単身 引越し 費用 比較。 単身パックの引越し見積もりを主要5社で比較!

単身(1人暮らし)引越しの料金・費用相場|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

単身 引越し 費用 比較

住居にかかる費用の相場• 敷金:家賃1カ月分• 礼金:家賃1カ月分• 前払い家賃:家賃1カ月分• 不動産会社への仲介手数料:家賃0. 5~1カ月分• 火災保険料:1~2万円 合計で、家賃の約4. 5~5カ月分がかかると考えておいてよいでしょう。 しかし、物件によっては礼金が0円だったり、不動産会社への仲介手数料が割安になっていたりします。 初めての東京での一人暮らしの場合、家賃5~6万円ほどの物件を選ぶ方が多いようなので、住居にかかる初期費用(家賃4. 5~5カ月分)の相場は 20~30万円程度になります。 家具・家電の購入費用 初めての一人暮らしなら、家具・家電を新たに購入する場合が多いでしょう。 現在使用しているものを、引越しのタイミングで新しく買い替えるという方もいますよね。 引越し料金に影響する条件• 引越しの移動距離• 荷物の量• 引越しの時期• 引越し予定日の曜日 これらの条件のほか、 物件周辺の道幅や駐車スペースの有無、エレベーターの有無などによっても引越し料金は変わります。 正確な料金を知るために、引越し業者に見積もりを出してもらいましょう。 住居の契約にかかる費用を、おトクに済ませるポイント 賃貸物件を契約する場合は、家賃や不動産会社への仲介手数料などの初期費用がかかりますよね。 引越しで必要になる費用の中でも、住居の契約にかかる費用は大きいです。 物件探しの時点で工夫をして条件を絞ると、これらの費用は安く済ませられる場合が多いので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 礼金・仲介手数料の安い物件を選ぶ 賃貸物件を契約する時の初期費用を安くするために、 礼金・仲介手数料が安い物件を選ぶこともできます。 中には、 敷金・礼金・仲介手数料がすべて0円だったり、最初の2~3カ月の家賃0円という フリーレント期間がついていたりする物件があります。 不動産屋で初期費用の予算について希望を伝えれば、条件に合う物件を紹介してもらえるでしょう。 物件の希望条件を下げる 一人暮らしの部屋の間取りは、1R(ワンルーム)か1K(ワンケー)が一般的です。 また、マンションよりもアパートの方が家賃が安い傾向があります。 予算内で希望条件の物件が見つからない場合は、以下を参考に 条件を下げて物件を探してみてください。 希望条件を下げるなら……• 物件が最寄り駅から徒歩15分以上の立地である• 部屋のバス・トイレが一体型(ユニットバス)である• バス・トイレが物件の住居人の共同使用になっている• 部屋が1階に位置する• 部屋が南向きでない、部屋の日当たりが悪い• 部屋の形が特殊(三角形など)で、家具の配置がしづらい 希望条件の順位をつけ、必須の希望条件は何なのかを明確にしておけば、不要な条件から削除していくだけなのでスムーズです。 家具・家電の購入費用を、おトクに済ませるポイント 家具や家電は、新品よりも中古品のほうが安くそろえることができます。 リサイクルショップやフリマアプリを積極的に利用してみましょう。 また、 必要な家具・家電だけをそろえるようにして、不要な費用をなくす工夫をしましょう。 例えば狭い部屋の掃除には、掃除機よりもお掃除ワイパーや雑巾を使う方が効率的で、清掃用具を置く場所も小さくて済みます。 引越し料金を、おトクに済ませるポイント 引越し料金は、荷物の量や引越し予定日などの引越し条件を変えることで、安くすることができます。 引越し予定の曜日・時間帯を工夫する 引越し料金を安くするためには、引越し予定日の調整が最もカンタンな方法です。 平日に引越しをする 土日祝日に比べ、平日は引越し日として希望する方が少ないため、引越し料金は割安になります。 また、平日割りがあると、さらにおトクになることもあります。 夕方以降の時間で引越しをする 夕方以降の引越しは、当日中に荷解きをする時間が少なくなるため、希望する方が少なく引越し料金は割安になります。 繁忙期の3~4月以外の月で引越しをする 3~4月は引越しの繁忙期のため、引越し料金は割高になります。 可能なら繁忙期を避けて引越し予定をたてると、おトクになります。 単身パックを利用する 引越し業者にはさまざまなプランがありますが、単身者にもっともおススメのプランが 単身パックです。 単身パックは、引越し業者が準備した既定サイズのコンテナに荷物を積んで引越しをするプランです。 コンテナに積み切れない分は別料金で運ぶので、 荷物の量が多い場合は、単身パックではなく通 常の引越しプランの方が引越し料金が安くなる可能性が高いです。 荷物の量とコンテナのサイズを確認して、1つのコンテナで運べるかを判断し、依頼するようにしましょう。 単身パックの料金の相場はいくら? 東京23区内から東京23区内への引越しの場合 1万5,000円~2万円程度 関東圏以外の地域から東京23区内への引越しの場合 5万~10万円程度 割引サービスを活用する 引越し業者によって 早割り・WEB申込み割りなど、いろいろな割引があるので積極的に利用しましょう。 複数の割引を併用して利用できない場合が多いので、確認するようにしましょう。 引越し前に荷物を減らしておく 引越し料金は、 荷物の量が少ないほど安くなるので、なるべく運ぶ荷物を減らしておくといいですね。 単身パック専用のコンテナに積める分だけの荷物の量にしておけば、おトクな単身パックを利用することができ引越し料金が安く済みます。 引越し前に不要な家具・家電を処分して、引越し後に購入するという方法はおススメです。 なお、家具・家電の処分方法は、各自治体で決められていて、有料となることがほとんどです。 粗大ごみで出すのか、メーカー・処分専門の業者に引き取ってもらうのか、きちんと調べておきましょう。 また、本・雑誌・CD・DVD・洋服の不用品を捨てられずに困っている場合、引越しをきっかけに、思い切って処分してみましょう。 ごみとして捨ててしまう以外にも、 オークションやフリマアプリで売るという方法があります。 売ったお金を引越し費用にあてられるので、嬉しいですよね。 思わぬ高値で売れることもあるようです。 不用品の数が多い場合は、自宅まで引き取りにきてくれる買取サービスもあるので便利です。 東京への引越しは、賢く費用を抑えよう 東京への引越しには、住居の契約時や家具・家電の購入、引越し料金など、さまざまな費用がかかります。 引越し予定が決まったら、あらかじめ引越しに必要な予算を決め、引越し費用を抑える工夫をしてみましょう。 また、引越し料金は、条件によって大きく変わります。 適切な料金で引越しをするなら、荷物の量や移動距離など、 自分の条件に合った引越し業者を選ぶようにしましょう。 単身パックの比較は引越し一括見積もりサイトが便利 引越し業者を選ぶ時には、 引越し一括見積もりサイトで見積もりを取るのが便利です。 Web上で引越し条件を一度入力するだけで、複数の引越し業者からまとめて見積もりが取れ、引越し料金や引越しプランの内容を比較検討できます。 期間限定のキャンペーンが実施されていることもあり、おトクな引越しができますよ。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くできる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も考えてみましょう。 電力会社のプランを比較すればおトクにでんきも使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

引越しは一括見積りがメリット大!単身の料金相場で安い業者を選べる

単身 引越し 費用 比較

単身引越しの見積もり相場と単身引越しパックの価格を比較 冒頭でもお話した通り、単身パックを利用すれば、一人暮らしの方の引越し料金を格安にすることができます。 通常の引越し作業を業者に見積もりしてもらった場合と、単身パックを使った場合で、距離別に料金の相場を比較してみましょう。 特に、県外への移動などの中~長距離の引越しを予定している方であれば、単身パックを活用したほうがより安い費用で引越しできます。 単身引越しパックと単身プランの違いは「見積もりの金額」と「荷物量」 単身引越しパックは格安で提供されていますが、それは単身向けプランより輸送できる「荷物量」が少ないことが大きな理由です。 単身引越しパックと単身向けプランの違いについて、以下の表で確認していきましょう。 そのため、単身引越しパックを利用する際は、1つのコンテナに載せきれる荷物のサイズや量に制限がかかります。 対して、単身向けプランでは依頼者の状況に合わせてトラックをチャーターするので、荷物量の制限はありません。 また、単身パックはコンテナに載せきれる荷物量が決まっているので、基本的に訪問見積もりが必要ありません。 同時に、複数のコンテナを一度にトラックで輸送できるので輸送コストが低く、単身プランよりも格安の料金で引越しすることができるのです。 引越し業者ごとの単身専用パックの料金とサイズの比較 「単身パック」は日本通運の商標登録商品ですが、そのほかの引越し会社も同様に、単身者向けの類似サービスを行っています。 各引越し業者が提供する単身引越しパックの積載容量や、料金は下記の通りとなっています。 大物家具が少ない人は日通の「単身パックS・L」がおすすめ 大きな家具の運搬がない、という人は 日通の「単身パックS・L」がおすすめです。 1コンテナあたりの値段が16,000円からと、他社に比べても非常に安いからです。 もし、荷物が入りきらないという人がコンテナボックスを2基依頼しても、単身プランを利用するより安くなる可能性があります。 ただし、ベッドや冷蔵庫といった大きな家具・家電は運搬できないため注意が必要です。 大物家具が多い人はプロスタッフの「単身引越しパック」がおすすめ 大きな荷物も運ぶ必要がある!という人は、 プロスタッフの「単身引越しパック」がおすすめです。 例えば、ベッドやローボード、こたつといった荷物を運搬することも可能です。 さらに、大物家具が5点以上あるという人でも、1個当たり2,000円の追加料金を支払えば運んでくれます。 注意したいのが、家族世帯向けの家具や家電の場合、サイズによっては「大物」の2点分としてカウントされることがあります。 一人暮らしサイズではないソファや冷蔵庫などを運ぼうとしている人は気を付けましょう。 単身引越しパックに自分の運びたい荷物量が積めるか調べる2つの方法 いざ「単身引越しパックを利用したい!」と思っても、運ぶ荷物の量が多かったり、大きなサイズの家具などがあったりすると、コンテナボックスへの積載が難しい場合があります。 自分が運ぼうと思っている荷物が単身引越しパックでも運べるか否かを確かめるには、下記の2つの方法があります。 単身パックで運べるダンボールのサイズと個数を目安にする• 単身パックのコンテナに積む荷物をアプリでシミュレートする方法 1つ目は、単身パックで運べる段ボール箱の数とサイズを知って、積み切れるかの目安にする方法です。 2つ目はスマートフォンのアプリを使って、運ぶ予定の荷物の寸借を計測する方法です。 それぞれのチェック方法について、以下で詳しく見ていきます。 単身引越しパックで運べるダンボールの適切な個数とサイズ 段ボールのサイズとコンテナサイズを計算することで、自身の荷物が単身引越しパックで運べるか否かの目安にできます。 日通の提供する「単身パックS」を例にして、各ダンボールがどれぐらいの個数積めるのか見てみましょう。 もし、「荷物がギリギリ積めるか・積めないか微妙だ」という方であれば、このようにコンテナに合わせたダンボールを用意することで、無駄なスペースを作らずに単身パックを活用できます。 単身専用パックのコンテナに積む荷物をアプリでシミュレートする方法 「AR ruler」では、上記の写真の様にカメラに映した対象の縦・横・奥行の3辺をその場で計測することができます。 サイズが気になる家財でも、無理なくコンテナに収まるか、積むことができるかを確かめることが出来ます。 また、荷物を1つずつ計測して、サイズ感を確かめることも可能です。 サイズの大きな家具や家電が運べるかわからない方は、取り急ぎ1点のみの寸借をアプリで計測してみると良いでしょう。 単身引越しパックで運べない家電や家具 前述したとおり、単身引越しパックではコンテナボックスに荷物を積載するため、大きな家具や家電が運べない場合があります。 一般的に、単身専用パックで運ぶことが適さない荷物は、以下で対応方法と一緒に紹介しているので参考にしてください。 ベッド 折り畳み式のベッドであれば運送可能。 組み立て式は長さがあるため運送は難しいです。 布団のように折りたためないマットレスも同様なので要注意。 詳しくはをご覧ください。 自転車 コンテナボックスに収まるサイズであれば運送可能。 かさばるため他の荷物が載せられなくなるので自転車は別便での配送がおすすめ。 詳しくはをご覧ください。 冷蔵庫 2ドアタイプの冷蔵庫は配送可能。 3ドアの冷蔵庫も高さ170cm以下のものであれば日通の「単身パックL」で配送可能。 洗濯機 ドラム型・全自動洗濯機(縦型)などタイプを問わず、コンテナボックスに積み込むことが可能。 詳しくはをご覧ください。 ソファ 3人掛けのソファなどで、横幅が170センチを超えるものは運搬が難しい 液晶テレビ 家庭用サイズのテレビであればほぼ積むことができる 70型(インチ)以上のものは横幅が150センチを超えてくるので、容量の小さなコンテナには積載が難しい 原付バイク エンジン付きの乗り物は運搬できません。 ストーブ 燃料タンクの灯油が空の状態であれば運送可能。 もし、運べない荷物がある場合は別途で輸送手段を考えるか、単身パックの利用を断念しなければなりません。 上記の項目にある荷物をお持ちの場合は、必ず引越し業者へ連絡し、相談をしましょう。 一人暮らしの引越しを安くする5つのテクニック 単身パックの利用以外で、一人暮らしの方が引越しの費用を安くできる主な方法は以下の5つです。 単身引越し料金の安い引越し会社を選ぶ• 業者による引越し見積もりを安くする• 宅配便や宅急便で荷物を運ぶ• 赤帽の引越しサービスを使う• 賃貸契約の初期費用を安くする それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。 単身引越し料金の安い引越し会社を選ぶ 単身者の引越しに特化した引越し業者を探して契約することで、引越し費用を安く抑えることができます。 各引越し業者ごとに得意とする内容が異なるので、同じ条件でも見積もりや料金設定に差が出るからです。 単身向けの安い引越し業者を探したい方は、「」を参考にしてください。 ミニ引越しプランがある業者に依頼をする という、荷物の少ない単身者向けの引越しサービスを用意している業者があります。 主に「短距離の輸送」「荷物はダンボール10個くらいまで」といった制約はありますが、非常に安い料金で引越しができるので検討してみましょう。 業者による引越し見積もりを安くする 引越し会社の料金は「基本運賃」や「実費」といった内訳で提示されます。 内訳を知ったうえで、それぞれの代金を安くする工夫をすることで、見積もり金額を大幅に安くすることができます。 少しでも引越し費用を抑えたい方は、「」をご覧ください。 宅配便や宅急便で荷物を運ぶ 荷物が極端に少なく、かつ短距離の引越しを行うという方は、宅急便や宅配便の利用が最も費用を抑えられることがあります。 例えば、ダンボール10箱程度の荷物しかない場合、単身パックで1. 5万円、宅配便で1. 3万円ほどの料金となるため、宅配便の利用の方が安いです。 詳しくは、「」を参考にしてください。 赤帽の引越しサービスを使う 「赤帽」は軽トラック1台分程度の荷物の引越しを専門で行うサービスです。 引越し侍が行ったシミュレートでは、大きな家具や家電がある単身の方は、単身パックよりも赤帽引越しのほうが安くなる結果となりました。 赤帽の利用も検討されている方は、「」をご覧ください。 賃貸契約の初期費用を安くする 引越し作業にかかる費用ではなく、家賃や敷金礼金などの賃貸契約にかかるコストを抑え、トータルの出費を安く済ませるという手段もあります。 「」では、単身の方向けに物件契約をコストダウンする方法をご紹介しています。 単身パックの料金と荷物量まとめ 単身パックを利用することで、単身者の平均的な引越し相場よりも安くできることがわかりました。 ただし、単身パックではコンテナに積載できる荷物に限りがあるので、荷物量に不安がある方は事前のチェックや、その他の節約方法を検討すると良いでしょう。 例えば、一人暮らしの荷物の少ない引っ越しに向けて 「単身専用パック」があります。 単身専用パックの特徴は、運べる荷物の量と料金があらかじめ設けられている点です。 料金の相場は1万円~3万円以内で運ぶ荷物の量と引越し業者により内容が異なります。 その他にも「らくらくパック」や「おまかせパック」「近距離プラン」など引越し業者の数だけプランやパックがあり料金・サービスの内容も異なります。 引越し侍の見積もりサービスでは 各社のパックやサービスの内容と料金を比較できるため安いパック・プランの引越し業者を見つけられます。 引越し業者はどこがいいか選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」をポイントにしましょう。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。 単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。 格安で引っ越しをしたい方は是非ご利用ください!.

次の

単身パックの引越し業者を比較。最安値料金のサービスのいい業者は?

単身 引越し 費用 比較

単身パックを使えば単身引越しの料金は安く済む! …確かに間違いではありませんが、いくら単身パックとはいえ通常のプランよりも値段が高いことだってあり得ます。 そのため単身の引越しでは「料金が安いから単身パック!」と即決してしまうのはいけません。 まずは自身の条件に対して最安値の引越し業者を探しましょう。 格安プランの選択肢の多い単身引越し。 単身パックだけにこだわるのはもったいないといえます。 1度入力した「希望日」や「荷物量」、「距離」に対して一番安い引越し業者が分かる一括見積もり比較サービスを活用し、他プランと単身パックの料金を比較してから決めるようにしましょう。 単身パックを打ち出している引越し業者は一つではなく、各社で料金やボックスサイズが細かく異なります。 各引越し業者それぞれの単身パック料金をまとめています。 【注意】単身パックの値段は一律料金じゃない! 料金がしっかりと決まっていて一律に見える単身パックですが、それはあくまで基本料金。 さらに割引や割増料金が発生したり、洗濯機などの家電がある場合は見積もりにオプション費用が加算されたりします。 その上、基本料金はもちろん、割引と割増料金・オプション費用の金額は引越し業者によって違うのです。 …そのため結局、どの業者の単身パックが安いのか? そもそも自分の引越しには単身パックが最適なのか? といった点から検討しなくてはなりません。 当記事では各業者の単身パック料金を細かくまとめています。 単身パックだけにこだわらずベストな単身引越しプラン選びをするための参考にしてみてください。 家財の大きさやダンボール数など、引越しの荷物に合わせたサイズのカーゴボックスを選択することが可能です。 ただ、表を見て分かる通り引越し距離が伸びるにつれてSとLの料金差が大きくなる点には注意が必要です。 そのため、長距離引越しの場合はなるべく単身パックLではなく単身パックSに収まるよう荷物量を調整する、あるいは他社単身パックで検討するなどの工夫をしましょう。 加えて各割引に併用が効くため、最終的に出される見積もりが他社より安く済むでしょう。 例として、東京大阪間で単身パックSの2ボックスで引越しする場合だと、6,000円割引となります。 500kmの長距離引越しでも5万円を切る破格の値段に。 単身パックでの引越しを考えるならば、日通は筆頭候補といえるでしょう。 ボックスサイズでいえば、日通のSとLの中間くらいに位置するのがヤマトの単身パックで、料金設定もおおよそ同じくらいです。 ただ、ヤマトでは依頼1件につき2BOXまでと上限が設定されている点が日通と異なる点です。 そのため、割引を加味した料金でいえば日通に軍配が上がるといえるでしょう。 佐川急便の単身パックである「カーゴプラン」の料金は、日通やヤマトに比べるとやや高い印象を受けますね。 ただ長距離引越しでも料金が安いということには変わりなく、人気で予約が埋まりやすい日通やヤマトの代替案として考えておくこともできます。 ハトのマークの単身パック「小鳩パック」の料金は、基本値段だけを見ると日通やヤマトに並ぶほどの安さです。 ただし、プラス料金として設定されている割増料金も踏まえた上で判断するようにしましょう。 自身の引越し日時や荷物量など、依頼する要望と照らし合わせてみて、他社より安いかどうか検討することが大切だといえるでしょう。 西濃運輸単身パック引越し料金表 1. 5㎥ 2. 5㎥タイプの大容量であることが特徴です。 (日通単身パックLの容量はおおよそ2㎥程度) 一人暮らしの生活必需品であれば一通り積み込めるサイズですが、やはりベッドだけは難しいですね。 また、単身パックの基本料金内で自転車(ママチャリタイプ)も別送できるのも大きなメリットといえます。 荷物量が多い、かつ自転車が含まれていて、他社の単身パックで引越しするのはきびしい!という方なら西濃運輸一択といえるでしょう。 日通ほど割引の種類は無く、繁忙期には割増しか発生しません。 とはいえ「大容量、かつ自転車の輸送が無料の引越し単身パック」というだけで充分に他社と差別化ができており、条件が合う単身者は利用する価値が大きいといえるでしょう。 サカイやアートやアリさんの単身引越しプラン料金 引越し専門業者であるサカイやアートでは、ボックスタイプの単身パックはプランとして存在しません。 そのため単身引越しを依頼した場合は、基本的に荷物量に合わせたトラック1台をチャーターする通常プランを利用することになります。 単身プラン(チャーター便)の料金目安は次の通りです。 加えて荷物ごとにオプション費用などが足されるため、とにかく見積もりを取ってみないことには正確な引越し料金が分かりません。 各業者のチャータープランと単身パック、それぞれ輸送方法は異なりますが、どちらなら最安値の料金見積もりが出るのかは必ず比較して確認しておきたいところです。 近距離なら赤帽の単身引越し料金とどっちが安い? 結論からいえば、同市内など20km以内程度の近距離引越しなら、単身パックを利用するより赤帽の料金の方が安いです。 赤帽に単身引越し作業を依頼した場合、1. 3万円程度が相場です。 単身パックを同程度の近距離引越しに利用した場合は、1. 8万円程度。 そもそも単身パックは長距離向けのプランで、そもそも近場の引越しでは利用不可能としている業者もあります。 近距離が安い赤帽と、長距離が安い単身パック…と覚えておくと良いでしょう。 運べる荷物量で言っても、赤帽車(軽トラック)の荷台には単身パックの2倍以上の積載スペースがあります。 とにかく近距離の引越しでは、単身パックよりも赤帽の方が費用・荷物量の面でいっても断然メリットが大きいといえます。 まとめ 単身者の引越しにおいて、単身パック利用は確かに安い料金で引越しをすることができます。 ただ、各業者ごとに設定されている割増料金や荷物ごとに発生するオプション費用が見積もりに計上されるということも忘れてはなりません。 また、単に「少量の荷物だから…」というだけで単身パックで検討していると、荷物量が収まり切らずにボックス追加等になってしまい結果的に料金が高額になってしまうことも考えられます。 安く単身引越しを済ませるには、自身の引越し条件に対し複数社から見積もりを出してもらって比較するのがベストといえるでしょう。 その上で単身パックか、それとも他の単身者向けプランか…といったことを検討することをおすすめします。 小規模な単身引越しはプランの選択肢が豊富です。 単身パックのみにこだわらず、一括見積もりをとって、引越し業者複数社の中から最安値のプランを提示してくれるところを探しておきましょう。

次の