足 赤い 斑点。 ダニに刺された時の症状の見分け方|家の中の虫刺され【皮膚の画像あり】

脚に赤い斑点が現れる原因

足 赤い 斑点

知らず知らずのうちに足に赤い斑点が出来ていたことはありませんか?身に覚えのない症状だと急に不安になったり、「何かの病気かも?」と心配になる人もいると思います。 赤い斑点が出来てしまう症状に合わせて、痒みが発生している場合や痛みが発生したり、むくみが発生しているなど、いくつかの症状によってなんの問題が足に発生しているのかを判断することが出来ます。 今回はこの足の赤い斑点について、症状と症状ごとの原因を詳しくまとめました。 少しでも心配な人はぜひこの記事を読んで、不安の解消の参考にしてみてください。 発生している症状ごとに対策法や解消法についても紹介していますので、症状の改善法を知って慌てずに適切に症状を治療していきましょう。 早く症状を改善し、慢性的な問題に発展しないようにしていきましょう。 この記事の目次• 足に赤い斑点ができるのは? 足に赤い斑点が発生しいるときは、何かしらのトラブルが起きている可能性があります。 その他の症状だったり、原因をしっかり判明させて適切に対処する必要があります。 早い段階であれば、症状が進行する前に治療することが出来ますが、すぐ治るだろうと思い込んでしまって放置してしまうと、取り返しのつかない事態になる場合もあります。 まず足に斑点が発生してしまった場合は症状の状態や原因について明確にしていき、自己治療を行うのか、病院に行くのかを素早く判断しましょう。 病院へ行く場合は、皮膚科で診てもらうのが良いですが、近くにない場合は総合病院へ行くようにしてください。 経過観察を行う場合は3日〜1週間以内の観察で、また病院にかかるかの判断をすることが望ましいでしょう。 症状が軽くとも体内に原因がひそんでいる場合は、小さな自覚症状でも大きな問題が体内で発生していて、どんどん進行していってしまう可能性があります。 注意しましょう。 足に赤い斑点が発生する病気 ではさっそく、足に赤い斑点が現れる症状のある病気を紹介します。 その他の症状と合わせて確認して、適切な対処をとるようにしてください。 心当たりのある原因から病気を特定してみましょう。 病気の可能性がある場合には早めに病院を受診し治療を行っていきましょう。 うっ血性皮膚炎 うっ血性皮膚炎というのは、 下半身の血流が悪くなることが原因で起こる病気です。 症状としては主に足首から膝にかけて、 むくみや皮膚が赤くなったりします。 特に 長時間の立ち仕事をされる方や、中高年の女性に多く見られる病気 皮膚炎 です。 血液の循環が悪い人もこの病気にかかることがあるので、そのような人は注意が必要です。 たまにかゆみが出てくるケースもあり、進行していくと次第に楕円形の紅斑がいくつも現れ大きくなっていきます。 決してかゆみが出るわけではないので、かゆみだけで病気を判断することはしないで下さい。 ・対策方法 予防策として、血流の流れを良くすることが大切なので、マッサージをしたり、女性の方でしたらむくみ解消用のストッキングを着用するなどしましょう。 しかしこれらはあくまでも予防策なので、このような症状を感じたらすぐに専門の医師に相談しましょう。 溶連菌感染症 溶連菌感染症は手の指、手のひら、腕などに発生しやすい湿疹に似ている症状になりますが、足に発生してしまう場合もあります。 皮膚の変化としては、表面のザラザラ感や乾燥、皮がごわつく、皮が向けるなどの症状が引き起こります。 この症状は子供に発生しやすい症状で日本の様な湿気の多い地方に多く発生しやすい病気でもあります。 発生しやすい季節としては12〜3月の乾燥しやすい時期に発生しやすく、夏場には発生しにくい傾向があります。 特に発症する年代としては4歳頃のお子さんから小学生までの子供になります。 家族間での感染も多く発生していて、子供の看病をしている内に大人に感染してしまうことも多くあります。 溶連菌感染症に感染してしまった場合、これらの皮膚症状だけでなく、喉や粘膜への菌の感染で発熱や喉の痛み、リンパの腫れ、中耳炎、舌が赤く染まりブツブツが発生する苺舌などの症状を併発してしまうことが特徴的です。 発疹には痒みを伴う場合があります。 足に症状が発生している場合は足の甲や足首、足の指に症状が認められ、更にふくらはぎや太ももに広がっていきます。 目に見えるこれらの症状が確認された場合は溶連菌感染症の可能性がありますので、皮膚科や内科での診断を行いましょう。 対処法 感染が行われてから2〜3日後ほどに症状が発生するする様になります。 まずは症状が確認され熱や皮膚症状が現れた段階で病院での検査をして治療を始めることで早めに症状を回復させることが出来ます。 抗生物質を飲むことで簡単に菌をなくして、治療することが出来るので、病院での治療が最も効果的です。 発疹などが発生している場合には抗生物質の他に軟膏などの皮膚用の塗り薬が処方される場合もあるでしょう。 発疹が発生している場合は、通学や通園などは控えさせたほうがいいでしょう。 子供間で感染してしまう危険性がありますので休みを取りましょう。 風邪のような症状だと甘く見て長期間症状を放置してしまうとしてしまうと皮膚症状が強くなり、完治までの期間が長くなります。 溶連菌感染症の症状は個人差が強く、自然治癒してしまう場合もありますが、腎炎などの症状に繋がってしまう可能性もあり、高い危険性が潜んでいる場合もありますので病院での治療が最も安全で確実でしょう。 単純性紫斑病 単純性紫斑病 たんじゅんせいしはんびょう とは、 手足に米粒大の大きさの点状の出血斑が現れる病気です。 20代の女性に多く見られ、詳しい原因はわかっていません。 一説では、疲労や毛細血管が弱かったり、月経などが関係しているとも言われています。 紫斑病にはいろんな種類のものがありますが、一般的に症状として現れる紫斑病はこの単純性紫斑病が多いです。 症状として、かゆみや痛みが全くありません。 ふっくらと膨れ上がることもなく、ただ出血斑が現れるというものです。 特に何かにぶつけた記憶はないのに主に四肢や臀部に紫斑が現れ、色素沈着が起こる場合もあります。 ・対処方法 普通は特に処置をしなくても、数週間もあれば自然に紫斑が消えてなくなります。 比較的心配しなくてもよい病気と言えるでしょう。 もしどうしても気になる場合は病院に行ってみましょう。 血管を強くするビタミンCの薬を服用してくれます。 注意すべき項目として、激しい運動などは控えたほうがいいでしょう。 過度な運動は血管に負担をかけてしまい、紫斑が更に酷くなってしまう事があります。 一度症状が回復してもぶり返してしまうことも多く、血管を丈夫にするためにしっかり栄養を摂取して体調を整える必要があります。 ピロリ菌を除去することで発生頻度を押さえることも可能です。 血小板が少なくなってしまうことで発生してしまう(血小板減少性紫斑病)こともあるのでピロリ菌を除菌すれば血小板が増加し正常な値になるのでこの問題が発生しにくくなります。 アレルギー性紫斑病(アレルギー性紫斑症) アレルギー性紫斑とは 主に5歳から15歳ぐらいの子供に多い病気です。 別名アナフィラクトイド紫斑病やヘノッホ・シェーンライン紫斑病などとも呼ばれています。 血管が炎症を起こしてしまい、血液が漏れることにより紫斑ができます。 傾向として、男の子の方に多く発症されることが確認されています。 発症者の男女比は2:1となっています。 初期症状として手足や臀部などに青紫色のあざが出てきます。 数日経つとそのあざが盛り上がってきて次第に硬くなってきます。 その後、関節痛や神経症などの症状が見られるようになり、次々とあざが増えていきます。 小児患者の場合は関節痛も合わせて発症してしまう事もあります。 腎臓病を併発してしまう可能性もありしっかり治療して言うことが重要になります。 食物や薬物からのアレルギー反応で腸内にむくみなどの症状は発生した場合には皮膚症状よりも前に腹痛を強く感じることがあります。 潜伏期間が1週間ほどあり、感染が発生してから1〜3週間後に症状が発生するようになります。 ・対処方法 この アレルギー性紫斑は「あれ、おかしいな」と思ったらすぐに病院に行って専門医に診てもらうようにしましょう。 必要のない場合は自然に治っていきますが、場合によってはステロイドなどの投与が必要です。 腸や腎臓の血管が出血すると血便や血尿の症状がみられるので、そのような症状が出たら早めに診てもらうことをお勧めします。 急性期には運動制限などが必要になります。 治るのに数ヶ月かかることもあり、再発の可能性もある病気なので注意が必要です。 しっかり経過を診て、しっかり治すことに専念しましょう。 蕁麻疹 蕁麻疹の可能性もあります。 蕁麻疹は 突然かゆみとともに全身、または体が赤くなって盛り上がり腫れたようになる病気です。 症状としては患部がムズムズしたり、チクチクしたりを繰り返し不快感を感じます。 原因としては食べ物や薬、植物や昆虫などのアレルギーが挙げられます。 他にもストレス、細菌、ウイルスなども原因として考えられます。 特にアレルギー症状では免疫力が低下している場合に普段はなんら平気な物質に対しても許容量がすぐいっぱいになってしまうことで症状を発症してしまう場合もあります。 ・対処方法 蕁麻疹は自然に治る病気ですが、ここで注意してほしいのはアレルギーの原因をしっかり突き止めることです。 ここで原因がはっきりしないと自分になんのアレルギーがあるのか分からないまま生活することになり、再発の可能性があります。 また、蕁麻疹で済めばいいですが、中には呼吸困難になったりするようなアレルギー反応もあるので原因をきちんと判明させておきましょう。 蕁麻疹などの症状は比較的アレルゲンに接してから早い段階で発症しやすく、アレルゲンを摂取したり触れることで1〜4時間以内に症状を発症するケースが多くなっています。 アレルギー性の湿疹などは痒みが強く発生しますがかかないことも対策の一つになります。 掻きむしってしまうことで皮膚症状が悪化してしてしまうので冷やすなどして対策したほうが有効になります。 蕁麻疹を発生させるアレルゲン アレルギーを発症してしまう代表的なものについて知っておきましょう。 症状を発症しやすい物質について紹介します。 これらの物を直近に摂取したり触れたりしていないか確認してみてください。 アレルゲンとなる代表的な食品 そば、たまご、乳製品、ナッツ類、小麦、あじ、鯖、甲殻類、肉類、果物類(もも、キウイ)、食品添加物 特にそば、卵、ナッツ類、乳製品、小麦は症状を引き起こしやすいものになります、重症化しやすい性質もありますので要注意です。 呼吸性のアレルゲン 花粉、ハウスダスト(ほこり)、ダニ、動物の毛や羽根、虫の鱗粉など 薬物でのアレルゲン 非ステロイド炎症鎮痛剤(NSAID)、抗生剤・ペニシリン系抗生物質、アセチルサリチル酸製剤などがあります。 皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹とは 肌が乾燥した状態で掻いてしまうと湿疹になってしまう皮膚の病気です。 足の場合は主に太ももやスネにかけて激しいかゆみが現れ、粉を吹いたようなカサカサした亀裂が入ることもあります。 皮膚が乾燥しやすい高齢者の方に多くも見られる病気です。 ・対処方法 治療法としては皮膚の乾燥を塗り薬で抑えることが第一となります。 また、かゆみがひどい場合には抗ヒスタミン剤を服用するケースもあります。 皮膚の乾燥を抑えるためにボディークリームやローションなどを使用して症状を予防することも有効な方法になります。 特に足の乾燥が発生しやすいのはスネの部分になります。 スネはすぐ下が骨になっていて皮膚が薄い部分ですので乾燥しやすい傾向があります。 入浴で温めるのもいいですが、熱すぎるお湯に入っている人は逆に乾燥を招いていしまっている可能性もあります。 40度以上のお湯では毛穴を開きすぎてしまい乾燥してしまう原因になりますので、注意しましょう。 脱毛、血行不良、冷え、日焼けなどが主な原因になりますのでこれらの原因を予防して対策していくことが有効でしょう。 ダニ ダニに噛まれた場合も赤い斑点ができます。 ダニの場合は一週間ほどかゆみが続き、噛まれた箇所に赤い斑点ができます。 ダニは一年中布団の中に生息しているので、特にこの時期に発症するというのはありません。 アレルギー性の湿疹などを引き起こす可能性もある害虫になります。 アレルギーの場合には基本的にはダニの死骸によって引き起こされますが、大きめの出来物や腫れなどが発生している場合は噛まれてことによる症状の可能性が高いでしょう。 ・対処方法 自然に治るので我慢すれば問題ないですが、かゆみが気になる人は病院に行きましょう。 布団やマットなどを洗濯・クリーニングに出したりこまめに干すことによって、ダニはだいぶ少なくなります。 普段からの予防が何より大切です。 干すことが中々出来ない場合はレイコップなどの布団用の掃除機などを使用すると、それでもダニやホコリなどを軽減することが出来て、問題を軽減することが出来るでしょう。 肌カビ 症状としてかゆみがあり、毛穴が盛り上がって周りが赤くなります。 この原因は マラセチア菌と呼ばれる菌が原因です。 カビと聞くと少し嫌な感じがしますが、この菌は誰の皮膚にでもいるいわゆる「常在菌」と呼ばれるものなので気にする必要はありません。 この病気は 汗がたまりやすいところできる傾向があります。 汗をかいたらしっかりその都度拭くことが何よりの予防になります。 拭かずに自然乾燥させるとカビが次第に広がる原因になるので注意が必要です。 また、お風呂で肌を強くゴシゴシ洗ってしまうのも肌カビにかかってしまう危険性をあげてしまう行為です。 適度な力加減で洗うように心がけましょう。 対処法 肌カビの対処法としては肌の状態を常に正常な酸性の状態に保つことが重要でしょう。 常在菌からの感染を防ぐために肌は常に酸性の状態を維持しています。 しかし石鹸などで体を洗いすぎることで表面がアルカリ性に近づき常在菌からの感染が発生しやすい環境になってしまう可能性が高まります。 もし症状が既に発生してしまっている場合は抗菌タイプのボディーソープを使用し、菌を除菌していきましょう。 商品が手元に届くまでは石鹸で洗いすぎないこと、蒸れを防ぐ、脂っこい食事を控えるなどを心がけて行きましょう。

次の

足に赤い斑点で内出血があっても痒くない場合はどんな病気なの?

足 赤い 斑点

皮膚の赤い斑点って? 手足や下腿にやけどのような赤い水ぶくれのような斑点が出来てきたら、「糖尿病性水疱」の疑いがあります。 糖尿病患者が真菌という菌(カビの一種)に感染することで引き起こされる症状です。 画像1 放置しておくと、水疱の出来た部分に血液が回らなくなり壊死し、最悪足の切断に至ってしまいます。 糖尿病患者は神経の感覚が鈍くなっているので、気づかずに悪化していたというパターンも例外ではありません。 診断については、まず糖尿病の診断がされていない人は血糖値の検査を行います。 血糖値の検査で糖尿病と判明したら、糖尿病性水疱の診断は皮膚科医が行います。 治療は食事制限を行い糖尿病の治癒を目指します。 糖尿病の症状が治療できれば、自然と水疱も小さくなり治っていきます。 他の皮膚病との違いって? 肝臓病の皮膚病 肝臓病の皮膚病は、皮膚表面にはに目立った異常がみられないのですがかゆみがあります。 肝臓病での皮膚疾患の特徴は、皮膚表面には異常がないように見えるが全身がかゆい、薬が効きにくいといったものがあります。 また、肝臓病の場合は「黄疸(おうだん)」といって、皮膚が黄色あるいは黄褐色になる症状も現れます。 画像2 皮膚ガンにおける症状 皮膚ガンの場合、ほくろのような黒い斑点が特徴です。 これを悪性黒色腫(メラノーマ)と言います。 メラノサイトという色素細胞、ほくろの細胞ががん化することによって出来ます。 画像3 初期の場合はほくろとの見分けが難しいです。 次第に大きくなり、固いしこりがでてきます。 発生部位は足の裏が最も多く、胴体や顔、爪などに発生する場合もあります。 治療は切除手術や薬物療法、放射線療法によって行います。 普通の水ぶくれ(水疱) 普通の水ぶくれはやけどや靴ずれなどで皮膚が損傷した時にできます。 やけどや靴ずれの程度によっては痛みが著しく生じます。 やけどの患部を冷やしたり家庭用の薬を塗る、絆創膏を貼るなどの処置を行います。 症状が重い場合は医師の判断でステロイド剤を塗ったり、ビタミンAの内服、レーザー治療のいずれかで治療を行います。 画像4 他にもある糖尿病患者の皮膚病 糖尿病性水疱以外にも、皮膚の合併症はいくつかあります。 リポイド類壊死症(るいえししょう) 黄色っぽい光沢のある斑点が下腿にできます。 糖尿病によって小さな血管が障害を起こすことによってできます。 画像5 スポンサーリンク 糖尿病性壊疽(えそ)および潰瘍(かいよう) 壊疽は皮膚の組織が腐ってしまう状態、潰瘍は皮膚の一部がただれたり凹んだりしている状態です。 患部は主に足部になります。 小さな外傷、熱傷、水虫、靴ずれなどがきっかけで起こり、最悪の場合は足の切断をしなければなりません。 画像6 皮膚そう痒症 特に陰部に陰部そう痒症(いんぶそうようしょう)が生じます。 皮膚になにも変化はありませんが、かゆみを生じます。 皮膚感染症 足白癬(あしはくせん)、皮膚カンジダ症、その他細菌感染症があります。 画像7 足白癬 これらの症状も含めてどのように予防していったらいいのでしょうか? 次を見てみましょう。 皮膚病の予防方法は? まず、ひどくなる前に症状に気づくことが大切です。 患者自身で気づかなくても、家族が気づいて指摘してあげましょう。 また感染を防ぐためにも、皮膚に傷がつかないように注意しましょう。 糖尿病になると抵抗力が弱まり菌に感染しやすくなります。 上記のような水疱以外の皮膚病になる可能性もありますので、ちょっとした傷や痛み、かゆみを見逃さず、適宜医師に相談できるようにしましょう。 そして根本の原因である糖尿病の治療も怠らず、体調管理に気をつけていきましょう。 この記事の画像は下記のサイト様より引用させて頂きました。 画像1,3,5,6,7 画像2 まとめ ・赤い斑点は糖尿病性水疱。 ひどくなると壊疽してしまう。 ・肝臓病はかゆみはあるが皮膚の変化はない。 皮膚ガンの場合は皮膚が黒くなる。 やけどや靴擦れの水疱は怪我の箇所に水ぶくれができる。 ・他にも皮膚の合併症は「リポイド類壊死症」「糖尿病性壊疽および潰瘍」「皮膚そう痒症」「皮膚感染症」がある。 ・皮膚の損傷に注意する。 傷、かゆみ、痛みなどを見逃さないようにする。 糖尿病における「赤い斑点=糖尿病性水疱」についてはこのような内容でした。 足の切断という最悪の結果にならないためにも、ちょっとした皮膚の変化を見逃さず生活していけたらいいですね。 関連記事 運動も食事制限もしない簡単ダイエット!! 運動したり食事制限するのって辛くないですか?私は辛くて効果が出る前に止めてしまいます!! そんな私が実際に瘦せれた超簡単ダイエット!!その体験談を読んでみて下さい!! 応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

次の

足に赤い斑点がでて心配・不安になったとき知っておくべきこととは?

足 赤い 斑点

こんにちは。 以下の症状についてわかる方がいたら教えて戴きたいと思い書いています。 2年ほど前から右足ふくらはぎに2?程度の赤い斑点が無数に出来ています。 初めのうちは足首にしかなかったものが徐々に広がって今ではふくらはぎ全体にあります。 特にかゆみや痛みは無かったので放置していたのですが 最近、左足首にも出来ているのを発見し病院へ行きました。 もともと乾燥肌のためその影響だろうと思い皮膚科を受診しました。 すると、これは湿疹ではなく内出血を起こしているといわれ血液検査と尿検査を受けました。 また、生体検査が必要といわれためらっていると(傷がのこる・ケロイド状になる場合が有る等の理由で)検査をしないと治療が出来ないと言われました。 それで一応検査の予約だけは入れました。 念のため生体検査を受ける前に他の病院も行って見ようかと思っているのですがその場合何科を受診すれば良いのでしょうか? また、以下の症状についてなにかご存知のかたがいらっしゃったら教えて下さい。 ユーザーID: 私のMacでは赤い斑点の大きさの単位がクエスチョンマークになってしまい、2ミリなのか2センチなのかわかりませんが、無数にという表現から2ミリと判断して話を進めます。 その赤い斑点は出来始めは1ミリ以下の点じゃないですか?時間が経つとそれがにじんで2ミリぐらいの大きさになるのではないでしょうか? おそらく点状出血と思われます。 足には圧がかかりやすいので点状出血も足に出やすいのです。 毛細血管が弱っていたり、血液の病気でその症状が出ます。 毛細血管が弱る原因には、自己免疫疾患(膠原病)も考えられます。 他の原因もあるかもしれません。 いずれにしても、大きな病院の内科で調べてもらいましょう。 生体検査以前にすべき検査はもっとあると思います。 ユーザーID:• 紫斑かな? 下肢に無数の内出血という症状でしょうか。 もしかしたら私と同じような感じかも。 痛みもかゆみもないけれど、見た目が気持ち悪かったので、数年前に内科を受診してみました。 (皮膚科に行ったら内科を紹介されました) 血液検査の結果、血小板の数が正常値最低ラインの10分の1以下で、血小板減少性紫斑病といわれました。 まず血液の凝固スピードを検査しました。 (怪我をして血がとまらない…となると大変ですから) 総合病院に入院して骨髄の検査などをひととおりしました。 現在もおびただしい数の紫斑(内出血)がありますが、血小板数が自然に増えたこともあり(それでも正常値の最低ライン)、特に治療は必要ないといわれてます。 日常生活には何も支障はありません。 (見た目が悪いだけ) 重い病気じゃないといいですね。 ユーザーID:• 紫斑病? 4年ほど前に、私も同じような症状がでました。 下肢に、無数の赤い点々・・。 じつはこれ、やはり「内出血」でした。 何科に行こうか迷いましたが、内科で血液検査を受けたところ、血小板が以上に少なくなっているので、すぐに大学病院で検査を!とにかく転んだりぶつけたり絶対しないように!といわれました。 結果は「特発性血小板減少性紫斑病」。 これは自己免疫疾患で、血小板がどんどん自分の内部で壊されてしまうために少なくなってしまう病気でした。 治療にはステロイドを使うことが多いようです。 血小板が少なくなることで血が止まりにくくなります。 現在は「経過観察」となっていますが、人によっては入院、というケースもあるので、「血液内科」のある大学病院クラスの受診をおすすめします。 不安になるようなコメントをしてしまいましたが、内科の医者ならたいていは知っている病気のようです。 血液検査の結果はいかがでしたか? ユーザーID:• 紫斑病性腎炎 はじめまして。 多分ですが、トピ主さんはアレルギー性紫斑病から、紫斑病性腎炎を起こされているのではないでしょうか? 以前うちの息子が、アレルギー性紫斑病にかかって、色々調べた経験からそう思います。 アレルギー性紫斑病は別名、血管性紫斑病やアナフィラクトイド紫斑病などと呼ばれる、子供に多い病気で、数は少ないですが大人でもかかることがあるそうです。 症状としては、全身の細小血管がアレルギー病変を起こして、もろく出血しやすい状態になり、特に下半身・腸管・腎臓で内出血を起こしやすくなります。 アレルギー紫斑病自体は命にかかわるとか、そんなに怖い病気ではないのですが、腎臓のほうで内出血を起こして紫斑病性腎炎になると、そちらの治療が大切になります。 ユーザーID:• 健康ランキング• 紫斑病性腎炎(つづき) トピ主さんは、これまでに色のおかしい尿(血尿)を経験されてはいませんか? もし肉眼的に血尿が出ていなくても、尿検査での潜血が+になっているようでしたら血尿といえるそうです。 それと、尿タンパク。 これがプラスになっていたために、お医者さんは腎臓の生検をすすめておられるのではないでしょうか。 腎臓の病気は、やはりきちんと腎生検をして、腎臓の正しい状態を把握してから治療の方針を立てたほうが良いと聞きます。 セカンドオピニオンを求めるなら、腎臓専門のお医者さんだと思います。 もしよければ「小児科待合室」というHPをのぞいてみてみてください。 私も以前、よく参考にさせていただいたサイトです。 お大事になさってください! ユーザーID:• 総合病院は? 色々と情報をいただきありがとうございました。 今日、血液検査の結果が分かりました。 血小板の量や血液凝固に関しては特に異常はなく多少、膠原病になりやすい体質であるという事が分かっただけでした。 医師によるとアナフィラクトイド紫斑か皮膚アレルギー性血管炎ではないかとの事。 やはり生体検査 皮膚を切取る検査 をしないと明確な病名も分からないし、強い薬も使えないと言われました。 生検をしても100%病名が判明する訳でもないし、仮に分かったとしても症状を抑えるだけで完治はしないとの話だったので、とりあえず今回は生検は見送ってビタミンCと止血薬を処方してもらいました。 また、診察の際に「血液内科で診てもらった方がよいのでは?」と質問すると「胃が痛い等の症状もないのに内科に行っても意味はないです」と言われました。 いま行っているのが総合病院のため、セカンドオピニオンを求めて他の大学病院へ行っても診察結果は同じような気がしてきました。 主人と相談して血液内科のある専門病院へ行くかこのまま経過観察するか決めたいとおもいます。 ユーザーID:.

次の