低気圧 眠気。 低気圧が来るとなんだか眠い その理由と対策は?頭痛も起こるのは?

雨の日に頭痛、眠気、気持ち悪い、肩こりが起こる原因は?ツボなどの対処法も

低気圧 眠気

低気圧で頭痛や眠気が起きるのはどーして? 自律神経との関連性と対処方法 季節の変わり目は低気圧による悪天候の日が多くなりますが、そんな日に体調が悪くなることはありませんか? 低気圧はなぜ、私たちの体にさまざまな影響を及ぼすのでしょうか。 低気圧が引き起こす体への影響とその原因 雨雲が近づいてくると、 頭痛、吐き気、関節痛、倦怠感(だるさ)などの症状が出てきます。 個人差もあるので、敏感な人もまったく感じない人もいるかと思いますが、この症状についてはそれぞれ理由があります。 低気圧が体にもたらす影響を、各段階に分けて追ってみましょう。 1.低気圧で酸素が薄くなり、酸欠状態に 低気圧帯では上昇気流が起きているので、空気中の酸素濃度が薄くなります。 そのため、体や脳がうまく酸素を取り入れることができずに酸欠状態になり、頭痛が起きたり、吐き気を感じます。 生あくびが出たり眠気が強くなるのも、酸素不足によるものと考えられます。 2.自律神経が乱れる 自律神経は、体を活発に働かせる交感神経と、体をリラックス状態にする副交感神経、この二つの神経系から成り立っています。 通常、日中は体を動かそうとするため交感神経が活発になりますが、低気圧で酸欠状態になると、体を休めようと副交感神経の方が優位になってしまいます。 いつも通り体が動かずだるくなるのは、このように自律神経の乱れが生じるため。 二つの神経バランスのコントロールがきかなくなり、体をいつも通りに働かせるのが困難になるのです。 3.代謝機能も低下する 前述の自律神経は、内臓の働きを管理し、代謝を整えるのにも重要な役割を持ちます。 自律神経が乱れている状態では、体の代謝機能も正常に働きません。 エネルギーを体に供給することも、体に有害なものを排出することもうまくできなくなり、血行不良、むくみによる関節痛などの症状が出てきます。 低気圧への対策は? 簡単にできる対処法をいくつかご紹介します。 ・深呼吸をする 体に酸素を取り入れ、酸欠状態を回避しましょう。 ・軽く体を動かす 腕を大きく回したり、ストレッチをしましょう。 運動することで血行が良くなり、だるさもなくなります。 ・背中や腰を温める 自律神経系は、脳から首の後ろ、背中から腰の背骨付近を通っています。 背中や腰を温めることで神経系周辺の血行が良くなり、自律神経の乱れを整えます。

次の

低気圧で体調不良になる原因とだるい・眠いのを解消する方法は?

低気圧 眠気

低気圧時や雨天時の体調不調でつらいときは、体の水分を外にだすことが重要。 そこで、次の対処法を試してみてください。 ・水分を少しずつ、こまめに摂る 水分代謝を促すために、常温のお水かお茶をこまめに摂りましょう。 水分を摂るのがしんどいときは、少量ずつで構いません。 水分を摂ることで尿意を促し、体に溜まっている古い水分を排出しましょう。 ・ウリ科の野菜や豆類・きのこ類・根菜類を食べる 水分を多く含むきゅうりや冬がん・すいかなどのウリ科の野菜は、利尿作用が期待できます。 ただし、ウリ科の野菜は体を冷やす働きもあるので、体を温める作用を持つお酢を使って酢のものにしたり、生姜を加えた温かいスープにしたりするといいでしょう。 また、体内の水分循環を促す働きのある豆類や食物繊維が豊富なきのこ類を食べるのもおすすめです。 ・運動や半身浴で汗をかく 汗をかくことも大切です。 体力がある人には、汗をしっかりかける運動がおすすめ。 体力がない方は、じんわり汗をかける半身浴を試しましょう。 ・足裏マッサージをする 水分は足に溜まりやすいので、足裏を揉んで水はけを良くするのもおすすめです。 足の指をギュッと縮めたときにできるくぼみ部分にある湧泉(ゆうせん)というツボを押すと、効果的です。 ・足腰を動かす 足腰を動かすと水分代謝が促されるので、積極的に動かしていきましょう。 左右の足を交互に持ち上げる「ももあげエクササイズ」をしたり、立った状態で腰を大きく回したりしてみましょう。 ・体を冷やさないようにする 冷えると、体が水分を抱えてむくみやすくなってしまいます。 体を冷やさないように、カーディガンを羽織ったりひざ掛けをしたりしましょう。 特に、おなか・首・腰・足首はしっかりと温めましょう。 冷たい食べ物や飲物も、極力控えるように。 「明日は雨が降るかもしれない」「低気圧が迫ってきている」というようなときは、体の水分代謝を促しておくと体調不良の予防になります。 たとえば お風呂にゆったり入って汗をかいて水分を抜くのもおすすめです。 また ハトムギ茶やコーン茶など利尿作用のあるお茶を飲んで、体内の水の巡りをよくしておくのもいいでしょう。 水分代謝をよくする食材を使った料理を食べるのもおすすめです。 例えば、冬がんのスープ・きゅうりの酢のもの・あずきごはん・きのこごはん・根菜の煮物などをメニューに取り入れてみてください。 このほか、前項でご紹介した 足裏マッサージや足腰のエクササイズで水分が体に溜まりにくいようにしておくのも、体調不良の予防になります。

次の

低気圧や雨の日の頭痛・眠気・肩こりに!薬剤師に教わる原因・治し方・予防策

低気圧 眠気

「自律神経」って聞いたことありますよね? 私達の身体の機能がきちんと働くように 私達の意思とは関係なく24時間せっせと働いてくれる大事な神経です。 例えば、 意識せずに呼吸したり、 食べた物を消化するために胃を動かしたり 体温調節のために汗をかいたり これらは全部 自律神経が働いているおかげ。 自律神経には、 交感神経と 副交感神経があり どっちかが働いているときはもう一方は眠っています。 一見、低気圧とは全く関係がないように感じますがどんな関係なんでしょう。 交換神経が優位になると、 意識の上昇、意欲の向上など いわば「 活動状態」になるんです。 一方、雨や曇りの日はどうでしょう。 雨は嫌いだ! とは言いませんが、なんとなく外に出るのが億劫になりませんか? これは、 副交感神経が優位になっている状態。 さっきとは逆で 身体が休もうと リラックスした状態になるので、 だるくなったり、眠くなったりするわけです。 スポンサードリンク 低気圧で眠いだるいときの対策は? 家にいる時やお休みの時なんかは、 本能のままに寝ちゃってもいいわけですが 仕事中に寝るわけにもいきませんよね。 なので、こういう時は、 強制的に 交感神経を優位にしてあげたらいいんです。 ちょっと体を動かしたり(ストレッチとかね) 冷たいものを飲んだり コーヒーを飲んだりするだけでもだいぶ違います。 夜、自然と眠くなるのは副交感神経が優位になるからですが、 反対に、これをやると眠れなくなるっていうのを聞いた事があると思います。 要は、それをやればいいってわけです。 例えば、「寝る直前までパソコンやスマホを観ない」 これよく言われますよね。 スマホやテレビは交感神経を刺激するからです。 先に紹介した物も含め、 結構手軽にできるものばかりなので、試してみてくださいね。 また、酸欠状態を回避するために 深い~呼吸をするのもポイントですよ。 まずは、肺の中の空気を全部出すように息を吐き、 その後大きく息を吸い込みます。 この時、 口から吐いて、鼻から吸う というのが正しい深呼吸の方法です。 口は、口笛を吹くようにすぼめた状態で。 これを3回~10回ほど繰り返します。 深呼吸では追いつかない、台風などの超低気圧の場合には 「 携帯酸素」を試してみるのも良いかもしれません。 279• 101• 233•

次の