カロナール200 一回何錠 生理痛。 アセトアミノフェン:カロナール

生理痛とカロナール生理痛でカロナールを服用の話を聞いたことがあ...

カロナール200 一回何錠 生理痛

用法・用量 (主なもの)• 1.頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症の鎮痛の場合:アセトアミノフェンとして、1回300〜1000mgを経口投与し、投与間隔は4〜6時間以上とする• なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として4000mgを限度とする• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい• 2.急性上気道炎の解熱・鎮痛の場合:アセトアミノフェンとして、1回300〜500mgを頓用する• なお、年齢、症状により適宜増減する• 但し、原則として1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい• 3.小児科領域における解熱・鎮痛の場合:幼児及び小児にはアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10〜15mgを経口投与し、投与間隔は4〜6時間以上とする• 但し、成人の用量を超えない• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい 薬剤名 影響 アセトアミノフェン 重篤な肝障害 リチウム製剤 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤でリチウムの血中濃度が上昇しリチウム中毒 炭酸リチウム 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤でリチウムの血中濃度が上昇しリチウム中毒 チアジド系薬剤 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤でチアジド系利尿剤の作用を減弱 ヒドロクロロチアジド 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤でチアジド系利尿剤の作用を減弱 エタノール摂取 肝不全 クマリン系抗凝血剤 作用を増強 ワルファリンカリウム 作用を増強 カルバマゼピン 肝障害 フェノバルビタール 肝障害 フェニトイン 肝障害 プリミドン 肝障害 リファンピシン類 肝障害 イソニアジド 肝障害 抗生物質 過度の体温下降 抗菌剤 過度の体温下降 鎮痛薬(経口) この薬をファーストチョイスする理由(2019年5月更新)• ・アセトアミノフェンは腎機能に関係なく処方でき、他の鎮痛薬に比べると胃粘膜傷害のリスクが低い印象がある。 また抗血小板薬の作用への影響も少ない。 しかし肝機能障害を起こしたり、基礎疾患であれば泣く泣くNSAIDs(ロキソニン ロキソプロフェン等)を頓服薬として処方する。 (20歳代病院勤務医、救急科)• ・アセトアミノフェンは、錠剤が大きめで一度にたくさん飲まなくてはいけないのもあり、どうしても推奨用量より少なめの投与になりがちです。 そのためか、NSAIDsに比べてやや効果低い感じがありますが、安全性を考えてアセトアミノフェンを処方することが多いです。 (50歳代病院勤務医、循環器内科)• ・腎機能障害がある患者でも使える点がいい。 特に術後患者で腎機能障害を引き起こした方や、もともと重度の腎機能障害の患者が多いので重宝している。 (30歳代病院勤務医、心臓血管外科)• ・アセトアミノフェンは、用量依存的に鎮痛効果を発揮するようですが、大量に使用しなければ肝障害も出現しにくく、用量調節しやすい印象です。 (60歳代病院勤務医、一般内科)• ・鎮痛作用はNSAIDsより弱い印象があるが、従来の使用量よりかなり多くしても副作用のリスクは低いと感じたため、今後積極的に使用する。 (30歳代病院勤務医、腎臓内科)• ・副作用が少なく、効果も量を増やせばある程度見込めると思います。 高齢者が中心となり使いやすい薬剤を選択するようになっています。 (40歳代病院勤務医、一般内科) 鎮痛薬(経口) この薬をファーストチョイスする理由(2017年8月更新)• ・効果はさほど強くないが、肝機能障害を除けば、大きな副作用がないので第一選択にしている。 (60歳代病院勤務医、小児科)• ・よく効きます。 副作用も比較的少ないです。 NSAIDsが使えない喘息患者でもアセトアミノフェンは使えることが多いです。 (50歳代病院勤務医、呼吸器内科)• ・昔はロキソニンでしたが……。 (40歳代病院勤務医、耳鼻咽喉科)• ・風邪などで受診した人に腎機能を比較的気にせず処方でき、また、インフルエンザを疑うとき、脳症を警戒してカロナールを処方することが多いです。 効果は弱いように思うのですが、あまり患者さんから効果不足を言われることはありません。 (40歳代病院勤務医、循環器内科)• ・後期高齢者を診ることが多いので、アセトアミノフェンを頻用しています。 鎮痛効果を考えると、ロキソプロフェンには到底及びませんが、副作用が生じにくい点が非常にありがたいです。 また、内科以外の診療科から紹介された際、ロキソニンを毎食後で処方されている場合を散見します。 消化管出血等が発生した場合の後始末はこちらなので、非常に苦々しく思いながら早々に切り替えています。 (30歳代病院勤務医、一般内科)• ・胃腸障害が少ない。 授乳者にも投与できる。 RAには投与していない。 (60歳代診療所勤務医、一般内科)• ・小児も多いのでアセトアミノフェンの処方頻度が多くなる。 大人だけに限ればロキソニンになるかもしれない。 (50歳代開業医、耳鼻咽喉科) 鎮痛薬(経口) この薬をファーストチョイスする理由(2016年2月更新)• ・腎機能障害、胃粘膜障害のリスクが極めて少ないことが長所です。 ただ、肝機能障害患者に対しては増悪させる可能性があるので要注意です。 (40歳代病院勤務医、麻酔科)• ・老健で高齢者を対象としていますので、安価かつ安全なアセトアミノフェンが第一選択です。 効果不十分な場合にロキソプロフェンを使います。 (60歳代、総合診療科)• ・かぜによる発熱には使いやすい。 また、痛み止めにも500mg錠が出たのでこれから処方が増えそうです。 (30歳代病院勤務医、一般外科)• ・作用は弱いですが、胃腸障害がないことが最も安心して使える理由です。 安価なのもいいです。 肝臓障害には留意する必要ありますが、短期間の使用ならまず気にすることはないようです。 NSAIDではロキソニンを第一選択にしております。 高齢者の腰痛などの関節痛にはまずカロナールで試して、増量しても効果がない方にはロキソニンを使用しています。 逆にするとカロナールは効果が弱いからロキソニンを希望されます。 するとロキソニン中毒にようになってしまって胃腸障害などで困るケースがありますので、最初にあまり強い薬を処方しないという意味でもカロナールは理想と思います。 (50歳代診療所勤務医、総合診療科)• ・鎮痛作用は弱いですが、小児領域では、アセトアミノフェンを第一選択にします。 (50歳代診療所勤務医、小児科)• ・腎臓内科なのでCKDの患者、とくにCKD stage3〜5の患者にはNSAIDsを使いにくく、痛み止めと言えばこれ一択になってしまう。 (30歳代病院勤務医、内科系専門科)• ・以前はボルタレンやセレコックスをよく使っていましたが、高齢者の患者が多く、腎機能低下をきたしたりすることもあり、用量増加可能なアセトアミノフェンを使うことが多くなりました。 思ったよりも肝障害は少なく、効果もあります。 (50歳代病院勤務医、呼吸器内科)• ・小児に安全に使える解熱鎮痛薬はアセトアミノフェンなので。 次はイブプロフェン。 (50歳代病院勤務医、小児科)• ・副作用も比較的少なく、投与量の上限も引き上げられた。 がん性疼痛ではまず、ファーストラインの薬剤であるから。 (40歳代病院勤務医、一般内科) 用法・用量 (添付文書全文) 1.頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症の鎮痛の場合:アセトアミノフェンとして、1回300〜1000mgを経口投与し、投与間隔は4〜6時間以上とする。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として4000mgを限度とする。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 2.急性上気道炎の解熱・鎮痛の場合:アセトアミノフェンとして、1回300〜500mgを頓用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 但し、原則として1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 3.小児科領域における解熱・鎮痛の場合:幼児及び小児にはアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10〜15mgを経口投与し、投与間隔は4〜6時間以上とする。 但し、成人の用量を超えない。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 <用法及び用量に関連する使用上の注意> 1.幼児及び小児の1回投与量の目安は次記のとおり。 2.「小児科領域における解熱・鎮痛」の効能又は効果に対する1回あたりの最大用量はアセトアミノフェンとして500mg、1日あたりの最大用量はアセトアミノフェンとして1500mgである。 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.重大な副作用 1).ショック(頻度不明)、アナフィラキシー(頻度不明):ショック、アナフィラキシー(呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 3).喘息発作の誘発(頻度不明):喘息発作を誘発することがある。 5).顆粒球減少症(頻度不明):顆粒球減少症が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 6).間質性肺炎(頻度不明):間質性肺炎が現れることがあるので、観察を十分に行い、咳嗽、呼吸困難、発熱、肺音異常等が認められた場合には、速やかに胸部X線、速やかに胸部CT、速やかに血清マーカー等の検査を実施し、異常が認められた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。 7).間質性腎炎(頻度不明)、急性腎不全(頻度不明):間質性腎炎、急性腎不全が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用(頻度不明) 1).血液:チアノーゼ、血小板減少、血小板機能低下(出血時間延長)等[このような症状(異常)が現れた場合には、投与を中止する]。 2).消化器:悪心・嘔吐、食欲不振等。 3).その他:過敏症[このような症状(異常)が現れた場合には、投与を中止する]。 使用上の注意 (添付文書全文) (警告) 1.本剤により重篤な肝障害が発現する恐れがあることに注意し、1日総量1500mgを超す高用量で長期投与する場合には、定期的に肝機能等を確認するなど慎重に投与する。 2.本剤とアセトアミノフェンを含む他の薬剤<一般用医薬品を含む>との併用により、アセトアミノフェンの過量投与による重篤な肝障害が発現する恐れがあることから、これらの薬剤との併用を避ける。 (禁忌) 1.消化性潰瘍のある患者[症状が悪化する恐れがある]。 2.重篤な血液異常のある患者[重篤な転帰をとる恐れがある]。 3.重篤な肝障害のある患者[重篤な転帰をとる恐れがある]。 4.重篤な腎障害のある患者[重篤な転帰をとる恐れがある]。 5.重篤な心機能不全のある患者[循環系のバランスが損なわれ、心不全が増悪する恐れがある]。 6.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 7.アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[アスピリン喘息の発症にプロスタグランジン合成阻害作用が関与していると考えられる]。 (慎重投与) 1.アルコール多量常飲者[肝障害が現れやすくなる]。 2.絶食・低栄養状態・摂食障害等によるグルタチオン欠乏、脱水症状のある患者[肝障害が現れやすくなる]。 3.肝障害又はその既往歴のある患者[肝機能が悪化する恐れがある]。 4.消化性潰瘍の既往歴のある患者[消化性潰瘍の再発を促す恐れがある]。 5.血液異常又はその既往歴のある患者[血液障害を起こす恐れがある]。 6.出血傾向のある患者[血小板機能異常が起こることがある]。 7.腎障害又はその既往歴のある患者[腎機能が悪化する恐れがある]。 8.心機能異常のある患者[症状が悪化する恐れがある]。 9.過敏症の既往歴のある患者。 10.気管支喘息のある患者[症状が悪化する恐れがある]。 11.高齢者。 12.小児等。 (重要な基本的注意) 1.解熱鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意する。 2.急性疾患に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮する。 1).急性疾患に対し本剤を用いる場合には、発熱、疼痛の程度を考慮し投与する。 2).急性疾患に対し本剤を用いる場合には、原則として同一の薬剤の長期投与を避ける。 3).急性疾患に対し本剤を用いる場合には、原因療法があればこれを行う。 3.過度の体温下降、虚脱、四肢冷却等が現れることがあるので、特に高熱を伴う高齢者及び高熱を伴う小児等又は消耗性疾患の患者においては、投与後の患者の状態に十分注意する。 4.高齢者及び小児等には副作用の発現に特に注意し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に投与する。 5.感染症を不顕性化する恐れがあるので、感染症を合併している患者に対して用いる場合には適切な抗菌剤を併用し、観察を十分行い慎重に投与する。 6.他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。 7.本剤とアセトアミノフェンを含む他の薬剤<一般用医薬品を含む>との併用により、アセトアミノフェンの過量投与による重篤な肝障害が発現する恐れがあることから、特に総合感冒剤や解熱鎮痛剤等の配合剤を併用する場合は、アセトアミノフェンが含まれていないか確認し、含まれている場合は併用を避ける。 また、アセトアミノフェンを含む他の薬剤と併用しないよう患者に指導する。 8.アセトアミノフェンの高用量投与により副作用として腹痛・下痢がみられることがあり、本剤においても同様の副作用が現れる恐れがあり、上気道炎等に伴う消化器症状と区別できない恐れがあるので、観察を十分行い慎重に投与する。 9.重篤な肝障害が発現する恐れがあるので注意し、1日総量1500mgを超す高用量で長期投与する場合には定期的に肝機能検査を行い、患者の状態を十分に観察し、高用量でなくとも長期投与する場合にあっては定期的に肝機能検査を行うことが望ましい(また、高用量で投与する場合などは特に患者の状態を十分に観察するとともに、異常が認められた場合には、減量、休薬等の適切な措置を講ずる)。 10.慢性疾患(変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、薬物療法以外の療法も考慮する。 (相互作用) 併用注意: 1.リチウム製剤(炭酸リチウム)[リチウムとの併用によりインドメタシン、イブプロフェン等の他の非ステロイド性消炎鎮痛剤でリチウムの血中濃度が上昇しリチウム中毒を呈したとの報告がある(非ステロイド性消炎鎮痛剤は腎のプロスタグランジン合成を抑制することにより、炭酸リチウムの排泄が減少し、血中濃度が上昇すると考えられている)]。 2.チアジド系利尿剤(ヒドロクロロチアジド等)[インドメタシン等の他の非ステロイド性消炎鎮痛剤でチアジド系利尿剤の作用を減弱することが報告されている(非ステロイド性消炎鎮痛剤は腎のプロスタグランジン合成を抑制して水、塩類貯留が生じ、チアジド系利尿剤の排泄作用に拮抗すると考えられている)]。 4.クマリン系抗凝血剤(ワルファリンカリウム)[クマリン系抗凝血剤の作用を増強することがあるので、減量するなど慎重に投与する(本剤が血漿蛋白結合部位において競合することで、抗凝血剤を遊離させ、その抗凝血作用を増強させる)]。 6.抗生物質、抗菌剤[過度の体温下降を起こす頻度が高くなることから、併用する場合には観察を十分に行い、慎重に投与する(機序不明)]。 (高齢者への投与) 高齢者では、副作用が現れやすいので、少量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する。 2.妊娠後期の婦人への投与により胎児動脈管収縮を起こすことがある。 3.妊娠後期のラットに投与した実験で、弱い胎仔動脈管収縮が報告されている。 (小児等への投与) 低出生体重児、新生児及び3カ月未満の乳児に対する使用経験が少なく、安全性は確立していない。 (過量投与) 1.過量投与により肝臓壊死・腎臓壊死・心筋壊死が起こったとの報告がある。 2.総合感冒剤や解熱鎮痛剤等の配合剤には、アセトアミノフェンを含むものがあり、本剤とこれら配合剤との偶発的な併用により、アセトアミノフェンの過量投与による重篤な肝障害が発現する恐れがある。 3.アセトアミノフェン過量投与時の解毒(肝障害の軽減等)には、アセチルシステインの投与を考慮する。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (その他の注意) 1.類似化合物(フェナセチン)の長期投与により、血色素異常を起こすことがある。 2.腎盂腫瘍及び膀胱腫瘍の患者を調査したところ、類似化合物(フェナセチン)製剤を長期・大量に使用(例:総服用量1. 5〜27kg、服用期間4〜30年)していた人が多いとの報告がある。 また、類似化合物(フェナセチン)を長期・大量投与した動物実験で、腫瘍発生が認められたとの報告がある。 3.非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間投与されている女性において、一時的不妊が認められたとの報告がある。 (取扱い上の注意) 安定性試験: 1.PTP:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、3年)の結果、カロナール錠200は室温保存において3年間安定であることが確認された。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

カロナール錠200

カロナール200 一回何錠 生理痛

カロナール錠300に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 片頭痛(偏頭痛) 急性気管支炎 かぜ(急性上気道炎) 変形性関節症 腰椎捻挫(ぎっくり腰) 足関節捻挫 変形性腰椎症 カロナール錠300の主な効果と作用• 熱を下げたり痛みをやわらげたりするお薬です。 皮膚の血管をひろげて熱を放散させる働きや、痛みの感受性を低下させる働きがあります。 カロナール錠300の用途• の解熱• の鎮痛• 筋肉痛の鎮痛• 月経痛の鎮痛• 耳痛の鎮痛• 症候性神経痛の鎮痛• 頭痛の鎮痛• 打撲痛の鎮痛• 捻挫痛の鎮痛• 歯痛の鎮痛• の鎮痛• の鎮痛• の鎮痛• 小児科領域の解熱• 小児科領域の鎮痛• を伴うの解熱• を伴うの鎮痛• 歯科治療後の 疼痛の鎮痛• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 1.頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症の鎮痛の場合:アセトアミノフェンとして、1回300~1000mgを経口投与し、投与間隔は4~6時間以上とする• なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として4000mgを限度とする• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい• 2.急性上気道炎の解熱・鎮痛の場合:アセトアミノフェンとして、1回300~500mgを頓用する• なお、年齢、症状により適宜増減する• 但し、原則として1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい• 3.小児科領域における解熱・鎮痛の場合:幼児及び小児にはアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10~15mgを経口投与し、投与間隔は4~6時間以上とする• 但し、成人の用量を超えない• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい カロナール錠300の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• アスピリン喘息• 過敏症• 重篤な肝障害• 重篤な心機能不全• 重篤な腎障害• 消化性潰瘍• 重篤な血液異常• 非ステロイド性消炎鎮痛剤による喘息発作• 肝障害• 感染症• 気管支喘息• 血液異常• 出血傾向• 心機能異常• 腎障害• 脱水症状• アルコール多量常飲• グルタチオン欠乏• 消耗性疾患 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 幼児・小児• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 長期間投与されている女性• 高熱を伴う高齢者 65歳〜• 高熱を伴う小児 0歳〜14歳• 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳 カロナール錠300の注意が必要な飲み合わせ.

次の

カロナール200は頭痛や生理痛には何錠?副作用が心配。。。

カロナール200 一回何錠 生理痛

A ベストアンサー カロナールは、妊娠中の服用によって胎児に大きな悪影響がでたという報告のないお薬にはなります。 が、同時に「絶対に安全である」という保障もされていないお薬です。 ですので、大量服用しても大丈夫かどうかは、神のみぞ知る。 という事になりますね。 頭痛がひどいのは大変でしょうから、比較的安全といわれている薬まで絶対に飲むなとは言いませんけど。 赤ちゃんのために、せめて処方の分量くらいは守れませんか? もしも今後赤ちゃんに何かあった時、それがたとえ薬原因ではなかったとしても、「自分があの時・・・」と思い悩むのではありませんか? 薬以外に、頭痛を和らげる、気を紛らわせる方法を考えておきましょう。 私の友人はやはり偏頭痛もちですが、ラベンダーのエッセンシャルオイルでこめかみや首筋をマッサージすると気分が楽になると言っていましたよ。 (ラベンダーのエッセンシャルオイルはいくつか種類があります。 okusuri110. html カロナールは、妊娠中の服用によって胎児に大きな悪影響がでたという報告のないお薬にはなります。 が、同時に「絶対に安全である」という保障もされていないお薬です。 ですので、大量服用しても大丈夫かどうかは、神のみぞ知る。 という事になりますね。 頭痛がひどいのは大変でしょうから、比較的安全といわれている薬まで絶対に飲むなとは言いませんけど。 赤ちゃんのために、せめて処方の分量くらいは守れませんか? もしも今後赤ちゃんに何かあった時、それがたとえ薬原因ではなかったとしても、「自分があ... Q いつもお世話になっています。 現在妊娠6ヶ月に入った妊婦です。 過去に、 六年前 自律神経失調症と非定型顔面痛を患ったことがあります。 約二年の治療で治ったのですが、最近歯痛が始まり、歯医者に通っても、痛みの原因が不明らしく、歯痛から頭痛、肩凝り、顔面痛を発症してしまいました。 以前は鎮痛剤を飲み続けたら自然と痛みが消えたのですが、今は妊婦ということもあり、薬 カロナール を毎日飲み続ける事に抵抗があります。 産婦人科で薬をもらったのですが、薬剤師さんに1ヶ月以上の服用は、あまり進められないと言われ、極力我慢をしてくれと言われました。 妊婦中に、カロナールを連続服用され、無事に元気な赤ちゃんを出産された方の意見や、妊婦中の薬について、知識のある方、また神経疾患などの持病があっても、無事出産された方、がおられましたら、アドバイスをお願いします。 顔面痛等、何科の病院に受診したらよいのかも、ご存知の方がおられましたら、この件についても、アドバイスよろしくお願いします。 A ベストアンサー こんばんは。 7月に3人目を出産したものです。 私も妊娠中に治療済みの奥歯が痛み、かぶせまで取って中を掃除したり、歯周病の治療をしたりしましたが良くならず、3ヶ月程カロナールで痛みを紛らわして、8ヶ月頃にその奥歯の上の親知らずを抜いたらピタっと痛みが止まりました。 やっぱり私も出来るだけ我慢した方が良いと言われました。 あくまで頓服的に服用が原則みたいですね。 なので服用したのは3ヶ月のうち15日位(連続では3日が限度)だったかと思いますが、5時間経つと痛みが出てきてしまう為、痛む時は5時間ごとに飲んでいました。 そんな感じだと無事に出産できました。 私の場合、何故か歯科で奥歯の根を消毒してもらうとマシになって、又ちょっと調子が悪いと痛み出しという繰り返しの3ヶ月でした。 大元の親知らずは何も触らずになぜマシになっていたのか謎です。 以前のように痛み止めを飲み続けたら良くなるってことは妊娠中には無いように思えます。 私は喘息持ちですが、普通の時は軽い発作なら何もしなくても勝手に治まったりするのですが、妊娠中は必ずどんどん酷くなります。 歯痛もだんだん酷くなりました。 原因が分かると良いですね。 親知らずは疑ってみて損は無いと思います。 こんばんは。 7月に3人目を出産したものです。 私も妊娠中に治療済みの奥歯が痛み、かぶせまで取って中を掃除したり、歯周病の治療をしたりしましたが良くならず、3ヶ月程カロナールで痛みを紛らわして、8ヶ月頃にその奥歯の上の親知らずを抜いたらピタっと痛みが止まりました。 やっぱり私も出来るだけ我慢した方が良いと言われました。 あくまで頓服的に服用が原則みたいですね。 なので服用したのは3ヶ月のうち15日位(連続では3日が限度)だったかと思いますが、5時間経つと痛みが出てきてしまう為... Q 妊娠12週半ばです。 こちらでも色々お世話になっています。 過去に1度流産しているので心配でたまりません。 妊娠反応が出た時は、色んな人に、 「心拍が確認できればひと安心だね」 と言われ、 心拍が確認できた時は、 「9週で2mmを超えたらほぼ大丈夫」 という記事を読み浮かれ、 病院では、 「12週超えたらひと安心できるからね。 12週超えるまではなるべく安静にしていてね。 12週超えたら、少しずつ動いていいからね。 」 と医者に言われました。 12週超えて浮かれていたのですが、今日、分娩予約をした産院で予約金を払おうとしたら、 「安定期ではないのでまだ受け取れません。 もっと安定してからお支払いください。 」 と言われショックでした。 帰宅してPCで色々と調べてみると、胎盤が完成する14~15週になってやっと流産の危険性が減るという情報が多いですよね。 みなさんはいつになって「ひと安心」されましたか? 私はあと2~3週間、「ひと安心」できないのでしょうか。 もちろん、元気に産むまでは安心できないのはわかっています。 それでも、いつ友人に言って良いのやら、マタニティ用品を購入し始めて良いのやら、いつになったら不安が小さくなり本当に妊娠を喜べるのやら(もちろん今も喜んで幸せですが、不安も同じくらいあります。 )、悩みます。 GWも近いことです。 友人からの誘いに、12週超えているから妊娠したと報告できると思っていたものの、このままではまたあやふやに断るしかないのかなぁ。 1日1日がとても長く感じられます。 皆さまの経験談で結構ですので、妊娠初期の「ひと安心」できた区切りを教えていただけたら嬉しいです。 よろしくお願いします。 妊娠12週半ばです。 こちらでも色々お世話になっています。 過去に1度流産しているので心配でたまりません。 妊娠反応が出た時は、色んな人に、 「心拍が確認できればひと安心だね」 と言われ、 心拍が確認できた時は、 「9週で2mmを超えたらほぼ大丈夫」 という記事を読み浮かれ、 病院では、 「12週超えたらひと安心できるからね。 12週超えるまではなるべく安静にしていてね。 12週超えたら、少しずつ動いていいからね。 」 と医者に言われました。 12週超えて浮かれていたのですが、... A ベストアンサー こんにちは。 どんな調べ方をされたか判りませんが、それは違いますよ。 流産の殆どは妊娠初期(12wまで)に起こります。 ただし経膣エコーが普及し精度が上がったため最近では心拍確認の時期が早まったことで、心拍確認後の流産率はもう少し高いだろうと言われています。 心拍が確認され、妊娠10w・CRL(胎児の大きさ)30mmを超えると残りの僅かな流産率がさらに低くなります。 12w以降の中期流産は、かなり稀なこととなり、しかも初期流産とは原因が違う可能性が大きくなりますので、いわゆる「流産の心配」をするのは、10w・CRL30mm超で十分と思います。 これも誤解されていると思います。 「流産」と「切迫流産」は別のことだということはお解りですか?胎盤が完成するまでというのは、血管豊富な子宮内膜(脱落膜)に突貫工事で胎盤を構築中ですので、とても出血しやすいんです。 出血すると「切迫流産」となりますが、切迫流産は出血や腹痛等があっても胎児が順調に育っていることが確認されている状態で、然るべき処置(止血・安静等)によって妊娠継続可能なものを言います。 出血自体は流産に直接結びつくものではないことが多いのですが、出血していると子宮内に感染を起こしやすくなるのでひいては流産に繋がることがあります。 その出血も、普通は胎盤が完成するとほとんどみられなくなるので「安定期」ということになります。 なので、前置胎盤とか胎児に異常所見とか特別な指摘がない限り、もう12wということでひとまず安心されていいと思いますよ。 もちろんアクシデントの可能性がない妊娠・出産はないので、無事に生まれるまで絶対ということはないですけれど。 縁起でもない話で恐縮ですが、自然妊娠1回と体外受精2回で、3度の妊娠...単胎・三つ子・双子 を妊娠したことがあります。 自然妊娠した一人は、7wで胎嚢も僅かに確認できるかできないか微妙なまま出血して自宅で完全流産しました。 体外受精で三つ子を妊娠した時には、一人は胎嚢のみ確認、もう一人は僅かに胎芽が見えたところまで、最後の一人は心拍確認後の11wの検診で心拍消失。 CRL22mm(推定9w3d)で稽留流産しました。 三度目の妊娠も体外受精でしたが、胎嚢確認・心拍確認と順調に経過し、10w0d・CRL30mmで安心して不妊外来から産科に転院、無事に男女の双子を出産するに至りました。 こんにちは。 どんな調べ方をされたか判りませんが、それは違いますよ。 流産の殆どは妊娠初期(12wまで)に起こります。 ただし経膣エコーが普及し精度が上がったため最近では心拍確認の時期が早まったことで、心拍確認後の流産率はもう少し高いだろうと言われています。 心拍が確認され、妊娠10w・CRL(胎児の大... Q 先週 検査薬で妊娠がわかり、火曜日に病院へいったのですがまだ胎嚢はみえず28日周期の人だと4週後半だと言われました。 私の周期は28~32日ぐらいで多少ばらつきがありますので正確な週数はわからないのですが、おそらく今日で5週に入ったところ位だと思います。 (性交があった日を排卵日と考えて) 1時間半ぐらい前にお腹の痛みで目が覚めました。 尿が溜まっている感じがあったのでトイレへ行きましたが腹痛は治まらず、腰も少し重だるく感じます。 出血はしていません。 流産3回を含め、今回をあわせて5回目の妊娠なので初期の軽い腹痛はわかるのですが、(昨日まではいつもと同じようなお腹がシクシク痛む程度でした)今日は横になっても治まりません。 便秘ではないのですが、ガスが溜まっている感じがあり、オナラをすると少し痛みはマシになるのですがすぐにまた痛みの波がきます。 今は1時間前にくらべるとかなり痛みはましになっていますが歩くとドンドンって感じで響くような痛みが来ます。 過去の流産は腹痛・出血など伴わなかったので今回の症状がとても心配です。 病院へ行けばいいのですが、小さい子がいるのですぐに見てもらうこともできません。 (夜中だし・・) 朝になって腹痛が治まっていても病院へ行ったほうがいいのでしょうか? それとも明日の火曜日の病院の時につたえたらいいでしょうか? 不安でたまりません。 どなたかどんな些細な事でもいいでのアドバイスお願いします。 長文読んでいただいて有難うございました。 先週 検査薬で妊娠がわかり、火曜日に病院へいったのですがまだ胎嚢はみえず28日周期の人だと4週後半だと言われました。 私の周期は28~32日ぐらいで多少ばらつきがありますので正確な週数はわからないのですが、おそらく今日で5週に入ったところ位だと思います。 (性交があった日を排卵日と考えて) 1時間半ぐらい前にお腹の痛みで目が覚めました。 尿が溜まっている感じがあったのでトイレへ行きましたが腹痛は治まらず、腰も少し重だるく感じます。 出血はしていません。 流産3回を含め、今回をあわせて5... A ベストアンサー 私も先週くらいから下腹部の鈍痛・腰痛があり、2日ほど前から猛烈に痛くなることが一日に何回かあり、昨夜はあまりに痛くしばらく寝付けませんでした。 今朝起きたら痛みも鈍痛程度におさまっていましたよ。 私の場合も、現在妊娠5週あたりだと思います。 というのも、今朝妊娠検査薬で検査したら、陽性反応(一週間前は陰性だった)がでたので、この痛みは妊娠の影響なんだなと気づきました。 でも、本当に異常じゃないかと思うくらい痛いですよね。 わかりますその不安な気持ち。 いろいろ私なりに調べましたが、下腹部の痛みは出血がないかぎり、心配する必要はないのかたという結論にいたりました。 痛みはやくおさまるといいですね。 Q 現在6週後半の者です。 5週1日目に検査をして、胎嚢のみを確認し、7週1日目に当たる5月30日に心拍の確認をすることになっています。 5週の終わり頃 5月19日頃 からなんとなくつわりっぽいものが始まり、23日~25日は、吐き気はないものの1日中胃の辺りが気持ち悪くて仕事も思うように進まない状態でした。 食事もいつもの量はとれず少ない量を食べていました。 ですが、昨日26日の午後から急に症状が軽くなり、夕方スーパーに行ったときには匂いで吐きそうになったりはしたものの、今日なんかはもうほとんど普通の状態になってしまっています。 今のところ基礎体温は37度のままです。 まだ6週目なのにこんなことはおかしいのでしょうか。 2、3日症状が治まることなんてあるのでしょうか。 まだ心拍も確認できていない状態ですので、心配で仕方ありません。 もうだめなのでしょうか・・・。 30日にならないと病院にはいけないのですが、このような経験をされた方いらっしゃいますか?? それまで心配で心配で・・・。 同じような質問をされている方もいらっしゃるのに、新たに質問してしまって申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。 現在6週後半の者です。 5週1日目に検査をして、胎嚢のみを確認し、7週1日目に当たる5月30日に心拍の確認をすることになっています。 5週の終わり頃 5月19日頃 からなんとなくつわりっぽいものが始まり、23日~25日は、吐き気はないものの1日中胃の辺りが気持ち悪くて仕事も思うように進まない状態でした。 食事もいつもの量はとれず少ない量を食べていました。 ですが、昨日26日の午後から急に症状が軽くなり、夕方スーパーに行ったときには匂いで吐きそうになったりはしたものの、今日なんかはもうほとんど普... A ベストアンサー こんにちは。 2人の子の母です。 妊娠の本には「つわりの症状が消えたら要注意」などと書かれているので、心配されているのですね? つわりは本当に人それぞれのようなので、個人差はあると思います。 うらやましいくらい平気な人もいるので。 私は1人目のとき6週くらいで急に吐きました。 ドラマでしてるのって本当なんだって思ったものです。 直後や翌日くらいはつらかったです。 が、2週間後の同期が開いてくれた送別会でも、平気な顔で中華を食べれたのを覚えています。 が、その数日後から本格的なつわりがやってきたと記憶しています。 2人目のときはもう少し軽く、平気な日もあれば、ひどい日がありました。 上の子がいて、忙しくて、気がまぎれるんですよね。 でもやはり本格的につわりが始まったのは、8週以降でした。 もしかしたら、これから本格的に?なのか、ものすごく軽いのかもしれませんよ。 あるとつらいが、消えちゃうと心配なんですよね。 今は気持ちをおおらかに過ごされるほうが、体に良いかと思いますよ。 好きな音楽でも聴いて、気分転換をしてはいかがですか? こんにちは。 2人の子の母です。 妊娠の本には「つわりの症状が消えたら要注意」などと書かれているので、心配されているのですね? つわりは本当に人それぞれのようなので、個人差はあると思います。 うらやましいくらい平気な人もいるので。 私は1人目のとき6週くらいで急に吐きました。 ドラマでしてるのって本当なんだって思ったものです。 直後や翌日くらいはつらかったです。 が、2週間後の同期が開いてくれた送別会でも、平気な顔で中華を食べれたのを覚えています。 が、その数日後から... Q 7月~妊娠を希望しています。 基礎体温は2層に分かれていて「全くの理想とは言えないまでもほぼ良いグラフ」と婦人科医に言われ、もっと36. 7度を越えて欲しいと言われました。 私はそんなに気にしていませんが一応、黄体機能検査を先週受け、結果は週末に。 生理周期は27-30日です。 昨日、生理周期28日目に36. 24度に下がったので生理が来るな…と思っていたら来ず、昨日の夜の温度 舌舌測定 は37. 43度と今まで出た事のない高い温度でした。 夜の温度は高温期で大体36. 9-37. 2度位なので。 周期29日目の今朝、36. 46度迄上がっていました。 これ迄生理前の体温は、必ず徐々に、又は急激に下がる一方で、決して直前に一旦又上がってから生理がくる事はありませんでした。 これで生理が来ても参考にさせて頂いて、今後、ドンと構えていられるようにしたいなと思っています。 生活が不規則のため、計る時間がマチマチです。 18度、高温期が36. 37 膣? 25 生理 7月~妊娠を希望しています。 基礎体温は2層に分かれていて「全くの理想とは言えないまでもほぼ良いグラフ」と婦人科医に言われ、もっと36. 7度を越えて欲しいと言われました。 私はそんなに気にしていませんが一応、黄体機能検査を先週受け、結果は週末に。 生理周期は27-30日です。 昨日、生理周期28日目に36. 24度に下がったので生理が来るな…と思っていたら来ず、昨日の夜の温度 舌舌測定 は37. 43度と今まで出た事のない高い温度でした。 夜の温度は高温期で大体36. 9-37. 2度位なので。 周期29日目の今朝... A ベストアンサー 現在妊娠18週の者です。 私は妊娠2~3ヶ月がつわりのピークでいつも食後が胃もたれ、膨満感で苦しかったです。 夕食後は5時間くらい経ってもまだお腹が張って苦しかったですねえ…。 食後気をつけていたのは横になると食べ物が逆流してきそうになるので、 座イスの背もたれを少し倒して、そこに体の右側を下にして横向きに座ってました。 胃の出口は右側なので下にすると消化を促すんだそうです。 と同時に手のひら側の手首のしわから指2本分下にある胃もたれのツボを押す。 これで少しは楽だったような気がします。 と言っても治らない時は、無理やり寝てました。 他に調べた中では葉酸がいいとか。 (すでに採ってらっしゃったらすいません) 私はエビオス錠というビール酵母のサプリを飲んでました。 消化を促して栄養補給にいい、ということで妊婦の悪阻対策に大人気です。 エビオス錠は便秘解消にも効果的だそうです。 ただ、毎日30錠飲まないといけないのと、においと味がダメな人もいるかも…。 と言っても、もう4ヶ月ならつわりもラストスパートですよ! 私は4ヶ月に入った途端治りました。 (個人差はありますが・・・) ゴールはもうすぐ、お大事に。 現在妊娠18週の者です。 私は妊娠2~3ヶ月がつわりのピークでいつも食後が胃もたれ、膨満感で苦しかったです。 夕食後は5時間くらい経ってもまだお腹が張って苦しかったですねえ…。 食後気をつけていたのは横になると食べ物が逆流してきそうになるので、 座イスの背もたれを少し倒して、そこに体の右側を下にして横向きに座ってました。 胃の出口は右側なので下にすると消化を促すんだそうです。 と同時に手のひら側の手首のしわから指2本分下にある胃もたれのツボを押す。 これで少しは楽だったような気がします... Q 昨日検査薬で反応がでたので病院に行ったら妊娠6週目でした。 最後の整理が9月20日でした。 10月31日風邪を引いていたので病院に行き。 妊娠の可能性はないと思っていたのでお薬をもらいました。 それが フロモックス錠100mg8(8錠)ロキソニン錠(8錠)リン酸ジヒドロコデイン散1%(8袋)セレスタミン錠(8錠)を4日にかけて飲んでしまいました。 おまけに点鼻薬も何度か・・・ 昨日行った産婦人科の先生はそのとき私はたまたま二種類のお薬を持ってただけですが先生が研修会でいなかたので担当医じゃない先生なのですが・・その先生に 5週目なので旦那さんと話あってもし生まないんだったら早めに決断したほうがいい・・みたいな事を言われてしまいました。 まあ・・きちんとしたお薬の名前を今度担当医の先生に見せて相談してくださいとのこと 心臓や神経系に問題のある子供が生まれる可能性があると事前には検査できず産まれるまでわからないと 言われました。 本当にびっくりで・・本当にこのお薬はそんな問題が起こるようなお薬なのでしょうか? 次の病院まで少し時間があり、とても気がかりで眠れません。 どうかよろしくお願いいたします 昨日検査薬で反応がでたので病院に行ったら妊娠6週目でした。 最後の整理が9月20日でした。 10月31日風邪を引いていたので病院に行き。 妊娠の可能性はないと思っていたのでお薬をもらいました。 それが フロモックス錠100mg8(8錠)ロキソニン錠(8錠)リン酸ジヒドロコデイン散1%(8袋)セレスタミン錠(8錠)を4日にかけて飲んでしまいました。 おまけに点鼻薬も何度か・・・ 昨日行った産婦人科の先生はそのとき私はたまたま二種類のお薬を持ってただけですが先生が研修会でいなかたの... A ベストアンサー 私は医師でも薬剤師でもないただの素人です。 一応、書籍や信頼できると思われる医療サイトの情報をもとにしたアドバイスのつもりですが、もしかしたら解釈に誤解があるかもしれません。 (実際の医療についてわかっているわけではありません。 ) あくまでも、産婦人科のお医者さんと相談されるまでの参考としてお読みください。 さて、妊娠中の薬の使用には確かに注意が必要ですが、一時的な常用量の使用なら、実際には(一部の薬を除いて)ほとんど影響が出ることはないようです。 (だからといって、もちろん不用意に使って良いというわけではありません。 今後の薬の使用については、必ずお医者さんの指示に従ってくださいね。 ) 「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 」 という注意書きは、実はほとんどの薬に記載されているもので、必ずしも胎児に危険であるということではありません。 (製薬メーカーは、PL法のからみでかなり安全を見た記述をします。 ) 明らかにに危険な薬なら、 「~投与しないこと(が望ましい)。 」 といった記載があり、出産可能な年齢の女性に処方される際は、まず間違いなく妊娠の可能性について確認されます。 また、安全性の動物実験は、通常かなり過量に投与して行いますので、これで問題があっても即危険であるとは限りません。 (例えば、生体に必須なビタミンAも、過量に摂取すれば奇形の原因になります。 ) 「治療上の有益性が~」といった文面を見るとかなり不安を感じられるかもしれませんが、裏返して読めば、「必要なら妊婦でも使う。 」ということですよね。 むしろ(一部には例外もありますが、)妊婦にも比較的安全な部類のもの、と解釈できるかもしれません。 で、お使いになっていたそれぞれの薬の危険性ですが、 フロモックス錠 比較的新しい薬ですので、ヒトでの臨床データはあまりない(妊娠している場合は、使用実績(データ)の多い古典的な薬を優先して使う傾向がある。 )ようですが、同類のセフェム系の抗生物質は、妊婦でも一般的に用いるようですので、さほど心配することはないと思います。 ロキソニン錠 一般に、NSAIDs(非ステロイド系消炎鎮痛剤)の妊娠後期での連用には注意が必要とされていますが、初期でしたらほとんど心配はないと思われます。 (妊娠初期における催奇形性作用については、否定的な意見が主流です。 ) 私の親族にトラブル出産で産婦人科に長期入院を経験した者がいますが、痛みを訴えると、あたりまえのように鎮痛薬を処方されていました。 (別の要因で早産になってしまいましたが、子供は異常なく元気に育っています。 ) リン酸ジヒドロコデイン散 類薬のコデインには、高用量の動物実験で催奇形性が認められているようですが、かなり昔から広く一般的に使われている薬にもかかわらず、常用量で奇形の原因になったとの明確な報告は無いようです。 オーストラリア医薬品評価委員会・先天性異常部会による分類では、カテゴリーA(多数の妊婦および妊娠可能年齢の女性に使用されてきた薬だが、それによって奇形の頻度や胎児に対する直接・間接の有害作用の頻度が増大するといういかなる証拠も観察されていない。 )に分類されています。 セレスタミン錠 これは、抗ヒスタミン薬(クロルフェニラミン)とステロイド(ベタメタゾン)の配合薬ですが、 クロルフェニラミンは古典的な薬で、多くの妊婦への使用実績もあり、かなり安全な部類のものです。 ベタメタゾンは、妊娠初期の高用量の場合には危険があるかもしれませんが、一時的な常用量であれば、ほとんど心配することはないようです。 (オーストラリアではカテゴリーAに分類されています。 ) 点鼻薬 おそらく血管収縮薬、抗アレルギー薬、ステロイドのどれかだと思いますが、いずれにしても局所投与であり、薬の絶対量も少ないことから、まず危険はないと考えられます。 (不安をあおるつもりはありませんが、)たとえ薬を服用していなくても、軽微なものも含めると、出生児の2%程度には何らかの異常があるといわれています。 一方で、(一部の本当に危険なものを除けば)明らかに薬の影響によると考えられる異常はめったに起こるものではありません。 (要するに誤差範囲ということ。 ) これから産婦人科のお医者さんに相談なさっても、中絶を勧められることはまずないと思います。 しかしながら一方で、薬を使わなくても異常の可能性を100%否定はできませんので、「絶対大丈夫」という保証はしてもらえないかもしれません。 ただ、これだけ薬が広く用いられるようになった現在、妊娠に気付かずに服用してしまうような例は、決して珍しいことではないと思います。 一方で、(一部の本当に危険な薬を除けば、)実際に異常が生じて問題になった例はほとんど聞いたことがありません。 (問題が多発していれば、いまどきのマスコミが黙っているわけがありません。 ) もちろん、注意することは必要ですが、あまりに心配なさるのは損だと思います。 細かいことまで気にすると、食品、残留農薬、重金属、大気汚染、環境ホルモン・・・・・、きりがありませんしね。 可能な範囲で気を付けて、あとはできるだけおおらかな気持ちですごされるほうが、おなかの赤ちゃんにとっても好ましいことではないでしょうか? 元気な赤ちゃんがきっと生まれますように。 すでに妊娠がわかっている(またはその可能性がある)場合には、安易に自己判断で薬や健康食品を使わないで、必ずお医者さんに相談してくださいね。 okusuri110. html 私は医師でも薬剤師でもないただの素人です。 一応、書籍や信頼できると思われる医療サイトの情報をもとにしたアドバイスのつもりですが、もしかしたら解釈に誤解があるかもしれません。 (実際の医療についてわかっているわけではありません。 ) あくまでも、産婦人科のお医者さんと相談されるまでの参考としてお読みください。 さて、妊娠中の薬の使用には確かに注意が必要ですが、一時的な常用量の使用なら、実際には(一部の薬を除いて)ほとんど影響が出ることはないようです。 (だからといって、もち...

次の