チューバくん。 千葉県民620万人の疑問を解消!「チーバくんマップ」登場!

【アニメ】Peeping Life

チューバくん

概要 TVアニメ版『』に登場する、がモチーフのマスコットキャラクター。 の「楽器くんシリーズ」のうちのひとつであり、ほかに少なくとも「 くん」「 ちゃん」等が確認されている。 主人公の のスクールバッグにぶら下がっており、可愛いものが好きな が久美子たちに話しかけるきっかけにもなっている。 (TVアニメ版1期1話) また、では、駆け回ったりすっ転んだりするチューバくんを見ることができる。 TVアニメ版1期6話では、前年度の文化祭で使用された手作りのチューバくん着ぐるみが登場している。 のモチベーションをアップさせる作戦の一環として、久美子がなかに入って「 チュパカブラだよー」と葉月本人の前で演じようとするが、チューバくんが大好きな緑輝にいきなり抱きつかれ、成果を上げずに終わってしまう。 また、その作戦後にパートリーダーの がチューバくん着ぐるみのほっぺをむにむにするシーンでは、ショックを受けた緑輝が彼女に抱きついて止めさせようとしていた。 TVアニメ版1期9話では、彼らの新しい仲間としてのマスコット、「 コンバスくん」の存在が明らかになる。 葉月の失恋の責任を感じて塞ぎ込んでいる緑輝の前に突然現れたコンバスくんは、「 緑ちゃん」と彼女の名前を呼んだ。 名前を呼ばれた緑輝が声のしたほうを向くと、そこにはコンバスくんのマスコットを手から吊り下げた葉月が「 おれ、ジョージくん。 元気出して」とハスキーボイスで声真似(?)をしている姿があった そしてTVアニメ版1期12話の終盤では、「楽器くんシリーズ」の第5弾として「 ユーフォくん」が新たに登場している。 自らの担当楽器であるのマスコットキャラクターの登場に盛り上がった久美子は、一発で引き当てたそのマスコットをチューバくんと一緒に持ち歩くことになる。 関連イラスト.

次の

数量限定!『チューバくん御守り』付ムビチケ 発売...:NEWS

チューバくん

6歳のYouTuberライアンくん。 によると、6歳のYouTuberライアンくんのYouTube(ユーチューブ)チャンネル「Ryan ToysReview」は2017年、1100万ドル(約12億円)の収入を得た。 世界中の小学生の憧れの的であろうこのYouTubeスターは、新作のおもちゃをレビュー、その動画制作は家族が担当している。 Ryan ToysReivewは、フォーブスが発表した2017年の世界で最も稼ぐYouTuberランキングで、8位タイにランクインした。 6歳のライアンくんは、YouTubeで人気のおもちゃレビューチャンネル「Ryan ToysReview」のホストを務め、6歳にしてすでに億万長者並みの収入を得ているという。 によると、ライアンくん一家が運営するこのYouTubeチャンネルは、税引き前で1100万ドル(約12億円)の収入を得ている。 ランキングでは、同じくYouTubeでコメディーチャンネルを運営するスモッシュ(Smosh)と同額で、8位タイとなった。 2016年にはテック系ウェブメディア「The Verge」が、2015年3月にスタートして以来、頻繁に(ほぼ毎日)公開されているライアンくんのこの動画チャンネルと、その撮影、制作を担当しているライアンくんの両親について。 アカウントはライアンくんが4歳のときに開設されたもので、当時はおもちゃレビュー動画の単なるファンだったライアンくんが、両親になぜ自分もYouTubeでおもちゃのレビューができないのかと質問したのがきっかけだった。 Ryan ToysReviewが注目を集めたのは、。 この動画は、ライアンくんがピクサーの映画『カーズ』に登場する100以上のおもちゃが入った「GIANT EGG SURPRISE」の箱を開封し、レビューしたもので、現在までに8億回近く再生されている。 ライアンくんのチャンネルは、最近では新作のおもちゃの他、子ども向けの食品のレビューを行うことが多く、カメラが回っていないところで両親から指導を受けたライアンくんによる、正直かつ情熱的な解説が見られる。 The Vergeによると、ライアンくんのチャンネルには現在1000万人のチャンネル登録者がついており、広告収入だけでも月に100万ドル前後を得ているという。 自作のキャンディーディスペンサーをレビューするライアンくんの動画はこちら。

次の

メロディー・チューバック

チューバくん

6歳のYouTuberライアンくん。 によると、6歳のYouTuberライアンくんのYouTube(ユーチューブ)チャンネル「Ryan ToysReview」は2017年、1100万ドル(約12億円)の収入を得た。 世界中の小学生の憧れの的であろうこのYouTubeスターは、新作のおもちゃをレビュー、その動画制作は家族が担当している。 Ryan ToysReivewは、フォーブスが発表した2017年の世界で最も稼ぐYouTuberランキングで、8位タイにランクインした。 6歳のライアンくんは、YouTubeで人気のおもちゃレビューチャンネル「Ryan ToysReview」のホストを務め、6歳にしてすでに億万長者並みの収入を得ているという。 によると、ライアンくん一家が運営するこのYouTubeチャンネルは、税引き前で1100万ドル(約12億円)の収入を得ている。 ランキングでは、同じくYouTubeでコメディーチャンネルを運営するスモッシュ(Smosh)と同額で、8位タイとなった。 2016年にはテック系ウェブメディア「The Verge」が、2015年3月にスタートして以来、頻繁に(ほぼ毎日)公開されているライアンくんのこの動画チャンネルと、その撮影、制作を担当しているライアンくんの両親について。 アカウントはライアンくんが4歳のときに開設されたもので、当時はおもちゃレビュー動画の単なるファンだったライアンくんが、両親になぜ自分もYouTubeでおもちゃのレビューができないのかと質問したのがきっかけだった。 Ryan ToysReviewが注目を集めたのは、。 この動画は、ライアンくんがピクサーの映画『カーズ』に登場する100以上のおもちゃが入った「GIANT EGG SURPRISE」の箱を開封し、レビューしたもので、現在までに8億回近く再生されている。 ライアンくんのチャンネルは、最近では新作のおもちゃの他、子ども向けの食品のレビューを行うことが多く、カメラが回っていないところで両親から指導を受けたライアンくんによる、正直かつ情熱的な解説が見られる。 The Vergeによると、ライアンくんのチャンネルには現在1000万人のチャンネル登録者がついており、広告収入だけでも月に100万ドル前後を得ているという。 自作のキャンディーディスペンサーをレビューするライアンくんの動画はこちら。

次の