岡田健史 ツイッター。 岡田健史:ガイドミー!

岡田健史の彼女がTwitterで流出?高校や兄弟についても調査!

岡田健史 ツイッター

- 07月15日 水 20:40 綾野剛と星野源がW主演を務めるドラマ『MIU404』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第4話「ミリオンダラー・ガール」が、7月17日に放送。 美村里江がゲスト出演する。 本作は、『逃げるは恥だが役に立つ』や『アンナチュラル』の脚本家・野木亜紀子による1話完結のオリジナルドラマ。 犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナルである「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」(通称:4機捜)に所属する伊吹藍(綾野)と志摩一未(星野)らが、24時間というタイムリミットの中、事件解決に奔走する姿を描く。 綾野と星野のほかに岡田健史、橋本じゅん、黒川智花、渡邊圭祐、金井勇太、生瀬勝久、麻生久美子も出演している。 また、第3話から菅田将暉が素性の知れない男役で出演していることも話題を呼んでいる。 <第4話あらすじ>拳銃使用による殺人未遂事件が発生。 被害者は元ホステスの青池透子(美村)で、加害者男性も含め現場から立ち去っていた。 通報を受けた伊吹と志摩は、透子が駆け込んだ付近の薬局店へ急行。 店主の証言では、透子は店内で銃創の応急処置をした後、1億円が入ったスーツケースを持って姿を消したという。 透子が過去に裏カジノ事件に関与していた事を知る隊長の桔梗(麻生)の指示で、伊吹と志摩は透子の行方を追うが……。 透子はなぜ1億円という大金を持って姿を消したのか? 彼女が逃げる思惑とは!? 人間の願いを叶えるべく、妖怪と人間が行動を共にし絆を深めていくという物語は、岡田健史さん演じる武士の一馬とタッグを組むという一風変わったバディものでもある。 「岡田さんとは初共演。 いつでも誰にでも丁寧な振る舞いと謙虚な姿勢で、イメージ通りの好青年でした。 お芝居への集中力も高く、空き時間にはセリフ回しを繰り返していて、常に高みを目指している素敵な役者さんだと思いました。 人間と妖怪のバディというのも、エンターテインメントでこそ実現できる面白さ」日本では古くから伝承されてきた天の邪鬼の役作りも気になるところ。 しかも戦うと強い。 今まで僕は人間じゃない役も多かったので、妖怪役だからって構えたりはしませんでした。 でも戦闘能力は著しく低い役ばかりだったので、強い人の戦う姿を見ながら、すごいなと思っていたんですが、実際に強い役を演じてみるとなかなか大変ですね。 鉄の塊から彫り出して特別に作った、金属バット5本分ぐらいの重さの武器を持って、かっこよく構えようとするだけでもう腕がプルプル。 戦いのシーンのあとにはスタッフさんが『大丈夫で すか?』なんてお水を持ってきてくれたりして、体力のなさが露呈してしまいました(笑)。 でもアクションって、改めて難しいお芝居だとも思いました。 勢いだけじゃない動きの見え方、撮影を安全に進めるための役者同士の距離の取り方など、一瞬で同時にいろんなことを考えなければならなくて、単純に運動神経があればいいとかお芝居の熱量が高ければいいわけじゃない。 じつはクレバーさが求められるのがアクションなのかな、と改めて気づかされました」妖怪監修は知の巨匠・荒俣宏さん、妖怪デザインは漫画家の井上淳哉さんが手がけ、こだわり抜いた世界観もまた、見どころの一つ。 「毎朝、他の役者よりも2時間早く現場入りして天の邪鬼の特殊メイクをしました。 横になって、顔に模様の入った皮膚みたいなものをおじさんたちにペタペタと貼られるのはすごくしんどかったんですが、そんな僕を支えてくれたのが河童(青山美郷さん)の存在。 河童の特殊メイクは全身に施されるため毎日4時間ぐらいかかっていて、嘴があるのでごはんもまともに食べられない感じで。 上には上がいる…と、河童さんに毎日勇気をもらっていました(笑)」『大江戸もののけ物語』 NHK BSプレミアムにて7/17(金)20:00スタート(全5回)。 出演/岡田健史、本郷奏多、山田杏奈ほか 語り/美輪明宏 取り柄のない旗本の次男坊・一馬(岡田健史)が勾玉を手にすると妖怪・天の邪鬼(本郷奏多)が現れた。 ふたりは行動を共にすることになり…。 ほんごう・かなた 1990年11月15日生まれ、宮城県出身。 大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)に関白の近衛前久役で出演するほか、ドラマ『56年目の失恋』(NHK BSプレミアム)にも出演した。 第1話「お雛の願い」が放送される。 本作は、旗本の次男坊・新海一馬(岡田)と謎の妖怪・天の邪鬼(本郷)がバディを組み、江戸で起きるさまざまな問題を仲間の妖怪たちと力を合わせて解決する、新感覚の妖怪ファンタジー時代劇。 岡田、本郷に加え、山田杏奈、森川葵、青山美郷、平尾菜々花、石丸謙二郎、石井正則、高田翔、宮本裕子、酒向芳、池内万作、藤本隆宏、甲本雅裕、イッセー尾形らが出演している。 <第1話あらすじ>旗本の次男坊・新海一馬(岡田)は剣術が不得手、師匠を務める寺子屋でも子供たちに手を焼く日々。 そんな一馬の楽しみは、幼き頃に出会った妖怪の研究だった。 ある日、一馬は、教え子のお雛(平尾)が火焔(えん)土器に話しかけている姿を目撃する。 お雛は、天の邪鬼に「死んだ母に会わせてほしい」と頼む。 関連リンク 篠原涼子、大泉洋演じる東海林に「この不祥事課長!」と一喝!ディスり連発も「はよ結婚して!」の声『ハケンの品格』5話 ドラマ『M』主演の安斉かれんに元ヤン疑惑!? C-Z・河合郁人、尊敬してやまないフット・後藤輝基とMC初タッグ「夢のひとつが叶った」 SixTONES京本大我が取り憑かれた意外すぎるものとは!? Sexy Zone中島健人ゲスト出演『沸騰ワード10』 - 07月12日 日 14:16 転がるパチンコ玉を、九重(岡田健史)はキャッチできなかった。 それが、すべてを表していた。 『MIU404』(TBS系/毎週金曜22:00~)第3話は、何気ないワンシーンがこれから起こる悲劇を暗示する、脚本・野木亜紀子の巧みな筆力に酔いしれるような回だった。 成川を追いかけたのが伊吹だったら、運命は変わっていたのだろうか「自分の道は自分で決めるべきだ。 俺もそう思う。 だけど、人によって障害物の数は違う。 正しい道に戻れる人もいれば、取り返しがつかなくなる人もいる。 誰と出会うか、出会わないか」そう志摩(星野源)は言った。 それが、この第3話で描かれた「分岐点」。 廃部となった陸上部。 原因は、上級生たちのドラッグ事件。 元陸上部員の成川(鈴鹿央士)と勝俣(前田旺志郎)は、大会に出場できなくなった無力感と苛立ちを、虚偽の通報で警察から逃れ切ることで発散していた。 すべては、ほんの「いたずら」のつもりだった。 しかし、元陸上部のマネージャー・真木カホリ(山田杏奈)が本物の猥褻犯に襲われたことから状況は一変する。 「俺は今から襲われた真木カホリを助けに行く。 逃げるか来るか、今決めろ」と勝俣に告げる伊吹(綾野剛)。 勝俣はその言葉に突き動かされ、伊吹についていく。 だが、成川は違った。 成川を追いかけていたのは九重。 九重は「成川!」と威嚇し、ただ睨みつけるだけだった。 カホリが襲われた事実を知ることもなく、逃げのびる成川。 ネットに顔を晒された成川は帰る場所もなく、道を踏み外していく。 もしも成川を追いかけていたのが九重ではなく伊吹だったら、運命は変わっていたのだろうか。 もしも勝俣を追いかけていたのが伊吹ではなく九重だったら、転落していたのは勝俣の方だったのだろうか。 そう脳裏によぎった瞬間、浮かぶのは志摩の「誰と出会うか、出会わないかだ」という言葉。 そして、ピタゴラ装置になぞらえ「何かのスイッチで道を間違える」と説く志摩に九重が言った「でもそれは自己責任です」という言葉も。 ネットでいじめっ子の実名を検索したことがある僕に、九重を悪く言う資格はないいつからだろう、こんなにも「自己責任」という言葉が社会に溢れるようになったのは。 苦境に喘ぐ人を「自己責任」と切り捨て、安全なところから見下ろすこの現代社会。 たとえば貧困問題もそうだ。 明日食べるものにも困る。 そんな生活から抜け出せない人たちを、エアコンの効いた部屋で添加物のたっぷり入ったお菓子を頬張りながら、人々は「努力が足りない」「自己責任」と断じる。 自分がどれだけ恵まれた状況に助けられていたのかを知ろうともしないで。 新型コロナウイルスの感染拡大においても自己責任論は飛び交った。 補償もないまま自粛を強いられ、失業や廃業に苦しんだ人たちがたくさんいた。 しかし、そんな彼らの叫びに対し、世間の一部から放たれたのは「その仕事を選んだのは自分自身なのだから」という冷たい自己責任論だった。 けれど、本当にそうなのだろうか。 そこにあるのは、「自己責任」という言葉を盾にした、ただの責任逃れなのではないだろうか。 あるいは直視したくないものから目をそらすために「自己責任」という言葉で蓋をして思考停止しているだけではないのだろうか。 劇中で交わされた少年法に関する議論も興味深かった。 「救うべきところは救おうというのが少年法」と論じる桔梗(麻生久美子)に対し、九重は「その少年自身が、未成年を笠に着て好き放題をしていてもですか」と反論する。 そんな九重に、桔梗は言った。 「私はそれを彼らが教育を受ける機会を損失した結果だと考えている。 社会全体でそういう子どもたちをどれだけ掬い上げられるか。 5年後10年後の治安は、そこにかかっている」それは、極めて洗練された道徳観・倫理観に基づく言葉だ。 一点の誤りもないと思う。 だけど、胸の悪くなるような未成年による凶悪犯罪のニュースにふれたとき、桔梗のように冷静に考えられる人はどれだけいるだろうか。 顔も名前も晒してしまえばいい。 一生刑務所に入れたらいい。 そう感情的に罰して気持ち良くなっている人はいないだろうか、エアコンの効いた部屋で添加物のたっぷり入ったお菓子を頬張りながら。 少なくとも、僕はそうだ。 ひどいいじめ(ではなく、暴行傷害、強要、侮辱罪)を犯しながら、学校を変え、苗字を変え、ぬくぬくと普通の生活に戻っていったいじめっ子たちが許せなくて、彼らの名前をネットで検索したことがある。 そんな自分に、九重を悪しざまに言う資格なんてないし、「罪を裁くのは司法の仕事。 世間が好き勝手に私的制裁を加えていい理由にはならない」という桔梗の言葉に胸をつかれながらも、素直に頷けないでいる。 だけど、もし更生が受け入れられる社会なら、その場かぎりの正義感で未成年の顔と名前を晒すような社会でなかったなら、成川は自分の罪を認め、家に帰ることができたかもしれない。 ちゃんと謝罪をし、やり直すことができたかもしれない。 成川を追いつめたのは、他でもない、「自己責任」で他者を簡単に制裁する僕たち自身。 まさに自分の中にある正義感と処罰感情にかき回されるような45分だった。 俳優・岡田健史にとって『MIU404』は「分岐点」となるか『アンナチュラル』(2018年、TBS系)から貫き続けている野木亜紀子の社会に対する怒りとクールなジャーナリズムが全開だった第3話。 おそらく今後は1話完結の事件を重ねながら、逃げ延びてしまったがためにドラッグ汚染の網に堕ちた成川を通して、僕たちに今向き合わなければならない社会の問題を提示してくるだろう。 なぜ九重が少年犯罪に対してあれだけ厳しい意見を持っているのか。 それは、苦労知らずで温室育ちゆえの上から目線な正義感なのか。 それとも過去に少年犯罪によって何かしらの傷を受けたのかも気になるところだ。 ただひとつ言えることは、九重はひとりの少年を救うチャンスを逸した。 伊吹の言葉を借りるなら「誰かが最悪の事態になる前に止められる」のが機捜の仕事。 九重は、最悪の事態になる前に止めることができなかった。 その事実とどう向き合っていくのか。 伊吹が勝俣、九重が成川を追いかけることとなったあの瞬間が「分岐点」なら、志摩が逃げる生徒に「真木カホリが猥褻犯に襲われた」と声をかけられたのも、伊吹と出会ったからなのかなと思う。 そういう意味では、志摩にとって伊吹との出会いはひとつの「分岐点」なのだろう。 同じように九重にとっても伊吹との出会いが「分岐点」になるのか。 桔梗、陣馬(橋本じゅん)ら4機捜の出会いがそれぞれにどんな影響を与えていくのかも楽しみだ。 九重を演じる岡田健史は、『中学聖日記』(2018年、TBS系)以来、地上波連ドラにレギュラー出演するのはこれで2度目。 その間、『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』(2019年、FBS福岡放送)では友達の少ない博多出身の高校生をコミカルに、『フォローされたら終わり』(2019年、AbemaTV)ではネット上の悪意に翻弄される青年を正義感たっぷりに、そして『いとしのニーナ』(2020年、FOD)では好きな女の子のために立ち上がるヘタレ男子高生をキュートに演じて、着々と演技力を磨いてきた。 積み重ねた経験を開花させるように、今、岡田健史は九重というキーパーソンに挑んでいる。 台詞回しはずっと明瞭になり、突き放すような目線も九重のキャラクターにぴったりだ。 特に、パトカーのサイレンを浴びながら、都会の闇へ消えた成川を睨みつけるように振り返った九重の眼光は、これまでのどの作品でも見られなかったような気迫があった。 きっとこの『MIU404』との出会いも、俳優・岡田健史にとってひとつの「分岐点」となるだろう。 連ドラは、事件であれそして最後に多くの人を驚かせたのが、菅田将暉の参戦だ。 この第3話では次回予告時点から『アンナチュラル』の毛利刑事(大倉孝二)と向島刑事(吉田ウーロン太)が登場し、ファンを喜ばせたほか、岡崎体育、黒川智花の出演も話題にあがるなど、非常にニュース性の高い回だった。 そのすべてを吹き飛ばすまさかの隠し球に、Twitterでは「菅田将暉」がトレンド入り。 リアルタイムで視聴できなかった人たちは、その驚きを逃すこととなり、改めてテレビの同時視聴性の強さを実感させられた。 そして、やっぱり面白いドラマには事件があると思った。 第1話のド派手なカーアクション、第2話の松下洸平のゲスト出演と、『MIU404』は毎回ニュース性たっぷりの事件で視聴者を飽きさせることがない。 はたして次はどんな事件が待っているのだろうか。 今、1週間でいちばんワクワクするのは、間違いなくこの『MIU404』がある金曜日だ。 (文・横川良明/イラスト・月野くみ)【第4話(7月17日[金]放送)あらすじ】拳銃使...

次の

岡田健史の本名は?高校時代のイケメン画像がヤバイ!

岡田健史 ツイッター

岡田健史さんをスカウトした事務所は先見の眼あり 岡田健史さんをスカウトした事務所はスウィートパワー、その中のスパイスパワーという新人俳優部署でした。 この事務所はスカウトが秀逸ということで有名なのだそうで、事務所の社長さん自らスカウトに出向くこともあるのだとか。 岡田健史さんも実は中学生の時にスカウトをされています。 その場所は福岡の道端。 スゴイですね。 渋谷に上京した時にたまたまとかはよく聞きますが、岡田健史さんの場合中学生の時福岡の道を普通にただ歩いていたところをスカウトされています。 しかしその時岡田健史さんは野球少年で真剣に甲子園・プロ野球を目指していました。 そのため芸能界には全く興味が持てず断っています。 その後、スパイスパワーは諦めませんでした!笑 粘り続けることなんと5年。 中学から高校へ進学し、岡田健史さんは高校野球の強豪校、創成館高校へ進学します。 そこで甲子園を目指して3年間がむしゃらに高校野球に取り組んでいました。 しかし結果は甲子園出場ならず。 そこで野球部を引退となります。 野球部を引退した岡田健史さんに思わぬ機会が巡ってきます。 それについては次で詳しく紹介します! 岡田健史さん野球部引退後に演劇部の大会に参加! それは演劇部の助っ人をしてくれないかというもの。 高校へは野球推薦で入ったのに甲子園へも行けず申し訳ない思いを抱いていた岡田さんは演劇部の助っ人で出演することを決めます。 岡田さんにとってはそれが初めての演技。 それまで野球時一筋でやってきた岡田健史さんはその時初めて演技することの楽しさを知り、さらにはその演技力を名指しで褒められたことから俳優になりたいという夢を抱きます。 そこで今までスカウトを受けていたスパイスパワーとの契約となりました。 岡田健史さんをスカウトした事務所はスパイスパワー!桐谷美玲さんと一緒? 岡田健史さんをスカウトした芸能事務所「スパイスパワー」は男性だけの所属ですがその母体となるスウィートパワーは女性タレントだけが所属しています。 その中には桐谷美玲さん、南沢奈央さん、内山理名さん、桜庭みなみさん、高月彩良さんなどなどがいます。 [adco-2] 岡田健史さん所属のスパイスパワーは先見の眼がスゴイその理由とは 岡田健史さんがスパイスパワーに福岡の道でスカウトされたことは先ほど紹介しましたが、底でスカウトしたのは何と社長さんだったのだそう。 そしてここの社長さんというのが凄い方らしく、自らあちこちに出向いてすごい人たちをスカウトしているのです!• 桐谷美玲さん:高校生の時、地元で一番美人だという評判を聞きつけて千葉県までスカウトに• 桜庭みなみさん:中学3年の時、友達とプリクラを撮っている時に鹿児島県でスカウト• 高月彩良さん:11歳の時、神奈川県のスイミングスクールに通っているところをスカウト• 堀北真希さん:中学2年の時、東京都清洲の畑を歩いているときにスカウト スカウトした人たちも凄いですが場所もまた意外過ぎて面白いです。 堀北真希さんのスカウトの場所は畑ということですがどういうシチュエーションだったのでしょう。 もしかしたらみんなそのあたりに可愛い人が居るとの噂があったのでしょうか。 この社長さんは「この人!」とインスピレーションを感じた時だけ声をかけるのだそうです。 岡田健史さんにも何かを感じたのですね。 5年間という時間をかけて粘り強く待った結果、岡田健史さんも自ら演じることの楽しさを感じたというタイミングでの事務所入り。 それも何ともすごいご縁だなと感じます。 岡田健史さんの公式インスタやツイッターは? 岡田健史さんの公式インスタ、ツイッターを待ち望む声は多いようなのですが、今のところまだ正式に公式というものは無いようです。 ファンの方が作ったアカウントは多くできてきていますね。 中学聖日記のツイッターや有村架純さんのインスタでも中学聖日記の共演者として岡田健史さんが写っていることもあります。 この役の選考にはなんと1年もの時間が費やされています。 その中で演技未経験、今回がCM、ドラマ、映画などなどすべてで初出演となる岡田健史さんが選ばれたのはすごいことです。 有村架純さんの相手役ということも、この黒岩晶という役に選ばれたこともすべてがシンデレラボーイですよね。 [adco-3] 岡田健史さんの出身高校(創成館)と高校野球での実力・戦績は? 創成館高校野球部の実績 ・第2. 3回長崎県高等学校 1年生大会優勝:2回 ・NHK杯長崎県高等学校 野球大会優勝歴:4回 ・九州地区高校やっ球 長崎大会優勝歴:5回 ・第97回全国高等学校野球選手権 長崎大会で初優勝 などなど 岡田健史さんの高校野球時代の戦績 第97回全国高等学校野球選手権(甲子園初勝利) 第141回九州地区高校野球大会(初優勝) 第48回明治神宮野球大会(準優勝) レギュラーではなかったようですが、レギュラー捕手と実力の差はほとんどなく、周りからも実力を認められていたのだそうです! 岡田健史さんの性格を中学・高校の卒アル画像で調べてみる 岡田健史さんの卒アルというのは現在ネット上ではまだ出ていないようです。 性格について調べてみると、 ・野球部時代にゴミ拾いをしていた習慣から、上京した今でもゴミ拾いをしている ・共演者から「晶という役に真剣に向き合っているのが分かる」「非常に努力家で真面目な方だと思います」と言われていることからも岡田健史さんはまっすぐで誠実な方なのかなという印象ですね。 幼少期から始めた野球をずっと続けて、一時スカウトを受けた時にもそれを断り甲子園を目指していたということからも一つのことにまっすぐ進む真面目さを感じます。 中学聖日記での役・黒岩晶のまっすぐなところと共通していますね! [adlk-2] さん okada. これは高校野球時代の名前や演劇部の助っ人として舞台に立った経験から判明してるので事実と言えそうです。 名前に濁点がなく「こうし」と読むのは岡田健史(けんし)と読むところと共通していますね。

次の

岡田健史の彼女がTwitterで流出?高校や兄弟についても調査!

岡田健史 ツイッター

岡田健史さんをスカウトした事務所は先見の眼あり 岡田健史さんをスカウトした事務所はスウィートパワー、その中のスパイスパワーという新人俳優部署でした。 この事務所はスカウトが秀逸ということで有名なのだそうで、事務所の社長さん自らスカウトに出向くこともあるのだとか。 岡田健史さんも実は中学生の時にスカウトをされています。 その場所は福岡の道端。 スゴイですね。 渋谷に上京した時にたまたまとかはよく聞きますが、岡田健史さんの場合中学生の時福岡の道を普通にただ歩いていたところをスカウトされています。 しかしその時岡田健史さんは野球少年で真剣に甲子園・プロ野球を目指していました。 そのため芸能界には全く興味が持てず断っています。 その後、スパイスパワーは諦めませんでした!笑 粘り続けることなんと5年。 中学から高校へ進学し、岡田健史さんは高校野球の強豪校、創成館高校へ進学します。 そこで甲子園を目指して3年間がむしゃらに高校野球に取り組んでいました。 しかし結果は甲子園出場ならず。 そこで野球部を引退となります。 野球部を引退した岡田健史さんに思わぬ機会が巡ってきます。 それについては次で詳しく紹介します! 岡田健史さん野球部引退後に演劇部の大会に参加! それは演劇部の助っ人をしてくれないかというもの。 高校へは野球推薦で入ったのに甲子園へも行けず申し訳ない思いを抱いていた岡田さんは演劇部の助っ人で出演することを決めます。 岡田さんにとってはそれが初めての演技。 それまで野球時一筋でやってきた岡田健史さんはその時初めて演技することの楽しさを知り、さらにはその演技力を名指しで褒められたことから俳優になりたいという夢を抱きます。 そこで今までスカウトを受けていたスパイスパワーとの契約となりました。 岡田健史さんをスカウトした事務所はスパイスパワー!桐谷美玲さんと一緒? 岡田健史さんをスカウトした芸能事務所「スパイスパワー」は男性だけの所属ですがその母体となるスウィートパワーは女性タレントだけが所属しています。 その中には桐谷美玲さん、南沢奈央さん、内山理名さん、桜庭みなみさん、高月彩良さんなどなどがいます。 [adco-2] 岡田健史さん所属のスパイスパワーは先見の眼がスゴイその理由とは 岡田健史さんがスパイスパワーに福岡の道でスカウトされたことは先ほど紹介しましたが、底でスカウトしたのは何と社長さんだったのだそう。 そしてここの社長さんというのが凄い方らしく、自らあちこちに出向いてすごい人たちをスカウトしているのです!• 桐谷美玲さん:高校生の時、地元で一番美人だという評判を聞きつけて千葉県までスカウトに• 桜庭みなみさん:中学3年の時、友達とプリクラを撮っている時に鹿児島県でスカウト• 高月彩良さん:11歳の時、神奈川県のスイミングスクールに通っているところをスカウト• 堀北真希さん:中学2年の時、東京都清洲の畑を歩いているときにスカウト スカウトした人たちも凄いですが場所もまた意外過ぎて面白いです。 堀北真希さんのスカウトの場所は畑ということですがどういうシチュエーションだったのでしょう。 もしかしたらみんなそのあたりに可愛い人が居るとの噂があったのでしょうか。 この社長さんは「この人!」とインスピレーションを感じた時だけ声をかけるのだそうです。 岡田健史さんにも何かを感じたのですね。 5年間という時間をかけて粘り強く待った結果、岡田健史さんも自ら演じることの楽しさを感じたというタイミングでの事務所入り。 それも何ともすごいご縁だなと感じます。 岡田健史さんの公式インスタやツイッターは? 岡田健史さんの公式インスタ、ツイッターを待ち望む声は多いようなのですが、今のところまだ正式に公式というものは無いようです。 ファンの方が作ったアカウントは多くできてきていますね。 中学聖日記のツイッターや有村架純さんのインスタでも中学聖日記の共演者として岡田健史さんが写っていることもあります。 この役の選考にはなんと1年もの時間が費やされています。 その中で演技未経験、今回がCM、ドラマ、映画などなどすべてで初出演となる岡田健史さんが選ばれたのはすごいことです。 有村架純さんの相手役ということも、この黒岩晶という役に選ばれたこともすべてがシンデレラボーイですよね。 [adco-3] 岡田健史さんの出身高校(創成館)と高校野球での実力・戦績は? 創成館高校野球部の実績 ・第2. 3回長崎県高等学校 1年生大会優勝:2回 ・NHK杯長崎県高等学校 野球大会優勝歴:4回 ・九州地区高校やっ球 長崎大会優勝歴:5回 ・第97回全国高等学校野球選手権 長崎大会で初優勝 などなど 岡田健史さんの高校野球時代の戦績 第97回全国高等学校野球選手権(甲子園初勝利) 第141回九州地区高校野球大会(初優勝) 第48回明治神宮野球大会(準優勝) レギュラーではなかったようですが、レギュラー捕手と実力の差はほとんどなく、周りからも実力を認められていたのだそうです! 岡田健史さんの性格を中学・高校の卒アル画像で調べてみる 岡田健史さんの卒アルというのは現在ネット上ではまだ出ていないようです。 性格について調べてみると、 ・野球部時代にゴミ拾いをしていた習慣から、上京した今でもゴミ拾いをしている ・共演者から「晶という役に真剣に向き合っているのが分かる」「非常に努力家で真面目な方だと思います」と言われていることからも岡田健史さんはまっすぐで誠実な方なのかなという印象ですね。 幼少期から始めた野球をずっと続けて、一時スカウトを受けた時にもそれを断り甲子園を目指していたということからも一つのことにまっすぐ進む真面目さを感じます。 中学聖日記での役・黒岩晶のまっすぐなところと共通していますね! [adlk-2] さん okada. これは高校野球時代の名前や演劇部の助っ人として舞台に立った経験から判明してるので事実と言えそうです。 名前に濁点がなく「こうし」と読むのは岡田健史(けんし)と読むところと共通していますね。

次の