持続 化 給付 金 必要 書類。 【解説】持続化給付金の申請方法と必要書類を詳しく解説

【持続化給付金】個人事業主 (白色申告)の場合の申請方法・必要書類 | トモコソ

持続 化 給付 金 必要 書類

持続化給付金(個人最大100万円・法人最大200万円)を受け取るには 事業をしている方(一定の場合を除く)は、持続化給付金というものを受け取ることができます。 新型コロナウイルスの影響を多少なりとも補填し、文字どおり、事業を持続するためのものです。 持続化給付金の概要 ・個人事業主(フリーランス)は最大100万円、法人は最大200万円 ・1回限り ・原則としてネットで申請(こういった類のサイトとしては秀逸の出来かと) ・必要書類がある ・2021年1月15日まで受付 そして。 月の売上が去年(2019年)の50%、半分以下になっているときは、申請を考えてみましょう。 計算するExcelをつくってみました。 この記事を書いているのは5月2日。 経理が終わっていれば4月分まで申請することができ、今後は5月、6月、7月……と状況を見つつの申請となります。 持続化給付金の計算方法 持続化給付金が、 ・個人は最大100万円 ・法人は最大200万円 というのは次のような計算をするからです。 たとえば、2020年の3月の売上が、2019年3月の半分以下になっている場合、その売上に12をかけます。 この240万円を、前年の売上合計(個人の場合は2019年。 法人の場合は2019年度。 6月決算の場合は2018年7月から2019年6月)から引きます。 ただし、限度があり、個人なら100万円、法人なら200万円です。 どのタイミングで申請するか。 前年の売上合計が500万円で、いずれの月も前年の50%以下だとし、 1月が40万 2月が35万 3月が10万 だとしたら、3月分で申請したほうが、給付金は多くなります。 今後の動向を見ながら申請するという考え方もあるでしょう。 こういった数字の要件を確認するため、必要な書類もあります。 必要書類、申請方法を個人・法人別にまとめましたので、それぞれ該当するところを見ていただければ。 写真(JPEG、PNG)やPDFといったデータです。 必要データ(通帳) 持続化給付金は振り込まれます。 (2週間ほどとのこと) 口座情報とともに通帳のデータが必要です。 通帳は表と、1枚めくったところの写真をアップします。 ネットバンクのみで通帳がない方は、ネットバンクで口座名義や口座番号などが載っているところをスクリーンショットで撮りましょう。 口座情報やお客様情報というところにあります。 スクリーンショットはこの記事を参考にしていただければ。 パソコンの画面をカメラで撮るのはおすすめしません。 画面が光って見えにくくなることもあるので。 ただ問題は、2つのデータをアップするようになっているということ。 ネットバンクだと1つの画像しか準備できないのですが、現状は、同じ画像をそれぞれにアップしています。 これでオッケーかどうかわかりませんが、サイトを読むとネットバンクの場合は、1つあればいいことになっていますので。 通帳のデータは、銀行名の他金融機関コードや支店番号なども必要ですので、ネットで検索して調べましょう。 必要データ( 2019年の確定申告書第一表 第一表とは、確定申告書の1枚目のこういったもののことです。 前年の売上を給付金の計算に使いますので、確定申告書を税務署に提出したかどうかを確認されます。 写真またはスキャン、スクリーンショットで準備しましょう。 PDF で準備する場合、元々PDF がある場合でも、申請ではこのように分割してアップしなければいけません。 そして大事なのが税務署の収受印。 「受け取りました」という印鑑があるかどうかというもの。 これがなければ出したという証明がないということになります。 紙で出している方は、印鑑が押されているものをカメラで撮れば大丈夫です。 e-Tax で提出した方はメール詳細という書類をつけましょう。 これは[申告収受印がない場合の追加書類]というところでアップします。 しかしながらこのメール詳細を見るにはマイナンバーカードを使ってメッセージボックスをというものを見なければいけません。 しかも e-Taxはネットサービスでありながら稼働時間がありますので、注意しましょう。 原則として平日のみです。 必要データ(2019年の青色申告決算書(1 ) 青色決算申告書とはこういったものです。 その1枚目をアップします。 必要データ(2019年の青色申告決算書(2)) 青色決算申告書の2枚目もアップします。 ここには売上の推移(月別)がのっているはずですので、前年の売上をこの書類でチェックするわけです。 入力していない場合もあるかもしれませんが。 Excelでつくってもいいし、会計ソフトでもいいとありますが、役所に出す以上会計ソフトのほうが好ましいでしょう。 Excelでつくるとしても明朝体でカチッとつくっておくのが無難です。。 会計ソフトなら総勘定元帳の売上を出すか出すようにしましょう。 売上帳という名前の場合もあります。 ただfreeeで売上データを出すとき普通に出してしまうと、売上が1年間の累計で出てしまいますので、設定で発生に変えて出すようにしておいたほうがいいでしょう。 役所用に。 必要データ本人確認書類 個人の場合は、本人確認書類をアップしなければいけません。 免許証、マイナンバーカードなどをアップしておきましょう。 免許証の場合は裏面もアップしなければいけません。 確認書類をアップするところが2つあるので、それぞれでアップしましょう。 本人確認書類(2)は、任意ですので必要なければここにはしなくても大丈夫です。 個人の場合の持続化給付金申請 にアクセスし、必要データを入れて仮登録し メールに届いたリンクをクリックすると本登録ができます。 ログイン ID は誰かが使っているものは使えません。 申請に入ると、宣誓(不正がないこと)、特例適用の選択をしましょう(通常は一番上の項目です) 開業日も入れるところがあります。 その後、通帳の情報を入力し、通帳データをアップし、売上データを入力し必要書類をアップします。 売上データの入力は、このようなものです。 添付する決算書を見て確認しましょう。 10万円未満は切り捨てです。 添付する売上データ合計と一致しているか確認しましょう。 添付する青色申告決算書の2枚目の金額と一致するか確認しましょう。 入力すると、給付予定額というものが出てきます。 持続化給付金申請の方法【法人】 書類といってもネット上でアップするのでデータを準備しなければいけません。 写真(JPEG、PNG)やPDFといったデータです。 必要データ(通帳) 持続化給付金は振り込まれます。 口座情報とともに通帳のデータが必要です。 法人名義の通帳です。 通帳は表と、1枚めくったところの写真をアップします。 ネットバンクのみで通帳がない方は、ネットバンクで口座名義や口座番号などが載っているところをスクリーンショットで撮りましょう。 口座情報やお客様情報というところにあります。 スクリーンショットはこの記事を参考にしていただければ。 カメラで撮るのはおすすめしません。 画面が光って見えにくくなることもあるので。 ただ問題は2つのデータをアップするようになっているということ。 ネットバンクだと1つしか準備できないのですが、現状は、同じ画像をそれぞれにアップしています。 これでオッケーかどうかわかりませんが、サイトを読むとネットバンクの場合は、1つあればいいことになっていますので。 通帳のデータは銀行名の他、金融機関コードや支店コードなども必要ですので、ネットで検索して調べましょう。 必要データ(2019年度の確定申告書別表一 別表一とは、法人の確定申告書の1枚目のこういったもののことです。 前年度の売上を給付金の計算に使いますので、確定申告書を税務署に提出したかどうかを確認されます。 写真またはスキャン、スクリーンショットで準備しましょう。 PDFで準備する場合、元々PDF がある場合でも、申請ではこのように分割してアップしなければいけません。 そして大事なのが税務署の収受印。 「受け取りました」という印鑑があるかどうかというもの。 これがなければ出したという証明がないということになります。 紙で出している方は、印鑑が押されているものをカメラで撮れば大丈夫です。 e-Tax で提出した方はメール詳細という書類をつけましょう。 これは[その他必要な書類]というところでアップします。 しかしながらこのメール詳細を見るには、というものを見なければいけません。 利用者識別番号と暗証番号が必要です。 しかも e-Taxはネットサービスでありながら稼働時間がありますので注意しましょう。 原則として平日のみです。 必要データ(2019年度の法人事業概況説明書(1 ) 法人事業概況説明書とはこういったものです。 その1枚目をアップします。 提出義務があるものなので、出しているかと思いますが、もし出していない場合は……。 紙で提出するとここにも収受印を押されることがありますが、なくても問題ありません。 e-Taxの場合は、先に挙げたメール詳細があるので、出した証明はできます。 必要データ(2019年度の法人事業概況説明書(2) 法人事業概況説明書の2枚目もアップします。 ここには売上の推移(月別)が載っているはずですので、前年の売上をこの書類でチェックするわけです。 入力していない場合もあるかもしれませんが。 Excelでつくってもいいし、会計ソフトでもいいとありますが、役所に出す以上会計ソフトのほうが好ましいでしょう。 Excelでつくるとしても明朝体でカチッとつくっておくのが無難です。。 会計ソフトなら総勘定元帳の売上を出すか出すようにしましょう。 売上帳という名前の場合もあります。 ただfreeeで売上データを出すとき普通に出してしまうと、売上が1年間の累計で出てしまいますので、設定で発生に変えて出すようにしておいたほうがいいでしょう。 役所用に。 法人の場合の持続化給付金申請 にアクセスし、法人番号を入れると、その情報を転記できます。 法人番号は、で検索しましょう。 必要データを入れて仮登録し、 メールに届いたリンクをクリックすると本登録ができます。 ログインID は誰かが使っているものは使えません。 申請に入ると、宣誓(不正がないこと)、特例適用の選択をしましょう(通常は一番上の項目です) その後、通帳情報を入力し、通帳データをアップし、売上データを入力し必要書類をアップします。 売上入力の画面は、このようなものです。 法人事業概況説明書の売上高と一致しているか確認しましょう。 10万円未満は切り捨てです。 添付する売上データ合計と一致しているか確認しましょう。 添付する法人事業概況説明書(2)の売上と一致するか確認しましょう。 入力すると、給付予定額というものが出てきます。 もし該当するなら、申請しておきましょう。 ただ、給付金は十分とはいえないかもしれませんが、多少の時間をかせぐことはできます。 その時間を使って、持続化するための行動を起こしましょう。 コロナ以前に戻れないと、ある部分ではあきらめることも大事です。 (私もやめた仕事、あきらめた仕事があります) そのうえで、自分に何ができるか、どんなお役に立てるか。 もし、コロナ以前に戻って元通り仕事ができるようになっても、今考えて動いたことは無駄にはなりません。 こういった記事も書きました。 井ノ上 陽一(いのうえ よういち) 「ひとりしごと」=雇われない雇わない生き方を、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング ひとり社長 ・ひとり税理士 ・アイアンマン スイム3. 8km、バイク180. 2km、ラン42. 日課は1日1新、ブログ。 2007年7月9日以来、日毎日更新中。 1972年12月18日 大阪生まれ。 宮崎育ち東京在住。 娘3歳3ヶ月。

次の

「持続化給付金」とは?もらえる条件や申請方法を税理士が緊急解説!|スモビバ!

持続 化 給付 金 必要 書類

持続化給付金はフリーランス(個人事業主)100万円、法人中小事業者200万円という数字が目玉になっていますが、これは 上限額です。 この持続化給付金は、 一律給付ではなく減収補償なのです。 一時期国会で「休業補償しない」という大臣答弁が目立ちましたが、持続化給付金は休業補償かはともかく減収補償の性格があることは間違いありません。 なお12月以外が決算期の法人に関しては、「令和元年の総収入金額」は直前事業年度の年間収入金額と読み替えます。 また令和元年分や直前事業年度の確定申告書未提出の場合は、その前の年度で読み替えます。 必要な確定申告関係書類:個人事業主 個人事業主と法人では異なりますので、まず個人のほうから取り上げます。 確定申告書(控)または申告内容確認票の第一表 令和元年分(新型コロナの影響で未提出の場合は平成30年分)の 確定申告書(控)第一表が必要です。 またPDFで送信票・申告内容確認票一式を保存している場合、オンライン申請では PDFを丸ごと添付する方法もあります。 受付印もしくは受信日時・受付番号が無い場合は、税務署で納税証明書を取り寄せて提出する方法も認められていますが、e-taxの場合はオンライン上で提出書類を取り寄せる方法があるので後述します。 青色申告決算書(月別売上の記載がある場合のみ) 青色申告者の内、青色申告決算書に月別売上の記載がある場合のみ、 青色申告決算書(控)の1・2ページの提出ができます。 青色申告決算書に関しては、書面申告でも受付印は必須ではありません。 必要な確定申告関係書類:法人 法人の場合は、税理士事務所に申告書作成をお願いしていることが多いので問い合わせして準備することになるでしょうが、 提出対象の事業年度にも気をつけないといけません。 例えば減収対象月が2020年4月の場合、4月決算法人であれば2018年5月1日~2019年4月30日が事業年度の確定申告関係書類が必要であり、これは申告を済ませていることが一般的と考えられます。 これが3月決算法人になると、2019年4月1日~2020年3月31日が事業年度の確定申告関係書類となり、 申請段階で申告が済んでいないことも考えられます。 法人においても直前事業年度の申告が済んでいない場合は、その前の事業年度に関する確定申告関係書類でも可能です。 電子申告の場合は「受信通知」で代用できることも ところで確定申告書(控)のコピーを提出するに当たっては、速報版の申請要領では 受付印の存在が強調されていました。 しかし受付印は書面提出の場合に税務署で押してもらえるものであり、電子申告(e-tax)では受付印はありません。 税務署や署外特設会場において申告した場合、青色申告決算書は手書き作成するため受付印をもらえますが、確定申告書はパソコンを使ってe-tax送信するのが原則となったため受付印をもらえるケースは限定的です。 会場申告した場合の申告内容確認票B第一表には、受付日時・受付番号が記載されるはずなので大きな問題にはならないのですが、作成コーナーから電子送信した個人事業主や、電子申告した法人の場合は 受信通知でも代用できます。 なお受信通知は提出を証明するために「代用」できるものですので、提出は必須ではないことをご理解ください。 作成コーナーから電子送信した個人 実は受信通知は、用意するのが簡単とは言えません。 受付番号・受付日時が記載された申告内容確認票B第一表が見当たらない場合、 すでに申告した分のデータをdataファイルで保存していれば復元することもできますので、できるならこの方法をとりたいです。 この復元は、土日祝のようなe-tax利用可能時間外でも可能です。 メッセージボックスのアクセスは、 平日のe-tax利用可能時間でないとできません。 ゴールデンウィーク中にアクセスできず先に進まないという声が、申請したい方のSNSで見受けられました。 電子申告した法人 法人で電子申告した場合も、個人と同様の受信通知(メール詳細)が発行されます。 税理士事務所が電子申告していてメール詳細が見当たらない場合、このメール詳細が発行されているか問い合わせてみてください。 (執筆者:AFP、2級FP技能士 石谷 彰彦).

次の

「持続化給付金」とは?もらえる条件や申請方法を税理士が緊急解説!|スモビバ!

持続 化 給付 金 必要 書類

持続化給付金の申請の証拠書類は9枚(9ファイル)だった 先日、個人事業者として、持続化給付金の申請を行いました。 その時に、必要書類として提出した書類はPDFファイルで9ファイルでした。 すべてが1ページのファイルです。 その構成は以下のようになります。 (必要な書類の種類は、それぞれの方の事情により異なります)• 受信通知• 確定申告書の第一表• 所得税青色申告決算書1ページ目• 所得税青色申告決算書2ページ目• 対象月の売上帳• 通帳のオモテ面• 通帳を開いた1・2ページ• 運転免許証のオモテ• 運転免許証のウラ 売上帳以外はスキャナで読み込んでPDFファイルにしたものです。 すべて、 1ページのみのファイルです。 売上帳はエクセルで自作し、それをPDF化しました。 通帳のオモテ面と1・2ページもまとめて1ファイルにしていました。 さらに、運転免許証のオモテとウラもまとめて1ファイルにしていました。 ところが、いざ、申請サイトで入力をしていくと、 すべての書類は単独の別ファイルとしてアップしていく作りになっていたのです。 なので、入力を中断して、まとめてつくったファイルは単独の別ファイルとして作り直すことになりました。 その結果、上記のような、1ページだけからなる9個のファイルを用意することになったわけです。 申請入力自体、緊張するのに、とんだ想定外の展開で、焦りました。 焦ると、ミス入力の原因にもなりかねません。 冷や冷やものでした。 スポンサーリンク まとめ 持続化給付金のオンライン申請において、必要書類は指定の個所でアップすることになります。 そのとき、書類はすべて1ページの別ファイルの形でアップしていくようになっています。 よって、アップする必要書類は、1ページずつの別ファイルの形で準備しておかなければなりません。

次の