としまえん 事故。 定時点検で死亡女児発見、としまえんプール事故

としまえんプール死亡事故の裁判と判決はいつ?森本優佳の親が訴訟提訴!

としまえん 事故

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 事故があったのは、東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプール。 15日午後、女児は監視員に発見され、病院で死亡が確認された。 女児が遊んでいたのは、水面に浮かべた大型遊具などがある子ども向けエリア「ふわふわウォーターランド」。 プールは最も深いところで1・9メートル。 利用者全員にライフジャケットの着用を求めていて、女児も身につけていた。 警視庁は、遊具の下に潜り込んだ後、ライフジャケットの浮力で出られなくなり、おぼれた可能性があるとみて調べている。 事故を受け、今シーズンはこのエリアの営業を取りやめた。 大型遊具は空気で膨らませるもので「エア遊具」と呼ばれている。 製造・販売会社などでつくる「日本エア遊具安全普及協会」(東京)によると、エア遊具は屋外に設置する大型の滑り台などで普及が始まり、約20年前からショッピングセンターの子ども向けコーナーなどでも目立つようになった。 5年ほど前から、海水浴場やプ….

次の

「としまえん」プールで8歳女児死亡…ライフジャケット着用でも事故を防げなかった盲点とは

としまえん 事故

15日午後2時10分ごろ、東京都練馬区向山3丁目の遊園地「としまえん」にあるプールで、水面に浮かべられた遊具の下の水中に女児がいるのを監視員が見つけた。 女児は病院に搬送されたが、午後4時ごろ死亡が確認された。 警視庁は女児がおぼれたとみて、詳しい経緯を調べている。 練馬署によると、死亡したのは埼玉県朝霞市仲町1丁目の小学3年生、森本優佳さん(8)。 両親と妹(1)の家族4人で訪れていたという。 同署によると、森本さんが見つかったのは、水面に浮かべた大型遊具などで遊ぶ子ども向けエリア「ふわふわウォーターランド」。 としまえんによると、競泳用の50メートルプール(8レーン)に設置されていて、水深は最も深いところで1・9メートルある。 利用者全員にライフジャケットの着用を求め、身長110センチ未満の子どもは大人の付き添いが必要だ。 森本さんの身長は110センチ以上だった。 ライフジャケットも着けていた。 このエリアでは正午と午後2時、利用客にプールから上がってもらったうえで点検をしている。 森本さんは午後2時の点検の際に、「浮島」と呼ばれる遊具の下で見つかった。 正午の点検では異状はなかったという。 ここには監視員が7人配置され、当時は約270人が利用していた。 監視員は、利用客に「遊具の下に潜り込まないように」と呼びかけていたという。 としまえんは事故を受け、このエリアの営業を中止し、この日のナイトプールも取りやめた。 16日は、プール全体の営業を中止する方針だ。 東京都北区から園を訪れた女性は以前、「ふわふわウォーターランド」で9歳の息子を遊ばせたことがあった。 「息子は足がつかず、『怖かった。 もう行きたくない』と言っていた」と話した。

次の

としまえん閉園はいつが決定!プール温泉庭の湯・メリーゴーランドはどうなる?

としまえん 事故

15日午後2時10分ごろ、東京都練馬区向山3丁目の遊園地「としまえん」にあるプールで、水面に浮かべられた遊具の下の水中に女児がいるのを監視員が見つけた。 女児は病院に搬送されたが、午後4時ごろ死亡が確認された。 警視庁は女児がおぼれたとみて、詳しい経緯を調べている。 練馬署によると、死亡したのは埼玉県朝霞市仲町1丁目の小学3年生、森本優佳さん(8)。 両親と妹(1)の家族4人で訪れていたという。 同署によると、森本さんが見つかったのは、水面に浮かべた大型遊具などで遊ぶ子ども向けエリア「ふわふわウォーターランド」。 としまえんによると、競泳用の50メートルプール(8レーン)に設置されていて、水深は最も深いところで1・9メートルある。 利用者全員にライフジャケットの着用を求め、身長110センチ未満の子どもは大人の付き添いが必要だ。 森本さんの身長は110センチ以上だった。 ライフジャケットも着けていた。 このエリアでは正午と午後2時、利用客にプールから上がってもらったうえで点検をしている。 森本さんは午後2時の点検の際に、「浮島」と呼ばれる遊具の下で見つかった。 正午の点検では異状はなかったという。 ここには監視員が7人配置され、当時は約270人が利用していた。 監視員は、利用客に「遊具の下に潜り込まないように」と呼びかけていたという。 としまえんは事故を受け、このエリアの営業を中止し、この日のナイトプールも取りやめた。 16日は、プール全体の営業を中止する方針だ。 東京都北区から園を訪れた女性は以前、「ふわふわウォーターランド」で9歳の息子を遊ばせたことがあった。 「息子は足がつかず、『怖かった。 もう行きたくない』と言っていた」と話した。

次の