向けたものですが、「ご冥福をお祈りします」は 故人に伝えるべき言葉です。 その他のお悔やみ言葉とは? 「ご冥福をお祈りします」という言葉がふさわしくない宗派の通夜や葬儀に参列する場合に備えて、これに代わる言い回しを覚えておきましょう。 いくつかの言い回しを頭に入れておけば、相手の宗派に関係なく適切なお悔やみの言葉を伝えられます。 ここでは、お悔やみの言葉をいくつかご紹介します。 ご愁傷様です 「ご愁傷様です」は ご遺族の方に向けたお悔やみの言葉で、気の毒に思うという意味が込められています。 どの宗派でも使えますが、「ご愁傷様です」だけではお悔やみの言葉としては不十分です。 「 突然のことにより言葉がございません」「 なにかお役に立てることがあればお申しつけください」といった一言を添えることをおすすめします。 ご遺族へのお悔やみとともに悲しい気持ちや相手を気遣う気持ちを伝えられるでしょう。 お悔やみ申し上げます 「お悔やみ申し上げます」は ご遺族の気持ちを配慮する、故人の死を悲しむという意味を持つお悔やみの言葉です。 通夜や葬儀の定型句なので、 宗派を気にせず使えます。 故人の死を悲しく思う気持ちとともに、ご遺族への配慮も伝えられるので「お悔やみ申し上げます」という言葉だけで十分です。 さらに、 「心より」「謹んで」と頭に付け加えれば、 目上の方に対しても失礼のないお悔やみの言葉になります。 哀悼の意を表します 「哀悼の意を表します」は口頭では使わず、 弔電やメールのような書き言葉で使う言い回しです。 文章なら違和感のない文語体のため、 口頭で伝えるには不向きといえるでしょう。 故人の死を悲しみ、心を痛めているという意味なので、ご遺族へのお悔やみの言葉としては適切です。 弔電はもちろん、失礼に当たらない間柄であれば、メールやメッセージツールでお悔やみの言葉を送る際に使うとよいでしょう。 胸中お察しいたします 「胸中お察ししたします」は 相手の心情を理解し、察知しているという意味を持つ言い回しです。 ご遺族の気持ちに配慮した言葉なので、 どの宗派でもお悔やみの言葉として使えます。 ただし、 上司や目上の方には使わないほうが無難でしょう。 「あなたの気持ちを理解している」と伝えると、「私の気持ちのなにがわかるのか」と不快に思われる恐れがあります。 相手との関係性によってはトラブルを招きかねないので注意が必要です。 「ご冥福をお祈りします」を使った文例とは? メールの場合 突然の訃報をメールで知ることもあるでしょう。 その場合、通夜や葬儀への参列の有無を返信する必要がありますが、連絡事項の前に相手へのお悔やみの言葉を入れることをおすすめします。 ここでは、「ご冥福をお祈りします」を使ったメールの文章例をご紹介しましょう。 私でお役に立てることがあればなんでもいってください。 故人の死を悲しむ気持ちとともに、連絡をくれた方への配慮を忘れないことが大切です。 親戚に対しての場合について 突然の訃報に驚いております。 遠方のためメールでのお悔やみとなり申し訳ありません。 心身ともに大変かと思いますが、体調を崩されないようご自愛ください。 後日改めてご自宅に伺います。 こちらは遠方で通夜や葬儀に行くことが難しい場合の文例です。 参列する場合は「遠方のため」「後日改めて」の部分を省き、参列する旨を伝えます。 その際、 葬儀場の名前と住所について確認することを忘れないようにしましょう。 「ご冥福をお祈りします」を使った文例とは? 電話の場合 訃報を電話で受けた場合、 すぐにお悔やみの言葉を述べる必要があります。 知識のないままお悔やみの言葉を伝えると、相手に失礼になるかもしれません。 そのようなときに備えて、適切な言い回しを身につけることをおすすめします。 ここでは、電話でお悔やみの言葉を伝える場合の文例をご紹介しましょう。 知人や友人に対しての場合について お辛い中ご連絡いただきありがとうございます。 ご迷惑でなければこれからご自宅に伺わせていただきたいのですが、よろしいでしょうか まずはお悔やみの言葉を伝え、自宅に伺ってもよいか確認しましょう。 すぐに伺うことが難しければ、訪問可能な日時を確認し、後日改めて焼香に行くことをおすすめします。 亡くなってすぐに連絡があったときは、 通夜の有無と葬儀形式について聞きましょう。 身内だけの家族葬の場合、落ち着いた頃に自宅を訪ねて家族や故人にお悔やみの言葉を述べます。 親戚に対しての場合について お辛い中お知らせありがとうございます。 故人のご冥福をお祈りいたします。 これから準備をし、すぐに伺います 親戚の場合、亡くなってからすぐに連絡がある場合がほとんどでしょう。 連絡をくれた方が自宅、病院、葬儀場のどこにいるかわからないので、 伺うべき場所を確認する必要があります。 葬儀場にいるなら葬儀場の名前と住所を聞き、何時頃に到着するか伝えておくとよいでしょう。 まとめ 「ご冥福をお祈りします」は通夜や葬儀のときの定型句ですが、宗派によっては使ってはダメな場合もあります。 浄土真宗、キリスト教、神道の葬儀では「ご冥福をお祈りします」ではなく、ほかの言い回しを使うようにしましょう。 通夜や葬儀に参列する方の中には「 お悔やみの言葉をどう伝えたらいいかわからない」「 どの言い回しを使えばいいのか困っている」という方もいるでしょう。 葬儀に関することでお悩みなら、葬儀の専門業者であるにご相談ください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

「ご冥福」の意味や使い方を解説。宗教によっては使用できない?

ご 冥福 を お祈り し ます 意味

「ご冥福をお祈りします」とは「死後の幸福をお祈りします」「冥土で彷徨った後、良い場所に辿り着けることを祈っています」という意味です。 これは故人に使う言葉であり、遺族には使いません。 遺族に対しては、故人に対しての気持ちが伝わるようにしましょう。 その例として、「この度は、誠にご愁傷様でございます。 「福」は「福を招く」や「福を呼ぶ」といった言葉があるように、「運の良い事」「幸せ」の意味が込められています。 「冥土」は「人が死んだ後に行く世界」を表しています。 冥土では故人の生前の生き方で、次の転生場所を表しています。 上記の二つを合わせて、「冥福」という言葉ができ、それを祈っているという意味でさらに「ご冥福をお祈りします」という言葉になります。 お悔やみをメールで伝える場合 メールにて訃報の連絡を受けて、「ご冥福をお祈りします」とメールで伝えても良いのか、またどのような文面にすれば良いのかと迷う場合があるでしょう。 お悔やみの言葉は直接会って伝えるのが一般的ですが、直接伝えられない場合はメールや電話で伝えても失礼には当たりません。 具体的に以下の条件が揃っていれば、お悔やみをメールで伝えても問題ないでしょう。 お悔やみをメールで伝えても良い人の条件 メールで訃報を受けた場合、関係性が以下の条件に当てはまっていたらメールで伝えても問題ありません。 メールの題名 メールでお悔やみを伝える場合は、「ご冥福をお祈りします」より「お悔やみ申し上げます」が一般的です。 こちらは簡潔で、気持ちを過不足なく伝えられるので、メールでもよく使われる表現です。 知人や友人に宛てたメールには自分の名前だけで大丈夫ですが、ビジネス関係の人に送る場合は、そこに自分の会社名も書きます。 「ご冥福をお祈りします」はメールよりも印刷物に記載する方が適切と言えるでしょう。 メールの本文 お悔やみのメールを送る際は、読みやすく相手に負担がかからない内容にするのが一般的です。 長々とした文章を送るのはやめましょう。 ただ、お悔やみの一言だけでは失礼に当たるので、相手を気遣う事を心がけ、そこに「ご冥福をお祈りします」と一言添えるのが適切でしょう。 それは、「突然のご訃報で言葉が出ません」「本当に残念な気持ちでいっぱいです」といった感じになるでしょう。 絵文字や顔文字は受信者に誤解されてしまうので、ここでの使用は避けましょう。 お悔やみの場合は挨拶文は省略し、本文から始めます。 「ご冥福をお祈りします」と書くくらいなら、堅苦しくした方が見ている方もしっくりくるでしょう。 話し言葉ではあまり用いられない 「ご冥福をお祈りします」は文章で表現する事が多いため、口ではあまり言わない言葉です。 お悔やみを表す言葉は、「お悔やみ申し上げます」「ご愁傷様です」などがありますが、この2つの方が口で話す時によく使われると言われています。 「ご冥福をお祈りします」の言い方 ご友人に使う場合 友人同士でも「ご冥福をお祈りします」という場合がありますが、その他にも「お悔やみ申し上げます」や「哀悼の意を捧げます」と言っても言い間違いではないでしょう。 しかし、「ご冥福をお祈りします」と言わずに、代わりに別の表現でお悔やみを伝える場合があります。 決して間違ってはいないんですが、友人に対しては「ご冥福をお祈りします」は堅い感じがするでしょう。 相手の悲しみを和らげるために、普段の話し方に近い言葉遣いで相手を思いやる内容にする方が良いでしょう。 「この前はとても残念でした。 何かできそうなことがあれば仰ってください」「突然の事でかける言葉が思い付きませんが、お悔やみを申し上げます。 もしお手伝いできることがあれば何でも仰ってください」といった言葉でも適切でしょう。 冥福は仏教の思想から来ている言葉なので、キリスト教などの他の宗教は使いません。 また、同じ仏教でも浄土真宗は教義の違いにより「冥福」という言葉は使いません。 よって、「ご冥福を申し上げます」はお悔やみの言葉として広く使うことができません。 そこでここからは、「ご冥福をお祈りします」の類義語を紹介し、それぞれの使い分け方も一緒に説明します。 お悔やみ申し上げます 「ご冥福をお祈りします」の他に「お悔やみ申し上げます」という言葉があります。 「お悔やみ」とは人の死を弔う事であり、「弔う」という言葉にも葬儀・供養・法要を営むという意味が含まれています。 ご愁傷様です 「ご冥福をお祈りします」の他に、「ご愁傷様」という言葉があります。 そこには、相手を気の毒に思う様や、身内を失った人に対するお悔やみの意味が込められています。 ご愁傷様の「愁」は、「ひどく悲しむ・心配する」という意味です。 さらに「愁傷」となると、「心の傷をとても心配している」という意味になります。 自分のことであれば「嘆き悲しむ」、相手のことであれば「気の毒に思う」という意味になります。 葬儀の際に、どんな言葉をかけていいのかが分からない際には、「ご愁傷様」の一言でお悔やみの意を伝えらえます。 基本的に遺族に対して述べる言葉ですが、言うタイミングとしては弔問の時が一番多いです。 心中お察しします 「ご冥福をお祈りします」の他に「心中お察しします」という表現もあります。 「心中お察しします」は、相手に悲しい事があった際に、「相手を思いやる、悲しい気持ちや辛い気持ちに共感を表す」という意味で用いられることが多いです。 例えば、遺族が悲しみのあまり会話ができなくなった場合、言葉を待ってしまうと相手に負荷がかかります。 そんな時は何を言いたいかを察しているという意味で「心中お察しします」と伝えましょう。 「心中お察しします」は使い方を誤ると、相手を思いやる所か不快にさせてしまう恐れがあります。 同じ経験をしたことがあるなら、「心中お察しします」と言われても納得できますが、経験がない人に「心中お察しします」と言われると不快に感じる人がいます。 お力を落とされませんように 「ご冥福をお祈りします」と一言かけるだけでは、負担になってしまう相手もいる事でしょう。 また、お悔やみを伝える際に、相手を励ましたいと言う気持ちから「落ち込まないでください」「頑張ってください」「元気を出してください」などと言うのは遺族にとって負担になります。 安易な励ましは、遺族を傷つけてしまうので言葉を慎重に選びましょう。 しかし、心配だということを伝えるのも大事です。 その際には「お力を落とされませんように」「お疲れ出しませんように」「力になれることがあったら仰ってください」「ご自愛ください」などの気遣いの一言をかけるようにしましょう。 哀悼の意を表します 「忌み言葉」とは、信仰上の理由や、特定の職業・場面において使用を控えた方がよい言葉を指します。 「忌み言葉」には、不吉な意味の語を連想させる言葉が多いです。 遺族に対する礼儀や配慮として、葬儀の場で忌み言葉は使用を避けた方が良いでしょう。 そこに「ご冥福をお祈りします」の一言があっても、忌み言葉が一緒になっては無駄になってしまいます。 重ね言葉 「重ね言葉」は、悲しい事が繰り返し起こることを想像してしまうので、印象が良くありません。 例えば、重ね重ね、くれぐれも、いよいよ、など上げられます。 繰り返しを想像させられる言葉 重ね言葉ではなくても、繰り返すことを想像させられる言葉は印象が良くないとされています。 例えば、再び、続く、追って、などが上げられます。 不吉な事を想像してしまう言葉 葬儀の場において、不吉な言葉を連想させるような表現は避けるべきです。 例えば、迷う、消える、大変だ、などが上げられます。 こう言い換えれば良くなるでしょう 葬儀の場では、生死を表現する事はマナー違反になるので、言い換えると良くなるでしょう。 例えば、「死亡、死去」なら「永眠、逝去」、「重ね重ね、度々」なら「何度も、深く」、「皆々様」なら「皆様、大勢の皆様」などが上げられます。 そこに「ご冥福をお祈りします」と一言添えるなら、「ここにいる皆様と共に、ご冥福をお祈りします」という表現になるでしょう。 「ご冥福」と「お悔やみ」、両者の違い 「ご冥福をお祈りします」は、ご遺族にかける言葉ではありません。 その事を知らない方は割と多く、葬儀に来た方が指摘を受ける場合があります。 それを間違いだと知らずに挨拶をしているので、相手の気持ちを受け止めて返事を返すのが良いでしょう。 その時は相手の立場に関係なく「ご丁寧にありがとうございまず」「お心遣いありがとうございます」などと言うのが無難でしょう。 しかし「ありがとう」という言葉は、葬儀の時は不謹慎ではないかとためらう場合があります。 悲しみでなかなか言葉が出ない際には、「恐縮です」「痛み入ります」など一言だけでも構いませんし、黙礼だけでも大丈夫です。 「ご冥福をお祈りします」はペットにも使うのか ペットにも「ご冥福をお祈りします」「お悔やみ申し上げます」という言葉は使えます。 とは言えども、悲しみの中で葬儀の準備で忙しい事もあるでしょうし、短い要点を抑えた文章にまとめる事が大事です。 ペットも人間同様、家族と一員としてその家に飼われていたので、「ご冥福をお祈りします」とまでは堅苦しく言わなくても、「天国でも幸せでいてもらえると嬉しいです」などという言葉がふさわしいでしょう。 「ご冥福をお祈りします」の誤った使い方 「ご冥福をお祈りします」という表現は、日本ではよく用いられますが他の宗教に属している人はあまり用いる事がなかったりします。 しかし、決して悪い意味の言葉ではないので使ってはいけないという事はありません。 また、「ご冥福をお祈りします」の他にも使える表現があるので、その場で使い分ける事が必要になってきます。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の