ご足労いただきまして。 「ご足労おかけしますが、ご足労いただき」は目上の人に使える?意味と使い方を紹介

「ご足労いただき」【意味・使い方・例文・類語】目上の人には使える?|語彙力.com

ご足労いただきまして

「ご足労いただき」とは? 「ご足労いただき」とはわざわざ来てもらうことへのお礼 「ご足労いただき」とは、わざわざ来ていただいたことを意味します。 こちらから出向いたときではなく、相手に自分がいるところまで来てもらったときに使用するのです。 また、こちらから場所を指定して赴いてもらう時にも使用します。 わざわざ来てもらうことに対して「ありがとう」というお礼・感謝の気持ちを伝えているのです。 「ご足労いただき」という言葉はシチュエーションや相手に合わせて文章に組み合わせてください。 「ご足労いただき」の類語の敬語は「お越しいただき」「お呼びたて」など 「ご足労いただき」のほかにもわざわざ来てもらったときに「ありがとうございました」という気持ちを使える類語があります。 「足を運んでいただき」や「お越しいただき」「お呼び立てして」は来てくれたことに対するお礼の気持ちを意味する言葉です。 また、「お手数おかけします」も相手に手間をかけさせたという表現なので使用できます。 そのほかにも会社に来てもらったときは「ご来社」にお礼の言葉を付けることで、「ご足労いただき」と同じような表現ができます。 遠くから来てもらった場合は「遠路遥々お越しくださいまして」などがおすすめです。 ご足労の類語• ・「お越しいただき」• ・「お呼び立てして」• ・「お手数おかけします」• ・「ご来社」• ・「遠路遥々」 「ご足労いただき」の使い方は? 「ご足労頂き」の使い方|目上の人に対して使う 「ご足労頂き」の使い方に悩む方もいると思いますが、敬語なので目上の人に対して使うことができます。 自分の上司に使うことはありませんが、取引先の目上の人には使用します。 かしこまった印象を与えるので、親しい相手にはあまり使用しません。 「ご足労頂き」の使い方|ビジネスシーンや接客で使える言葉 「ご足労頂き」の使い方のポイントは、ビジネスシーンや接客で使えるよいうことです。 目上の人に使える言葉なので、取引先やお客様に対して「ご足労頂き」を使用しても失礼にはなりません。 また、お客様を相手にするシチュエーションでは「お客様各位」という言葉を使用することがあります。 」です。 例文1つ目はご足労いただいた当日、その場で伝える文章でした。 2つ目の例文は「ありがとうございました。 」と過去形になっています。 そのため、「先日はご足労いただきありがとうございました。 」という文章が後日、電話やメールでお礼を伝えるときに使用します。 」です。 「申し訳ありません。 」という言葉を組み合わせることで謝罪の意味が強くなります。 相手に対して失礼なことをしてしまった場合はこちらが謝罪に向かうことの方が多いでしょう。 しかし、さまざまな都合により足を運んでもらうこともあります。 そのようなシチュエーションでは特に、真摯な姿勢を見せなければなりません。 「恐縮」とは相手に手間や迷惑をかけたことや、厚意を受けたことに対する申し訳ないという気持ちを意味します。 「ご足労いただき」に「恐縮です」を付け加えることで、「申し訳ありません」という気持ちが強いことを意味します。 「恐縮」についてもっと詳しく知りたい方には下の関連記事がおすすめです。 意味や使い方のほかに、ビジネスメールの例文もご紹介しています。 」です。 この例文は、後日足を運んでも会うという意味ななので、スケジュールが決まった時点で伝えます。 「ご足労おかけしますが、よろしくお願いします。 」と伝えることで、来てもらうことに対しての感謝の気持ちが伝わります。 さらに、予定の確認もできるのです。 」です。 「足元が悪い中」というのは天気が悪い日に使用します。 そのため、雨が降っている日にわざわざ来てくれた相手に対して伝える言葉なのです。 」です。 「ご足労」に「いただきたく存じます」を付け加えることで、来ていただきたいという医師・気持ちを伝えることができます。 「させていただく」は謙譲語なので、丁寧な言い回しになります。 しかし、少々回りくどい印象を与えることもあるので、多用せずにここぞという場所で使用しましょう。 下の関連記事では「拝見させていただく」という言葉について詳しくご紹介しています。 意味や類語を参考にしながら正しい文章で伝えてください。 この文は「わざわざ来ていただくのは申し訳ないので、こちらから出向きます」という意味で使用します。 こちらから伺いますと伝えることで、その後の予定や受付での対応をお願いすることになります。 」です。 この文は良くない例としてご紹介します。 わざわざ足を運んでいただくことを前提としているので、少々違和感があると思います。 相手に手間をかけさせることになるので、断定するのではなく「お越しいただけますか?」という質問の形をとることをおすすめします。 」です。 この文も9個目の例文と同じように相手に対して失礼に当たります。 こちらまで来てほしいという意味は伝わりますが、「ご足労」という言葉は適していないのです。 来てもらうという意味の言葉には「お越しください」があります。 では、「お越しください」は敬語として正しいのでしょうか?類語の表現や相手に問い合わせたいときの使い方は下の関連記事でチェックできます。 参考にしながら、取引先と連絡をとってください。 「ご足労いただき」をマスターしよう 「ご足労頂き」という言葉の使い方を何となくでしか理解していなかったという方も多いのではないでしょうか?多少間違った使い方をしていても意味は伝わりますが、ビジネスパートナーや目上の人に対して言葉を伝えるときには注意が必要です。 「ご足労いただき」という言葉に不安があるときは類語を使用しても良いでしょう。 「ご足労いただき、ありがとうございました」や「ご足労おかけしますが」など、シチュエーションに合わせて言葉を組み合わせていくのもポイントです。 「ご足労」は会う前・当日・後日にもあいさつで使用できる言葉です。 目上の人やビジネスパートナーとの関係は仕事において重要なポイントなので、「ご足労頂き」もマスターしておきましょう。 何度も同じ言葉を使うとしつこい印象になってしまうので、類語を上手に使いながらコミュニケーションをとってください。

次の

「ご足労」の意味とは?類語とメールでの使い方を例文で紹介

ご足労いただきまして

この記事でわかること• 「ご足労いただきありがとうございました」の正しい意味 まずは「ご足労いただき」の意味や語源について確認しておきましょう。 「ご足労いただき」の「足労」とは、「足を使って移動する労力」のことで、簡単にいえば、移動したことで疲れることをいいます。 この「足労」の前に、丁寧語の「ご」を付け、うしろに謙譲語の「いただく」を付けることで、全体として相手を敬う言葉となったのが「ご足労いただき」です。 意味としては、目上の人など敬うべき人が「わざわざ足を運んでいただいた」、「わざわざお越しいただいた」となります。 [ad co-1] 「ご足労いただき」のあとに続ける言葉 「ご足労いただき」は、「ありがとうございました。 」と続けることで相手にこちらの感謝の気持ちを伝えるのが適切です。 「ご足労いただき感謝しております。 」「ご足労いただき恐縮です。 」といった使い方などがあります。 いずれも、相手の「足労」という行動に敬意と感謝の気持ちを伝える効果があります。 [ad co-1] 「ご足労いただきありがとうございました」の例文 「ご足労いただき」は日常生活でも使いますが、特にビジネス場面ではよく使います。 どのような場面でよく使われるのか、代表的な場面と例文を紹介しましょう。 このとき、会社の玄関口や会場の受付でお迎えするときにお声掛けする言葉としては以下のような表現が望ましいでしょう。

次の

「ご足労おかけしますが、ご足労いただき」は目上の人に使える?意味と使い方を紹介

ご足労いただきまして

その意味を利用して、たとえ歩く、行く、来るといった行為に重点が置かれない場面でも使用できるのが「ご足労おかけしますが」という表現です。 最も有用なのは上司や顧客とのコミュニケーションにおけるクッション言葉としての活用です。 上司にわざわざ現場の視察に来てもらったり、会議への出席や交渉の場への隣席を依頼したりする場合に、「ご足労おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」と伝えるといいでしょう。 また、顧客に対して店舗への再来店を要求しなければならない場面もしばしばあります。 そのような際に「ご足労おかけしますが、この日以降に再度ご来店いただけますか」という使い方ができるでしょう。 このようにクッションとなる言葉を利用すると相手の印象が格段によくなります。 実際の負担が来ることにあるか、その後に必要になる会議や交渉などの行為にあるかにかかわらず使用できるクッション言葉として「ご足労おかけしますが」を利用していくといいでしょう。 どのような言い回しがあるかを知って覚えておくとすぐに使用できるようになるでしょう。 <例文> ・(来社前)「ご足労おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 」 ・(来社前)「ご足労おかけしますが、弊社へのご尽力を決断して下さいまして御礼の言葉もありません。 」 ・(来社後)「この度は弊社にご足労いただきまして恐縮です。 」 ・(来社後)「本日はお足元の悪い中、ご足労いただきましてありがとうございます。 」 基本形としてまず覚えておくといいのが「ご足労おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」という表現であり、ビジネスメールのやり取りの最後によく用いられる表現です。 あるいは直接会話しているビジネスシーンでも、イベントへの参加の承諾を得たり、後日に会社まで来てもらえる交渉に成功した際にはよく用いられます。 また、協力を得られて後日に会社まで来て指導をしてもらえるといった場合には「ご足労おかけしますが、弊社へのご尽力を決断して下さいまして御礼の言葉もありません」という表現も可能です。 一方、実際に来てもらった場合には少し表現を変える必要があります。 基本形となるのが「この度は弊社にご足労いただきまして恐縮です」という表現です。 また、雨の日に来ていただいた方に対して「本日はお足元の悪い中、ご足労いただきましてありがとうございます」という表現も活用できるでしょう。 パターン化していくつかをすぐに口にできるようにしておきましょう。 ぜひ意味と使い方、使い分け方をしっかり押さえてスムーズに使えるようにしましょう!.

次の