インスタdmリクエストとは。 インスタ フォローリクエストの確認と削除の方法!

【Instagram】フォローリクエストの意味ってなに?

インスタdmリクエストとは

Instagramのダイレクトリクエスト(メッセージリクエスト)とは何? ダイレクトリクエストとは、 「自分がフォローしていないユーザーからダイレクトメッセージが送られてきた時に、そのメッセージを受け取るかどうかの判断を求められている状態」を意味しています。 Instagramでダイレクトメッセージを送る為の条件は「相手をフォローしていること」だけで相互にフォローをしている必要はありませんが、こちらをフォローをしていない相手にダイレクトメッセージを送った場合、普通にメッセージは届かず、 「ダイレクトリクエスト」として承認を待つ状態になるのです。 ダイレクトリクエスト(メッセージリクエスト)は実際どの様に届く? フォローしていないユーザーからダイレクトメッセージが届いた場合、ダイレクトメッセージの機能を開いた時に上の様に表示されます。 上の表示が、ダイレクトリクエストを表しています。 これをタップすると・・・ 上の様に、ダイレクトリクエストの承認待ちの一覧が表示されます。 この時ユーザーネームをタップするとメッセージの内容が表示されますが、その時点では相手を承認したことにはならず、既読にもならないので安心して下さい。 ダイレクトリクエストを開くと上の様に表示されます。 きっちりメッセージの内容は見られるけど、既読にはならない覗き見状態ですね。 相手が更にメッセージを送ると、上の様にメッセージが更新されます。 下に「承認しない」と「許可する」の文字があります。 「許可する」を選択すると、メッセージの受信を許可し、通常通りメッセージのやり取りが可能になります。 「承認しない」をタップすると・・・ 「承認しない」をタップすると、上の画面となります。 「承認しない」を更にタップすると、相手からのメッセージを拒否する事が出来ますが、ブロックをするわけではないので相手はコチラを引き続きフォロー状態となります。 「拒否してブロックする」を選ぶと、「承認しない上にブロック」をする事になります。 ブロックをする事で、相手からコチラへのブロックは外れ、再度コチラをブロックする事も出来なくなります。 ちなみにこの2つの選択肢を選ぶと、その相手からダイレクトメッセージが受信出来なくなります。 これはその後自分が相手のブロックを解除しても、相手をフォローしても受信出来ない状態が続くので注意して下さい。 相手からは「普通にメッセージを送れているが既読にならない状態」が続く事になります。

次の

インスタでDMを拒否する方法!知らない人がDMを送れないようにする設定も紹介|アプリ村

インスタdmリクエストとは

この章の目次• フォローリクエストって何? フォローリクエストの例 フォローリクエストとは、非公開モードに設定しているあなたに対して、第三者から送られた、「私をあなたのフォロワーにしてくれませんか?」というリクエストのことです。 勝手にフォロワーになられたら、非公開モードの意味がありませんよね? 第三者があなたのフォロワーになるには、あなたの許可が必要なわけです。 リクエストがあるとどうなるの? あなたがフォローリクエストを受け取った時、主に2つの方法で知ることができます。 プッシュ通知 プッシュ通知 フォローリクエストを受け取ったタイミングで、お使いのスマホにプッシュ通知でお知らせが届きます。 通知設定で無効にしてない限りは、これで知ることができます。 アクティビティ アクティビティ プッシュ通知に気付かなくても、「アクティビティ」の画面に移動すれば、フォローリクエストがあった場合は上部に表示されます。 リクエストが消えてしまったのは何故? 何もしていないのに、相手からのフォローリクエストが、「アクティビティ」の画面から消えてしまうことがあります。 これは、相手があなたへのフォローリクエストをキャンセルしたことが原因です。 理由は不明ですが、「間違えてフォローリクエストを送ってしまったのでキャンセルした」ということも多いです。 あまり気にしないようにしましょう。 来たはずのリクエストがない場合は!? 画面を下に引っ張る 例えば、「友達から『フォローリクエスト送ったから承認してね〜』などと連絡があったから見たんだけど、リクエストが届いてない」なんてことがあります。 それは、画面が古い情報を映している可能性が高いです。 「アクティビティ」の画面で、図のように、指を滑らせて画面全体を下に引っ張ってみて下さい。 リフレッシュ更新が始まり、新しい画面が映されます。 間違えて拒否してしまったらどうするの? フォロワーとして迎え入れてあげたかったんだけど、間違えて「拒否」を選択してしまうことがあります。 もしくは、「拒否」したんだけど、やっぱり「承認」してあげたいな〜と思い直す時など。 その場合はやり直すことができません。 もう一度、相手にフォローリクエストを送ってもらう必要があります。 間違えて許可してしまったらどうするの? 逆に、「拒否」をしようと思ったけど、間違えて「承認」をしてしまい、フォロワーに迎え入れてしまうケースもあります。 本当は写真や動画を見せたくないのにどうしよう…。 そんな時は、ブロック機能を利用することで、相手をフォロワーから外すことができます。 フォロワーから外せば、相手はあなたの投稿を見れなくなります。 拒否するとバレる? バレます。 「相手にはどう映るの?」の章をご参考下さい。 しつこくリクエストを送ってくるユーザーに困ってる… フォローリクエストは、あなたが一度、「拒否」をしたり、または相手が「キャンセル」をした場合、もう一度送ることができます。 拒否してるのに何度も何度もフォローリクエストを送ってくる馬鹿者がいたら、前項で紹介したブロック機能を利用しましょう。 ブロックをしたユーザーに対して、ブロックされたユーザーは、フォローリクエストを送ることができなくなります。 リクエストが面倒な時はどうすればいい? 一番楽なのは、「承認」も「拒否」もしないで、「放置」をすることです。 そうすれば、ずーっと保留中の状態になり、相手がキャンセルしない限り、もう一度、そのユーザーからフォローリクエストを送られることがありません。 放置しておいて、しつこくリクエストが送られる時は、そのことを「正当な理由」にしてブロックしてしまいましょう。 相手をどうやって判断すればいいの? フォローリクエストを送る時に、メッセージを送るシステムはありません。 そのため、基本的にあなたは、相手のプロフィール画面や投稿、そのコメントなどを見て、相手を信頼できるかどうかを判断する必要があります。 もしかしたら、ダイレクトメッセージという機能を使って、別途、メッセージを送ってくるかもしれません。 その時は、メッセージも読んでみましょう。 非公開のユーザーからリクエストが来るのはなんで? フォローリクエストが来たから、「どんな人がリクエストを送ってきたんだろう?」と思って相手のプロフィールを見たら、その人が自分と同じく非公開ユーザーだった、ということがあります。 「これってどういうこと?」って、不審に思うかもしれませんが、システム上、おかしいことではないんです。 あなたがこのユーザーのフォローリクエストを承認したとしましょう。 そうすると、フォロワーである相手は、あなたの投稿を見ることができるようになります。 ですが、あなたの方は、非公開にしている相手の投稿を見ることができないという、ちょっと不思議な関係になります。 あなたも相手の投稿を見たいのなら、逆に、相手にフォローリクエストを送って承認してもらう必要があります。 …まあ、そもそも、非公開にしている人からフォローリクエストが来ても、どんな相手だか分からないので、普通は承認しにくいですよね。 それどころか、「なんで送ってきたんだろう…」と心配になってしまいませんか? そういう場合はこう考えて下さい。 Instagram上には「とりあえずプロフィールを非公開にしておいて、自分が把握できるフォロワーにだけ投稿を公開し、リクエストがあるならとりあえず全部受け付けるようにしている」という、いわば、"半"非公開的な運用をするユーザーも多くいます。 そういったユーザーをフォローするノリで、自分が非公開でも相手にフォローリクエストを送るユーザーもいるということです。 そこまで奇妙だと心配することではありませんが、得体の知れない相手を無理に承認する必要はないので、「相手がどんな人か分からない」という理由で拒否するのも、正当で立派な選択肢です。 リクエストを確認する手順 この章では、あなたに届いたフォローリクエストを確認する方法を説明します。 iPhone、Android、ともに操作方法は同じです。 アクティビティのアイコンをタップする Instagramにログイン後、下にあるメインメニューの内、「アクティビティ」のアイコンをタップして下さい。 「フォローリクエスト」をタップする 「アクティビティ」の画面に移動します。 1つ以上、フォローリクエストがある場合は、一番上に、「フォローリクエスト」という項目があります。 これをタップして下さい。 フォローリクエストを確認する 「フォローリクエスト」の画面に移動します。 ここに、現在、あなたに届いているフォローリクエストの一覧が表示されます。 リクエストを承認 許可 する方法 この章の目次• 「承認」をした場合 プッシュ通知 フォローリクエストを承認すると、図のように、相手のスマホにプッシュ通知でお知らせが届きます。 これで、相手は気付きます。 「拒否」をした場合 拒否をした場合、相手にはプッシュ通知などのお知らせは届きません。 相手はあなたのプロフィール画面を見て、拒否されたのを確認することができます。 「リクエスト済み」の状態 例えば、あなたが、画面の「あらゆ」というユーザーにフォローリクエストを送ると、図の部分が「リクエスト済み」という状態になります。 これを見て、「ああ、あらゆさんは私のフォローリクエストを拒否したんだな…」と知ることができるというわけです。 スポンサーリンク.

次の

インスタに送られてくる外国人からのDM「私の写真と動画」の対処法

インスタdmリクエストとは

Instagramのダイレクトメッセージってどんなもの? Instagramのダイレクトメッセージとは、お互いがフォロー関係にあってもなくても、ダイレクトメッセージを送信することができる機能です。 Instagramの投稿に対して行うコメントのように、誰もが見える場で交わす会話とは異なり、相手と自分だけのクローズドな場で会話をすることができます。 相手のアカウントさえ知っていれば「送信」はできる 相手のアカウントさえ知っていれば、ダイレクトメッセージを送ることができます。 より深いトークを個別にしたい場合などに便利です。 フォロワーじゃない場合は「承認」してもらう必要がある しかし、ここで注意したいのは、ダイレクトメッセージを送信しても必ずしも相手に届くわけではない、という点です。 自分のフォロワーではない相手にダイレクトメッセージを送信した場合には、その相手にはまず「リクエスト」という形で通知が行きます。 そのリクエストを「承認」してもらって初めて、ダイレクトメッセージを受信者に読んでもらえるようになるのです。 つまり、見ず知らずの人にダイレクトメッセージを送信する際は、承認してもらえない可能性もあるので注意が必要です。 ダイレクトメッセージの使い方とメッセージの見え方 では、ダイレクトメッセージがどんな風に送受信されるかを、実際に行って確かめてみましょう。 送信者:ダイレクトメッセージを送信する ダイレクトメッセージを送信するのは、以下の手順です。 この例では、フォロワーではない人に送信する前提で解説します。 ホームタブの「紙ひこうき」のアイコンをタップ• 相手先のアカウントを指定する(「おすすめ」から選ぶことも可能)• メッセージを送信する(写真や動画などを送ることも可能です) 受信者:承認してメッセージを見る• 通知アイコンをタップ• 「リクエスト〇件」をタップ• 「承認する」をタップ 承認をしなくても、一部のテキストは見ることができるようになっています。 画像や動画などは、基本的には承認後に見えるようになるようです。 承認すると、このように画像も表示されました。 送信できるメッセージの種類は? テキスト以外にも、画像や動画の送信もできるInstagramのダイレクトメッセージ。 どんな機能が利用できるのか、みなさんが使い慣れているLINEと比較してみました。 大きく異なるのは、 Instagramのほうが送信できる写真や動画の表現力に長けている、という点でしょう。 ここは、写真のSNSとして栄えたInstagramならではの強みと言えます。 逆にLINEは、生活に密着した機能が充実しており、送金を依頼したり日程調整をしたり、といった機能も利用できますよね。 ですが個人的に思う一番の相違点は、 LINEは身内同士での連絡ツールという役目が強いのに対し、Instagramは知らない人ともつながりやすい本来のSNSの側面が強い点です。 そのため、機能の違いでどちらを利用するか決めるというよりは、だれとコミュニケーションをしたいかでどちらを利用するかが決まってくると感じます。 Instagramのダイレクトメッセージの注意点 最後に、ダイレクトメッセージを使ってみて感じた注意点をいくつかご紹介します。 ダイレクトメッセージを一度拒否したら、再度見つけ出すのは困難 知らない人からダイレクトメッセージのリクエストが届いたとき、その承認を拒否してしまうと、リクエストのリストから消えてしまいます。 アカウント名を覚えていれば、検索してそのリクエストを再度見つけ出すことは可能なのですが、知らない人のアカウント名なんてそうそう覚えてるわけもありません。 拒否をする場合は、しっかり検討してから拒否をしましょう。 スクリーンショットを撮ったことが相手に通知される 一度きりしか表示できないコンテンツが送られてきて、それを表示している際にスクリーンショットを撮った場合、スクリーンショットを撮ったという事実が通知されます。 スクリーンショットを撮る場合は、そのことを念頭に入れてから行いましょう。 改行したいときは? 文字入力を行う場合、スマホ上の文字入力では改行ができません。 メモ帳アプリなどで改行した文章をあらかじめ作成のうえ、ダイレクトメッセージ欄にコピーペーストすると改行した文章を送信することができます。 どうしても改行したい、という方は試してみてください。

次の