ダブル レアチーズ ケーキ。 セブンスイーツ「もっちりクレープ ダブルレアチーズクリーム」の感想

ザクザク食感がクセになる!セブンの「ダブルレアチーズケーキ」は絶対食べて!

ダブル レアチーズ ケーキ

セブンイレブンから、レアチーズケーキクリームを使用したクリープの登場です。 厳密にいえばチーズケーキではないのですが、なにせ私はチーズケーキが好きだ。 チーズケーキがダントツ1位だとして、次にくるのは、クレープ、もしくはバームクーヘン、ワッフル、プリンが、同着2位くらい。 つまりクレープはチーズケーキの次にくる可能性があるくらい、好きなスイーツなのです。 そんな クレープとレアチーズケーキのコラボ。 名は「もっちりクレープ ダブルレアチーズクリーム」。 一度は食べておきたい、ということで購入。 ちなみに製造者はセブンイレブンではおなじみの「デリカシェフ」。 「デリカシェフ」はセブンイレブン向けにスイーツや菓子パンなどを製造しているハウス食品のグループ会社です。 「セブンイレブン・デリカシェフ」のもっちりクレープ ダブルレアチーズクリームを食べて(感想) クレープの魅力といえば、この表面の模様ではなかろうか。 他のどのスイーツにもない、この独特、ウロコのような模様。 さすがコンビニスイーツ。 ねらって作ったのではないかと思うくらい美しい。 これ、クレープも好きな人なら共感してもらえるのではないでしょうか。 クレープファンはこの模様を見ただけで、食欲を爆発させるはず! 半分に切りわけます。 流行りにのって「断面」を撮影するために。 全体を包み込むクレープ生地。 なかには2種類のクリームが。 どちらもレアチーズケーキとのこと。 クレープといえば、カスタードクリームと生クリームを一緒に包むわけですが、今回は ホイップ系のレアチーズと、もう少し粘度のあるレアチーズの2種類のクリームです。 クレープのもちもちとレアチーズのしっとりがたまらない それでは一口。 もうもっちもちのもっちもち。 スイーツ好きが無条件に感激するこのもちもち。 これだけでも十分にうまい。 ですがそれだけでは終わりません。 なかから登場するレアチーズたちがいるから。 白いレアチーズは生クリームのようなふわふわ。 クリーム色のレアチーズはちょっとねっとりしていて濃厚。 どちらもレアチーズの旨味はあるのですが、食感が微妙に違っている。 クレープのもちもち、レアチーズのしっとりとねっとり。 3つの食感が口になかで入り混じり合っていて楽しいのです。 当たり前のようにおいしい。 おいしくないはずがない。 そんなスイーツです。 ちなみにこのもっちりクレープ、レアチーズだけではなく、チョコ味もあります。 — 2019年 7月月19日午前7時05分PDT カスタードホイップもふつうにおいしそうですね。 値段やカロリーなど モチモチした食感のクレープ生地で、濃厚なレアチーズクリームと軽やかなレアチーズホイップを包みました。

次の

【中評価】セブン

ダブル レアチーズ ケーキ

返品・交換 万が一当社の発送ミスや不良品(賞味期限切れ、破損等) がありましたら返品・交換をさせていただきます。 お電話またはお問い合わせフォームにて商品到着後 1週間以内にご連絡ください。 お客様のご都合による返品についてはをご覧ください。 *食品につきましては返品をお受けできません。 *お客様のご都合による交換は承っておりません。 ご注文後の変更・キャンセル ご注文後の変更・キャンセル 追加・一部変更はご利用になれません。 一度ご注文をキャンセルしていただき、改めてご注文をお願いいたします。 キャンセルはマイページのご注文履歴で【未配送】の場合のみ可能です。 ご利用環境について TOMIZオンラインショップを安心してご利用いただく為に、ご購入の前にCookie、JavaScript、SSLの設定が有効になっていることをご確認ください。 お問い合わせはこちら(一般・法人).

次の

本格ダブルチーズケーキ

ダブル レアチーズ ケーキ

こんにちは。 埼玉県川口市のお菓子教室キッチンパフェ講師の鈴木里奈です。 今回はI様のレッスンの様子、前回のその1の続きからご覧ください! 次に、 ケーキが冷めていることを確認し、均一な厚みにカットしていきます。 綺麗にカットできています。 ベイクドチーズケーキがオーブンの中でしっかり膨らんでいます。 均一に熱が入っているサインです。 ベイクドチーズは一度大きく膨らんでから、冷めると高さが落ち着きます。 次にレアチーズを作ります。 仕上げたい食感に合わせて、配合、合わせ方を変えると良いです。 今回はふんわりなめらかなブルーベリーレアチーズにしました。 先ほどカットしたスポンジ生地を型の底生地にセットしてからブルーベリーレアチーズを流し、表面にハートの柄を描きます。 右側が焼成後のタルト。 高さが落ち着いたのが分かると思います。 ここでいったん休憩です。 近隣の商業施設で昼食タイム。 しっかり冷えたタルトを型から外し、底板を外す際は底生地を傷つけないように注意しながらペティナイフでゆっくり外していくと良いです。 デコレーション用に2種類のクリームを泡立て、絞り袋にセットしておきます。 飾り用のブルーベリーは国産のものを使用し、粒の大きさを揃えるために選別します。 タルトの表面にコンポートを塗ります。 レアチーズをセルクルから外します。 タオルをレンジで温めてからセルクルに当てて温めると、セルクルがゆっくり下に落ちます。 綺麗に仕上がっています。 これをすぐに べイクドチーズタルトの上にドッキング。 ブルーベリーの1粒1粒に、瑞々しさを出すためにナパージュを絞っています。 断面図はこんな感じ。 1カットでこんなにボリュームたっぷり。 今回作ったのは6号サイズのタルトなので8カットしました。 ケーキが完成した時のI様の表情がキラキラしていて、私も本当に嬉しかったです。 長時間に渡るレッスン、大変お疲れさまでした。 I様、来月は和菓子ですね。 おはぎ、道明寺、草餅…どうぞお楽しみに!!.

次の