哲学 ニュース nwk。 [B!] 画像で吹いたら寝ろ:哲学ニュースnwk

哲学ニュースnwk : トースター速報

哲学 ニュース nwk

79 ID:mDszolen0 休まない 復讐ってほどでもないけど投下させていただきます。 (フェイクあり) 小学校~中学校までいじめられていた私。 小学校から中学校に一緒に来たいじめっ子もいたので中学からは女子からもいじめられるように。 当然親に心配させられないし、先生にも言うのをためらっていた。 何度も何度も自分が死んだらみんなは喜ぶのだろうかと悩んでいたくらいで。 その中で私が選んだ復讐(?)は「休まないこと。 」 いじめっ子たちは「休めよ豚!」「死ね!菌が移るだろ!」「教科書いらねーだろうから捨てといたぜ!」 みたいな今考えるととても幼稚なことをしていて、 そんな逆境の中やすまない自分はカッコイイ!と厨二っぽいことを考えていた。 休みは図書室にこもった。 すると本の楽しさを知って学校には一番に来るようになり、先生に褒められもした。 よくわからないけれどそのときから女子からのいじめはなくなり、 男子が負け惜しみといえるくらい幼稚ないたずらをするだけだった。 」 と言ってやると仲間になった女子は「よく言った!」という顔をして 言われた男子は卒業をしたというのに職員室に呼ばれていた。 聞いた話によると校長、教頭、担任からなどさまざまなお叱りを受けていたようだ。 以降その男子たちに会ってないが、私は皆勤賞という味を占め高校でも皆勤賞を取ることができた。 その事実を知った両親曰く「いじめられていたけれど学校を休まなかった。 」と褒めてくれた。 ・素晴らしい仕事ね。 いつもジブリに出てくる料理の見た目が大好きだったのよ。 ・単純な朝食だけど完璧ね! ・本物のミニマリズムだ!それに料理のインスピレーションを得る素晴らしい考えだね。 ・ あなたのジブリ料理シリーズが大好きだよ。 トーストや卵なんかの単純な食べ物が映画に 重要な要素を加えているよね。 君は本当に素晴らしい仕事をしているよ。 これからも続けてください。 ジコ坊の汁 サンの肉 パズーのパン ニシンのパイ 豚の魚料理 1: 名無し募集中。。。 「どこ出身?」という挨拶がわりの話題のはずが、 「名古屋」と答えただけで 「え、そうなんだ……」と、一瞬空気が固まってしまった。 それもそのはず。 名古屋人への偏見は、 もはや風評被害の域に達する。 今回はこの噂について世間にモノ申したい。 しかし、その実態は「最低限の荷物でアパートに引っ越し、いずれ住むマイホームには 収納スペースが充実しているため、家具(花嫁道具)は不要」というごく一般的なもの。 経済産業省が発表している「平成21年特定サービス産業実態調査 冠婚葬祭業」調べによると、 挙式・披露宴費用が高額な県1位は山形県(387万円)、 2位は新潟県(385万円)、3位は栃木県(384万円)。 名古屋人の住む愛知県(281万円)だった。 「名古屋人と結婚したら金がかかる」はまったく根拠なし!.

次の

哲学ニュースnwk

哲学 ニュース nwk

その日はゼミで時間がかかり、終電の何本か前の電車に乗って帰りました。 疲れていたのかその日は音楽を聴きながら寝入ってしまったんですが、とある駅で目が覚めました。 その電車は各駅停車で、快速なら止まらない、大きな川の上にあるトンネルに挟まれた駅にも 止まる電車なのですが、その駅で誰かが乗ってきて、横に座った様な感じがしました。 『なんでこんなに空いてるのにとなり?てかこんな時間にこの駅から乗って来る人も居るんや』と思い、 うっすら目を開けると、窓に反射した隣の座席に(ありきたりですが)白いワンピースを着た 髪の長い女性が俯き気味に座っていました。 ふと隣の座席を見ると足が見えない。 寝ぼけた頭が一気に覚醒、目を見開き窓を見るとまだ隣に女性の姿が見える。 こちらが気づいた事に気づいたのか、反射越しの女性は少し頭を上げ、口角を大きく引き上げ、 満面の笑みを浮かべました。 へたれな自分は鳥肌が立ち,『んなはずない...んなはずない....夢やこれわ!!!』と 目をぎゅっと閉じ自分に言い聞かせていると「気づいてくれたんだ~」と耳元で声が聞こえました。 あまりの驚きにガバッと立ち上がり、女性が居ただろう座席を見ましたが当然誰も居ません。 窓も見ましたがきれいさっぱり見えなくなってしまいました。 恐怖で多少人がいる車両に乗り換え、そのまま足早に帰りましたが、 その後その女性の姿は見る事が有りませんでした... Source: 哲学ニュースnwk 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の

[B! 怖い話] 【閲覧注意】2chで一番怖かったスレって…:哲学ニュースnwk

哲学 ニュース nwk

その日はゼミで時間がかかり、終電の何本か前の電車に乗って帰りました。 疲れていたのかその日は音楽を聴きながら寝入ってしまったんですが、とある駅で目が覚めました。 その電車は各駅停車で、快速なら止まらない、大きな川の上にあるトンネルに挟まれた駅にも 止まる電車なのですが、その駅で誰かが乗ってきて、横に座った様な感じがしました。 『なんでこんなに空いてるのにとなり?てかこんな時間にこの駅から乗って来る人も居るんや』と思い、 うっすら目を開けると、窓に反射した隣の座席に(ありきたりですが)白いワンピースを着た 髪の長い女性が俯き気味に座っていました。 ふと隣の座席を見ると足が見えない。 寝ぼけた頭が一気に覚醒、目を見開き窓を見るとまだ隣に女性の姿が見える。 こちらが気づいた事に気づいたのか、反射越しの女性は少し頭を上げ、口角を大きく引き上げ、 満面の笑みを浮かべました。 へたれな自分は鳥肌が立ち,『んなはずない...んなはずない....夢やこれわ!!!』と 目をぎゅっと閉じ自分に言い聞かせていると「気づいてくれたんだ~」と耳元で声が聞こえました。 あまりの驚きにガバッと立ち上がり、女性が居ただろう座席を見ましたが当然誰も居ません。 窓も見ましたがきれいさっぱり見えなくなってしまいました。 恐怖で多少人がいる車両に乗り換え、そのまま足早に帰りましたが、 その後その女性の姿は見る事が有りませんでした... Source: 哲学ニュースnwk 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の