パナソニック 株式 会社 インダストリアル ソリューションズ 社。 パナソニック (株)

【パナソニック連載番外編】資本提携したブルーヨンダーの狙いは何か。「サプライチェーンの自動運転」とは

パナソニック 株式 会社 インダストリアル ソリューションズ 社

2020年6月15日 Ver. 02にバージョンアップしました。 最新版がダウンロードいただけます。 2020年6月1日 Ver. 1にバージョンアップしました。 最新版がダウンロードいただけます。 2020年5月7日 EtherCAT規格のModular Device Profile MDP 規格 ETG. 5001. 1 に対応したファイルになります。 2020年5月7日 Ver. 52にバージョンアップしました。 最新版がダウンロードいただけます。 2020年5月7日 Ver. 0にバージョンアップしました。 最新版がダウンロードいただけます。 2020年5月7日 Ver. 2にバージョンアップしました。 最新版がダウンロードいただけます。 技術紹介.

次の

制御機器トップページ

パナソニック 株式 会社 インダストリアル ソリューションズ 社

パナソニックは2019年11月28日、100%子会社のパナソニック セミコンダクターソリューションズ(京都府長岡京市、以下PSCS)を中心に運営する半導体事業を台湾のWinbond Electronics傘下のNuvoton Technologyに譲渡すること、同社との間で株式資産譲渡契約を締結することを決定した、と発表した。 2020年6月1日を効力発生日として、譲渡を実施する予定という。 具体的には、「パナソニック デバイスシステムテクノ」と「パナソニック デバイスエンジニアリング」の全株式を会社分割によってPSCSに継承したのちPSCSを譲渡。 さらにシンガポール法人の半導体開発や販売事業を担当する社内カンパニー「パナソニック デバイスセミコンダクターアジア」の事業のほか、「パナソニック セミコンダクター蘇州」の半導体事業にかかる設備、在庫などもそれぞれ、Nuvoton Technologyの現地法人に譲渡する。 またイスラエルのTower Semiconductor(Tower Jazz)との合弁会社パナソニック・タワージャズ セミコンダクター(富山県魚津市)の持ち分も譲渡する形となる。 関連記事• パナソニックは2019年11月21日、液晶パネルの生産を2021年をめどに終了すると発表した。 パナソニック インダストリアルソリューションズ社は、機器に搭載したままでリチウムイオン電池の残存価値を評価できるバッテリーマネジメント技術を、立命館大学理工学部福井研究室と共同で開発した。 パナソニックとマイクロ化学技研は2019年11月6日、ガラスモールド工法によってマイクロ流路チップの量産を可能にする技術を開発した、と発表した。 従来の10分の1のコストで月産数万枚を量産できるといい、2020年度の量産対応を目指す。 パナソニックと日本IBMが、半導体製造装置分野で協業する。 パナソニックが製造、販売するプラズマダイサーなどの半導体後工程製造装置の価値を高めるソフトウェアなどをパナソニックと日本IBMで共同開発し、パナソニックが製造装置ともに提供する。 10年以上にわたりパナソニックが開発を進めてきた高速電力線通信「HD-PLC」は、「IoT-PLC」と名を改め、IoT(モノのインターネット)社会の発展の中で再び注目を集めている。 同社は現在、特に家庭向けネットワークとしての展開に焦点を当て、ルール化に向けた動きなどを進めている。 今回、これまでの経緯や最新の取り組みについて、開発担当者の話を聞いた。

次の

パナソニック【6752】、前期最終を5%上方修正

パナソニック 株式 会社 インダストリアル ソリューションズ 社

[画像のクリックで拡大表示] パナソニック インダストリアルソリューションズ社は、これまでも、IoT向けの無線通信モジュールを開発・提供してきた。 今回は、STMicroelectronicsの複数センサー対応の開発キット「ST BlueTile」( 製品番号STEVAL-BCN002V1B をベースに、スマートIoT向けに無線通信モジュールを開発した。 ST BlueTileは、「BlueNRG-2」と呼ぶBLE 5. 0準拠の無線通信SoC(RF回路+論理処理回路など)をベースにしている。 今回、パナソニック インダストリアルソリューションズ社が開発したIoTモジュールには、STMicro製で最新のBLE 5. 0準拠の無線通信SoCや、多数の慣性センサーや環境センサー、オーディオセンサーが搭載されている。 このモジュールを利用することで、スマート工場やスマートホーム、スマートライフの実現が容易になるという。 同モジュールはパナソニック インダストリアルソリューションズ社/Panasonic Industry Europeが発売し、Arrow Electronicsの販売網を経由して市場に供給される。 なおサポートは、パナソニック インダストリアルソリューションズ社/Panasonic Industry EuropeおよびArrow Electronicsが、その内容に応じて提供される模様。 今回発表のモジュールの詳細仕様や価格、提供開始時期などは未公表である。

次の