シュリンク 漫画。 Shrink〜精神科医ヨワイ〜[漫画公式サイト/最新情報・試し読み]|集英社グランドジャンプ公式サイト

新着情報

シュリンク 漫画

シュリンクとは、縮む、縮ませる、縮小(する)、(する)、収縮(する)、縮み上がる、などの意味を持つ英単語。 一般の外来語としては縮小する、減少する、削減するといった意味で用いられる。 元来は「内容や質量を変えずに面積や体積を減らす」あるいは「あとで元通りできるよう圧縮する」といった減らす前後で実質的な内容が維持されるという含意のある表現だが、このような意味を含まず単に削減する、切り捨てるといった意味で用いられることも多い。 半導体チップのシュリンク の加工技術を微細化して、従来製品と同じ回路図を用いてより小さな面積のチップを製造することを「シュリンクする」と表現することがある。 回路の線幅を狭め、パターンを微細にすることで、同じ面積に従来より多くの配線や素子を配置することができるようになる。 一枚のから取り出せるチップの数が増えてコストを低減できるほか、個々のチップも消費電力や発熱量を減らすことができ、機能は同じだが性能や特性は向上する。 シュリンクラップ シュリンク包装 商品の包装の一種で、薄い透明なフィルムで外装をすっぽり覆い、熱を加えてフィルムを収縮させることで密着させたもの。 表面の濡れや汚損を防ぎ、未開封であることを証明することができる。 ITの分野ではソフトウェアのパッケージ販売などで一般的に用いられる。 購入者が外装を開封すると自動的に添付されたに同意したとみなす契約方式を「」という。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

マンガをビニール?で包むのは本屋でするんですか?たまに買って...

シュリンク 漫画

人間の心理には「見せたくない」と言われると、「見たい」という思いが募るという部分がある。 かく言う私も紙媒体隆盛期に、書店に並ぶ雑誌の「袋とじ頁」を薄手のナイフを持参し店員の目を盗みながらそっと切り裂き目にしたことがある(勝手に、もう時効と決めつけている)。 【こちらも】 紙媒体の衰退が際立っている。 漫画の世界でもそれは同様。 色々な形のメディアで立体的画像まで目にできる時代だ。 のスタッフは頭・知恵を絞りに絞った。 至った結論が『コミックス脱シュリンクパックプロジェクト』。 立ち読みや本の汚れを防ぐために漫画の包装用のシュリンクパックを辞めるよう、書店を口説き実行に移してきた。 逆転の発想!? と言えるかどうかは判断しかねるが、「まずはザッとでも目にしてもらうことで売り上げの回復に繋がらないか」と考えたのである。 そんな意識に至った背景には、電子書籍があったという。 電子書籍では「試し読み」の枠組みを用意すると、漫画の売り上げが伸びたという実績に着目した。 春先から縁の深い全国36書店に呼び掛け、協力を仰いだ。 約3カ月間。 人気となると踏んだ同社の代表的な35作品について、「1巻目」と「最新巻」に包装をかけず「ご自由にお読みください」という状況にしてみた。 そんな話を出版社の知人から聞かされた時、正直なところ「失敗するな」という予感がしたものである。 「見るな」と言われれば「なんとしても見たい」が、「どうぞご随意に」という態度に出られると「まあ、ろくなものではないだろう」となるだろうと直感したからだ。 がこの直感は、ものの見事に外れた。 小学館では今回の「試し読み施策」を更に街の声を拾うなどして研究を続けるという。 先の知人に施策を耳にした時、私は我々のビジネス書だと目次が決め手。 漫画にも「目次立て」はできないのと問うた。 メディアの多様化を否定などしない。 がネット媒体の「財経新聞」に記すのはどうかとは思うが、電車などで書籍を読んでいる若者に出会うとホッとするのも事実である。 外部サイト.

次の

Shrink〜精神科医ヨワイ〜[漫画公式サイト/最新情報・試し読み]|集英社グランドジャンプ公式サイト

シュリンク 漫画

中身が読めないことで、売り上げは下がるのか、上がるのか? 書店に並んでいるマンガ単行本は、ビニールでシュリンクされているのが一般的だ。 このシュリンク、たいていは書店側が行っているもの。 そのため「この巻は買ったっけ?」とか「表紙はよいけど、中身は?」というときには、店員に言えばシュリンクを破ってくれる。 ただ、そんな中に例外がある。 それは、出版社側がシュリンクして出荷している場合だ。 これは、主に講談社がやっているもので、ビニールの上にバーコードやISBNが表示されたシールが貼ってある。 発売日も書いてあるので、買い逃しや同じ本を買ってしまう危険がないかといえば、そうとも限らない。 しかし、講談社のシュリンクは破いて中身を確認することができないのだ。 まれに対応してくれる書店もあるようだけど、たいていの書店は「返品ができなくなるから」と、申し訳なさそうに断ってくる。 講談社が出荷時にシュリンクを始めたのは、2013年のこと。 すでに定着しているシステムではあるのだが、今や書店では不評である。 でも実際には、カバーにバーコードがないために新古書店が管理しにくくなり、結果的に新刊が売れるのではないかという壮大な目論見もあったといわれます。 さらに、売上スリップも廃止したり、表紙デザインからバーコードが減ったことで製作コストが削減できるという話もありました。 いずれにしても、あくまで出版社側の自己都合で自己満足。 書店では、お客さんが中身を確認することもできませんし、特典を挟み込むことも不可能。 正直、不便なシステムです」(書店員) 大手の書店であれば、中身の一部を小冊子にした見本が置かれている場合もある。 しかし、どこの書店にもそうしたサービスがあるというわけではない。 結果的に、販売機会を失っているのではないか。 書店からは、そんな批判も聞こえてきているが……。 (文=是枝了以) あわせて読みたい•

次の