テラキオン 入手。 【ポケモン剣盾】テラキオンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

テラキオン (てらきおん)とは【ピクシブ百科事典】

テラキオン 入手

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし テラキオンの進化系統.

次の

【ポケモンGO】テラキオンの色違いとおすすめ技&弱点

テラキオン 入手

最先端のモバイルARと、世代を超えて人気のポケットモンスターが融合したポケモンGO。 久々にポケモンを遊ぶ元トレーナーや、これが初めてのポケモンゲームというかたに向けて、要点だけをまとめた大人向け「ポケモン図鑑」です。 今回はイッシュ地方の伝説のポケモン「テラキオン」。 639 テラキオン 全国図鑑番号: No. 639 イッシュ地方・第五世代 初出:『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』 ニンテンドーDS 2010年 分類:がんくつポケモン 英語名:Terrakion 図鑑の解説「伝説で語られるポケモン。 ポケモンを守るため自慢のパワーで城を壊した。 エスパータイプのわざに統一したミュウツーや、はがねタイプの技で統一したメタグロスがおすすめ。 ほかにも、雨の日はさらにパワーアップするカイオーガや、曇りならさらにブーストするカイリキーなど。 幻のポケモンなのでなかなか育成している人はいないと思われますが、ジラーチもはがね・エスパータイプのため活躍します。 テラキオンのバトル評価:優 種族値が平均的に高く、なかでも攻撃力に優れた使いやすいバランスです。 アタッカーとしては、「かくとう」タイプのノーマルアタックを持っていないため、かくとうタイプでは活躍しづらいものの、「うちおとす」と「いわなだれ」のいわタイプアタッカーとして優秀。 いわタイプには、ラムパルドやバンギラスが強アタッカーとして君臨していますが、ラムパルドは育成が非常に困難なのと、バンギラスが「いわなだれ」を覚えれるのはコミュニティ・デイ限定であることを考えると、伝説レイドで確実にアメが集められるテラキオンは活躍の機会もあります。 ただし弱点が多いのでとりあえず出すといった使い方には向いていません。 ざっくり言うと「ばつぐん!」が約1. 2タイプで両方が弱点 二重弱点 の場合は約2. 例:「こおり・ひこう」のフリーザーに対して「いわ」で攻撃 耐性は「いまひとつ」が約0. 63倍。 「効果がない」はポケモンGOでは約0. 4倍に軽減されるもののダメージが通ります。

次の

【ポケモン剣盾】テラキオンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

テラキオン 入手

相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が場を離れると効果は消える。

次の