衆院選 2019。 衆院選衝撃予想 TBSが伝えた「れいわ37議席獲得」の現実味(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

参議院選挙2019比例代表選の仕組みとは?衆院選の比例との違いは?

衆院選 2019

(新型コロナウイルス感染防止による五輪延期を受けての最新の衆院選時期予測はこちらをご参照ください。 2020. 10 編集部追記 ・ ・ 次の衆院選はいつある? 前回は2017年10月に行われた衆議院解散総選挙 以下衆院選。 今年7月に行われた参議院議員選挙においては、「衆参同時選挙」のうわさもありましたが、実現はしませんでした。 では、次の衆院選はいつ行われるのでしょうか。 パターンをいくつかに分けて考えてみました。 2019年内? すでに今年も残り2ヶ月弱となりましたが、年内に選挙が行われる可能性はまだ残されています。 が、消費税の増税を受けて、その可能性は限りなく低くなったというのが大勢の見方です。 過去を振り返ってみても、消費税は時の与党にとっては逆風となっています。 導入直後の1989年には、直後の参院選で自民党は敗れました。 また、天皇陛下の即位に際してのさまざまな催しや、年末はAPEC・アジア太平洋経済協力会議の首脳会議など国際的に重要な会議もあるため、その合間に解散総選挙が行われる可能性は限られているでしょう。 年明け~2020年2月ごろ? では、来年2020年に入ってからではどうでしょうか。 7月から9月にかけては東京オリンピック・パラリンピックというビッグイベントがあるため、その前後に、それぞれ少し間をおいて行われる可能性はあります。 ただ、年明けに行われる可能性も、また高いとは言えません。 政権交代となった場合、当然オリンピック運営の引き継ぎなども行わなければならず、それに支障をきたした場合、日本のみでなく国際的なバッシングを受けるリスクもあるからです。 2020年秋、オリンピックの後? オリンピックの終了後、来年の秋~冬はどうでしょうか。 2020年のもう一つのビッグイベントである東京都知事選挙(7月予定)も終わっているため、このあたりの可能性は高いかもしれません。 効果がよければ選挙でもそれを政権の実績として掲げられますし、効果が悪ければたとえば8%への「減税」を、選挙のカードとして活用することもできます。 2021年の通常国会冒頭? 来年秋と並んで可能性が高いのは、2021年の通常国会の冒頭です。 2021年は自民党にとっても大きな転機となる年で、自民党の総裁選が9月に控えています。 自民党の規則では4選は禁じられているため、安倍現総裁の任期も最長で2021年の9月までとなります。 そして10月には衆議院議員も前回の選挙から4年がたち、任期満了となるため、それまでに動きを見せるという意味では、2021年の冒頭に総選挙を行うことは十分に考えられます。 任期満了で衆院選が行われたのは1度だけ もちろん、いつ解散総選挙を行うかは安倍首相の心ひとつにかかっています。 予想したときより遅いかもしれませんし、早いかもしれません。 ちなみに現行の憲法下において、衆議院議員の任期満了まで解散がなされなかったのは、1976年の三木武夫内閣の一度しかありません。 そうした過去から考えても、衆議院の任期途中での解散選挙が行われる可能性は、きわめて高いと言えるでしょう。

次の

衆院選・参院選一覧|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

衆院選 2019

(新型コロナウイルス感染防止による五輪延期を受けての最新の衆院選時期予測はこちらをご参照ください。 2020. 10 編集部追記 ・ ・ 次の衆院選はいつある? 前回は2017年10月に行われた衆議院解散総選挙 以下衆院選。 今年7月に行われた参議院議員選挙においては、「衆参同時選挙」のうわさもありましたが、実現はしませんでした。 では、次の衆院選はいつ行われるのでしょうか。 パターンをいくつかに分けて考えてみました。 2019年内? すでに今年も残り2ヶ月弱となりましたが、年内に選挙が行われる可能性はまだ残されています。 が、消費税の増税を受けて、その可能性は限りなく低くなったというのが大勢の見方です。 過去を振り返ってみても、消費税は時の与党にとっては逆風となっています。 導入直後の1989年には、直後の参院選で自民党は敗れました。 また、天皇陛下の即位に際してのさまざまな催しや、年末はAPEC・アジア太平洋経済協力会議の首脳会議など国際的に重要な会議もあるため、その合間に解散総選挙が行われる可能性は限られているでしょう。 年明け~2020年2月ごろ? では、来年2020年に入ってからではどうでしょうか。 7月から9月にかけては東京オリンピック・パラリンピックというビッグイベントがあるため、その前後に、それぞれ少し間をおいて行われる可能性はあります。 ただ、年明けに行われる可能性も、また高いとは言えません。 政権交代となった場合、当然オリンピック運営の引き継ぎなども行わなければならず、それに支障をきたした場合、日本のみでなく国際的なバッシングを受けるリスクもあるからです。 2020年秋、オリンピックの後? オリンピックの終了後、来年の秋~冬はどうでしょうか。 2020年のもう一つのビッグイベントである東京都知事選挙(7月予定)も終わっているため、このあたりの可能性は高いかもしれません。 効果がよければ選挙でもそれを政権の実績として掲げられますし、効果が悪ければたとえば8%への「減税」を、選挙のカードとして活用することもできます。 2021年の通常国会冒頭? 来年秋と並んで可能性が高いのは、2021年の通常国会の冒頭です。 2021年は自民党にとっても大きな転機となる年で、自民党の総裁選が9月に控えています。 自民党の規則では4選は禁じられているため、安倍現総裁の任期も最長で2021年の9月までとなります。 そして10月には衆議院議員も前回の選挙から4年がたち、任期満了となるため、それまでに動きを見せるという意味では、2021年の冒頭に総選挙を行うことは十分に考えられます。 任期満了で衆院選が行われたのは1度だけ もちろん、いつ解散総選挙を行うかは安倍首相の心ひとつにかかっています。 予想したときより遅いかもしれませんし、早いかもしれません。 ちなみに現行の憲法下において、衆議院議員の任期満了まで解散がなされなかったのは、1976年の三木武夫内閣の一度しかありません。 そうした過去から考えても、衆議院の任期途中での解散選挙が行われる可能性は、きわめて高いと言えるでしょう。

次の

2019参院選・公示日タイムライン

衆院選 2019

選挙特設ページ• 2020年7月5日投開票 都知事選のニュースはこちら。 2019年7月21日投開票 ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的に• 2019年4月 亥年選挙がスタート。 候補者の顔ぶれや開票速報、企画連載も。 2017年10月22日投開票 自民、公明両党で定数の「3分の2」を維持し、与党が大勝。 2017年7月2日投開票 小池氏支持勢力が過半数、自民は過去最低を大きく下回る23• 2016年7月31日投開票 小池百合子氏が増田氏や鳥越氏ら破り、女性初の都知事に• 2016年7月10日投開票 憲法改正に前向きな「改憲勢力」、参院全体で3分の2を超す• 2015年11月22日投開票 大阪知事に松井氏、大阪市長は吉村氏。 ともに「大阪維新の会」公認• 2015年4月 投票率、各地で最低更新 無投票も増加、空洞化示す• 2014年12月14日投開票 自公大勝、3分の2維持 「アベノミクス」継続へ• 2014年2月9日 舛添要一氏が細川護熙元首相らを破る• 2013年7月21日 自公が圧勝、過半数を獲得。 衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態が3年ぶりに解消• 2013年6月23日投開票 自公が全員当選、民主は第4党に転落• 2012年12月16日投開票 自公320議席超、民主は壊滅的敗北。 安倍政権が誕生• 2012年12月16日投開票 石原氏が突然の降板 都知事選に猪瀬直樹氏が初当選.

次の