ハラ kara 日本。 元KARAのクハラが、日本で頑張りたいらしく、また日本で活動する事になったみ...

KARA

ハラ kara 日本

悲しい知らせについては、多くがその理由と背景を知りたがるものだ。 なぜだ。 どうしてそんなことになるのかと。 11月24日に訃報が報じられたク・ハラさんの件でもそうだ。 SNSで攻撃を受けた件、元彼氏との裁判の件、支えてくれていた母を亡くしていた件、日本での状況の変化の件など。 それらはもう、他の場所で多く報じられたのではないか。 ここでは別の話を。 少しでも美しく彼女を見送りたい。 韓国メディアがハラさんの歩みをどう評しているのか。 彼女が活動したグループ、KARA。 自国では「韓国でも人気があるが、日本でより多くの人気を得ている」というイメージを持たれてきたのは確かだ。 いっぽうで今回の訃報に際し、韓国で改めて彼女の活躍が評価されている。 韓国で彼女がどう見られているのか。 メディアの記事から抜粋、翻訳して紹介する。 中央日報「気の利いたセンスを披露」 中央日報は、KARAへの合流過程、活躍とともに「タレントとしてのセンス」を詳しく伝えている。 韓国のテレビ番組で短距離走を走り、思いっきりずっこけるハラさんの動画は日本でもよく鑑賞されたのではないか。 ク・ハラ(28)は、2008年ガールグループ'KARA'のメンバーとしてデビューした。 2007年4人組として活動を初めたグループは翌2008年、メンバーのキム・ソンヒが脱退。 その後、ク・ハラはカン・ジヨンとともにグループに新たに合流し、KARAは5人組となった。 「ロックユー」「ハニー」「ミスター」「ルパン」などのヒット曲でファン層を拡大。 ハラは健康で若々しい魅力により大きくアピールした。 KARAは、日本でも大きな人気を享受した。 2010年、日本で最初のシングルアルバム「ミスター」発売初週でアジアグループ初のオリコンチャートトップ10入り。 現地デビュー3ヶ月にして日本ゴールデンディスク新人賞を受賞した。 2013年に日本の最大公演会場である東京ドームで韓国ガールグループ初の単独コンサートを行った。 個人としてのハラを大衆に認識させたのは、(歌手活動以外の)活発なバラエティ番組での活動だった。 折々の特集番組で多彩なスポーツを消化。 気の利いたセンスを披露し「ク・ヌンガム(能感=バラエティのセンスがあるという意味)」という新造語を作り出した。 「クサイン・ボルト」「ク・ヨナ」などのニックネームもあった。 また「青春不敗」「KARAベーカリー」「日夜」「土曜日がいい」などを通じ、自他共に認める「芸能ドル(バラドル)」となった。 女優としては、2011年の漫画原作ドラマ「シティーハンター」で主演級としてデビュー。 2015年、初のソロミニアルバム「アロハラ(ALOHARA)」を発表した。 出典: 本稿写真、すべて2015年「Cupid」ショーケース時のもの。 筆者撮影 「ノーカットニュース」はKARAとして得た人気ぶりを、日韓の細かいデータとともに紹介している。 冒頭の「もう一つの星」とは、f x のソルリさんに続く訃報を指していると思われる。 もう一つの星が消えた。 ガールグループKARA出身の歌手で女優のク・ハラが24日亡くなった。 享年28歳。 ク・ハラは、2008年7月に発売されKARAの最初のミニアルバムからグループ合流した。 KARAのメンバーとして「ロックユー」(Rock U)、「プリティーガール」(Pretty Girl)、 「ハニー」(Honey)、「ミスター」 、「ワナ」(Wanna)、「トッカットゥン マウム(同じ心)」、「ルパン」(Lupin)、「ジャンピン」(Jumping)、「ステップ」(STEP)、「パンドラ」(PANDORA)、「淑女になれなくて」(Damaged Lady)、「マンマ・ミーア」、「キューピッド」など2015年のミニアルバム第7集までの7年間の活動を続けた。 KARAは、国内だけでなく日本でも高い人気を享受したグループである。 2010年8月に発売した「ミスター」は発売直後、オリコンデイリーチャート5位となった。 その年の9月に出したベストアルバム「KARAベスト2007-2010」は、発売1週間で5万枚以上売れ、オリコンウィークリーチャート2位を記録した。 2011年に発表した3つめのシングル「ジェットコースターラブ」では韓国のガールグループ初の週間チャート1位となった。 2011年、日本のモバイルサイト「レコチョク」で調査した「日本人が最も愛する韓国の歌手」1位となったKARAは、海外アーティスト初のオリコン2部門同時1位、トリプルプラチナ(75万枚以上売れたシングル アルバム)、韓国の歌手として最短期間でのシングル100万枚突破など、複数の記録を塗り替えた。 2013年には韓国のガールズグループ初の東京ドームで単独コンサートを開催する底力を見せた。 2015年には初のソロミニアルバム「アロハラ」(Can You Feel It?)を出し、ラッパーのGIRIBOYがフィーチャリングしたタイトル曲「チョコチップクッキー」で活動した。 ク・ハラはその後、Webムービー「足音」とドラマ「ジャグラーズ」のOSTも発表した。 出典: KBS「KARAの救援投手」 地上波の公営放送「KBS」もニュースで訃報を知らせた。 短い表現ながらも、「ク・ハラ」の名前の個性をしっかりと伝えている。 ク氏は2008年にガールズグループKARAの追加メンバーとしてデビューしました。 彼女の合流によって勢いに乗ったKARAは翌年「ハニー」で初の歌謡ランキング番組で1位を獲得。 「ミスター」「ジャンピン」などを続けてヒットさせました。 出典: 筆者撮影 また、「クッキーニュース」は見出しでハラさんの歩みを称える記事を掲載した。 彼女の優れた運動神経についても言及している。 「韓流2世代」導いたク・ハラ、安らげる場所に 彼女は2008年にグループKARAのメンバーとして芸能界にデビューした。 一年前に4人組としてデビューしたKARAは初代メンバーキム・ソンヒが脱退。 ハラとカン・ジヨンを新しいメンバーとして受け入れた。 デビュー当初、KARAは近い時期に活動していた「少女時代」「ワンダーガールス」に押され大きく注目されていなかった。 KARAは自らを「生計型アイドル(生活を切り詰めている様子を公開するアイドル)」として売り出した。 いっぽう、ハラ・ジヨンが加入以降に発表した「ロックユー」(Rock You)、「プリティーガール」(Pretty Girl)、「ミスター」(Mr. )などが流行。 徐々に人気を築いていった。 ク・ハラは、当初は人形のような容貌で目を引いたが、優れた運動神経と強い勝負欲でさらに注目を浴びた。 SBSの「拳を握って少林寺」、KBS2「青春不敗」などのバラエティ番組で活躍し、韓国放送関係者の「ブルーチップ(優良株)」に浮上した。 日本での人気も爆発した。 2010年「ミスター」で日本に正式にデビューしたKARAは、発表するアルバムごとにオリコン週間チャート上位圏に入り、日本の年末の代表的音楽番組「紅白歌合戦」にも招待された。 2013年1月には韓国の女性歌手として初めて日本の東京ドーム単独公演も行った。 出典: 日本でのク・ハラさんは「YouTube第一世代のアイコン」ではないか 韓国では2013年の東京ドームでの単独公演への称賛が多い。 一方ハラさんの日本での歩みについては、こんなことを思う。 韓国では「韓流第2世代」という表現もあるが、日本にとってのク・ハラさんは「YouTube 第1世代のアイコン」ではないか。 アメリカで始まった同プラットフォームが世界的シェアをぐっと高めたのが2010年だった。 この年、ちょうどKARAが日本デビューし、日本でガールズグループのブームが起きた。 KARAはその中心にいた。 そこまでネットの動画といえば「画質が悪いし、途切れるし、データ量を多く消費する」というイメージだった。 そんななかでKARAは「ネットで観ない限り、情報が探せない」という状態にあった。 何せアーカイブの多くは韓国にあるのだ。 一方で、YouTubeを観さえすれば、動画を多く掘り起こせるという状態は日本での人気をより強固なものにした。 筆者撮影 また、日本で放映されたドラマ「URAKARA」のなかでひとつ、鮮烈に記憶するハラさんのセリフがある。 メンバーが本人役で出演。 各回でメンバーそれぞれのキャラクターを生かしたストーリーが展開された。 ハラさんの回は「韓国に旅行に来た日本の自信過剰なプロゴルファーに、ハラさんがアタックする」というものだった。 冴えない日本のプロゴルファー役が「なんで俺なんかに声をかけたんだ?」と聞くと、"ハラ"はこう答えた。 「だって、あなた一人で晩ご飯食べてたでしょ!」 今でこそ「ホンパプ」といって一人で夕食を食べる習慣が出てきた韓国だが、元来は「食事の時間こそ、みんなでワイワイやるもの」「そうしてこそおいしい」という考えが日本より強い。 ドラマのセリフで、しかも本人役によるものだが、彼女のキャラクターがとてもよく感じられた。 同時に、ああやって日本の地上波という大きなステージで、POPなかたちで韓国の文化を伝える手法は2010年当時ではエポックメイキングだった。 グループを2度ほど取材した機会もあるが、ご本人とは多くの言葉を交わすことができなかった。 いっぽう、いちファンとしてソウルに観に行った2013年6月15日の韓国ファンミーティング( サンミョン大学内ホール)では驚くべきシーンを目にした。 楽曲の途中でハラさんはステージから降りて客席に向かった。 席にいた韓国の女性のファンと肩を組んだのち、マイクを渡した。 なんとその女性ファンは、ハラさんと肩を組んだままひとフレーズをマイクを通して歌い上げたのだった。 女性ファンと残り4人のメンバーの「合唱」というかたちになった。 ハラさんの優しく、遊び心があり、オープンな性格を垣間見た瞬間だった。 安らかに。 そして美しいままの記憶で、永遠に。 筆者撮影.

次の

元KARA・ハラさん “自殺”前投稿の真意と日本で活躍への批判

ハラ kara 日本

略歴 [ ]• 2008年、KARAのメンバーであったソンヒが脱退したことを受け、ケーブルチャンネルのと連動して実施された公開オーディションに合格する。 同年発表曲の「Rock U」から同時期加入のとともにKARAのメンバーとして活動する。 2015年6月12日、初のエッセイ集「Nail HARA」を発売。 日本発売は2015年8月31日。 有名ネイルアーティストのTREND Nのキム・スジョン院長とコラボレーションしたネイルエッセイブック。 2015年7月14日、ソロデビュー1stミニアルバム「ALOHARA Can You Feel It? 」をリリース。 収録曲「어때? どう?・How About Me? 」にはがラップとして参加、「Rainy Day」にはが作詞を担当した。 2016年1月15日、DSPメディアとの専属契約が終了。 その後、キーイーストと専属契約を締結。 2017年7月1日、子会社のContent Yに移籍。 2019年1月末をもってContent Yとの契約を終了。 6月、と契約し、活動拠点を日本に移す。 2019年11月24日午後、韓国の自宅で遺体にて発見された。 28歳没。 現場でハラが作成したと見られる、自分の身辺を悲観する内容のメモが発見されたことから、警察は事件性がないと判断、自殺と見られている。 、フォトブック『HARA』()が、週間0. 1万部を売り上げ、「オリコン週間BOOKランキング」ジャンル別「写真集」(集計期間:4月6日~12日)で8位にランクインした。 人物 [ ]• 西区出身• 趣味:写真撮影、読書、ジム(運動)• 特技:車の運転。 韓国のバラエティ番組『』ではなどの運転も行っていた。 座右の銘:なせば成る• 祖母から「子犬ちゃん」と呼ばれて育てられた家庭事情があり、祖母(2011年1月死去)への深い愛情がある。 韓国のと言われる事もある。 クールなお嬢様担当、ニックネームは「ハラちゃん」「クサインボルト(後述)」「ハラク(後述)」。 として、1億ウォン(約720万円)を寄付した。 人形のようなスタイル等、外見的な面を報じられることが多いが、内面は保険について真剣に検討したり するなど経済観念もしっかりしている。 自己紹介は「クールなお嬢様担当」と言っているが、一方で笑いをとるのが好きなようである。 運動神経が良い。 追加メンバーオーディションで選抜され、新たにメンバーとして参加することになった。 ハラはそれまでインターネットショッピングモールのモデルをしながら、いくつかのオーディションに応募していたが良い結果を得ることができなかった。 追加オーディションへの参加は、現所属事務所の関係者がハラの写真をネット上で見て応募をすすめたことがきっかけ。 追加オーディションでは、最終選考候補としてハラ以外に、DSP練習生のハ・ヒョンジ、一般応募のイ・アルム(の同名メンバーとは別人)も選ばれており、事前の評価ではハラは第3位であったが、ハ・ヒョンジが途中で選考から自主的に降りるなどの経緯を経て、最終的にハラのみが選抜された。 大の肉好きである。 12月、プロクター・アンド・ギャンブル P&G 傘下の社製造の高級コスメ「」のフェイシャルトリートメントエッセンス限定品、「ピテラエッセンス2014リミティッドエディション」の韓国広報大使に起用される。 生前、生年月日を1991年としていたが、没後の1月3日に実兄がにて「 生誕時から数えて 30回目の誕生日」であることを明かし実際の生年月日が公称よりも10日早かったことが明らかになった。 ディスコグラフィ [ ] ミニアルバム [ ] No. タイトル 収録曲 1st ALOHARA 2015年7月14日• 어때 どう? Feat. 영지 of KARA• 초코칩쿠키 Choco Chip Cookies Feat. La la la Feat. Matthew• 하라구• Rainy Day Feat. 초코칩쿠키 Inst. シングル [ ]• 発売 日本でのソロデビューシングルという位置付けだったが、発売11日後の急逝により遺作となった。 MV [ ] Official Video• 出演作品 [ ] としての出演作品については「」を参照 テレビドラマ [ ]• 『』( 2011年5月25日 - 7月28日)チェ・ダへ役• 『』最終章「聖女の救済」前編( 2013年6月17日)ヨンア役• 『』最終話(SBS 2014年9月11日)熱血ファン役(カメオ出演) 楽曲 [ ]• 』 『シティーハンター in Seoul』オリジナル・サウンドトラックepに収録。 2012年2月24日 及び「オリジナル・サウンドトラック」 2012年4月11日• 非常に疑わしいキャスト Season2 (Mnet 2008年11月21日 - 2009年1月25日)• (KBS 2009年10月23日 - 2010年12月24日 )• 日曜日の夜 "大韓民国生態救助団 ハンターズ" (MBC 2009年12月6日 - 2010年1月10日 [司会])• (SBS 2011年11月20日 - 2012年8月19日 [司会]と共演)• A Style For You (KBS 2TV 2015年4月 - ) 司会(の、のボラ、EXIDのハニと共同司会)• 拳を握って少林寺 (SBS 2015年10月17日 - ) リアリティ番組 [ ]• HARA ON&OFF The Gossip MBC MUSIC 2014年12月29日 CM [ ]• WeMakePrice(2011年)• Puzzle Bubble Online (2011年 ゲーム)• NATURE REPUBLIC(2011年 化粧品)• (2011年 お菓子)• チョウムチョロム(2012年 焼酎)• ALFACE(2017年 化粧品)• ラジオ [ ]• 『シンドン、シニョンの退屈打破』 (MBC - 2010年4月)• 『DSP RADIO』(第3回DJ) (動画サイトYouTube公式チャンネル DSPメディア 2014年11月26日) ミュージックビデオ [ ]• 2012年:A-JAX 「ONE 4 U」• 2015年:KIXS 「Beautiful」 出版 [ ]• 2015年:エッセイ集「Nail HARA」 受賞歴 [ ] 2015年• 《2015 SBS演芸大賞》 - ベストチャレンジ賞 脚注 [ ] []• fnnews. jp 2020年1月3日. 2020年4月14日閲覧。 NHK 2019年11月24日. 2019年11月24日閲覧。 2019年11月26日. 2019年11月28日閲覧。 wowkorea 2017年6月26日• wowkorea 2019年2月1日• 日刊スポーツ 2019年6月22日• Chosun online 朝鮮日報 2019年11月25日• Yahoo! ニュース2020年4月20日• 『KBS 青春不敗フォトエッセイ』(KBS Media刊)より。 日本語版/(参考が反論 newsen. com韓国語/)• Kstyle 2012年6月25日. 2014年10月14日閲覧。 2011年3月22日、韓国社会福祉法人の社会福祉共同募金会に寄託した。 WoW! Korea 2010年2月8日. 2014年10月14日閲覧。 韓タメDaily 2013年1月19日. 2014年10月14日閲覧。 kstyle 2014年12月6日付 2014年12月9日閲覧• 外部リンク [ ]• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (韓国語)•

次の

イ・ヨンエやオム・ジョンファら、故ク・ハラを哀悼│韓国音楽K

ハラ kara 日本

元KARAハラが自殺か 出典: 元KARAハラが自宅で遺体で発見された事が明らかになったのが2019年11月24日。 元KARAハラは24日18時頃にソウル市江南区の自体で遺体で発見。 現在の所韓国の警察当局は自殺の可能性が高いとして詳しい状況を調べています。 元KARAハラのこれまでの騒動など ハラは2008年にKARAに参入をして活躍。 2016年にKARAは事実上の解散。 2017年に移籍をしましたが2019年1月に契約終了。 2019年6月にはプロダクション尾木と契約して活動拠点を日本に移していました。 この活動拠点を日本に移した理由と理由が元恋人との騒動。 元KARAハラは2018年9月14日に元カレであるヘアデザイナーチェ・ジョンボムと喧嘩。 最初はハラが元カレに暴力を奮ったとして騒動になりバッシング。 しかし10月に入ると元カレのチェ・ジョンボムは動画を送り脅迫したこと、動画の拡散をやめるように土下座をするハラの動画がメディアにて放送されハラに同情の声が…。 元カレはエレベーターの中でタバコを吸っていたこともあり一気に風向きが変わりました。 この事でチェ・ジョンボムは「脅迫のつもりはなかった」「動画を送ったのは返すという意味だった」などと供述。 その結果2019年4月には初公判が開かるなど泥沼の様相。 そして元KARAハラは2019年5月26日にソウル市内の自宅で意識不明の状態で発見。 この前日に元KARAハラはインスタで 「大変なのに大変じゃないふり、つらいのにつらくないふり。 そうやって生きて来たら、表面は大丈夫そうに見えるのに、中はぼろぼろに壊れている」と意味深な投稿。 その後体調が回復した元KARAハラは2019年6月21日にはプロダクション尾木と契約を結んで日本を拠点に再出発。 そして2019年6月26日放送の「テレ東音楽祭2019」にハラは出演。 これがハラの仕事復帰となり、この時に衣装がずれるなどアクシデントもありましたが、少しふくよかになった事から食事が喉を通らないというわけではないんだなと安心要素にもなっていました。 そしてハラは2019年11月13日には復活第一弾「Midnight Queen」を発売。 そして11月14日からはZEPPツアーもしたばかりでした。 ツアーが終了後にハラは「用がある」と韓国に戻ったとのこと。 覚悟の上の帰国だったのでしょうか…。 — 2019年10月月14日午前7時55分PDT ハラの親友ソルリが自殺したことでハラが大丈夫なのかと不安な声も多かったのですが…。 また、インスタライブで「あなたの分まで一生懸命生きるね」「私は大丈夫、こんな形ではあるけどソルリにあいさつしたくて」などと語っていました。 ソルリが亡くなった時インスタライブで 「私があなたの分まで一生懸命生きるね 一生懸命するよ」言っていたハラちゃん…こんな結果になってしまったのが凄い残念だったけど今まで本当に頑張ってきた分天国ではソルリと仲良く楽しく過ごしてください。 ご冥福をお祈りします。 韓国の芸能界の闇 韓国の芸能人は自殺率が高いと言われています。 その理由は日本で流行るアイドルがいわゆる「未完成」であることを武器にしていることに対して韓国のアイドルは「完璧さ」を部位にしているため。 そのため韓国のアイドルはデビュー前に何年間も厳しいレッスンをし、その間他のことは一切させない閉鎖的な状態。 つまりは韓国の芸能界ではまず売れるためには一点特化をするのがスタート。 そしてそのように芸能プロはアイドルの卵に投資をするのでデビューさせるのは 決定事項。 そのため芸能プロに所属をすると契約でがんじがらめにして他の事務所に移籍しないようにするのが一般的。 ようやくデビューをしても韓国ではタレントに高い倫理観が求められ、SNSなどには批判のコメントが書き込まれやすいのです。 前述のように韓国のアイドルはデビュー前に一般社会から隔絶された状況で芸能界で活躍するための技術を手に入れます。 そのため不特定多数からの批判には耐性が無く精神的に追い込まれやすいのが原因。 ではもう限界だからアイドル辞めよう、となっても韓国は日本以上に儒教社会。 アイドルとして成功をすると家族や親戚が集まり、アイドルが養うと言った状況になることも珍しくなく、自分だけの意志で辞めるのは難しくなってしまいます。 ハラの自殺についてのネットの感想 ハラは親友であるソルリが自殺したことで心配されていましたがまさか本当に亡くなってしまうとは…。 元恋人との騒動は一段落して日本での芸能活動を重視してもう大丈夫であるかと思ったのですが。 ネットの感想は以下の通りとなります。 日本で再出発だと思ってたけど、、問題は解決していなかったのかな。。 ものすごく残念でショックだ。 心の病と聞いていたので、しっかり治療、療養が必要だったが、周りが許さなかったのかな。 ご冥福をお祈りします。 え…これはかなりショック。 日本で頑張ろうとしてる矢先。。。 ハラさんって、東日本大震災の時に日本に寄付をして韓国内でたたかれたりしてたんだよね。 それでも日本が好きと言ってくれていて。 ようやく日本で活動することになったのに。。。 ご冥福をお祈りします。 ニュースを見て、凄く驚きました。 この間まで、日本で頑張っていたのに… ソルリの事があったから、大丈夫かなぁと心配していたけれど、やっぱり心の闇は深かったんだね。 ソルリが亡くなったとき、私はちゃんと生きていくねって言ってたから少しずつ回復してきてたのかと思ってただけに衝撃。 日本で活動すればって言うけど、日本でも正直前みたいな勢いはなかったし、結局日本にいたって自分の国での評価は気になるしいつまでもつきまとう。 色々辛くて限界が来てしまったのかもね…。 このニュース、一番ショックを受けてるのは元メンバーのジヨンだろう。 日本では知英の名義で活動しているハラちゃんより年下の元KARAでは最年少だった子だ。 なぜかというと、ハラちゃんもソルリさんと親友だったみたいだが、ジヨンもソルリさんと親友だったとのこと。 KARA解散後ハラちゃんとジヨンは離れて活動していたが、お互いにソルリさんの死についてインスタに挙げてたんだ。 しかし日本で活動をしていて最後は韓国の自宅に戻っていたのが意味深というか。 どのタイミングで決意をしたんでしょうか…。

次の