千と千尋の神隠し 舞台。 千と千尋の神隠し

【九份】「千と千尋の神隠し」の舞台となった台湾のレトロな街

千と千尋の神隠し 舞台

もくじ• 積善館の行き方 車の場合は、高速道路で「渋川伊香保IC」か「月夜野IC」で降りて向かうと良さそうです。 (このページの下にGoogleマップもあります) 東京駅から四万温泉行きの直行バスも出ているそうですよ。 積善館の体験レポート 「千と千尋の神隠し」の世界が目の前に! 「積善館」は「千と千尋の神隠し」の湯屋「油屋」のイメージモデルのひとつになったそうですね。 本当に映画の中のようでファンタスティック! 「積善館」は日帰り入浴もできますが、夜のライトアップも美しいので宿泊もおすすめです。 歴史を感じることができる本館のお部屋へ宿泊 本館のお部屋からは「積善館」のシンボルとも言える赤い橋や、元禄時代に建てられた木造湯宿建築を眺めることができました。 本館のお部屋にはトイレが付いていないので共同ですが、とても新しくおしゃれです。 歴史ある古い建物ですが、館内は綺麗に手入れされています。 写真のように小さな看板の横に階段があります。 先ほどの看板は2階ですが、岩風呂の位置は階段を降りて1階のようです。 階段を降りると脱衣所の前にパスワード入力のロックがあります。 女性専用の時間以外は解放されています。 男女で仕切られた脱衣所から浴室へ。 大きな岩風呂の湯船は二つに仕切られています。 昔の銭湯のような雰囲気かもしれません。 浴槽の目の前が脱衣所で、磨りガラス越しに人が来たのがわかるのでちょっとドキドキします。 有名な「元禄の湯」へ! 男女別の内湯「元禄の湯」は本館の入口の横からすぐです。 本館の入口も良い雰囲気。 一旦外に出て「元禄の湯」へ。 ここで飲泉もできます。 さていよいよ入ってみましょう。 大正モダンなホールの造りが素敵! 写真は朝一番。 まだ夜明けの薄暗いブルーのアーチ窓。 徐々に明るくなってきました。 男女別の浴室ですが、隣は男湯で上が開いているので広く感じました。 新しくリニューアルされた「佳松亭」にある露天風呂 本館から「佳松亭」へ行くには、間にある「山荘」の中の「浪漫のトンネル」を通ります。 どこか遠くから温泉の落ちる音がピチャ…ピチャ…と聞こえる不思議なトンネル。 暖かいロマンティックなトンネルです。 露天風呂は森の中で素敵でした。 こちらも男女別です。 露天風呂の隣には大浴場があるのでここで洗髪すると良いです。 日帰り入浴では利用ができません。 積善館のお食事 夕食のワンショット。 上品に盛り付けられて、とっても美味しかったです。 朝食は、段々になったお重に入っていておしゃれで豪華でした! 朝の積善館 朝のお風呂上がりに「積善館」の周辺をお散歩しました。 明るい時に見る「積善館」も、鮮やかで素晴らしかったです。 「積善館」はとても広く迷路のような造りになっているので、本当にお伽話に出てくるような旅館でした。 「千と千尋の神隠し」の舞台と言われているので若いカップルも多かったです。 積善館の動画 昼間も夜も美しく、元禄時代へ遡ることができるお部屋。 ぜひ日常から離れてゆっくりと泊まってみてくださいね。 今回私が宿泊したのは歴史あるこちらの本館です リニューアルされた佳松亭は露天風呂付き客室もあります 積善館の詳細情報 混浴STYLE 総合評価 4. キーワード• カテゴリー• まとめ• ニュース• 北海道• 和歌山県• 大分県• 宮城県• 山形県• 山梨県• 岐阜県• 岡山県• 岩手県• 旅行記• 栃木県• 沖縄県• 混浴ブログ• 熊本県• 神奈川県• 福島県• 群馬県• 長野県• 静岡県• 温泉の情報• 24時間混浴• ネット予約できる• バスタオル禁止• 共同浴場• 屋根付き• 山が見える• 川が見える• 旅館(宿泊可能)• 日帰り温泉あり• 日本秘湯を守る会• 時間制• 水着OK• 海が見える• 湯浴み着あり• 源泉かけ流し• 無色透明•

次の

千と千尋の神隠しの温泉の舞台モデルやロケ地はどこ?アニメ聖地巡礼をしてみよう!

千と千尋の神隠し 舞台

もくじ• 積善館の行き方 車の場合は、高速道路で「渋川伊香保IC」か「月夜野IC」で降りて向かうと良さそうです。 (このページの下にGoogleマップもあります) 東京駅から四万温泉行きの直行バスも出ているそうですよ。 積善館の体験レポート 「千と千尋の神隠し」の世界が目の前に! 「積善館」は「千と千尋の神隠し」の湯屋「油屋」のイメージモデルのひとつになったそうですね。 本当に映画の中のようでファンタスティック! 「積善館」は日帰り入浴もできますが、夜のライトアップも美しいので宿泊もおすすめです。 歴史を感じることができる本館のお部屋へ宿泊 本館のお部屋からは「積善館」のシンボルとも言える赤い橋や、元禄時代に建てられた木造湯宿建築を眺めることができました。 本館のお部屋にはトイレが付いていないので共同ですが、とても新しくおしゃれです。 歴史ある古い建物ですが、館内は綺麗に手入れされています。 写真のように小さな看板の横に階段があります。 先ほどの看板は2階ですが、岩風呂の位置は階段を降りて1階のようです。 階段を降りると脱衣所の前にパスワード入力のロックがあります。 女性専用の時間以外は解放されています。 男女で仕切られた脱衣所から浴室へ。 大きな岩風呂の湯船は二つに仕切られています。 昔の銭湯のような雰囲気かもしれません。 浴槽の目の前が脱衣所で、磨りガラス越しに人が来たのがわかるのでちょっとドキドキします。 有名な「元禄の湯」へ! 男女別の内湯「元禄の湯」は本館の入口の横からすぐです。 本館の入口も良い雰囲気。 一旦外に出て「元禄の湯」へ。 ここで飲泉もできます。 さていよいよ入ってみましょう。 大正モダンなホールの造りが素敵! 写真は朝一番。 まだ夜明けの薄暗いブルーのアーチ窓。 徐々に明るくなってきました。 男女別の浴室ですが、隣は男湯で上が開いているので広く感じました。 新しくリニューアルされた「佳松亭」にある露天風呂 本館から「佳松亭」へ行くには、間にある「山荘」の中の「浪漫のトンネル」を通ります。 どこか遠くから温泉の落ちる音がピチャ…ピチャ…と聞こえる不思議なトンネル。 暖かいロマンティックなトンネルです。 露天風呂は森の中で素敵でした。 こちらも男女別です。 露天風呂の隣には大浴場があるのでここで洗髪すると良いです。 日帰り入浴では利用ができません。 積善館のお食事 夕食のワンショット。 上品に盛り付けられて、とっても美味しかったです。 朝食は、段々になったお重に入っていておしゃれで豪華でした! 朝の積善館 朝のお風呂上がりに「積善館」の周辺をお散歩しました。 明るい時に見る「積善館」も、鮮やかで素晴らしかったです。 「積善館」はとても広く迷路のような造りになっているので、本当にお伽話に出てくるような旅館でした。 「千と千尋の神隠し」の舞台と言われているので若いカップルも多かったです。 積善館の動画 昼間も夜も美しく、元禄時代へ遡ることができるお部屋。 ぜひ日常から離れてゆっくりと泊まってみてくださいね。 今回私が宿泊したのは歴史あるこちらの本館です リニューアルされた佳松亭は露天風呂付き客室もあります 積善館の詳細情報 混浴STYLE 総合評価 4. キーワード• カテゴリー• まとめ• ニュース• 北海道• 和歌山県• 大分県• 宮城県• 山形県• 山梨県• 岐阜県• 岡山県• 岩手県• 旅行記• 栃木県• 沖縄県• 混浴ブログ• 熊本県• 神奈川県• 福島県• 群馬県• 長野県• 静岡県• 温泉の情報• 24時間混浴• ネット予約できる• バスタオル禁止• 共同浴場• 屋根付き• 山が見える• 川が見える• 旅館(宿泊可能)• 日帰り温泉あり• 日本秘湯を守る会• 時間制• 水着OK• 海が見える• 湯浴み着あり• 源泉かけ流し• 無色透明•

次の

【九份】「千と千尋の神隠し」の舞台となった台湾のレトロな街

千と千尋の神隠し 舞台

もくじ• 積善館の行き方 車の場合は、高速道路で「渋川伊香保IC」か「月夜野IC」で降りて向かうと良さそうです。 (このページの下にGoogleマップもあります) 東京駅から四万温泉行きの直行バスも出ているそうですよ。 積善館の体験レポート 「千と千尋の神隠し」の世界が目の前に! 「積善館」は「千と千尋の神隠し」の湯屋「油屋」のイメージモデルのひとつになったそうですね。 本当に映画の中のようでファンタスティック! 「積善館」は日帰り入浴もできますが、夜のライトアップも美しいので宿泊もおすすめです。 歴史を感じることができる本館のお部屋へ宿泊 本館のお部屋からは「積善館」のシンボルとも言える赤い橋や、元禄時代に建てられた木造湯宿建築を眺めることができました。 本館のお部屋にはトイレが付いていないので共同ですが、とても新しくおしゃれです。 歴史ある古い建物ですが、館内は綺麗に手入れされています。 写真のように小さな看板の横に階段があります。 先ほどの看板は2階ですが、岩風呂の位置は階段を降りて1階のようです。 階段を降りると脱衣所の前にパスワード入力のロックがあります。 女性専用の時間以外は解放されています。 男女で仕切られた脱衣所から浴室へ。 大きな岩風呂の湯船は二つに仕切られています。 昔の銭湯のような雰囲気かもしれません。 浴槽の目の前が脱衣所で、磨りガラス越しに人が来たのがわかるのでちょっとドキドキします。 有名な「元禄の湯」へ! 男女別の内湯「元禄の湯」は本館の入口の横からすぐです。 本館の入口も良い雰囲気。 一旦外に出て「元禄の湯」へ。 ここで飲泉もできます。 さていよいよ入ってみましょう。 大正モダンなホールの造りが素敵! 写真は朝一番。 まだ夜明けの薄暗いブルーのアーチ窓。 徐々に明るくなってきました。 男女別の浴室ですが、隣は男湯で上が開いているので広く感じました。 新しくリニューアルされた「佳松亭」にある露天風呂 本館から「佳松亭」へ行くには、間にある「山荘」の中の「浪漫のトンネル」を通ります。 どこか遠くから温泉の落ちる音がピチャ…ピチャ…と聞こえる不思議なトンネル。 暖かいロマンティックなトンネルです。 露天風呂は森の中で素敵でした。 こちらも男女別です。 露天風呂の隣には大浴場があるのでここで洗髪すると良いです。 日帰り入浴では利用ができません。 積善館のお食事 夕食のワンショット。 上品に盛り付けられて、とっても美味しかったです。 朝食は、段々になったお重に入っていておしゃれで豪華でした! 朝の積善館 朝のお風呂上がりに「積善館」の周辺をお散歩しました。 明るい時に見る「積善館」も、鮮やかで素晴らしかったです。 「積善館」はとても広く迷路のような造りになっているので、本当にお伽話に出てくるような旅館でした。 「千と千尋の神隠し」の舞台と言われているので若いカップルも多かったです。 積善館の動画 昼間も夜も美しく、元禄時代へ遡ることができるお部屋。 ぜひ日常から離れてゆっくりと泊まってみてくださいね。 今回私が宿泊したのは歴史あるこちらの本館です リニューアルされた佳松亭は露天風呂付き客室もあります 積善館の詳細情報 混浴STYLE 総合評価 4. キーワード• カテゴリー• まとめ• ニュース• 北海道• 和歌山県• 大分県• 宮城県• 山形県• 山梨県• 岐阜県• 岡山県• 岩手県• 旅行記• 栃木県• 沖縄県• 混浴ブログ• 熊本県• 神奈川県• 福島県• 群馬県• 長野県• 静岡県• 温泉の情報• 24時間混浴• ネット予約できる• バスタオル禁止• 共同浴場• 屋根付き• 山が見える• 川が見える• 旅館(宿泊可能)• 日帰り温泉あり• 日本秘湯を守る会• 時間制• 水着OK• 海が見える• 湯浴み着あり• 源泉かけ流し• 無色透明•

次の