国保 連 伝送 ソフト。 国保連への伝送や介護支援ソフトを紹介|介護システムなび

ケアネットメッセンジャーインターネット請求(伝送)

国保 連 伝送 ソフト

お知らせ 審査結果通知(返戻関連通知)の内容及び対応方法について 本会へお問い合わせいただく前に下記の内容をご参照ください。 記載以外の主なエラー対応方法等は全体版をご参照ください。 〇請求明細書・給付管理票返戻(保留)一覧表 お問い合わせの多い内容 備 考 エラーコード 内 容 対応方法 ANN9 対象となる給付管理票は存在しません。 ANNJ 過去に該当する給付管理票を提出済みです。 12P4 受給者台帳記載の支援事業所番号と一致しません。 12P5 受給者台帳記載の居宅サービス作成区分と一致しません。 12PA 変更申請中の受給者です。 PDFファイル 別ウインドウ表示• 介護電子請求ヘルプデスクについて インターネット請求開始の手続き、電子請求に関する問い合わせは下記までお電話ください。 受付時間 請求期間(毎月1日~10日) 平日…10:00~19:00、土・・・10:00~17:00(日・祝日を除く。 ) 請求期間以外(毎月11日~月末) 平日…10:00~17:00(土・日・祝日を除く。 ) 連絡先(平成29年4月1日から変更されています) TEL:0570-059-402 FAX:0570-059-422 E-MAIL:mail-kaigo support-e-seikyuu. jp 1. 介護給付費請求までの準備 (1)県への届出が受理されると、県から国保連合会に事業所情報が送信されます。 (2)国保連合会より関係書類が郵送 簡易書留 されます。 介護給付費等の振込み先に指定する金融機関等について記入していただく用紙です。 代表者と介護給付費の受領者が異なる場合に、提出していただきます。 介護給付費等のインターネット請求について (1)介護保険事業所のインターネット請求登録に関する届 介護給付費をインターネット請求するための提出書類です。 PDFファイル 別ウインドウ表示• (2)介護保険インターネット請求に係る事業所説明会資料 介護保険のインターネット請求に関する手続き、電子証明書の所得方法、代理人申請等について解説されています。 PDFファイル 別ウインドウ表示• 介護電子請求媒体化ソフトVer. 3とマニュアル 居宅療養管理指導、福祉用具の介護給付費明細書および主治医意見書作成料請求書の請求データが作成できる電子媒体化ソフトです。 インストールマニュアルと操作マニュアルをご覧の上、ご利用ください。 EXEファイル• PDFファイル 別ウインドウ表示• 介護給付費適正化関連 医療情報との突合支援並びに、縦覧点検に関する処理日程及び本会から送付する確認届の記入方法等について解説しています。 PDFファイル 別ウインドウ表示• 免除届出関連 介護給付費を帳票請求可能な場合に提出する書類です。 PDFファイル 別ウインドウ表示•

次の

国保連への伝送や介護支援ソフトを紹介|介護システムなび

国保 連 伝送 ソフト

国保連への請求データはNTTデータアイより伝送され、高いセキュリティ環境と安心のサポート体制が特徴です。 おくる君 「おくる君」は「まもる君」というクラウド型ソフトのオプション版です。 「まもる君」と同時契約が必要で、「まもる君」利用時に伝送サービスとして「おくる君」を追加できます。 ケア樹Free 1日程度の説明ですぐに使えるようになる初心者にもわかりやすい画面設計です。 無料で使えるiPadアプリあり。 クラウドサービスなので災害時もデータは安全に保管されます。 けあ蔵 専用サーバを経由して請求データを国保連に請求する伝送代行サービスです。 初期費用は不要で月額制、どのメーカーの介護請求ソフトで作成されたものでも伝送可能です。 ケアネットメッセンジャー 国保連への伝送に特化したサービスです。 請求ソフトは原則どのメーカーのものでも伝送できます。 シンプルな画面で簡単に操作でき、費用もリーズナブルです。 国保連伝送のソフトには、伝送機能のみの介護ソフト(伝送サービス)と、伝送機能に加えて給与計算や業務管理の機能もある介護ソフトの2種類があります。 「伝送機能のみを導入したいのか」「他の機能も必要か」「どの程度の機能が必要なのか」で選ぶソフトが絞られます。 各介護ソフトの対応範囲は、上記介護ソフト一覧の「ソフト詳細」よりご確認ください。 介護保険請求(国保連伝送)の介護ソフト 導入検討理由 介護ソフトナビでお問い合わせいただいた事業所様に、ソフト導入の検討理由を教えていただきました! ・帳票作成用のソフト導入を検討しており、同時に国保連請求もできるものを探している。 ・新しく事業をはじめるので、伝送ができる介護ソフトを検討している。 ・現在使用しているソフトの月額費用よりも費用が抑えられて、伝送もできるソフトを導入したい。 ・介護ソフトを導入しておらずCD-Rで送付していたが、伝送サービスの利用を検討している。 国保連請求をする際に、CD-Rなどの磁気媒体での送付からインターネット請求に変更するかどうかを検討している方もいらっしゃるようでした。 また、介護ソフトにはさまざまな機能を持つソフトがありますので、 国保連伝送機能の他にどのような機能があった方が良いのか、予算とともに検討されている方もいらっしゃいました。 同じような理由で、介護ソフトの導入を検討されているようでしたら、介護ソフトナビでソフトを比較検討してみませんか?.

次の

国保連への伝送や介護支援ソフトを紹介|介護システムなび

国保 連 伝送 ソフト

ゆとりある介護を実現するための支援ソフト 業務効率化のために 会計ソフトは、お金の動きを管理するためのものです。 面倒な記帳の作業を、会計ソフトが代わりに行なってくれます。 会計ソフトを導入すると、より正確な業務ができるようになります。 手書きで帳簿をつけるよりも、圧倒的に業務の効率化を図れます。 なお、定期的にデータを入力することで、現状の把握がしやすくなるというメリットもあります。 現状の把握ができていれば、今後起こりそうな問題にも早く気付けます。 会計ソフトを導入して経理業務の問題が解決されれば、経営目標の達成にもつながる可能性があります。 会計ソフトを導入すれば、必ず経営目標が達成されるというわけではありませんが、少なくとも経理業務の効率化を図れることはいうまでもないでしょう。 ちなみに介護事業所専用の会計ソフトもあります。 会計ソフトを購入する際は何種類か試して最適なものを選ぶようにしましょう。 介護ソフトの選び方 国保連への介護請求に役立つ支援ソフトや伝送ソフトを選ぶ時は、便利な機能が備わっていることも重要ですが、導入後のサポートにも着目するべきでしょう。 サポート体制が整っていれば、介護支援ソフトや国保連への伝送請求を行なう伝送ソフトの操作方法に迷った時のタイムロスを最小限に抑えられます。 また小さな事業所では、立派な機能が備わっていても、それがかえって邪魔になる可能性があります。 介護ソフトによって備わっている機能やサポート体制などが異なるので、ニーズに合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。 その他にも、介護ソフトを導入するメリットはいくつかあります。 今までは人づてに聞かないと分からなかった情報も、まとめて管理できるようになるので、状況把握にかけていた時間の節約にもなります。 介護支援ソフトや伝送ソフトを活用し、国保連への介護保険請求に関する事務処理の負担を減らしましょう。 介護システム一覧• ほのぼの ほのぼのシリーズは、福祉業務支援システムです。 このシリーズは平成4年から現在に至るまでの20年間に渡って提供されており、介護現場のニーズに合わせて着実に進化を遂げています。 その時代に合わせてラインナップを充実させていき、さまざまな要望に応えられるように多数のソフトを提供しています。 ほのぼのは、この名前のソフトが単体で存在するわけではなく、シリーズとして展開している業務支援システムです。 シリーズのラインナップは50以上あり、製品の中から事業内容にフィットするものを選べます。 なお、iPhoneやiPod touchでケア記録を入力できる「ほのぼのNEXT」も登場していますので、タブレット端末を利用して事務所との連携を図ることが可能です。 さまざまな事業所に合わせて細かく対応しているので、操作も簡単なのが魅力です。 導入の際は詳細なコンサルティングを行ない、最適なソフトを提案してくれるので選ぶ方も安心です。 介護の森 介護の森には、小規模事業所向けのタイプと、小規模多機能型居宅介護などに向いているタイプがあります。 小規模事業所には、必要最小限の機能だけ備わっていて低コストで導入可能な「介護の森SaaS」、業務をまとめて管理したい時には管理機能が備わっている「介護の森Pro ASタイプ」がオススメです。 またISDN回線や専用の伝送ソフトが不要で国保連への伝送請求を行なえる「介護請求伝送サービス」もありますので、事業所の規模やニーズに合わせて最適な支援ソフトを選べます。 操作でわからないことがあった時も、電話サポートがあるので返信待ちの時間を節約します。 ちなみにユーザー会や講演会なども開催されますので、サポート体制を重視する時にも最適です。 カイポケ カイポケは、国保連への介護請求業務に必要な機能が備わっています。 業務の手間を削減するだけでなく、チラシ作成などの利用者獲得に関するサポートも行なってくれます。 また無料の求人広告もありますので、職員募集の手助けにもなります。 現状の介護保険制度では、介護サービス利用料の1割は自己負担で、残りの9割は国から支払われます。 そのため、まずは国保連に介護請求をする形となりますが、それとは別に利用者さんに対する請求を行わないといけません。 それぞれを別で用意すると大変ですが、カイポケを利用すれば、国保連への介護請求と同時に利用者さん用の負担分請求書類も作成できます。 また請求データを作成すれば、引き落とし用の書類が簡単に作成できます。 集金までの手間が省けるので、導入する前よりも事務作業にかけていた労力を削減できるのです。 その他にも、介護報酬早期入金サービスを活用すれば、まとまった資金を調達したい時にも役立ちます。 ワイズマン ワイズマンの介護ソフトは、使いやすさを重視しているのが特長です。 洗練、スピード、満足という3つのコンセプトをもとに、使いやすさを追求したシステムとなっています。 事業所の種類から最適な製品を選べるので、ソフト選びも迷いません。 ムダな機能をそぎ落とし、スムーズに操作できるのが魅力です。 その他にも、法人内のケア記録を共有できたり、より分かりやすい請求書を作成することができたりと、かゆいところに手が届く介護ソフトが充実しています。 ちなみにバックアップやバージョンアップが不要なので、面倒なメンテナンスの手間も減らせます。 なお導入の際には要望をヒヤリングして的確な提案を行ないますので、こちらのニーズを明確にしておけば、最適なソフトを導入できます。 デモ機による実演なども行なわれますので、実際に使った時の雰囲気を確かめられます。 またセキュリティ機能も強化しているので、いろいろな意味で安心して使える介護ソフト製品だと 言えるでしょう。 介護ソフトには便利なものがいくつもありますが、 特にオススメなのはこれからご紹介する「介護の森」という支援ソフトです。 「介護の森」、そして国保連への伝送請求をインターネットで行える「請求伝送サービス」などがあり、事業所の規模やニーズに合わせて最適なものを選べます。 介護の森 利用者さんの数が多い事業所では、利用者情報管理機能が備わっている介護の森がオススメです。 利用者さん別で情報を管理できるので、資料を探す手間が省けます。 介護の森であれば情報の共有が円滑に行なえるので、共有漏れによるヒヤリ・ハットも起こりにくくなるでしょう。 ・利用者さんの数が多いので、情報を整理してまとめるのが大変…• ・事務処理の負担を軽減し、スタッフがケアに集中できる環境を作りたい• ・計画書の作成やシフト管理などをまとめて行ない、業務を円滑に進めたい 上記のようなケースに該当する場合は、計画書の作成から利用料の請求などを幅広くシステム化できる介護の森を選ぶのが適切です。 介護請求伝送サービス 国保連への介護請求データを、インターネット回線で伝送する伝送ソフトです。 ISDN回線や、専用の伝送ソフトが不要なのでコスト削減になります。 国保連への伝送請求をフロッピーなどで行なう時よりも、伝送ソフトの方が国保連の審査結果を早く受け取れます。 なお現在利用中のソフトはそのまま継続できますので、国保連への伝送請求に役立ちます。

次の