テレビ 体操 2019。 どうでもいいこと072 テレビ体操健康法を試してみる 2019.8.30ー

元日の朝は 年に一度の豪華版! 新春テレビ体操 |NHK_PR|NHKオンライン

テレビ 体操 2019

しかし、昨日 2019年3月29日 現在、名川さんが2019年度も続投という情報が全く得られていない。 2018年度に能條貴大 のうじょう たかひろ さんが加入した時点で「もしや」という気もしていたが。 2018年度の朝の放送で名川さんが登場するのは、本日が最後。 心して観るべきだろう。 オイラは録画予約完了なのですよ。 テレビやラジオの番組表を見ても名川さんの名前は出ず。 本日と明日に名前を見ることが無ければ、いよいよか…と思うことだろう。 尚、名川さん以外のメンバーは全員、続投が確定している。 そう言えば、本日は『 』が放送される日。 例年、3月に放送される回では『テレビ体操』メンバーが番宣がてら体操をやることになっているのだが…はてさて今回はどうなるやら。 そしてそして…話は戻るが、2019年度は新しいアシスタントが登場することが発表されている。 矢作あかり やはぎ あかり さんという東京女子体育大学卒の方だそうな。 アシスタントは少なくとも7人体制ってことですな。 尚、矢作さんの加入情報は を探っていくと分かったのですよ。 既に新加入の情報をキャッチしている方もあり、期待の高さを物語るような。 名川さんと矢作さんが入れ替わり…ってことだろうか? しかし、メンバーは変われど、テレビ体操の本質はそう簡単には変わらない。 古さと新しさを上手く取り入れながら、これからも続いていくのだろう。 【追記】2019. 01 15:15 本記事更新後、体操の公式サイトそのものがリニューアルされた。 『 』『』『 』がそれぞれ独立し。 出演者を見ると、どこにも名川さんの姿はなく、2018年度で勇退となった。 名川さんの勇退は惜しまれるが、代わりと言って良いだろうか、矢作さんの姿がある。 今は出番が少なめだが、今後の活躍に期待しよう。 詳細は各講座のタイトルをクリック、または、タップ 誰でも受講できるもので申込締切が早い順に掲載。 色の意味が分かれば、今のご自身の胸の内も分かるのですよ。 概要は勿論、その日から使える知恵も学べるのですよ。 情報提供元: 調べるとか調べないとか.

次の

<年に一度の豪華版!>2019年1月1日放送の NHK「テレビ体操」をみのがすな!

テレビ 体操 2019

「深夜帯の5分番組だったこともあり、普通に流していたら他の番組のなかに埋もれて1回で終わってしまうだろうという危機感があった。 自分たちの親にあたる世代ではテレビ欄で番組情報を知るのが一般的であったと思うが、自分たちの世代は『Twitterで話題になった番組を見る』という形が自然。 勝目氏は、「(実験的な意味合いの強い)開発番組であったので、成果を残す必要があった。 そもそも『筋トレ』というコンテンツ自体、繰り返し視聴しなければ意味がない。 テレビでは1度しか流れないので、コンテンツとしてはおのずとWEBとの親和性が強くなる。 『動画コンテンツとしてどれほど再生されるか』という点に重きをおいた」とコメントした。 「YouTube『みんなで筋肉体操』腕立て伏せ ~ 厚い胸板をつくる」より 「(第一弾放映から約半年ほど経過した)2019年3月時点でも、YouTube動画は1日3万件程度再生されていた。 まったく同じコンテンツがYouTubeとテレビの両方で流れていたのが面白い」と吉川氏。 これに対し、NHKの勝目氏は「YouTube展開も『全方位戦略』のひとつ」とし、それぞれプラットフォームの特性に合った出し方を模索した結果であると述べた。 「従来はテレビでの『事前宣伝番組』で認知をはかっていたが、『みんなで筋肉体操』ではこの施策をやめ、Twitter向けに独自制作した『事前宣伝動画』を公開した。 テレビから離れるというよりは、プラットフォームごとに特化したコンテンツ設計を行ったかたち。 この施策により、Twitter上でトレンドを獲得することができた」。 「いまの若者層には『世の中の情報が多すぎる』という感覚を持つ人が多い。 情報過多時代に考えなければならないのは、『いかに情報を間引くか』が重要となる単純に『なんだろう』と思うことがあったら、いまや生活者は自ら調べてしまう。 (コンテンツが認知を得たあとは)いかに検索へ誘導させるかが重要」と吉川氏。 『みんなで筋肉体操』は、テロップなどの演出が最低限に抑えられており、出演者についても職業・氏名以外にプロフィールの紹介などは番組中では特に行われない。 これについて、NHKの勝目氏は次のように話す。 「意識したのは『筋トレのガイドであること』と、『テレビを見ながら筋トレをする』ということ。 『みんなで筋肉体操』は、(抜粋ではなく)『5分の筋トレ』になるよう構成している。 HDYの吉川氏は、「番組を見て『見た甲斐があった』と(視聴者に)思ってもらうことが大事なのでは」と指摘し、「昔の視聴者は情報量が多いことを単純に喜んでいたが、いまどきの視聴者は、自分が接触した情報やメディアが『役に立ったか』『見た甲斐があったか』と、情報に対する満足度を大事にする考えにシフトしている」とコメントしていた。 公式HPより 2018年大晦日の『NHK紅白歌合戦』には、『みんなで筋肉体操』出演陣から武田真治氏と弁護士の小林航太氏、庭師の村雨辰剛氏が登場。 歌手の天童よしみさんのステージにあわせて武田氏がサックス演奏を披露し、その脇で小林・村雨両氏がポーズを決めるなど、番組そのままの演出がSNS上でも大きな話題となった。 「紅白(歌合戦)はその年に流行ったコンテンツの見本市的な性質があるので、(オファーが)来るのではとは思っていた」と語る勝目氏。 「出演にあたり『絶対にしてほしくないこと』を紅白歌合戦の担当ディレクターに伝えた。 そのひとつが『ダンベルを使用しないこと』。 『みんなで筋肉体操』はあくまで『自宅でできる筋トレ』を標榜しているので、そのメッセージが曲がって伝わってはいけない。 『道具を使わず筋トレする』ということをしっかり伝えるため、ダンベルを使った演出はしないよう伝えた」。 そして、梅原氏は「紅白歌合戦に出ることは我々にとって最大の宣伝だったので、『筋トレさえバカにしなければ何をしてもいいです』と送り出した。 この姿勢こそが『みんなで筋肉体操』を良質なコンテンツへとたらしめているのかもしれない。 梅原氏は、「『スクリーン過多時代』のコンテンツで重要なのは『お客さんを連れてくる力』と『連れてきたお客さんを逃がさない力』。 『みんなで筋肉体操』だと、まず「あえて説明しない」ことや「撒き餌をまく」ことで、お客さんを番組へ連れてきた。 しかし(お客さんを)連れてきたはいいが、その中に筋が通ってないコンテンツは切られる。 『みんなで筋肉体操』は『筋トレと心中する人向けのコンテンツ』であることにこだわったので、その番組の「芯」の部分だけは、絶対にブレないように意識した。 勝目氏は、「情報が多い時代には『作る人の必然性を感じるコンテンツ』が求められる。 『みんなで筋肉体操』も(体操番組である)『みんなの体操』など60年やってきたNHKがやるから意味がある。 『この人がこれをやる意味がある』ということが大事。

次の

NHK「みんなで筋肉体操」にみる、SNS時代の番組づくり「Advertising Week Asia 2019レポート」

テレビ 体操 2019

オススメ!2019. 25 元日の朝は 年に一度の豪華版! 新春テレビ体操 【放送予定】1月1日(水・祝)[Eテレ]前6:25 【再放送】1月2日(木)[Eテレ]後0:50[総合]後4:10 毎朝6時25分から10分間、365日休まずに放送している番組、。 通常は体操指導者とピアノ演奏者それぞれ1人ずつと、体操アシスタントの女性3~5人でお送りしていますが、実は毎年1月1日は「新春テレビ体操」と題して、テレビ体操の指導者3人、ピアノ演奏者3人、そして体操アシスタント7人の計13人が勢ぞろいして、豪華版をお送りします。 出演者勢ぞろい スタジオもお正月らしく スタジオセットも、出演者のみなさんの衣装も、毎年趣向を凝らしています。 そういうご意見もいただいています。 検討していきたいと思います。 来年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピック。 新体操の要素も取り入れて華やかに、でも皆さんがきちんと体を動かせることをまず第一に放送します。 1日10分、時間内で楽しく体操をしてもらい、皆さんの健康づくりにお役に立てればと思います。 明日からのテレビ体操もご覧いただき、通常バージョンと「新春」バージョンの違いにもご注目ください。

次の