ついていく漢字。 「ついて」の索引 1ページ目

「郁」という漢字の読み方・名のり・意味・由来について調べる

ついていく漢字

この記事の目次• 甲骨文字の誕生 中国で最初に文字をつくったのは 黄帝 こうてい に仕えていた 蒼頡 そうけつ という人物であるとされています。 蒼頡は鳥が砂場を歩いた後足跡が残っているのを見て 「この足跡を見ただけで鳥が歩いたことが推測できるということは…!」 と 閃 ひらめ いて文字を考案するに至ったそうです。 もしもこの伝説が本当ならば、 紀元前2500~2400年頃に漢字が生まれていたということになりますが、 漢字が用いられていることが名実共に確認されているのは 紀元前1300~1000年頃の殷代後期とのことです。 この漢字の名前は皆さんも聞いたことあるでしょう。 甲骨文字 こうこつもじ もしくは 亀甲獣骨文 きっこうじゅうこつもん と呼ばれています。 占いの結果を占いで使った亀の甲羅や動物の骨に 刻みつけているということからこの名が冠せられました。 次々と派生していく漢字 甲骨文字は物の形をかたどって作られた象形文字がほとんどだったようですが、 それらのものを組み合わせた会意文字や抽象的な概念を示す指示文字、 そして周代には意味を表す意符と音を表す音符とが組み合わさった形声文字が どんどん作られていくようになります。 文字も甲骨文字から青銅器などに刻まれた金文へと姿を変え、 周王朝に凋落の兆しが見え始めた頃には オタマジャクシのような形をしている 蝌蚪 とか 文字や 太史籀 たいしちゅう が考案した 大篆 だいてん が通行するように。 しかし、広い中国に同じ文字を行きわたらせる力は 既に周王朝には無かったため、春秋戦国時代には各国でオリジナルの文字が 使われるようになってしまったのでした。 始皇帝が小篆をつくる 手ごわいライバルたちを倒して戦国時代の動乱を終わらせた 秦の始皇帝 しんのしこうてい は かねてより各国で文字が違うということを問題視していたために 中華統一後は速やかに文字の統一に着手しました。 始皇帝は 李斯 りし に命じて周王朝が最後に残した権威の証ともいえる大篆を 簡便なものにアレンジさせて 小篆 しょうてん と呼ばれる文字をつくらせたのです。 この小篆は現代でも主に印鑑などで使われる書体ですから 皆さんにとっても馴染み深いものですよね。 文字はますます簡便化する 隷書が通行するようになって文字の問題も一件落着したわけですが、 人間と言うのは昔から 「もっと楽したい」と願ってしまう生き物らしく、 文字の簡便化はますます進んでいったのでした。 アルファベットの筆記体よろしくますます手で書くのに適した姿に 変化を遂げていった漢字は、後漢を過ぎると現代私たちが使っている 楷書体 かいしょたい や行書体、草書体で書かれるようになったということです。 そして更に時が過ぎ、中華人民共和国では簡体字が制定されます。 「これはちょっと簡略化しすぎじゃない?」 というものも中にはありますが、 手書きで書くときにこれほど便利な漢字は無いので 正直ときどきうらやましくなりますね。 三国志ライターchopsticksの独り言 ひとえに漢字といっても、その姿は時代によって全く異なるものです。 そのために中国では一昔前の文字を読み解く努力が 早い段階からなされていました。 彼らが文字にかけた情念には並々ならぬものを感じます。 皆さんもたまには漢字に思いを馳せ、そのルーツを探ってみてはいかがでしょうか?.

次の

豆知識!漢字の「仔犬」と「子犬の表記に違いはあるの?教えて!

ついていく漢字

漢字「郁」の意味 良いにおいがする。 あたたかい。 漢字「郁」の由来 右手、肉、座ってくつろぐ人の様子と特定の場所を示す文字を組み合わせてできた漢字。 漢字「郁」のイメージ 字形的にも意味的にも上品で洗練された印象を受ける漢字。 名のりも男女ともに名前向きで使用しやすい。 馥郁(ふくいく):良い香りのただようさま。 郁文(いくぶん):文化の程度が高いさま。 郁穆(いくぼく):やわらいで美しいさま。 荒井郁之助(あらいいくのすけ):明治時代の気象技術官僚。 日本初代中央気象台長となった人物。

次の

漢字はいつ生まれてどのように変化を遂げていったのか?

ついていく漢字

キャベツの漢字について 今回お伝えしていくのは、 キャベツの漢字についてです。 これ、意外なほど知られていないんですよね。 だって、あの キャベツですよ? サラダの定番であり、鍋に入れても美味しい野菜。 ロールキャベツやコールスロー、千切りにして揚げ物の相棒としても食卓に現われます。 正直、 食べない日はないんじゃないか?と言うほどの出現率を誇るこの定番野菜。 ですが、その漢字については、メジャーすぎるその知名度と比べると本当に知られていません・・・ 当然 キャベツにも漢字があります。 しかも、想像以上の難読漢字であり、キャベツのイメージとはちょっとかけ離れた文字です。 一体なぜこんな漢字がついたのか、どんな由来があるのか・・・ 今回は、 キャベツの漢字に的を絞って、色々とみていきたいと思います。 良いですか? ・ ・ ・ ・ ・ どうでしょうか。 なんとなく、 「これかな?」 というものは浮かんできましたか。 というか、私がそうです(笑) では 一体なぜこのような漢字になったのでしょうか。 またその意味は一体どういったものなのか・・・ 更に詳しく、キャベツの漢字の謎に迫っていきたいと思います。 漢字の意味はこれ! キャベツの漢字の意味は一体どういったものなのでしょうか。 分解すると 【甘】 【藍】 の2文字になりますよね。 実は甘藍、 中国語名なんです! ちなみに読み方は• 中国語で【ピンイン】• 日本語では【かんらん】 だそうです。 意味は、 葉牡丹 となります。 中国語読みだったとは・・・それなら、この難しさにも、私達が読めないのにもなんとなく合点がいきますね。 ・・・が、実はここにキャベツの歴史を紐解く鍵があったのです!! 食用のキャベツに何故葉牡丹を意味する【甘藍】の漢字が使われるようになったのか・・・ その答えを見ていきます。 その由来は・・・ 食用であるキャベツに、 何故葉牡丹を意味する甘藍の漢字がついたのか。 その由来は、 キャベツが最初に日本に入ってきたときの用途にあります。 実はキャベツ、江戸時代には既にオランダから入ってきていたのです。 ちなみに、【キャベツ】という発音は、 英語のcabbageに由来します。 この時のキャベツは、まだ今のような球形ではなく、そもそも 食用ですらなかったのです!! では一体何だったのかと言いますと・・・ 観賞用 です。 実際、最初に入ってきたキャベツの形は、 今の葉牡丹にきわめて近い形をしていたそうです。 そんな観賞用の野菜であったキャベツがが食べられるようになったのは、明治時代初期のこと。 今と同じ結球型(葉っぱが折り重なって玉のように見える形)のキャベツが江戸時代末期に輸入され、徐々に浸透。 玉菜(たまな)と呼ばれるようになり、 明治のはじめ頃には日本国内でも栽培されるようになっていったのです。 これで、納得がいきました。 当時は観賞用の野菜として入ってきたキャベツに当てた漢字こそ、葉牡丹を意味する 【甘藍】だったというわけです。 今回は、 キャベツの漢字について、その 漢字表記や意味・由来を詳しく解説していきました。 もう一度書いておきますと、キャベツの漢字は 甘藍 です! 葉牡丹を意味する中国語となっています。 ちなみに、先程少し紹介した 玉菜(たまな)も、同じくキャベツを意味する漢字ですので、こちらも正しい漢字となります。 今でこそ美味しい野菜として私達の口に入っているキャベツが、当時は 観賞用だったとは・・・ 漢字を紐解いていくと、本当に色々なものが見えてきます。

次の