どんな とき も wifi 利用 停止。 「極めて多数の利用者の利益損なった」──「どんなときもWiFi」運営元に行政指導 “無制限”うたうも通信ままならず

どんなときもWiFiのキャリアはdocomo/au/SoftBank

どんな とき も wifi 利用 停止

住んでる田舎の情報• 毎年雪が1mは降る【スキー場近くにあり】• 熊の目撃情報も出る【ホンマ外出れなかったです】• 電車は1時間に1本 私が持っているどんなときもWIFI もうこれがあれば、正直他に何もいらない感じです。 最強WIFIとはこのことでしょう。 WIMAX回線も高速で良いんですが、やっぱりつながらない時が多いのは少し問題です。 LTE回線なので、携帯が使えるなら使える どんなときもWIFIは田舎でも使えます。 LTE回線利用なので、携帯が使えるエリアならどこでも使えます。 先も言いましたが、私自身、熊が出て電車が全然こない田舎で使えてるので確実です。 (なんでそんなとこに住んでるのか 笑) 今読まれてる方が田舎に住んでらっしゃてて、携帯を普通に使えてるなら使えますよ。 どんなときもWIFIは携帯と同じ電波を使うので。 実家は世の中から隔離された環境です。 こんなど田舎でもネット難民にならないのは「どんなときもWiFi」のおかげです。 通信制限を気にせずに使えるから動画も見放題! 4G 回線だからスピードはそんなに早くないけど動画を見る程度なら問題ない。 例えば、ある地域でauだと思ったら、違う地域でsoftbankだったりします。 なので大手3キャリアの回線がつながる地域なら、確実につながるわけです。 気になったら早めの問い合わせがおすすめです。 月額3. 380円でポケットWIFIが使える• 無制限でネットが楽しめる(月300GBなので、ほぼ超えない)• 他社と比べて最安値の料金 どちらも利用は可能。 しかしWIMAXが夜に遅い時がある 「どんなときもWIFI」も「WIMAX」も、両方とも住んでる田舎では使えています。 ただしWIMAXは夜に遅い場合があります。 実際速度チェックしても40Mbpsとかですしね。 WIMAXは高速回線ですが、障害物に弱い特性を持っています。 なので夜で利用者が多いと、少しつながりにくい時があるんですね。 ホームルーター(コンセントさして使うやつ)のWiMax使ってみてるんだけど、昼間50Mbpsくらい出てたのが夜になると0. 実際に両者を2週間速度チェックした記事を作りました。 良ければ参考にしてください。 携帯がつながらない場所なんて、今ほとんどないよね。 今いる場所に一番合った回線に接続してくれます。 自分の体験上では「softbank」に接続されることが多いですね。 SNSでもその評価が多いです。 噂通りどんなときもWiFiの接続先はソフトバンクになっておる。 利用料金はアジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米で1. 280円、中東・南米・アフリカで1,880円です。 どれも1日料金ですね。 どんなときもWIFIの良いところは、海外でSIMカードを入れ替えずにそのまま利用できることです。 普通は空港や町で変えるので面倒だったりしますけどね。 クラウドSIMなので、そのまま使えます。

次の

【最新状況】どんなときもWiFiの通信障害【遅い・繋がらない時の対処法も】|モバイルWi

どんな とき も wifi 利用 停止

【出典】どんなときもWiFiならデータ容量無制限 月額3,480円で何ギガ使っても速度制限なしという、革命的なサービスで話題の「どんなときもWiFi」。 しかし、使い放題であるはずのどんなときもWiFiでも、条件によっては速度制限や利用停止になることがあるんですね。 条件1. ネットワークを占有するレベルの大容量通信を行ったとき どんなときもWiFiで速度制限にかかる条件の1つ目は、 ネットワークを占有するレベルの大容量通信を行った時です。 他の利用者の通信を著しく阻害する大容量通信を行っているユーザーに対しては、たとえ どんなときもWiFiでも速度制限が課されます。 いくら速度制限なしとはいえ、 無限に通信データを提供できるわけではないんですね。 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 【引用】 また、どんなときもWiFiで速度制限となった際の通信速度は 384Kbps。 ドコモ・au・ソフトバンクの通信速度制限128Kbpsと比べると、384Kbpsは約3倍の通信速度ではありますが、快適な動画閲覧には不十分な通信速度と言えます。 とはいっても、どんなときもWiFiで速度制限になるのは、ファイル共有ソフトで何百ギガもの通信を行うなど、よほどの大容量通信をした時だけ。 動画を長時間見たりアプリをたくさんダウンロードしたくらいでは、速度制限になることはまずありえないため、 一般的なユーザーにとってはないに等しいと言えるでしょう。 条件2. 違法ダウンロードなど不正利用が疑われた場合 違法ダウンロードなど不正な利用が疑われる場合、利用停止になることがあります。 というのも公式サイトには「違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります」と記載があるため、いきなり利用停止になってしまうことが想定されます。 また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。 【引用】 もっとも常識的に違法ダウンロードは行わないほうが良いでしょう。 違法ダウンロードとは例えば• トップページ• 購入ページ 以上に表示されています。 ダウンロードを行う前に、エルマークが表記されている販売サイトなのか、一度確認してみてください。 また、コンテンツが 違法なものだと知ったうえでダウンロードした場合にも刑事罰の対象となってしまいます。 うっかり違法ダウンロードになることも そもそも映画や音楽の権利者から訴えられれば、刑事罰の対象となります。 違法コンテンツと知らずにうっかりダウンロードしてしまった場合は、刑事罰の対象にはなりませんが、違法コンテンツだと知った時点でファイルを削除しておく必要があります。 違法ダウンロードだと分かった後に引き続きコンテンツを保存している場合は、 処罰の対象となるため無料ダウンロードの扱いには十分に注意が必要です。 私的使用の目的であっても、有償著作物等(Q2 参照)の場合には、著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信(Q3、Q6 参照)を受信して行うデジタル方式の録音又は録画(Q4 参照)を、自らその事実を知りながら行って著作権又は著作隣接権を侵害(問Q5参照)した者は、2 年以下の懲役若しくは 200 万円以下の罰金に処し、又はこれを併科することとされています(平成 24 年 10 月 1 日施行)。 【出典】文化庁 どんなときもWiFiを光回線の代わりに利用したいけど、ほんとに大丈夫かな… 違法ダウンロードや超大容量通信を行わないかぎりは速度制限になることはなくても、制限にかからないための対策を知っておくのは損ではないでしょう。 対策1. 動画のアップロードを並列で行わない Youtubeなどの動画サイトに頻繁に動画を上げている方や、データをクラウドストレージに保存している方などは、大容量の動画を一斉にアップロードすることもあるのではないでしょうか。 しかし、どんなときもWiFiを使うときは 並列でのアップロードは控えておいたほうが無難でしょう。 その理由は、どんなときもWiFiが 通信速度制限を行う基準値を公開していないから。 先の引用内容では、どんなときもWiFiでデータ通信制限が起きる条件として、 昼間はいくら並列アップロードしても大丈夫だったのに、夜は速度制限されちゃう… なんてこともあるかもしれません。 どちらにせよ、動画のアップロードを1つずつ行うことで速度制限にかかる可能性はグッと低くなることでしょう。 対策2. テザリングで同時通信している端末数を減らす テザリングとはスマホをアクセスポイントとして、PCやゲーム機など端末をネットにつなげる機能のこと。 複数の機器をネットにつなぐことができ非常に便利な機能ですが、全ての機器のデータ通信をまかなうため、 通信量が一気に増えてしまうとも想定できます。 そのためスマホやPC、ゲーム機やテレビなどを同時に使った結果、通信量が多すぎて速度制限にかかることも考えられます。 あまり多くの機器をつなぎ過ぎると通信制限にかかってしまうリスクがあがるため、なるべく使わない端末のWi-Fi通信をオフにしておくことをオススメします。

次の

どんなときもWiFiの評判からわかった全デメリット【2020年7月】

どんな とき も wifi 利用 停止

この記事でわかること• クラウドWiFiの中でも圧倒的な人気を誇っていた「Mugen WiFi」が新規の受付を停止した• 公式サイトには「コロナの影響で在庫の確保ができない」と書いてあるが、どうもクラウドWiFi自体の雲行きが怪しくなっている• これからポケットWiFiを申し込むのであれば、やはり「WiMAX」の方が安心かもしれない 本日(4月10日)21時頃、人気のクラウドWiFi(無制限ポケットWiFi)「」の新規受付が停止しました。 原因は 「コロナウイルスの影響で、端末の供給ができなくなったため」とされています。 おそらく理由としては本当ではあるものの、ここ最近のポケットWiFi業界の動きを見る限り、 どうも「クラウドWiFi」自体の存続を危ぶむ声が聞こえている。 2020年になってからの主なクラウドWiFi• 2月中旬、どんなときもWiFiで通信障害が発生• 3月上旬~下旬、どんなときもWiFiの通信障害が多発• 4月3日、どんなときもWiFiが新規の受付を停止• 同日、hi-ho GoGo WiFiが新規の受付を停止• 4月10日、Mugen WiFiが新規の受付を停止 トラブルの始まりは「どんなときもWiFi」でした。 そして、この1週間で3社も新規の受付が停止しております。 こうなってくると、 クラウドWiFi自体が「何かしらトラブルを抱えているのではないか」と思う人が出てきても不思議ではないでしょう。 どんなときもWiFiは違約金無料で解約も可能となっている クラウドWiFiの仕組みをおさらい クラウドWiFiとは何か。 ルーター(端末)にSIMカードを直接挿すのではなく、システムサーバー側にSIMカードを用意。 ユーザーの利用環境に応じて、自動的に最適なSIMを提供する。 それがクラウドWiFiです。 この画期的な技術により、大容量のデータ通信を使うことができるようになりました。 クラウドWiFiの懸念(キャパオーバー) クラウドWiFiは開始当初から様々な懸念をされていました。 その1つが「本当に無制限に使い続けることができるのか」というもの。 「いくらサーバー側で最適なSIMを提供するとはいえ、元となるのは同じSIMカードである。 であれば、いつか限界に達するのではないか?」 今回の「どんなときもWiFi」のトラブルについては、まさにこの状況に陥ってしまったと言えるでしょう。 「どんなときもWiFi」が公表しているところによると、はっきりと「キャパオーバー」と明記されています。 つまり「無制限」というのは実際には嘘で、上限がちゃんとあったことになるのです。 「hi-ho GoGo Wi-Fi」と「Mugen WiFi」はキャパオーバーで新規受付を停止したわけではなく、あくまで在庫切れが理由。 「どんなときもWiFi」のように通信障害が起きているわけではありません。 クラウドWiFi会社同士による共食い状態 少し表現が尖ってしまいますが、つまりは「クラウドWiFi会社同士によるギガの共食い状態」だったとも言えるかもしれません。 どこまでいっても提供元のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は同じです。 その限られた容量を各社で奪い合った形になっていたのではないでしょうか。 結果として、割り当てられた容量を超えてしまった「どんなときもWiFi」では通信障害が起きた。 同じ轍を踏まないために、「hi-ho GoGo Wi-Fi」や「Mugen WiFi」は限界に達する前に新規の受付を停止した、と考えられます。 hi-ho GoGo Wi-FiやMugen WiFiで「通信障害が起きている」という声は全く聞こえてきません。 今選ぶべきポケットWiFiは「WiMAX」なのか? ここまで「無制限ポケットWiFi」が浸透してしまった以上、今さら「WiMAX」では心もとないのは事実です。 ですが、これだけトラブルが立て続けに起きている以上、このまま「クラウドWiFi」を追い求めるのはリスクが高すぎると思います。 とはいえ「WiMAX」には 「3日間で10GB使ったら、翌日の18時~26時まで速度が1Mbpsに低下する」という特殊な速度制限があります。 また、 これまで全く通信障害が起きなかったわけではありません。 そもそも 全国どこでも使えるわけではなく、僻地や田舎では圏外になり、地下や建物内でも電波が届かないことが多々あります。 つまり、「クラウドWiFi」にも「WiMAX」にも、メリットとリスクの両方がついてまわるということなのです。 「クラウドWiFi」と「WiMAX」の比較 かなりぶっちゃけた「クラウドWiFi」と「WiMAX」の比較を行なっておきましょう。 WiMAXがエリア内ならWiMAX、エリア外ならクラウドWiFiか がエリアに入っているのであれば、正直の方がいいでしょう。 速度が低下するとはいえ、1Mbps出ればYouTube動画くらいならなんとか見れます。 最低限の利用は保てるということです。 参考記事: ですが、そもそもWiMAXがエリア外なら、もう選択肢はクラウドWiFiしかありません。 なるたけ 「信頼できるクラウドWiFi」を選ぶようにするしかないでしょう。 とはいえ、なるたけ「信頼できるクラウドWiFi」というのも、正直なところ「使ってみないとわからない」のが現状ではあります。 会社の規模から言えば、GMO社の「」やスマモバ社の「」辺りが信頼度が高いわけですが、こればっかりはどうなるかわかりませんからね。 参考記事: 何を今さらと思うかもしれませんが、そもそもポケットWiFiというのはそういうものです。 どこでも繋がって、バシバシ速度が出るものというのは、通信システムの構造上なかなか作れるものではありません。 そんな中、追い打ちをかけるようにコロナウイルスの影響で、圧倒的にモバイルトラフィックが増えてしまった。 こういった状況下であるがため、残念ながら多少の我慢を強いられてしまうのが現状ということなのです。 「絶対に速度が必要なんだ。 ギガが大量に必要なんだ。 」という方は、を引っ張るしかないでしょうね。

次の